See Translation


 
最近の記事

月別: 2019年 9月月 (1ページ / 7ページ)


<ココチupdate>過去最強のラインナップとなったkokochi sun3の新作靴「marco-mid」&「marco」12足の詳細なご紹介と、それらの新入荷のご案内です!

こんにちは、インタレストです。

8月17日(土)に会期初日を迎える森田圭一さんによるハンドメイド靴「ココチブランド」(=カジュアルライン「kokochi sun3」+ドレスライン「kokochi sqir」)の受注会に向けて、今回を含めて全3回でご案内しているシリーズ「ココチupdate」。

本記事はその第3回目です。

8月の受注会では、それぞれが1つだけでも十分目玉になるようなメイントピックを3つご用意しております。本記事では、それら3つのメイントピック・・・すなわち(1)新企画”MUKU for Everyone”、(2)足数限定の新革Kuduレザー、(3)新作靴”marco-mid”のうち、(3)については詳細に、(1)と(2)については改めてその要約をご案内いたします。

 

★シリーズ「ココチupdate」~受注会(2019年8月)開催に向けて全3回

  • 第1回:kokochi sun3の新企画”MUKU for Everyone”と足数限定の新革Kuduレザーのご紹介 >こちらから
  • 第2回:MUKUの制作動画のご紹介と、新作靴「MUKU modified」&Kuduレザー新入荷のご案内 >こちらから
  • 第3回:新作「marco-mid」&「marco」のご紹介とその新入荷のご案内 >本記事です

 

 

 


 

★受注会のメイントピック、1つめはMUKU modified、2つめはKuduレザー

シリーズ「ココチupdate」の第1回および第2回で詳細にご紹介しております通り、今回実現した新企画”MUKU for Everyone”に伴って、kokochi sun3の新作靴「MUKU modified」と足数限定の新革Kuduレザーがリリースされています。これら2つのトピックについて復習も兼ねて簡単に要約すると、以下の通りです。

 

トピック1:MUKU modified

スリッポンならではの脱着の楽ちんさとソフトな鹿革に包まれる履き心地の良さ、加えてその屈指のお値頃感により不動の大人気靴「MUKU」。

「甲高幅広」の足型にフィットするMUKUの従来の木型とは別に、今回新たに「甲低幅狭」の足型にフィットする木型が誕生しました。今回以降は、たとえば23.5cmに「甲高幅広フィット」と「甲低幅狭フィット」の2サイズが存在することになり、実質的にMUKUのサイズが倍増することになります。

受注会の会期中(8月1日~25日)には、オリジナルの木型でつくられたMUKUと新しい木型でつくられたMUKU modifiedのサンプルが、多くのサイズで両方とも並びます。ぜひ履き分けてお試し頂けましたらと思います。

”MUKU for Everyone”・・・直訳すると「MUKUをあまねくすべてのお客様に」。これで「MUKUが欲しいのに足型が合わずオーダーできない」というケースはほぼなくなると思います。甲が低く幅が狭いお客様も、ぜひMUKUをお楽しみ下さいませ。

 

 

トピック2:Kuduレザー

Kuduというのは日本語で「クードゥー」「クーズー」などと呼ばれる、見た目はヤギに似たウシ科の動物で、まずはとにかくその裏革(=スエード)の美しさに定評があります。発色が実に鮮やかで、なでるとベロア生地のようなつややかな光沢が上がります。やわらかく柔軟性にも優れており、かつ起毛皮革なので防水スプレーを用いれば雨の日でも安心して履いて頂けます。

一方、流麗で上品な裏革とはまさに好対照で、その表革については俗に「トラ」と呼ばれる強いシワやアタリが革全体に縦横無尽に走っていて相当に野性的です。もちろんどの色の表or裏を、どの靴向けにつかうかは、お客様皆様が自由にお選び頂けます。

このKuduレザー7色につきまして、2020年1月末までの期間限定でご用意いたします。情報としてリリースして以来、「ココチで欲しかった上質なスエード!」「ココチでついに雨靴がつくれる!」などと、私たちも森田さんも驚くほどの引き合いで、既にたいへんご好評を頂いております。

 

 


 

★受注会のメイントピックの3つめは新作靴「marco-mid」のリリース

そして実はさらに、純粋な新作靴としてもう1型、kokochi sun3から「marco-mid(マルコ・ミッド)」がリリースされています。この新作靴はその名の通り、既に定番靴としての評価が定着している既存モデル「marco(マルコ)」のミドルカットブーツバージョンです。

 

NEW!! → トピック3marco-mid

marco-midは、今回の受注会に向けて森田さんの頭の中にあったいくつかの新作候補のうちの1型なのですが、新作について構想を練っている時点で既に採用が決定していたKuduレザーとの相性の良さという観点で、「圧倒的にmarco-midだなと感じた」「自分自身Kuduでつくられたmarco-midが見てみたいと思った」(森田さん)ということで、このタイミングでのリリースとなりました。

実際、marco-midのサンプルはすべてKuduレザーでつくられています。美しく上品なスエードでつくれば端正な雰囲気に、野性的で生気あふれた表革でつくればカジュアルな雰囲気に。これら1足1足のできがまた素晴らしすぎて・・・汗。

 

 

あらゆるデザインを柔軟に受け入れてくれるmarco-mid

ただし、このmarco-midのデザイン自体はきわめてシンプルなので、革の種類や色・ソールの種類などを自由にカスタマイズすることで、コテコテのカジュアルシューズからスーツに合わせるドレスシューズまでどんなデザインでもこなしてくれる、一言でいうなら、「それぞれのお客様のお好みや履き方を選ばない靴」であると思います。

そもそも、すべてKuduレザーのみでつくられているサンプル4足を見比べるだけでも、たとえば、ガウチョ(ベージュ)のmarco-midは無骨でワイルドなワークブーツ然としていますし、ブラックスエードのmarco-midは一切問題なくビジネスカジュアルをこなしてくれる見た目です。マッケイ製法によるグレーのmarco-midは、小さめサイズということもあり、とってもかわいい女の子靴に仕上がっています。

あるいは、ドレスシューズラインkokochi sqirでつかわれるイアンやアノネイなどのスムースレザーをつかい、かつソールをハンドソーンシングル・シングルレザーソールなどでオーダーすれば、それはもはや一丁前のドレスシューズとして仕上がってくるはずです。妄想は尽きません・・・。

  

 

 

下では、早速marco-midを履いてつくったスタイリング画像をご紹介しています。ぜひ合わせてご覧下さいませ。

 

 

バラエティ豊かな12足のmarco-mid&marcoという過去最強のラインナップが実現

また今回のmarco-midのリリースと同時に、その原型であるオリジナルの短靴モデル「marco」も再リリースを果たしています。

インタレストでもそうなのですが、ココチブランド全体でここ最近このmarcoの人気の再燃が顕著で、足元ではそのサンプルが一足も存在しないという状況がしばらく続いてしまっていました。その状況を打破すべく森田さんが今回新たに制作した5足のmarcoは、marco-midに負けず劣らず1足1足の表情が豊かで必見です。もちろんKuduレザーも多くつかわれています。

ちなみに、今回のタイミングで森田さんが一挙に制作したmarcoのサンプル5足、それからまったくの偶然で一切サイズもデザインもかぶらないインタレストの在庫分のmarco3足、そして上でご紹介したmarco-midのサンプル4足によって、現在、「0.5サイズ刻み&様々な革&ソールの種類でつくられた12足」という過去最強のmarcoラインナップが実現しています。marcoをオーダーするにあたって、今以上のタイミングはそうそうないと思います。

ともあれ、以下では変幻自在のmarco-mid&marcoの画像をたっぷりご覧頂けます。まずはそちらをぜひご参考にして頂きまして、そしてぜひ実際に店頭でその実物をお試し下さいませ。

 

 

新たにつくられたmarcoを履いてつくったスタイリング画像も合わせてご紹介しております。

 

 

 

それでは以下、全12足のmarco-mid&marcoによる過去最強のサンプルラインナップの物撮り画像と、その一部を当店女性スタッフY(身長160cm)と男性店長D(身長179cm)が着たスタイリング画像を一挙にご紹介いたします。

それぞれつかわれている革やソールカスタマイズなどによるオプション料金を計算した、「仮にこのデザインでつくったらこの価格」という参考価格も表記しておりますので、それも合わせてご参考にして頂けましたらと思います。

続きを読む

Anna Of The North – Thank Me Later

Anna Of The North – Thank Me Later (Official Music Video)

 

「北国のアナ」。たぶん以前にもこの休日コラムでアップしていて、涼やかな北風にさらされるような温度低めのドリームポップだったように記憶しているのですが、この新曲はとってもキュートで、ちょっぴり懐かしさも感じさせるステキなポップソングです。好みのど真ん中であまりにかわいらしくドハマリしていて、最近聴きまくっています。

このコテコテのコード進行&アレンジは結構勇気がいったと思うのですが、このミュージックビデオも含めて「そんなこと知らないわ」という彼女の声が聞こえてきそうです。

ところでこの人たち・・・そう「人たち」ということで、どうもデュオであるようです。ニューアルバムリリースも近いようで、この曲を聴いてしまうと俄然楽しみになりますね。

 

 

今すぐ活躍する春夏の洋服、まだございます。お客様のスタイリングとともにご紹介いたします!

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

本日も多くのお客様よりご来店やオンラインストアのご利用を賜りまして、誠にありがとうございました。

 

 

本日、関東地方の梅雨明けが発表されました。今、目下必要なアイテムは、梅雨明けしたこの猛暑を乗り越えるための春夏物かと思います。以下ご紹介いたしますが、がんがん着て洗えるお勧めのアイテムもまだございます。

ご来店が可能な方はお気軽にお立ち寄り下さいませ。オンラインストアにてサイズ感などご質問などがございましたら、お電話やお問い合わせフォームよりお気軽にご相談下さいませ

 

 

★本日ご来店下さったお客様のスタイリングです。

Robes&Confectionsのウォッシャブルレーヨンツイル・ワンピース(インタレスト別注色のグリーン:完売)と、足元にはkokochi sun3のブギウギパンプスです。このワンピースは、「洗えるレーヨン生地」がつかわれていて、こちらのお客様もすでに何度も洗濯をなさっているそうです。入荷時に撮影をした私は、新品時と見た目が変わっていなかったので、かなりビックリいたしました。

「汗をかく夏場は、洗える洋服は助かります!」と仰って頂いて、とてもうれしかったです。

 

 

このワンピース、実は色違いのホワイトの在庫が1点のみございますシルクのような光沢、なめらかさ、軽さ、美しいシルエット。夏に気持ちがあがるワンピースとして大変お勧めです。オンラインストアからもお買い上げ頂けますので、ぜひお早めにお手元にお迎え下さいませ。
 

 

 


本日は以上です。

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<入荷アイテム詳報>Robes&Confections19AW:ブランドの「主軸」たるテーラードラインの新作全点を、大量の文章&スタイリング画像とともに、たっぷりご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日はRobes&Confections19AWより、ブランドのアイデンティティであるテーラードラインの入荷アイテム全点+α(全10点)を、たくさんのスタイリング画像とともに一挙にご紹介いたします。

これは今回に限った話ではありませんが、Robes&Confectionsのテーラードアイテムは全点「クオリティVS価格」が圧倒的にリーズナブルです。そもそもインタレストがRobes&Confectionsのお取り扱いをまさに「即決」できたのは、過去3年くらいずっと探していた良質なテーラードウェアがどれも相応に高価(←「割高」というよりは「相応」)だったのに対して、彼らのアイテムが「このクオリティのジャケットを5万円台で出せるの?!」と驚愕したからです。この気持ちは、今も一切変わりません。

もちろんその背景にはブランドの実力とそして不断の経営努力があるわけですが、ともあれ今回入荷したテーラードウェアの数々もあまねくすべて素晴らしくオススメです。下で現在展開中の「ダブルジャケットを着ませんか?」というご提案についてお話しいたしますが、ダブルジャケット以外のジャケット・ボトムス・ブラウスなどすべてにご注目下さいませ。

 

 

Robes&Confections

デザイナー:土屋郷

大黒柱である確かなテーラリング技術に、時代時代の「ファッション」のエッセンスを巧みにブレンド。
常に「いま」を感じさせるカジュアルテーラードのスタイルを主軸にしています。
メンバーの大半がパタンナーというプロフェッショナルたちが長年のキャリアを積み重ねて、
いまではワンピース・スカートなどのレディースウェアからメンズラインまで総合的に、
素材とパターニング&カッティングにとことんこだわったコレクションをリリースしています。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

 


 

★スタイル提案:「ダブルジャケットを着ませんか?」

インタレストでは前季19SSシーズンより、「ダブルジャケットを着ませんか?」というご提案をさせて頂いております。

ダブルジャケットを着たセットアップスタイルはもとより、以下の画像のように「普段の装いにダブルジャケットを単体で合わせるスタイル」をオススメしております。

 

 

レディーススタイルでは特に取り入れやすいダブルジャケット

実は特にこの数年、私たちスタッフがレディースのカジュアルスタイルでダブルジャケットを合わせるスタイルに強く惹かれていたところ、インタレストが誇るテーラードブランドであるRobes&Confectionsが19SS・19AWと2シーズン連続で秀逸なダブルジャケット(それぞれ別型)をリリースしてくれて、これがまさに絶妙なタイミングとなりました。

前季19SSではスタッフ着用のスタイリング撮影をする間もなく入荷したダブルジャケットが全点完売するなど、このキャンペーンはたいへんご好評を頂いておりますが、いよいよ新シーズン19AWが開幕し、新作ダブルジャケットのインタレスト入荷予定分は全点ご用意できております。

以下、この春に公開していた展示会レポート(現在非公開)で、本キャンペーンについてご案内している部分を一部修正しながら引用しております。ダブルジャケットをサラリとまとったレディーススタイル、最高に粋だと思います。普段のスタイリングに、どうぞお気軽に取り入れて頂けましたら嬉しいです。

トレンドやブーム・「空気」といったものに疎い私たちインタレストですが、実はショップテーマとして、前季19SSより「ダブルジャケットを着ませんか?」というご提案をさせて頂いております。

その19SSにリリースされたRobes&Confectionsの優れた新作ダブルジャケットと出会って、「これって本当に洋服なら何から何まで合わせられるよね??」と、そのカッコ良さはもちろん、アウター代わりになるという実用性の高さにも惚れ込んでいます。

同生地のテーラードパンツと合わせるセットアップスタイルはもちろん最高なのですが、それ以外にもダブルジャケット単体で、たとえばLOKITHOのドレスワンピースと合わせる、everlasting sproutの刺繍ワンピースと合わせる、Lehの刺繍スカートと合わせる、tiit tokyoのニットスカートと合わせる、Sancaのデニムパンツorチノパンツと合わせる・・・など、率直に無敵の合わせやすさだと感じるのです。

実はダブルジャケットは、レディーススタイルでは特に取り入れやすいアイテムです。ひょっとすると「食わず嫌い」でダブルジャケットに苦手意識がおありかもしれませんが、トレンチコートやピーコートなどのダブルコートに苦手意識があるというケースはほとんどないと思います。たとえば、まずは前身頃のボタンを開けて着るだけでずいぶんハードルが低くなります。ぜひ心新たにご覧頂けましたらと思います。

展示会では、これはもう執拗なまでに(笑)、新作ダブルジャケットを様々なカテゴリのアイテムたちと合わせてたくさん撮影いたしました。「ワンピースもスカートもパンツも、ニットもジャージーも柄物も何でもこなしてくれて本当にスゴイ!」と、私たちが展示会で味わった大きな感動を、皆様にもお伝えできましたら嬉しいです。

以下で順に掲載しておりますので、ぜひご参考になさって下さいませ。

 

 


 

★Robes&Confectionsのテーラードラインはユニセックスアイテムです

これは毎回お伝えしていますが、Robes&Confectionsのテーラードラインのアイテムは、そのほぼすべてがユニセックスアイテムです。

特にパンツは純粋な4サイズ展開で、女性が「3」を履くこともあれば、男性が「1」を履くこともあります(→後者は特に頻繁にあります)。もちろんデザインやディテールがサイズ毎に異なるなども一切ありませんので、純粋にウスエト寸と着丈でお選び頂けましたらと思います。

またジャケットも、たとえばこれまで2サイズ展開だったブランドの代名詞的な定番シングルジャケット(=品番「J01」)についても、今季19AWより4サイズ展開になりました。Robes&Confectionsはもともとレディーステーラードブランドとして始まったブランドですが、クラシカルなテーラードウェアのルールに則り、アイテムを問わずボタンはすべて右合わせなので、この点についても男性のお客様はぜひご安心下さいませ。

以下、本日のブログ記事でご紹介するアイテムでは、ラストの白ブラウスはレディースアイテムですが、それ以外については全点ユニセックスアイテムです。男性のお客様におかれましても、ご興味をお持ち頂けて、かつサイズが合うようでしたら、ぜひお試し頂けましたらと思います。

 

 

以下、全10点のアイテムを、たくさんのスタイリング画像とともにたっぷりご覧下さいませ。

  • 展示会場で撮影したスタイリング画像のモデルは、身長172cmの着用モデルさんです。彼女がサンプルサイズ(←商品サイズとは異なります)の「2」を着ていて、これらの画像は概ね身長160~165cmくらいの女性が商品サイズの「1」を着たときと近いイメージです。ぜひご参考になさって下さいませ。
  • 表記価格はすべて「税抜価格」です。

続きを読む

春夏物の完売が相次いでおります。明日も皆様のご来店やオンラインストアのご利用をお待ちしております!

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

本日も、多くのお客様よりご来店・お問い合わせを賜りまして、誠にありがとうございました。

久しぶりにお目にかかったお客様もいらして、とても嬉しかったです。ありがとうございます。

 

さて、セール開始後の最初の週末、完売アイテムも多く出てきております。また、複数点入荷して最後の1点となったアイテムも多いです。

気温が上がったこともあり、夏物をお求め下さるお客様が一気に増えております。

昨日のブログでも書きましたが、まだまだ魅力的な洋服がございますので、ぜひいまいちどご確認頂きまして、この機会にお手元にお迎え下さいませ。長年の着用に耐えうる高品質の洋服たち、オススメです。

 

オンラインストアのセール対象アイテム一覧ページ >こちらから

 

 


★ご検討の際に参考にして頂けるリンク先一覧

 

1,インタレストオンラインストアの各ブランドのページ

下掲オンラインストアの各ブランドのページには、それぞれのアイテムについて、多くのスタイリング画像・物撮り画像に加えて詳細な説明や寸法などの各種データ、関連するブログ記事へのリンクなどがギッシリ掲載されておりまして、その充実度には強い自負を持っております。

それらをご参考にして頂きながら、気になるアイテムがおありの場合には、ぜひお早めにお求め下さいませ。

everlasting sprout
LOKITHO
Eatable of Many Orders
Robes&Confections
Leh
tiit tokyo
ANITYA
LOWRUNDER
Sanca
壺草苑
ユニセックス&メンズアイテム一覧(ブランド横断)
MAITO
kokochi sun3&sqir ポータルページ
Kailino

 

2, スタイリングをご覧になりご購入頂くこともできます

>オンラインストアでスタイリングから購入

 

3, 「19SSスタイリング強化月間」特集記事

以下のスタイリングについての特集記事では、各回着ているメインアイテムに加えて、そのルックで合わせているアイテムたちについてもその都度一緒にご紹介しております。

撮影して初めて分かった各アイテムの魅力やオススメポイントなどもご説明いたしますので、ご購入をご検討頂く際のご参考にして頂けましたらと幸いでございます。

  • 「スタイリング強化月間」特集記事(1):各ブランドのワンピースと合わせた全50ルック(レディース) >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(2):各ブランドのスカートと合わせた全29ルック(レディース) >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(3):各ブランドのパンツと合わせた全47ルック(レディース&メンズ) >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(4):各ブランドのユニセックスアイテムを着た全24ルック(メンズ) >こちらから
  • スタッフY編:今季19SSに充実しているリーズナブルな夏物エントリーアイテムのご紹介(前編) >こちらから
  • スタッフY編:今季19SSに充実しているリーズナブルな夏物エントリーアイテムのご紹介(後編) >こちらから
  • お客様スタイリング:具体的に参考にして頂ける「リアル」の装い全43ルック(レディース&メンズ) >こちらから

 

 


本日は以上です。

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。