tiit tokyo (ティート・トウキョウ):レディース

デザイナー:岩田 翔 / 滝澤 裕史



" 「日常に描く夢」をコンセプトに、独特な世界観から描き出された上品かつフェミニンな女性像を提案。産地とともに作り上げる繊細な色使いの素材をデザインに落とし込み、洗練されたデイリーウェアを発表。"

デザイナーの志向やモノ作りの現場は有機的かつ人間的なのですが、そのことと実に対照的に、経営のシステムや生産のプロセスはきわめて合理的で、その両者からはtiitを語る上でのキーワードである「ファンタジー」と「リアリティ」をまさに感じることができます。

前者については好奇心と感心とをかき立てられましたし、後者については若くてクレバーなマネジメントにアパレルの未来の一端を見た心地がしました。tiitに出会って「洋服っていったいなんだろう」「ファッションは今後どうなっていくんだろう」と考え直すきっかけにもなりましたし、「今後このブランドを見ていきたい」「しっかり付いていきたい」と強く直感しました。

以下のリンク先のブログ記事では、tiit tokyoの世界観や今季19SSの入荷アイテムなどについて、デザイナーの1人である岩田翔さんへのインタビューで得たコメントなども交えて詳細にご案内いたしております。ぜひご一読下さいませ。

tiit tokyoとは?詳しいブランド説明はこちら>