オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ サイト内検索 キャッシュレス・消費者還元事業に伴う店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして
See Translation


What's New!! ~注目トピック

【大切なお知らせ】
★新型コロナウィルスの感染拡大防止に関連する当店の対応・対策(4/7更新)>

【20SS New Arrival】
新作一覧はこちら>

【ココチブランド受注販売会:6月13日(土)~21日(日)*日程変更】
 *4月11日(土)~19日(日)の会期で予定しておりましたが、延期させて頂きます。
・2020年限定の新革”ALASKA”9色
・新作靴”kamma(カンマ)”
・新作サンダル”GYATOR 005(ギャートル5)”
 詳しくはこちら>


【5%ポイント還元】
当店は「キャッシュレス・消費者還元事業」の5%還元の対象店舗です>


 
最近の記事

カテゴリー: Yのイチオシ分析 (1ページ / 7ページ)


<Yのイチオシ分析>摩訶不思議な楽しいディテールの連続:Leh「ノーカラーリバーシブルブルゾン」

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

物撮り撮影をしている私スタッフYだからこそ気づく、オススメアイテムのディテールをご紹介する「Yのイチオシ分析」。店長Dによる「入荷アイテム詳報」のスピンオフのようなイメージで、不定期に執筆させて頂いております。

 

本日は、Lehの「リバーシブルブルゾン(ブラック生成りチェック)」を特集いたします。

 


 

★摩訶不思議な楽しいディテールの連続

本アイテムの入荷詳報でご案内しております通り、こちらは基本的には、「着勝手の良い万能のハーフ丈ブルゾン(しかもリバーシブル)」というアイテムです。

けれど撮影中に、頭の中での「???」が止まらなくなってしまう、様々な発見がありました。それを本日はご紹介させて頂きます。

以下2枚の画像が、このブルゾンの「ブラック」を表・裏で撮影したところです。どちらの面を外にして着てもバッチリ成立する隙のないデザインです。

まず、表面の生地は、「インド産のどうも布団カバーとしてつかわれていたらしい透け感とクラフト感のあるカット刺繍生地(=入荷詳報より)」です。

画像2枚目の通り、生地が二重になっていて、外側の生地はカットによって幾何学模様が入り、さらに驚くべきことに、その端々が手作業によるまつり縫いで留められています。

インドではこうした生地が普通にあるそうですが、私にとっては初めて目にする手の混んだ生地で、本当に驚いてしまいました。日本ではとてもつくれないように思います。この生地からしてすごいですよね。

さて、このブルゾンの背中側は、ヨーク部分で開きます。こうした開き方も初めて見ました。(笑)

2つのスナップボタンで留めると普通に閉じるので、閉じたままの着方がメインになりそうですが、とりあえず背中の通気性は抜群だと思います。

さらに不思議に思ったのが、両サイドで異なるアシンメトリーのつくりです。画像1枚目、向かって左側は腕を上げると脇がパカッと開くような形で開いています。これも通気性が良さそうですね。

そして画像2枚目は向かって右側のサイドです。袖を持ち上げて撮影していますが、こちらの側はサイドが裾まで完全に開く仕様で、ひもで留められています。

わざわざ左右異なるパターンで制作していることに、本当に驚きました。着ると腕で隠れる箇所なので、実際にはあまり目立たず「ブラックのブルゾン」としてご活用頂けます。

 

リバーシブルのブルゾンですので、以下はひっくり返して撮影していきます。

ちなみによくあるリバーシブルのアイテムと違って、このブルゾンではこちらの裏面もきれいな生地と縫製で、どちらの面で着ても格好良いです。

リフレクターは、たとえばランニングウェアなどにもつかわれていて、夜間の外出時に車のライトなどでハッキリ目立つので、事故から身を守ってくれます。

ファッションで着るだけではなく、例えば昼間はカット刺繍生地を表にして着て、夜間はこのリフレクターの面を表にして着るというのも、実用的かもしれません。

さて、本題に戻ります。画像2枚目の通り、こちらの面では向かって左サイドに脇の開きとひもが出てきます。

この脇にご注目下さい。ひもの上=脇のすぐ下に何か黒いリボンがピタッとくっついていて、手ではらうと簡単に外れます。

実はこの黒いリボンの中に磁石が入っていて、リフレクター内に入っている見えない磁石とくっつく仕様になっています。これも見たことのない不思議なディテールです。

ひもを結ぶ前に、もしくはひもを結ぶ暇もないときに、パッと磁石でサイドを留めてくれるということなのかな・・・と想像しております。

最後に、正面のファスナーも、リバーシブルでの着用に対応できるように凝っています。引き手が前に来ても、後ろに来ても、つかえるというファスナーです。

ひょっとして、サイドのひものディテールは、万が一ファスナーが壊れたときに、サイドを開けてパッと脱ぎ着ができるという役立ち方をするのかなとも思いつきましたが、正解はわかりません。ぜひ実物をお試し頂けましたらと思います。

 


 

生地違いの「生成りチェック」です。こちらももう一度、簡単におさらいさせて頂きます。

背中はヨーク部分でパカッと開きます。(普段はスナップボタンで留められます。)

向かって左サイドは脇が開いています。向かって右サイドは、完全に開くようになっていてひも+磁石で留められています。着ていると目立たないディテールですが、通気性が抜群です。

ひっくり返すときれいな蛍光イエローのリフレクターです。夜間の外出時にも身を守ってくれそうでオススメです。向かって左サイドにひものディテールです。

ひもの上部は磁石の入ったリボンで留まります。万が一ファスナーが壊れたときにも、簡単に脱ぎ着できそうです。

これだけ凝ったアウターをこの価格でつくれるブランドは、そうそうないと思います。春にも秋にもパッとはおれて丈夫で、長年役に立ちますので、ぜひお手元にお迎え下さいませ。

 

 


 

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<Yのイチオシ分析>今すぐほしい機能ライトアウター:ANITYA「撥水ナイロンタフタ・ジェラバコート」、muuc「花プリントのドレスコート」

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

物撮り撮影をしている私スタッフYだからこそ気づく、オススメアイテムのディテールをご紹介する「Yのイチオシ分析」。

本日は、ANITYAの「撥水ナイロンタフタ・ジェラバコート」、muucの「花プリントのドレスコートを特集いたします。

 


 

★今すぐほしい機能性。それは花粉対応力

 

ANITYAの「撥水ナイロンタフタ・ジェラバコート」が今すぐ活躍する理由、それは「花粉対応力」です。軽くて身幅・袖幅も大きいので、スタイリングの一番上にガバッとはおって外出し、帰宅時に玄関の外で脱いでバサバサと花粉をはらうことができます。

デザインも洗練されていて、今、私自身がものすごく欲しいと感じているアウターです。

生地はナイロン100%。シワ加工によって味わいのある雰囲気で、なんと撥水加工も施されています。ネイビーは着る季節を選ばず、合わせやすさも抜群です。

個人的にたまらないディテールが、この大きなフードです。モロッコの「ジェラバコート」に見られる大きなフードがデザインの元となっているそうですが、このフードがかわいいです。帽子をかぶった上からでもかぶれるほどの大きさです。

生地に撥水加工がされているので雨の日に実際に役立ちますし、花粉の飛散量が多い日にもガバッとかぶって顔の周りまで覆いたくなります。

正面の留め方を、様々にアレンジできるのもANITYA流です。ひもで絞ったり、襟元のフックを留めたり、レイヤー構造の内側のスナップボタンで留めたり。急いで脱ぎたいときに、このひも+スナップボタンという組み合わせはとても便利だと思います。

ウエストのひもを絞らずに着るとだいぶ雰囲気が変わって、これもかわいいですよね。肌寒いときは中にセーターなどを着てモコモコにすることもできます。

内側はメッシュですので、軽やかで蒸れません。内ポケットまで丁寧につけられています。大切なものはここに入れると安心かもしれません。

こうしたデザイン性の高さ+機能性の高さから、ただの「花粉対策コート」としてだけではなく、毎年春秋に季節的にも長く活躍するコートとして重宝します。

色違いのグレージュは完売いたしました。残りはネイビー1点です。ぜひお早めにご検討下さいませ!

 


 

★実は花粉対応力まで兼ね備えた「洗える」ドレスコート

 

まったく雰囲気が異なりますが、muucの「花プリントのドレスコート」も、花粉シーズンにはおりづかいができます。ポリエステル100%のツルツルとした生地なので、花粉がつきづらく、帰宅時に脱いでパタパタとはらうことができます。

さらにこの生地は、オフィシャルで「水洗いOK」の絵表示なので、安心してご自宅で洗濯して頂けます。本アイテムの魅力につきましては、オンラインストアにて詳しくご案内しております。色違いのホワイトは完売して、残りはこちらのネイビー1点です。ドレスとしてもご活用頂けますので、価格以上の働きをしてくれます。ぜひお早めにお手元にお迎え下さいませ。

 

 


 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<Yのイチオシ分析>グラデーション染めの美しさが冴えわたる:壺草苑「ショールコート」「グルカプルオーバー」「切り替え襟なしシャツ」

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

物撮り撮影をしている私スタッフYだからこそ気づく、オススメアイテムのディテールをご紹介する「Yのイチオシ分析」。

本日は、壺草苑の「コットンシフォンドビー・ショールコート」、「コットンシフォンドビー・グルカプルオーバー」、「コットンローン・切り替え襟なしシャツ」を特集いたします。

 


 

★グラデーション染めの美しさが冴えわたるショールコート

 

壺草苑の妥協のないストイックな仕事ぶりが発揮される一例が、「グラデーション染め」です。こちらのショールコート・・・コートと言うよりも、ロングカーディガンのようなやわらかいはおりものですが、長い着丈の上から下にかけて淡くなるグラデーション染めがかけられています。

壺草苑のグラデーション染めは、ひと目で「人の手で染められたものだ」とわかることと、他のアイテムとの合わせやすさの面から、「初めての壺草苑」としてもたいへんお勧めです。私自身も、最初に買った壺草苑のアイテムはグラデーション染めのニットワンピースでした。それは8年経った今も現役です。

 

壺草苑のグラデーション染めの特徴は、どこかの高さで色が変わるのではなく、端から端までの長い距離を目一杯つかって、段が一切なく濃淡が替わっていくところです。

なるべく長い距離をかけてグラデーションをかけるのは作業的にも大変ですが、その方がずっと美しく仕上がるので、壺草苑ではそのための努力は惜しまないと以前聞いたことがあります。

段や偏りなく美しく染め上げられた「作品」は、熟練した職人による類い希なる技術と努力の結晶です。また、わずかな染めの失敗でも工房は見逃さず、「完璧」に仕上がったアイテムのみ店頭に入荷いたします。

 

このショールコートは、実用性の面からもお勧めしたいポイントが複数あります。

それはなんと言っても、紫外線対策・冷房対策・花粉対策です。襟周りの生地が、これからの季節、首周りの紫外線対策や、冷房による冷え対策に役立ちます。

また、今の花粉シーズンは、スタイリングの一番上に着て、帰宅時に外で脱いでパタパタとはたいて花粉をはらうことができます。さらにはご自宅で洗濯ができます。

持ち歩きのときも、洗濯でも、薄くて軽くてかさばらず、乾きも早くてものすごく便利です。画像2枚目のように両サイドにポケットもちゃんとついていて、抜かりがありません。

 

画像の通り、内側の端の始末もきれいです。

今までに多くのお客様が壺草苑の「はおり」型のコートやカーディガンをお買い上げ下さっています。はおり型のアイテムは正面のボタンなどはありませんが、皆様パッとはおって颯爽とご来店下さっていて、ステキだなといつも感じています。

前を留めたい方は、ウエストにベルトを巻いたり、前を合わせてブローチで留めたり、いろいろなアレンジを楽しんでいらっしゃいます。

一度着ると癖になる着心地の良さを、ぜひお試し下さいませ。

 

 


 

★壺草苑の丁寧な縫製の一例:グルカプルオーバー&襟なしシャツ

 

壺草苑のアイテムを長くお取り扱いしていると、言うまでもないことなのですが、壺草苑のアイテムは、縫製もたいへん丁寧です。今季入荷アイテムより、一例をご案内いたします。

こちらは変わり板締めが美しく映えるコットンシフォンドビー・グルカプルオーバー」です。

以下3枚の画像は、すべてアイテムを裏返して撮影しています。生地の端が外に出ないように折り込まれてきれいで、こちら側が表であっても良いくらいです。

いつも書いていることですが、見た目や気持ちの問題だけではなく、肌あたりのやさしさ、また洗濯と着用を何年、何十年と続けた際の、洋服の持ちなども異なってくることと思います。

それにしても、裏側まできれいに染まっていますね。

 

 

もう一点、コットンローン・切り替え襟なしシャツ」です。胸元のドットの刺繍生地がステキで、受注会でのお問い合わせも多かったアイテムです。

撮影時に、胸元の刺繍生地を裏返すと、きれいに同じ刺繍生地が出てきました。普通は刺繍生地の裏面の柄の出方は表面とは異なるので、あれ?と思ってよく見たところ、実は、2枚の刺繍生地が、外表になるように縫い合わされていました。

見えない刺繍生地の内側もきれいに仕上げるという、こうしたつくりは初めて見たので驚きました。

たとえば前を開けてカーディガンのように着たときに、正面がめくれてもきれいな刺繍生地が顔を見せてくれます。シャツとしての強度も増しますね。細かいことですが、思わず興奮して撮影してしまいました。

画像2枚目の背裏部分も、裏側の端の始末がきれいです。透け感のある上質な生地です。

このシャツもため息の出るような素晴らしい仕上がりです。お気に召して頂けましたら、ぜひお手元にお迎え下さいませ。

 

 


 

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<Yのイチオシ分析>驚きのやわらかさ、肌ざわり:Robes&Confections「コットンカシミヤガーゼ裏毛シリーズ」

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

物撮り撮影をしている私スタッフYだからこそ気づく、オススメアイテムのディテールをご紹介する「Yのイチオシ分析」。

本日は、Robes&Confectionsの「コットンカシミヤガーゼ裏毛シリーズ」を特集いたします。

生地の触感は画像や言葉では伝わらないことは承知の上ですが、本日は、本当に気持ち良いこの生地の魅力を改めてお伝えしたく、この特集にチャレンジさせて頂きました。

 


 

★驚きのやわらかさ、肌ざわりの生地なのです。

2012年のインタレスト開業以来、初めて出会った触感に、私自身、展示会の会場ではびっくりいたしました。ご予約下さったお客様も、実物に触れたとき、「こんなに気持ち良いんですね。」と驚かれていました。

ふわっとして、おそらく見た目の印象よりもずっと薄くて軽く、やわらかい生地です。くたっとした感じもするので、ゆるめに生地が編まれていると思います。コットン95%×カシミヤ5%という素材構成ですが、ここから想像できる触感ではないと思います。コットンのタオルにありがちなゴワゴワ感はありません。

画像1枚目が表面です。そして画像2枚目が裏面、肌に当たる面です。裏面はタオルのようなパイル地のつくりになっていますが、ふれたときの凹凸感はあまりなく、これまたやわらかくて気持ち良いんです。表現が難しいのですが、アイテム名にもある「ガーゼ」のような触感が近いのかなと思います。でも、ガーゼよりも肌離れが良く、さらりとしているため、夏にピッタリだと思います。

トップス2型もパンツも、内側すべてがこのパイル地なので、間違いなく気持ち良いです。実際に着てみて、「通気性の良さ」も感じました。春秋は肌寒いくらいかもしれません。ジメジメとした高湿度・高気温の日本の真夏にこそ、その真価を発揮します。

Robes&Confectionsらしいシルエットの美しさ、そしてポケットもついていたりして、ウィットに富んだディテールも健在です。さらにはオフィシャルで「洗濯OK」の表記です。丁寧に扱いたい方は、裏返して小さめのネットに入れて、洗濯機の手洗いモードで洗って下さいませ。干すときは平干しにすると万全です。(ちなみに、平干しネットがひとつあると、重宝します。)

 

★スタイリング画像は準備中です。着用画像は1~2サイズ大きいサンプルを着ています。

展示会の会場にあったサンプルは、モデル向けに大きめのサイズでつくられています。そのため現在私たちがご紹介しているサンプルの着用画像は、入荷したアイテムより1~2サイズ大きいものを着ています。

以下の画像で着ている「結びTシャツ」のサンプルはサイズ「2」で、入荷したサイズ「1」はこれよりワンサイズ小さいです。全体的にひとまわり小さくなるイメージです。

また履いているパンツのサンプルはサイズ「3」で、入荷したサイズ「1」はこれより2サイズも小さいです。たとえば着丈は、身長160cmの私が履いて、九分丈になります。

実際には、この画像よりもずっとスタイリッシュな雰囲気でお召し頂けます。ぜひ在庫のあるうちにお試し下さいませ。

 

こちらの画像で着ている「ロングTシャツ」のサンプルはサイズ「3」で、入荷したサイズ「3」と同じです。そのため以下のスタイリング画像をそのままご参考にして頂けます。

ロングTシャツは、このゆるっとした雰囲気で着て頂くのがステキだと思います。サイドスリットも効いて、大きめのサイジングで風通しも良く、本当に気持ち良いです。

履いているパンツのサンプルはサイズ「3」で、入荷したサイズ「1」はこれより2サイズも小さいです。先ほども書きましたが、たとえば着丈は身長160cmの私が履いて、九分丈になります。

 

 


 

生地の触感をブログでお伝えするのは、やっぱり難しいですね。それでも、これだけ皆が「気持ち良い!」と騒ぎ立てる生地はそうそうないと思いますので、あとはぜひ、お手元にお迎え頂いてお楽しみ下さいませ。

 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<Yのイチオシ分析>長年にわたってご愛用頂くための「ひも」のディテール:muuc「花プリントのドレスコート」「フェンネル刺繍のドレスコート」

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

物撮り撮影をしている私スタッフYだからこそ気づく、オススメアイテムのディテールをご紹介する「Yのイチオシ分析」。

本日は、muucのドレスコート4点、「花プリントのドレスコート・ホワイト」、「花プリントのドレスコート・ネイビー」、「フェンネル刺繍のドレスコート・ブラック」、「フェンネル刺繍のドレスコート・ブラウン×イエロー(完売)」を特集いたします。

この4点は、生地やボタンなどが異なるためまったく別の洋服に見えますが、形は同じです。デザイナーの村松さんから以前聞いた話も交えながら、muucの丁寧なものづくりの一例をご案内いたします。

 

 


 

★ウエストは内側からひもで絞れます

入荷詳報でご案内している「ウエストは内側からひもで絞れます。」というディテールですが、わかりづらいかもしれませんので、改めてご説明いたします。

画像1枚目はドレスコートを後ろから見たところです。中央の「丸」をつけた部分を内側から見ると、画像2枚目のようにひもが出ています。このひもを引き出して、必要に応じて軽く結んで留めることで、ウエストをお好みの雰囲気に絞ることができます。

私は撮影のために何度もこの作業をやっていますが、とても簡単です。絞るときも広げるときもストレスがありません。

ウエストを絞らない場合は、以下のようにふわっとした雰囲気で、この着方もかわいいんですよね。当店のお客様では、両方の着方をお楽しみ下さっている方が多いと思います。コートのようにはおるときも、ぜひ両方をお試し下さいませ。

 

 


 

★なぜ「ひも」をつかうのか?

ところで、この「ウエストを内側からひもで絞る」という仕様が何シーズンか前に初めて採用されたとき、デザイナーの村松さんから直接その理由を聞いたことがあります。

フリーサイズのアイテムの場合、一般的にはウエストの絞りにゴムをつかうのですが、「ゴムは、いつかはダメになってしまうので、共布でつくったひもにしました。外から見えない方がきれいなので、ひもは内側で絞る仕様にしました。」という説明だったと記憶しております。

 

この「ゴムは、いつかはダメになってしまう。」という話が印象に残っています。ゴムが劣化するというのは、多くの場合、年単位の話ではなく、何十年というスパンでの話になると思います。(私自身は、手持ちの洋服でゴムが劣化して諦めたという経験はまだありません。)

何十年、それこそ人の一生や世代を超えて、長くご愛用頂ける洋服をつくるというデザイナーの想いが、この仕様に表れていると思います。

 


 

もちろん、いつもご紹介している見えない部分の仕立ても本当に丁寧です。

アームホール内側はパイピングがされて(画像1枚目)、正面のボタンは途中から比翼仕立てになり(画像2枚目)、両サイドにポケットがつき(画像3枚目)、袖先のパターンも凝っています(画像4枚目)。

こうしたディテールもたまらなく愛しいと、多くのお客様からご共感を頂いております。

 

 


 

 

私たちインタレストの「ブランドセレクトの方針」を、改めて以下ご紹介いたします。本日ご紹介したアイテムも、この方針にまっすぐに応えてくれていると感じます。

ご興味をお持ち頂けましたら、ぜひお手元にお迎え下さいませ。長年にわたって愛着をお持ち頂ける、素晴らしい1点になることと思います。

 

ブランドセレクトの方針

(1) デザイナー・作家の想いやぬくもりが直に伝わってくるもの
(2) 手抜きのない真面目なモノ作りをしていること
(3) 経年変化に耐えうるクオリティであること

 

 


 

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。