オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ キャッシュレス・消費者還元事業に伴う店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして
See Translation


What's New!! ~注目トピック

【壺草苑販売会「天然藍が染めるふく 2019年秋冬」】
11月9日(土)~17日(日) 火曜定休
壺草苑19AWの最新作100点以上を店頭・オンラインストア特設サイトで販売いたします。

(1) イベントの概要>
(2) 会期中の店頭の様子>
(3) 会期限定のスタイリング&アイテム紹介>
★オンラインストア特設サイト(通信販売)はこちら>


【スタイリング強化月間】
特集記事1:圧倒的に便利すぎる絶対「買い」なインナーアイテム4選>
特集記事2:スタイル提案~「ダブルジャケットを着ませんか?」(全26ルック)>
特集記事3:ブラウス&スカートでワンピースに。セットアップでも着たいアイテムたち(全9ルック+α)>


【大切なお知らせ】
政府のキャッシュレス・消費者還元事業により、店頭&オンラインストアにてお支払い金額の5%がポイント還元されます。詳しくはこちら>

【19AW New Arrival】
新作一覧はこちら >


 
最近の記事

カテゴリー: kokochi sqir (1ページ / 9ページ)


<スタイリング強化月間>特集記事3:ブラウス&スカートでワンピースに。セットアップでも着たいアイテムたち

こんにちは、インタレストです。

★ただいまショップ内イベント「スタイリング強化月間」を開催中です

今季19AWシーズンに入荷した新作アイテムを中心に、私たちインタレストがブランド横断でたくさんのスタイリングをつくり、それをInstagramオンラインストア、そして本日記にて集中してお客様皆様にご案内する「スタイリング強化月間」を開催しております。

  • 「ブランド横断」のアイテムセレクトですので、各ブランドのオフィシャルモデルルックでは見ることのできない、そして特に「普段づかい」を意識してつくっている独自のスタイリング画像を、1千枚近くの画像でご覧頂けます。
  • このスタイリング撮影により、私たちスタッフは入荷した全アイテムのサイズ感・着た感、そして何より「実際に着てみないと分からないオススメポイント」を把握しておりますので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ
  • 加えて、スタイリング画像でしか確認できない「着たときのシルエット」をご覧頂きたいと感じております。上質なつくりの洋服はすぐれて立体的に制作されており、それゆえに「着られてこそ」その真価を発揮いたします。
  • 撮影したスタイリング画像や追加のご説明につきましては、連日オンラインストアの各アイテムのページにアップしております。ぜひご活用頂けましたら幸いです。
  • レディースルックのモデルは身長160cmの女性スタッフY、メンズルックのモデルは身長179cmの男性店長Dです。表記価格はすべて「税抜き価格」です。

 

 

インタレストのオンラインストア >こちらから

 

 

 

★「スタイリング強化月間」の特集記事をご案内いたします

そして本ブログでは、この「スタイリング強化月間」で撮影したルックにつきまして、本日の記事を含めて何回かに分けて、特集記事をご案内いたします。撮影して初めて分かった各アイテムの魅力やオススメポイントなどもご説明いたしますので、ご購入をご検討頂く際のご参考にして頂けましたらとても嬉しいです。

各回着ているメインアイテムに加えて、そのルックで合わせているアイテムたちについてもその都度一緒にご紹介しております。ぜひたっぷりお楽しみ下さいませ。

  • 「スタイリング強化月間」特集記事(1):圧倒的に便利なインナーアイテム4選 >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(2):スタイル提案~「ダブルジャケットを着ませんか?」(全26ルック) >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(3):ブラウス&スカートでワンピースに!セットアップでも着たいアイテムたち(全9ルック) >本記事です

 

 

 

★特集記事3:ブラウス&スカートでワンピースに!セットアップでも着たいアイテムたち

特集記事の第3弾となる今回は、今季19AWシーズンに固め打ちのように入荷してきている「セットアップスタイル」をつくれる洋服たちを着たルックをご紹介いたします。

セットアップスタイルといっても王道のジャケット&パンツだけではなく、ブラウス&スカートでつくるワンピースライクなスタイルや、コート&パンツという珍しいスタイルなど多彩なので、ぜひ皆様の日常の着回しに取り入れて頂けましたら嬉しいです。

 

 

もっとも、以下でご紹介するのはすべて、実際には単品づかいの汎用性がきわめて大きなアイテムたちです。そこで本記事では単品づかいで着ているスタイリング画像もたくさん掲載しておりますので、ぜひ合わせてご覧下さいませ。

(オンラインストアの各アイテムの個別ページでは、さらに多くの画像をご覧頂けます。)

 

 

さらにもう1点。予定より遅れてつい最近入荷してきたため「入荷アイテム詳報」が書けていない、こちらLOKITHOの新型テーパードパンツにつきましても、その詳報に代えて本記事にて詳細にご紹介いたします。本当に「超」オススメの完全な通年仕様のアイテムです。

ションヘルストライプシリーズよりブラックブラウン、そしてまったくの別生地で単色ブラック(画像3枚目)と全3色でリリースされています。単色ブラックはシフォン地のようなサラサラとした質感の薄手のバックサテン地で、本来ないはずの伸縮性も感じられて履き心地も抜群です。

 

 

 


 

 

★個別アイテムの詳細についてはオンラインストアに掲載しております

デザインやサイズ(寸法)、ディテールなども含めた多くの物撮り画像など、アイテム自体についての詳細につきましては、オンラインストアの各アイテムのページにてご確認下さいませ。

オンラインストア担当のスタッフYが連日大小のアップデートを続けており、それぞれの洋服たちの魅力をしっかりとお伝えできる情報量をご用意できていると自負しております。

(各ルックのアイテムリストでブランド名を表記しておりますので、オンラインストアよりそのブランドのページへ進むとすぐに見つけて頂けます。)

 

インタレストのオンラインストア >こちらから

 

以下は各ブランドページと各アイテムページの一例です。

 

 

 

本日のテーマで特集記事1つ分をまとめられることはそうはないと思いますので、今季19AWはセットアップスタイルでも着られるアイテムがとても充実しているのだと思います。

上でも書きましたが、いずれも単品づかいの汎用性がきわめて高いアイテムたちですので、「両方持っていてときどき合わせて着る」というのもたいへんオススメです。以下の全9ルック、ぜひお楽しみ下さいませ。

続きを読む

<スタイリング強化月間>特集記事2:スタイル提案~「ダブルジャケットを着ませんか?」

こんにちは、インタレストです。

★ただいまショップ内イベント「スタイリング強化月間」を開催中です

今季19AWシーズンに入荷した新作アイテムを中心に、私たちインタレストがブランド横断でたくさんのスタイリングをつくり、それをInstagramオンラインストア、そして本日記にて集中してお客様皆様にご案内する「スタイリング強化月間」を開催しております。

  • 「ブランド横断」のアイテムセレクトですので、各ブランドのオフィシャルモデルルックでは見ることのできない、そして特に「普段づかい」を意識してつくっている独自のスタイリング画像を、1千枚近くの画像でご覧頂けます。
  • このスタイリング撮影により、私たちスタッフは入荷した全アイテムのサイズ感・着た感、そして何より「実際に着てみないと分からないオススメポイント」を把握しておりますので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ
  • 加えて、スタイリング画像でしか確認できない「着たときのシルエット」をご覧頂きたいと感じております。上質なつくりの洋服はすぐれて立体的に制作されており、それゆえに「着られてこそ」その真価を発揮いたします。
  • 撮影したスタイリング画像や追加のご説明につきましては、連日オンラインストアの各アイテムのページにアップしております。ぜひご活用頂けましたら幸いです。
  • レディースルックのモデルは身長160cmの女性スタッフY、メンズルックのモデルは身長179cmの男性店長Dです。表記価格はすべて「税抜き価格」です。

 

 

インタレストのオンラインストア >こちらから

 

 

 

★「スタイリング強化月間」の特集記事をご案内いたします

そして本ブログでは、この「スタイリング強化月間」で撮影したルックにつきまして、本日の記事を含めて何回かに分けて、特集記事をご案内いたします。撮影して初めて分かった各アイテムの魅力やオススメポイントなどもご説明いたしますので、ご購入をご検討頂く際のご参考にして頂けましたらとても嬉しいです。

各回着ているメインアイテムに加えて、そのルックで合わせているアイテムたちについてもその都度一緒にご紹介しております。ぜひたっぷりお楽しみ下さいませ。

  • 「スタイリング強化月間」特集記事(1):圧倒的に便利なインナーアイテム4選 >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(2):スタイル提案~「ダブルジャケットを着ませんか?」(全26ルック) >本日の記事です

 

 

 

★特集記事2:スタイル提案~「ダブルジャケットを着ませんか?」

特集記事の第2弾となる今回は、私たちインタレストが前季19SSから今季19AWにかけて、ブランドを横断してご提案している「ダブルジャケットを着ませんか?」というキャンペーンに即したルックをご紹介いたします。

私たちの期待通りの圧倒的な合わせやすさ&つかい勝手の良さで、「とりあえず最後にダブルジャケットを着ておけば完成する」というくらい、レディーススタイルとの相性が良かったのですが、例によって「着すぎないよう」かなり気をつけてスタイリングの数を厳選しています。

 

 

レディーススタイルでは特に取り入れやすいダブルジャケット

実は特にこの数年、私たちスタッフがレディースのカジュアルスタイルでダブルジャケットを合わせるスタイルに強く惹かれていたところ、インタレストが誇るテーラードブランドであるRobes&Confectionsが19SS・19AWと2シーズン連続で秀逸なダブルジャケット(それぞれ別型)をリリースしてくれて、これがまさに絶妙なタイミングとなりました。

以下、今年の春に公開していた展示会レポート(現在非公開)で、本キャンペーンについてご案内している部分を一部修正しながら引用しております。

トレンドやブーム・「空気」といったものに疎い私たちインタレストですが、実はショップテーマとして、前季19SSより「ダブルジャケットを着ませんか?」というご提案をさせて頂いております。

その19SSにリリースされたRobes&Confectionsの優れた新作ダブルジャケットと出会って、「これって本当に洋服なら何から何まで合わせられるよね??」と、そのカッコ良さはもちろん、アウター代わりになるという実用性の高さにも惚れ込んでいます。

同生地のテーラードパンツと合わせるセットアップスタイルはもちろん最高なのですが、それ以外にもダブルジャケット単体で、たとえばLOKITHOのドレスワンピースと合わせる、everlasting sproutの刺繍ワンピースと合わせる、Lehの刺繍スカートと合わせる、tiit tokyoのニットスカートと合わせる、Sancaのデニムパンツorチノパンツと合わせる・・・など、率直に無敵の合わせやすさだと感じるのです。

実はダブルジャケットは、レディーススタイルでは特に取り入れやすいアイテムです。ひょっとすると「食わず嫌い」でダブルジャケットに苦手意識がおありかもしれませんが、トレンチコートやピーコートなどのダブルコートに苦手意識があるというケースはほとんどないと思います。たとえば、まずは前身頃のボタンを開けて着るだけでずいぶんハードルが低くなります。ぜひ心新たにご覧頂けましたらと思います。

「ワンピースもスカートもパンツも、ニットもジャージーも柄物も何でもこなしてくれて本当にスゴイ!」という大きな感動を、お客様皆様にお伝えできましたら嬉しいです。

 

 

 

 


 

 

★個別アイテムの詳細についてはオンラインストアに掲載しております

デザインやサイズ(寸法)、ディテールなども含めた多くの物撮り画像など、アイテム自体についての詳細につきましては、オンラインストアの各アイテムのページにてご確認下さいませ。

オンラインストア担当のスタッフYが連日大小のアップデートを続けており、それぞれの洋服たちの魅力をしっかりとお伝えできる情報量をご用意できていると自負しております。

(各ルックのアイテムリストでブランド名を表記しておりますので、オンラインストアよりそのブランドのページへ進むとすぐに見つけて頂けます。)

 

インタレストのオンラインストア >こちらから

 

以下は各ブランドページと各アイテムページの一例です。

 

 

 

ダブルジャケットをサラリとまとったレディーススタイル、最高に粋だと思います。普段のスタイリングに、どうぞお気軽に取り入れて頂けましたら嬉しいです。以下、全26ルックをたっぷりご覧下さいませ。

続きを読む

2日間の「森田さんのいるインタレスト」、本当に多くのお客様のご来店、誠にありがとうございました!次回もご期待下さいますよう・・・!

こんにちは、インタレストです。

昨日・今日はココチブランド受注会、会期末の週末は恒例の「森田さんのいるインタレスト」、連日本当に多くのお客様のご来店を賜りまして誠にありがとうございました。森田さんと「楽しかったね~ありがたかったね~」と、気持ち良い「余韻」に浸っているところです。ご参加下さったお客様皆様に、心から御礼申し上げます。

いま森田さんと話しているのですが、既に次回・次々回への布石は着々と・・・!これからのココチブランドの展開を、ますますご期待頂けましたら嬉しいです。

 

以下、本日の店頭の様子、こちらもハイライトのみですがご覧下さいませ。「また次回お会いしましょう~!」(by 森田さん)

 

 


本日は以上です。

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<イベント開催中>ココチブランド受注会、いよいよ明日が最終日です!靴作家・森田圭一さんと一緒に、多くのお客様のご来店を心よりお待ちしております!

こんにちは、インタレストです。

本日はココチブランド受注会恒例の会期末の週末「森田さんのいるインタレスト」、本当に多くのお客様のご来店を賜りまして誠にありがとうございました。

オープンからクローズまで絶えずご来店頂きまして、盛り上げて頂きました。心より御礼申し上げます。

そして森田さんは明日の会期最終日ももちろん終日在店いたします。初めてのお客様もぜひお気軽にインタレストの店頭までお越し下さいませ。森田さんと一緒に、元気にお待ちしております。

 

以下、本日の「森田のいるインタレスト」の様子です。なかなか撮影できなかったのでハイライトですが、ぜひザッとご覧下さいませ。明日もぜひ皆様と一緒に楽しい一日を過ごさせて頂けましたら嬉しいです。

(イベントの詳細や本会期のトピックなどにつきましては、昨日のブログ記事をご参照下さいませ。)

   

 

 


本日は以上です。

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<イベント開催中>明日・明後日は靴作家・森田圭一さんが終日在店します!ココチブランド受注会恒例、会期末の週末です!

こんにちは、インタレストです。

ただいま開催中のココチブランド受注会、明日・明後日の会期末の週末には、いよいよ靴作家・森田圭一さんが来京し両日ともインタレストに終日在店いたします。

本イベント会期末恒例の「森田さんのいるインタレスト」、初めてのお客様、いつもお世話になっているお客様、お久しぶりのお客様、皆様どうぞお気軽にインタレストの店頭まで足をお運び下さいませ。

 

 


 

★圧倒的に「なんでもできる」ハンドメイド革靴ブランドに

私たちインタレストが森田さんと付き合うようになって7年以上経過していますが、その間にオーダー頂ける靴のモデルはザッと3~4倍に増え、つかえる革や素材の種類・色はそれ以上に増え、さらに「ソールカスタマイズ」などによって1モデル毎にできるアレンジはまさに段違いに増えました。

「靴ひもが面倒くさい」という方にご提案できるスリッポン型のモデルがたくさん生まれました。膝がお悪い方やレザーソールの「カツーン」という地面からの返りが苦手な方向けに、「モアフレックス」などきわめてクッション性に富んだソールをご案内できるようになりました。カジュアルシューズだけでなくドレスシューズもおつくりできるようになりました。

そして今回の主要トピックの1つになっていますが、MUKUという靴について、その姿見た目を一切変えることなく(←!)、まったく同じサイズでも「甲高幅広の足向け」or「甲低幅狭の足向け」の2パターンからお選び頂けるようにもなりました。半年間限定ではありますが、雨の日用にこの上ない上質なスエードであるKuduレザーも素材ラインナップに加わりました。

そしてこれらのほぼすべてが、お客様から直接的・間接的に頂いたリクエストに対して、森田さんが賢明に応えてくれた結果が形になったものです。ココチブランドは常に、履いて下さっているオーナー様とともにあります。

 

 

ココチブランドのオーダーで可能なカスタマイズとは?

以下、そうしたカスタマイズについて、いくつか具体的な例をご紹介いたします。すべて画像1枚目と画像2枚目の比較です。

また「この靴なんていうモデルだろう?」と気になったお客様は、こちらのココチブランドのポータルサイト(インタレストオンラインストア内)をご参照下さいませ。

例1:この2足のように、お選び頂く革の種類や色によって同じモデルでもまったく違う靴に仕上がるのはもちろんのこと・・・

例2:たとえば森田さん自身の手による「クラッシュ加工」で「履かれた感じ」「やれた感じ」を出すこともできますし・・・

例3:革と鉄の化学反応によるアイアン染めによってグレーに手染めすることもできます。(色があせていくカッコ良い経年変化を見せます。)

例4:膝がお悪い方やレザーソールの返りが苦手な方、軽い靴が履きたい方、あるいはすべるのがイヤという方には、こちら画像2枚目の「モアフレックス」ソールがたいへんオススメです。耐久性もありきわめて安全なラバーソールです。

例5:根強い人気の天然ゴムソール(クレープソール)の仕様でおつくりすることも、もちろんできます。

例6:今回のイベントの主役の1つであるMUKU、実はこの靴もレザーソール仕様でおつくりすることができます。というより、普通に「クレープソール:レザーソール=1:1」の割合で人気があります。

例7:昨年、ココチブランドでは初となるドレスシューズライン「kokochi sqir(ココチ・スクイル)」が誕生しました。現在インタレストで最も多くの足数オーダー頂いているのは、こちらの7cmヒールシューズ「Rille」です。そしてこの靴も、このようにヒールの種類を2種類から選んで頂くことができます。

 

 

今も1足1足すべて森田さん自身が制作

そしてそれでもなお、ココチブランド(=kokochi sun3+kokochi sqir)の靴はすべて、森田さん自身によって制作されます。「それでもなお」と書きましたが、逆に森田さん自身が制作しているからこそ、このように柔軟かつ大胆に、「横」にも「縦」にもブランドのラインナップが増えていることは間違いありません。

『 一枚の革が靴になるまで 1/4 』

 

MUKUという靴の作り方

 

 

「自分自身のためだけに作られる1足」というぜいたくを

いつもお話ししますが、森田さんは「実際にその靴を履く人の立場」に立ってモノ作りができるという、実はこの業界には滅多にいないタイプの希有なクリエイターです。靴のオーナー様一人ひとりのお好みやお悩みに寄り添い、1足1足丁寧に、4ヶ月をかけて作り上げます。

その森田さん自身と直接話して頂き、「こういうデザインで欲しい」「いつもここが痛くなる」「足の形が既製の靴と合わない」・・・と様々にご相談頂けましたらと思います。「実はこんなデザインにして欲しい」というイレギュラーオーダーも、ぜひまずは森田さんにぶつけてみて下さい。そして「オーナー様たった1人のために作られる靴」というぜいたくを、ぜひ味わって頂けましたら嬉しいです。

 

 

誠実に作られた革靴は、適切なケア・修理を経て「一生モノ」の相棒に

そして、そうして作られる革靴は掛け値なしに「一生モノ」になり得ます。

適切なメンテナンス・・・ケアと修理を続けて、ご自身の相棒として育てていってあげて下さいませ。インタレストではそのプロセスをお手伝いするために、皆様の大切な靴をお預かりして、信頼できるお直し屋とシューシャイナー(=磨き屋)にメンテナンスしてもらうサービスも承っております。

また、森田さんが在店する明日・明後日の2日間であれば、ソール裏のゴム張り(&張り直し)やヒール交換などをその場で承ることもできます。ぜひこの機会にお持ち込み下さいませ。

 

 

以下、今回のココチブランド受注会vol.15の詳細と主要なトピックについてご紹介いたします。これまでの内容を要約して再掲したものですが、改めてご一読頂きまして、そしてぜひ明日・明後日の「森田さんのいるインタレスト」までご来場下さいませ。

はじめてのお客様におかれましても、「まずはご試着から」のお気持ちで、ぜひお気軽にご来店下さいませ。心よりお待ちしております。

続きを読む