オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ お問い合わせ


 
最近の記事

Category: お直しのこと (page 1 of 3)


<洋服のお直し事例>トップスの袖丈詰め、レギンスの裾上げ、ほつれ・穴あきなど様々な補修。

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

インタレストでは2019年から、当店でお買い上げ頂いた洋服たちのお直しを店頭で積極的に承っております。

 

 

お直しについての詳細

 

お直しにつきましては、以下のリンク先にて、その詳細についてご案内しております。

本サービスにご興味がおありのお客様は、ぜひご一読下さいませ。過去のお直し事例へのリンクもご一覧頂けます。

 

> お買い上げ頂いた洋服のお直し:お直しの仕組みや、過去のご依頼の画像等につきまして

 

 

 

本日は、トップスやレギンスの丈詰め、そしてほつれ・穴あきなど様々な補修の事例をご紹介いたします。

「こんなものも直せるの?」と驚いたケースも多くあります。ぜひご参考にして頂きまして、何かお心当たりがおありの方はお気軽にご相談下さいませ。

 

 


 

1, トップスの袖丈詰め

 

こちらは、tiit tokyoのマーブル模様がステキなトップスです。

袖が長めのデザインで、お客様は袖を折らずに着られるようにしたいとうご希望をお持ちだったので、袖丈を詰めさせて頂きました。きれいな仕上がりです。

 

BEFORE

 

AFTER

 

 


 

2, レギンスの丈詰め

 

レギンスの丈詰め(1):muuc

 

こちらはmuucのレギンスです。ゆるめにつくられたレギンスで、裾にスリットが入っているため、お客様の身長によっては裾が靴にかかってしまうというご相談がございました。

ニットアイテムの裾上げは、私たちも初めての経験でしたが、カットして裾をまつるという簡易な方法で済んで安心いたしました。

 

BEFORE

 

AFTER

 


 

レギンスの丈詰め(2):Robes&Confections

 

こちらはRobes&Confectionsのレギンスで裾上げをさせて頂きました。

こちらも裾にあったスリットをなくして、足首にためて履けるようにいたしました。

裾のスリットの有無は、お客様によってお好みが分かれるので、お直しで変えることもできるようになってよかったです。

 

BEFORE

 

AFTER

 

 

 


 

3, 様々な補修

 

スカートの穴あき:壺草苑

 

壺草苑のコットンローン生地で、小さな穴が見つかったケースです。繊細な生地で、はじめは「どうしたらいいのかな?」と思いましたが、お直し屋さんはこうしたケースにも慣れている感じでした。

補修後は、AFTERの画像の通りです。縫い目より先に穴が広がることを防いで、外から見てもまったく目立ちませんでした。

 

BEFORE

 

AFTER

 

 


 

デニムのファスナー交換:RHRB

 

インタレストを始めるきっかけになったブランド、RHRB。(なつかしいです。)

長年履いていくうちに、ファスナーが弱まって、自然に開いてしまうようになってしまったケースです。

新しいファスナーに交換することで解決いたしました。

BEFOREを撮り忘れてしまって、AFTERの画像しかないのですが、どう直したのかわからないきれいな仕上がりです。厚くて固いデニム生地なので、作業もたいへんだったと思います。

 

AFTER

 

 


 

引っかけの補修

 

最後は引っかけです。画像だとわかりづらいですが、何ヶ所か刺繍の糸が出てしまったケースです。

外に出た糸を生地の裏側に出して玉留めをするという方法で、きれいに補修をしてくれました。

 

BEFORE

 

AFTER

 

 


 

 

 

★インタレストの現在の営業体制につきまして(2022年5月更新)

 

 

当店インタレストでは、コロナ禍のなかで効果的とされている基本的な対策を油断することなく継続していますし、またそもそも過去にいわゆる「密」の状態になったことはありません。最も有効な対策の一つとされる「常時換気」も可能な立地で、その点でもご安心頂けます。

 

もちろん、多くのお客様に安心してご来店頂けますよう、基本的な感染予防は引き続き徹底しております。重要なご案内事項は以下の通りです。

 

  • 引き続き、店内では必ずマスクをご着用頂きますようお願いいたします。スタッフもマスクをしてお相手させて頂きます。こちらも引き続き、入店時、店頭で設置しているアルコールで手指の消毒をお願いいたします。
  • 営業時間は12:00~18:00を継続いたします。恒久化するかどうかは未定ですが、スタッフの働き心地の良さもあり、今後もベースの閉店時間は18:00とさせて頂き、18:00~19:00につきましては事前にご来店予約をして下さったお客様をお待ちする時間とさせて頂きます。火曜定休は変更ございません。
  • 基本的に、一度にご入店頂けるのは2組4名様までとさせて頂いております。
  • なにぶん狭い店内なので、今後も「密」を避けるためのお願いは随時させて頂きたく存じます。ご不便をおかけすることもあるかと存じますが、ご理解を賜りますようお願いいたします。

 

 

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

 

 

<洋服のお直し事例>ドレス、ワンピースの丈詰め(LOKITHO、tiit tokyo)

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

インタレストでは2019年から、当店でお買い上げ頂いた洋服たちのお直しを店頭で積極的に承っております。

 

 

お直しについての詳細

 

お直しにつきましては、以下のリンク先にて、その詳細についてご案内しております。

本サービスにご興味がおありのお客様は、ぜひご一読下さいませ。過去のお直し事例へのリンクもご一覧頂けます。

 

> お買い上げ頂いた洋服のお直し:お直しの仕組みや、過去のご依頼の画像等につきまして

 

 

 

これまでに本当にたくさんのお直しを承っておりまして、まだご紹介できていない事例が幅広くございます。

本日は、ドレスやワンピースのお直しを4件ご紹介いたします。

繊細なドレスも、きれいに丈詰めできたため、私自身も感動を覚えました。

 

多くのドレスやワンピースが、はじめから自分のために仕立てられたかのようにきれいに直せますので、オリジナルの着丈が合わない場合も、ぜひ諦めずにご相談下さいませ。

 

 


 

1, ドレスの丈詰め

 

こちらは、LOKITHOのドレスです。

デザイン・素材は素晴らしいのですが、唯一、着丈がだいぶ長くて、身長160cmの私がハイヒールを履いて、ギリギリ着られるかどうかという丈感でした。

私より身長が数cmが低いお客様からご相談を頂きまして、数回のヒアリングを経て、10cm強の丈詰めをさせて頂きました。

 

BEFORE

 

AFTER

 

スカートのテープ部分(=画像1枚目の矢印の部分)で丈詰めをしています。近くで見てもまったくわからない、完璧な仕上がりです。

お直し代も、思っていたほどはかからず、一般的な丈詰め+αくらいでした。

LOKITHOのドレスはデザインが毎シーズン変わりますので、気に入ったデザインのものがあれば、直してでも手に入れて頂くのがオススメです。

ブログでご紹介するのが遅くなりましたが、このときはお客様にもお喜び頂けて、本当にうれしかったです。

 

AFTER

 

おまけですが、お直し屋さんが気を利かせて、レースから透けて見えてしまう洋服タグ(=画像1枚目)を、外から見えないヨーク部分の内側(=画像2枚目)に付け替えてくれました。

元のままだと実際に着るときにタグをカットすることになりますが、タグがついていないとクリーニング店で断られてしまうこともあるので、うれしい配慮ですよね。(最近リリースされたアイテムでは、タグが見えないようにデザインされていることがほとんどだと思います。)

 

 

 


 

2, ワンピースの丈詰め

 

ワンピースの丈詰め(1):LOKITHO

 

裾で丈詰めさせて頂いたケースです。この直し方が一番多くて、お直し屋さんも慣れていることと思います。

 

BEFORE

 

AFTER

 

以下、画像1枚目がBEFORE、画像2枚目がAFTERです。後ろ身頃が前身頃よりも長いデザインでしたが、その部分をカットしています。

 

裾の始末(テーピング)も、元通りに再現されています。

 

 


 

ワンピースの丈詰め(2):tiit tokyo

 

こちらは、tiit tokyoのワンピースです。

BEFOREの画像3~4枚目の通り、ウエスト部分がボタンで外せる凝ったつくりです。

このケースでは、上身頃の裾をカットして丈詰めしています。ウエスト部分のボタンホールもそのまま残して、なるべく手間と費用がかからない方法で直すことができました。

 

BEFORE

AFTER

 

 

 


 

ワンピースの丈詰め(3):tiit tokyo

 

こちらも着丈が長かったので、ウエストの一番上の切り替え部分を一度ほどいて、丈詰めしています。

AFTERの裏から見た画像も、きれいな仕上がりです。

 

BEFORE

 

AFTER

 

 

 


 

 

 

★インタレストの現在の営業体制につきまして(2022年5月更新)

 

 

当店インタレストでは、コロナ禍のなかで効果的とされている基本的な対策を油断することなく継続していますし、またそもそも過去にいわゆる「密」の状態になったことはありません。最も有効な対策の一つとされる「常時換気」も可能な立地で、その点でもご安心頂けます。

 

もちろん、多くのお客様に安心してご来店頂けますよう、基本的な感染予防は引き続き徹底しております。重要なご案内事項は以下の通りです。

 

  • 引き続き、店内では必ずマスクをご着用頂きますようお願いいたします。スタッフもマスクをしてお相手させて頂きます。こちらも引き続き、入店時、店頭で設置しているアルコールで手指の消毒をお願いいたします。
  • 営業時間は12:00~18:00を継続いたします。恒久化するかどうかは未定ですが、スタッフの働き心地の良さもあり、今後もベースの閉店時間は18:00とさせて頂き、18:00~19:00につきましては事前にご来店予約をして下さったお客様をお待ちする時間とさせて頂きます。火曜定休は変更ございません。
  • 基本的に、一度にご入店頂けるのは2組4名様までとさせて頂いております。
  • なにぶん狭い店内なので、今後も「密」を避けるためのお願いは随時させて頂きたく存じます。ご不便をおかけすることもあるかと存じますが、ご理解を賜りますようお願いいたします。

 

 

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

 

 

<洋服のお直し事例>ボトムスの丈詰め&出し、ウエスト詰め&出し(Robes&Confections、LOKITHO、tiit tokyo)

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

インタレストでは2019年から、当店でお買い上げ頂いた洋服たちのお直しを店頭で積極的に承っております。

 

 

お直しについての詳細

 

お直しにつきましては、以下のリンク先にて、その詳細についてご案内しております。

本サービスにご興味がおありのお客様は、ぜひご一読下さいませ。過去のお直し事例へのリンクもご一覧頂けます。

 

> お買い上げ頂いた洋服のお直し:お直しの仕組みや、過去のご依頼の画像等につきまして

 

 

 

これまでに本当にたくさんのお直しを承っておりまして、まだご紹介できていない事例が、実は、テーラードアイテム、ワンピース、トップス、レギンス・・・など幅広くございます。

本日は、最も多く承っている、ボトムスのお直しをご紹介いたします。

 

 


 

1, ボトムスの丈詰め&出し

 

パンツの丈詰め

 

ますは、最も多く承っている「丈詰め」です。以下は、LOKITHOtiit tokyoの事例です。

画像ではBEFORE/AFTERの違いがよくわからないかもしれませんが、そのくらいきれいに仕上がりますので、ぜひお気軽にご利用下さいませ。

 

BEFORE

AFTER

 

 

 

BEFORE

AFTER

 

 

 

BEFORE

AFTER

 

 

 

BEFORE

AFTER

 

 


 

パンツの丈出し

 

こちらは例外的に、Robes&Confectionsのパンツで、「丈を伸ばした」という珍しいケースです。

折れ目・縫い目が残ることについては、お客様に事前にご理解頂いた上での作業となりましたが、できあがってみると、近づいてよく見ないとわからないほどの仕上がりでした。

こういうこともできるんですね。お客様にもご満足頂けて、うれしかったです。

 

BEFORE

AFTER

 

 


 

スカートの丈詰め

 

スカートの丈詰めもよく承っております。

このtiit tokyoのスカートでは、裾の始末を簡易化して、裾上げの費用をおさえています。(私も同じスカートを持っていて、同じ方法で丈詰めしてもらいました。階段などを登るときに裾を踏まなくなったので、大助かりで大満足です。)

 

BEFORE

AFTER

 

 

こちらはLOKITHOのレーススカートです。(ペチコートなしで撮影しています。)

BEFORE/AFTERの違いがわからないほど、きれいに仕上がっています。

 

BEFORE

AFTER

 

 


 

2, ボトムスのウエスト詰め&出し

 

ウエスト詰め&出しも、多く承っております。

以下2点のRobes&Confectionsのパンツはウエスト出しです。ゴムを長いものに変えたり、ボタン位置をずらしたりして調整しています。

 

BEFORE

AFTER

 

 

BEFORE

AFTER

 

 

こちらのRobes&Confectionsのスカートはウエスト詰めです。今後のことを考えて、ゴム交換用の穴もつけてもらいました。

 

BEFORE

AFTER

 

 

 


 

 

 

★インタレストの現在の営業体制につきまして(2022年5月更新)

 

 

当店インタレストでは、コロナ禍のなかで効果的とされている基本的な対策を油断することなく継続していますし、またそもそも過去にいわゆる「密」の状態になったことはありません。最も有効な対策の一つとされる「常時換気」も可能な立地で、その点でもご安心頂けます。

 

もちろん、多くのお客様に安心してご来店頂けますよう、基本的な感染予防は引き続き徹底しております。重要なご案内事項は以下の通りです。

 

  • 引き続き、店内では必ずマスクをご着用頂きますようお願いいたします。スタッフもマスクをしてお相手させて頂きます。こちらも引き続き、入店時、店頭で設置しているアルコールで手指の消毒をお願いいたします。
  • 営業時間は12:00~18:00を継続いたします。恒久化するかどうかは未定ですが、スタッフの働き心地の良さもあり、今後もベースの閉店時間は18:00とさせて頂き、18:00~19:00につきましては事前にご来店予約をして下さったお客様をお待ちする時間とさせて頂きます。火曜定休は変更ございません。
  • 基本的に、一度にご入店頂けるのは2組4名様までとさせて頂いております。
  • なにぶん狭い店内なので、今後も「密」を避けるためのお願いは随時させて頂きたく存じます。ご不便をおかけすることもあるかと存じますが、ご理解を賜りますようお願いいたします。

 

 

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

 

 

<洋服のお直し事例>アウターの着丈詰め&裏地貼り(LOKITHO、壺草苑)

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

インタレストでは2019年から、当店でお買い上げ頂いた洋服たちのお直しを店頭で積極的に承っております。

 

 

お直しについての詳細

 

お直しにつきましては、以下のリンク先にて、その詳細についてご案内しております。

本サービスにご興味がおありのお客様は、ぜひご一読下さいませ。過去のお直し事例へのリンクもご一覧頂けます。

 

> お買い上げ頂いた洋服のお直し:お直しの仕組みや、過去のご依頼の画像等につきまして

 

 

 

これまでに本当にたくさんのお直しを承っておりまして、まだご紹介できていない事例が、実は、テーラードアイテム、ワンピース、トップス、ボトムス、レギンス・・・など幅広くございます。

本日は、最近承ったアウターのお直しを2件、ご紹介いたします。

 

 


 

1, LOKITHOのコットンギャバジンコートの着丈詰め

 

こちらはLOKITHOのコートの着丈を短くいたしました。

裾にはまあるくサイドスリットが入ったデザインで、この形はそのまま活かしたいので、ウエスト部分で着丈を詰めることになりました。

 

BEFORE

 

AFTER

 

以下、すべてAFTERの画像です。ウエスト部分を一度ほどいて、生地をカットした上で、縫い直されています。

外からも内からも、まさか縫い直したとは思えない仕上がりですよね。このように、アウターもきれいに直すことができるのは感慨深いです。

 

サイドスリットのデザインはそのまま残すことができました。

 

 

 


 

2, 壺草苑のシェットランドウール・シャツワンピースの裏地貼り

 

こちらは5~6年前の壺草苑のアイテムです。春秋にたくさんお召し頂いているそうで、本当にうれしく思います。

「着すぎて後ろ身頃の生地が薄くなってきたようなので・・・」とご相談を承りました。よく見ると、画像3~4枚目の通り、生地の向こう側の光が透けて見えました。

 

BEFORE

 

 

お直し屋さんに相談したら、よくあるケースなので大丈夫ですよと、いくつかの方法を提案してくれました。お客様とも打ち合わせをして、今回は、「後ろ身頃の生地に直接芯地を貼る」方法になりました。

パターンを起こして裏地をつけてもらう方法もありますが、それよりも価格はおさえめに済みました。

 

AFTER

 

芯地の色も、生地に近いものを選んでくれました。きれいな仕上がりです。

 

実は、実際に作業をする段になって、襟元にギャザーが入っていたことなどから、結局パターンを起こすことになったそうです。

また、後ろ身頃を一度ほどいて、芯地を貼ってからまた縫い直すという作業もなされています。

まさに職人技ですよね。「お直しのプロ」だからこその仕上がりで、いま見直してもため息が出ます。

 

 

これはおまけですが、表面の毛玉もきれいにカットして納品してくれました。「上質なウールアイテムは毛玉ができやすい」と昔から言われているそうです。

けれど、「最近の毛玉取り器は本当にきれいに仕上がるからオススメ!」と、つかっている毛玉取り器を教えてもらいました。それをお客様にご紹介したところ、とてもよく毛玉が取れるそうで、私も今度試したいと思っています。

 

BEFORE

 

AFTER

 

 

 


 

 

 

★インタレストの現在の営業体制につきまして(2022年5月更新)

 

 

当店インタレストでは、コロナ禍のなかで効果的とされている基本的な対策を油断することなく継続していますし、またそもそも過去にいわゆる「密」の状態になったことはありません。最も有効な対策の一つとされる「常時換気」も可能な立地で、その点でもご安心頂けます。

 

もちろん、多くのお客様に安心してご来店頂けますよう、基本的な感染予防は引き続き徹底しております。重要なご案内事項は以下の通りです。

 

  • 引き続き、店内では必ずマスクをご着用頂きますようお願いいたします。スタッフもマスクをしてお相手させて頂きます。こちらも引き続き、入店時、店頭で設置しているアルコールで手指の消毒をお願いいたします。
  • 営業時間は12:00~18:00を継続いたします。恒久化するかどうかは未定ですが、スタッフの働き心地の良さもあり、今後もベースの閉店時間は18:00とさせて頂き、18:00~19:00につきましては事前にご来店予約をして下さったお客様をお待ちする時間とさせて頂きます。火曜定休は変更ございません。
  • 基本的に、一度にご入店頂けるのは2組4名様までとさせて頂いております。
  • なにぶん狭い店内なので、今後も「密」を避けるためのお願いは随時させて頂きたく存じます。ご不便をおかけすることもあるかと存じますが、ご理解を賜りますようお願いいたします。

 

 

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

 

 

<お客様のココチ>2021年に承ったココチブランドの靴の「リペア」を画像で一挙にご紹介いたします!

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

本日はシリーズ「お客様のココチ」(→新日記の記事旧日記の記事)。昨年承りました、ココチブランドのリペアの一部を、一挙にご紹介いたします!

 

いつのまにか画像が多く蓄積していて、今年に入ってからのリペアの画像も数多くあるのですが、今回は昨年のものをご紹介させて頂きます。

 

 


 

 

靴も洋服も、「お買い上げ頂いたときがスタート」と、よく店頭でお話させて頂いております。

靴のヒールは、履いていくうちに、必ずすり減ってなくなります。ヒールは、「一層目がなくなる前」にお持ち頂くと、最もリペア代金が安く済みます。

ココチブランドの靴をお持ちのお客様は、ぜひこの機会に靴底をご確認頂きまして、もし交換するべきかどうか迷われましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ

画像をお送り頂けますと、多くの場合、スムーズにご回答させて頂けます。もちろん、ココチブランド受注販売会の会期中のお持ち込みも大歓迎です。

なお、主なリペア代金は、こちらのページにてご確認頂けます。

 

 


 

それでは、以下、画像を一挙にご紹介いたします。

たくさん履いて下さったオーナー様皆様、本当にありがとうございます!

 

 

★ヒール交換

 

BEFORE

 

AFTER

 

 


 

BEFORE

AFTER

 

 


 

BEFORE

AFTER

 

 


 

BEFORE

AFTER

 

 


 

BEFORE

AFTER

 

 


 

BEFORE

AFTER

 

 


 

BEFORE

AFTER

 

 


 

BEFORE

AFTER

 

 


 

★ヒール+前ゴム貼り交換

 

つま先のゴム貼りも、すり減ってかなり薄くなったり、ボコボコしてきたら交換のタイミングです。

 

BEFORE

AFTER

 

 


 

★オールソール交換+インソール交換

 

noema(レザースニーカー)は、オールソール交換ができます。

こちらのケースでは、オールソール交換に加えて、インソールも交換しています。

 

BEFORE

AFTER

 

 

 


 

 

 

★インタレストの現在の営業体制につきまして(2022年5月更新)

 

 

当店インタレストでは、コロナ禍のなかで効果的とされている基本的な対策を油断することなく継続していますし、またそもそも過去にいわゆる「密」の状態になったことはありません。最も有効な対策の一つとされる「常時換気」も可能な立地で、その点でもご安心頂けます。

 

もちろん、多くのお客様に安心してご来店頂けますよう、基本的な感染予防は引き続き徹底しております。重要なご案内事項は以下の通りです。

 

  • 引き続き、店内では必ずマスクをご着用頂きますようお願いいたします。スタッフもマスクをしてお相手させて頂きます。こちらも引き続き、入店時、店頭で設置しているアルコールで手指の消毒をお願いいたします。
  • 営業時間は12:00~18:00を継続いたします。恒久化するかどうかは未定ですが、スタッフの働き心地の良さもあり、今後もベースの閉店時間は18:00とさせて頂き、18:00~19:00につきましては事前にご来店予約をして下さったお客様をお待ちする時間とさせて頂きます。火曜定休は変更ございません。
  • 基本的に、一度にご入店頂けるのは2組4名様までとさせて頂いております。
  • なにぶん狭い店内なので、今後も「密」を避けるためのお願いは随時させて頂きたく存じます。ご不便をおかけすることもあるかと存じますが、ご理解を賜りますようお願いいたします。

 

 

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。