以下はInstagramの画像です。

 
最近の日記


 
新日記 (2015年春夏~)

テーマ別 (2015年春夏~)


月別


旧日記 (2012年春夏~2014年秋冬)

月別 ※表示されるまでに少し時間がかかります。

Category: お手入れのこと(メンテナンスガイド) (page 1 of 13)


kokochi sun3の工房を訪ねて、神戸市の須磨海岸に行ってきました!& 革靴の修理のご相談を承れるようになりました!

こんにちは、インタレストです。

先日、kokochi sun3の工房に靴作家・森田圭一さんを訪ねて、神戸市の須磨海岸まで行ってきました。当日の様子はInstagramで、ストーリーの機能などもつかって実況中継のようにご報告しましたが、ご覧頂けましたでしょうか??

  

 

新ライン”kokochi sqir”についてしっかり取材いたしました!

この訪問の一番の目的は、もちろん今夏リリースされる新ライン”kokochi sqir(ココチ・スクイル)”について取材をすることです。結果、少なくともいま現在は、そのkokochi sqirについて、世界で2番目に詳しくなれたと自信を持って申し上げることができます・・・!笑

kokochi sqirは森田さんが独自の解釈で手がけるクラシカルなドレスシューズラインですが、今回の取材によって、まさにその「森田さんが独自の解釈で手がける」という部分が炸裂した、いかにも「ココチブランド」らしい楽しい靴たちであることが分かりました。近日、その全貌についてより詳細にレポートいたしますので、ぜひご期待下さいませ!

  

  

 

また、これは従前お知らせしました通り、kokochi sqirの靴たちを皆様にお披露目するのは、当店インタレストで8月18日(土)~26日(日)の会期で開催する受注販売会「路地裏の靴作家 vol.13」になることが決定しております!森田さんの在店日は8月25日(土)・26日(日)の2日間です。ぜひ今からご予定下さいませ!

  

 

革靴の修理のご相談を承れるようになりました!

また、今回の須磨出張で、普段森田さんが靴の修理を依頼している修理工房を訪ねることもできました。(OKをもらっていたのに撮影するのを忘れるという・・・汗)

kokochi sun3の革靴の修理については、ソール裏のゴム交換やヒール修理などは森田さん自身がやっていますが、最近ドッと増えてきたオールソール交換やライニング修理などの本格的な修理は、以前からその修理工房の職人さんが引き受けてくれています。「靴の制作と修理とでは必要なノウハウや技術・機械などが違うので、修理はその専門家にまかせた方が良いんです」(森田さん)。

実際、大きな修理の仕上がりの良さを見て私たちも感心していたので、今回思い切り公私混同で(笑)、私自身の修理待ちの革靴たちをその職人さんに預けてきました。「これはもうダメかなあ」と思っていたようなものでも、即答で「全然修理できますよ」と応えてくれて頼もしさを感じました。

・・・というわけで、今後は当店インタレストが直接、皆様のkokochi sun3の革靴の修理のご相談を承ることができます!(←ココが大切なところ!笑) もちろん森田さんと相談しながらとなりますが、私たちが直接の窓口になってお手伝いさせて頂きます。どうぞいつでもお気軽にお申し付け下さいませ!

(kokochi sun3以外の靴の修理につきましては、しばらく実績を積んだあとに検討したいと考えております。)

Case1:hold-on hi Morflex

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

BEFORE:オリジナルは一般的なビブラム#4041ソールでしたが・・・

AFTER:オールソール交換修理でより軽量でクッション性にも優れたMorflexソールに変更しています。

Case2:Brooklyn #100

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER:ソール側面の色味も濃くなってかなりいっそうカッコ良くなりました。

 


本日は以上です!

インタレストは明日ももちろん通常営業です!多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

先月開催した「路地裏の靴作家vol.12」で承りました靴のリペアが完了いたしました!

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

先月開催したkokochi sun3受注販売会「路地裏の靴作家vol.12」で承った靴のリペアが完了し、須磨のkokochi sun3の工房から帰ってまいりました!オーナー様にはすでにご案内を差し上げておりますが、いつでもお迎えにいらして下さいませ♪

今回も本当にたくさんの靴をお預かりしたのですが、そのほんの一部を、本日はご紹介いたします!


こちらは、何年か前に足数限定でkokochi sun3 よりリリースされた「レザースニーカー」です。ひとめでたくさん履いて頂けていることがわかり、うれしいです!

「レザースニーカー」のソールのリペアは初めて承りました。かかとがだいぶすり減っていたため、その周辺を新しいゴムにするという方法になりました。(リペア代金は1,500円+税です。) これでまたたくさん履いて頂けますね♪

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

 

こちらは今年の始めにお直しさせて頂いたケースですが、kokochi sun3で大人気の定番靴、「MUKU」です!たくさん履かれていますが、オーナーさまが大切にケアをして下さっているので、革はピカピカです。

ちょうどかかとの2層目がなくなる直前にお持ち下さいました。(リペア代金は、かかと1層あたり1,900円×2層分+税となります。) これ以上削れるとオールソール交換になりかねないため、絶妙なタイミングだったと思います!

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

 

以下の靴は、AFTERの画像のみとなります。

こちらは私たちにとっては懐かしい、シリアルナンバー付きの特別な「kaza-ana」です!

前のゴム貼りの交換(1,800円+税)と、かかとのゴムの一部を交換(1,800円+税)させて頂きました。

かかとのゴムの後ろ半分が、きれいに交換されています。

 

こちらは、とてもきれいに履かれている「zanpano」です。

こちらも、削れていたかかとのゴム部分だけを交換させて頂きました。(1,800円+税) かかとがもっとすり減っていた場合は、かかと1層の交換(2,700円+税)になります。どちらのお直しが必要かは、お預かり時に判断させて頂きますね。

 

最後は、かなり昔につくられたというmarcoです!私たちも見たことのない革なので、ビックリいたしました。

こちらも、削れていたかかとのゴム部分だけを交換させて頂きました。(1,800円+税。)

 


リペアの方法や代金は、靴の状態によっても大きく変わりますので、どうぞお気軽にご相談下さいませ。なるべく費用がかからず、靴にも負担がかからない方法をご案内させて頂きます。

履いていくうちにソールは必ずすり減りますので、リペアを繰り返しながら、長くご愛用頂けましたら本当にうれしく思います。

インタレストは明日も通常営業で、多くのお客様のご来店とお問い合わせオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

<お問い合わせ>

  • 24時間以内に当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • 定休日(火曜日)以外であれば、お電話(03-6457-5360)でのお問い合わせが確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さい。

 

<コラム>ワークウェアや機能ウェアは、傷ついても汚れても、気にしない、気にしない。

ホント、何でもない内容なのですが(笑)、本日はちょっと思うところがあったのでコラムでございます。


今朝、小雨(←私の中では)のなか自転車を走らせていて、いま考えてみると全然そんな大げさに避ける必要はなかったのですが、どういうわけか前を歩いている方の横を大きくよろけてしまって、そのままガコンと音を立てて土の中に落ちてしまいました。

気合いで転びはしなかったのですが、どうも草の茂みに体当たりしてしまっていたようで、自分の上から下まで右サイドがグリーンに染まっていて・・・笑。

夕方くらいまで外出の(=つまり人と会う)予定なのに・・・と、ほんの一瞬だけ落ち込んだのですが、すぐに「逆に今日着ていたのがこの洋服たちで良かった~」とポジティブな気持ちになれました。

画像1枚目のデニムパンツなんて洗えばいいですし、画像2枚目のレザージャケットなんてまったく目立ちませんしね。それにこれらなら、仮にシミになって残っても全然いいやという気分です。考えてみたら、今日は雨模様の予報だったのでこの両者にしたのでした。(ちなみに、あえて汚れが目立つように撮影していますが、ともにまぎれてしまって遠目には気づきもしないレベルです。)

  

 


靴に傷が入るのは、代わりに傷つくはずだった足を守ってくれているためです。同様に、デニムパンツなんてワークウェアですし、レザージャケットなんて機能ウェアですから、傷が付いてナンボ・汚れてナンボなのかもしれません。もちろんドレスウェアなどはその限りではありませんが、それですらたとえばリメイクして他の洋服に生まれ変わる余地があったり、すべての可能性が閉ざされるわけではありませんよね。

インタレストの洋服でいうなら、「上質な普段着」とカテゴライズしてご提案しているSancaの洋服たちなどは、じゃんじゃんゴリゴリ着て頂きたいというのが私たちのホンネです。実際そのように着て頂いている「お客様のSanca」は、本当にカッコイイ表情に育っています。ちょっとやそっとでは壊れない丈夫な洋服たちですので、皆様のそばで「ギア」として扱って頂けましたら嬉しいです♪


私も洋服が好きになった頃は思い入れが強すぎて、細かな傷1つで落ち込んでいたりしたのですが、最近は良い意味でズボラになり、滅多なことでは気にならなくなりました。むしろ、洋服たちが自分と一緒に年輪を重ねていくかのようで、愛しさすら感じられるようになったりして・・・。

ちなみに、レザージャケットは夕方お店に到着したときにクリーナーでゴシゴシしてみたのですがほとんど取れず、そのあと普通にデリケートクリームを塗ってメンテナンス終了です(笑)。帰ったらデニムパンツを洗ってみようと思いますが、考えてみるとこのパンツを洗うのは相当久しぶりです。色が落ちてガラッと雰囲気が変わるかも??楽しみです!

 

<お問い合わせ>

  • 24時間以内に当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • 定休日(火曜日)以外であれば、お電話(03-6457-5360)でのお問い合わせが確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さい。

 

<新入荷>ヒール靴の履き心地の調整に。すべり止めの効果がある中敷きを入荷いたしました!

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

kokochi sun3のヒール靴をお買い上げ頂いた後に、ときどき、「足のつま先が前に当たるのですが…。」というご相談を頂くことがあります。

ヒール靴で、革がなじんで履き感がゆるくなってきた場合は、前に少し厚みのある中敷きを入れて調整させて頂くことが多いです(後ほど詳細をご案内いたします)。

革がなじむ前の新しいヒール靴の場合は、靴の中で足がすべることを防ぐ、「シリコンの中敷き」がございます。私自身も昔からよくつかっていました。これを靴の中に入れるだけでお悩みが解決することも多く、気軽にお試し頂ける価格ですので、今回、この中敷きを店頭に入荷いたしました!

 

M.Mowbray / ハニカムキュートジェル (すべり止め前中敷き)
価格 (税抜き): 700円
色・厚さ: クリア、1mm
サイズ: レディースフリー(22.0cm~25.0cm)
素材: シリコン
オンラインストア(詳細情報・通信販売): M.Mowbrayのページへ

厚さは1mmと薄く、靴のサイズ感にはほとんど影響を与えません。メーカーでは厚さ1mm、2mm、3mmの展開がありますが、当店ではすべり止めの効果を重視して、厚さ1mmのものを入荷いたしました。店頭では、これを入れただけでヒール靴の履き心地が良くなったわとお客様から仰って頂いたことが、たびたびございます。
  

色はクリアなので、靴の中に入れていても目立ちません。価格も700円+税と気軽にお試し頂けるかと存じます。店頭にサンプルがございますので、どうぞお気軽にご相談下さいませ!
  

 


冒頭で申し上げました通り、「革がなじんできて履き感がゆるくなってきた場合」には、より厚みのある中敷きの方が効果的かと存じます。kokochi sun3の靴であれば、作家の森田さんに中敷きを入れてもらうこともできますし(→ずれないため一度入れてしまえばその後が楽ちんです)、まずは取り外し可能な中敷きを入れて、様子をみて頂くこともできます。

中敷きについて、店長Dが2年前に詳しくご紹介した記事がありましたので、以下にご案内させて頂きます。ヒール靴だけでなく、幅広い靴に応用して頂ける内容となっております。記事の中に登場する中敷きは店頭にサンプルがございますので、ご検討中の方はぜひお気軽にご相談下さいませ!

<お役立ち小話> 「革靴の履き感がゆるくなってきたな」と感じたときに、真っ先にできることとは??

  

 


明日も通常営業で、多くのお客様のご来店とお問い合わせオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

<お問い合わせ>

  • 24時間以内に当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • 定休日(火曜日)以外であれば、お電話(03-6457-5360)でのお問い合わせが確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さい。

 

柔軟剤不要&ウールの油分を補うラノリン入り♪おしゃれ着洗い用洗剤、「ユーカラン」をリピート買いいたしました!

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

この日の日記(=『メンテナンスガイド:少数のおしゃれ着をなるべく楽に洗濯する方法は??』)でご紹介したおしゃれ着洗い用洗剤の「ユーカラン」ですが、お試しサイズ(100ml)を使い切ってしまったため、ついに、大きいボトルをリピート買いいたしました。(元々、あるお客様からこの洗剤のことを教えて頂きました。本当にありがとうございます。m(_ _)m)
  

この冬、素肌に触れるためジャブジャブ洗っているタートルネックなどは、ほとんどこれで洗っています。その理由は、このユーカランには羊毛に付着している脂質成分を精製した「ラノリン」が含まれていて、それを補うことができるためです。たしかに、洋服にもよりますが、洗った後にふっくらとした感触になったと感じることもあります。また、洋服によっては、縮んで少し短くなっていた袖先を伸ばすことができたりと、なかなかの働きをしてくれています。
  

さらに、上述の日記でもご説明しておりましたが、天然成分でつくられていてすすぎが少なくて済み、柔軟剤も不要という点もポイントが高いです!「ウールの洋服であればすすぎも不要」という話をどこかで見たので、つけ置き後にすすがずにそのまま脱水して干して着ていますが、今のところ特に問題は発生しておりません。かなり洗濯を手抜きさせてくれています…!

  

 

一般的なおしゃれ着洗い用の洗剤よりは価格が高く、ドラッグストアなどでは販売されておりませんが、通信販売では見つけることができると思います。よろしければぜひお試し下さいませ♪

明日も通常営業で、皆様のご来店とお問い合わせオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

<お問い合わせ>

  • 24時間以内に当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • 定休日(火曜日)以外であれば、お電話(03-6457-5360)でのお問い合わせが確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さい。