最近の記事



カテゴリー: お手入れのこと(メンテナンスガイド) (1ページ / 15ページ)


インタレストからお嫁に行った「5年物」のコートと出会うことができました!

こんにちは、インタレストです。

本日ご来店下さった、いつも私たちがたいへんお世話になっているお客様がお召しになっていたコート、もうそのお姿を拝見した瞬間に「あっ!」と声を上げてしまいました。

  

 

インタレストからお嫁にいった5年物コート

こちらのお客様がお召しになっているのは、インタレストがオープン当時お取り扱いしていたRHRBというブランドのトレンチコートです。とても在庫が追いつかないくらい全国から多くのお問い合わせを頂いた超人気アイテムだったのと、それからその数年後にブランド自体が終了してしまったこともあり、私たちにとってもきわめて思い入れのある1点です。

手元のデータで調べたらこのコートをお買い上げ下さったのはちょうど5年前です。お客様ご自身も覚えておられて、インタレストで初めてお買い上げ下さった洋服がこちらでした。「このコートがダメになってしまったら本当に困るんです!」と仰るくらいご愛用下さっていて、もちろんこれからも現役バリバリで活躍してくれることと思います。

「クオリティが高い洋服を、流行を超えて長く着て頂きたい」という想いでインタレストをオープンし、こうして私たちのもとからお嫁にいったコートがお客様のお手元で「5年物」に育っているという事実と出会えて本当に感慨深く、涙が出るくらい嬉しいです。(そして実際に泣きました・・・笑)

多くの素晴らしいお客様に恵まれているという幸せに改めて深い感謝の念を頂きつつ、これからもこうして時を超える洋服たちを発掘しご提案していきたいと、心を新たにいたしました。ぜひ引き続き、インタレストをよろしくお願いいたします!

 


 

★(ご参考)インタレストオンラインストア 

こちらオンラインストアの各ブランドのページでは、個別アイテムについて、多くのスタイリング画像・物撮り画像に加えて詳細な説明や寸法などの各種データ、関連するブログ記事へのリンクなどがギッシリ掲載されておりまして、その充実度には強い自負を持っております。ぜひご参考になさって下さいませ。

everlasting sprout
LOKITHO
Eatable of Many Orders
Robes&Confections
Leh
LOWRUNDER
Sanca
壺草苑
ユニセックス&メンズアイテム一覧(ブランド横断)
MAITO
kokochi sun3&sqir ポータルページ
Kailino

 


本日は以上です。

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<コラム>「ライフスタイルとの相性」で「似たような洋服」ばかりを買うという尊さについて。

こんにちは、インタレストです。

Twitterを眺めていたら、こんな記事が。

「何を着たらいいか迷う」という典型的なこの季節、こういう情報は最終的には「人それぞれでしょ」ということが多いのですが、これは全体の最大公約数としては結構的を射ている気がします。

 

「何を着たらいいか迷う」ということは、とりもなおさず「何を買ったら良いか迷う」ということにも直接・間接でつながるので、洋服屋としては気になるテーマではあるのです。

ちなみに、私は体質的に「暑がりの冷え性(=すぐに汗をかいて身体が冷える)」で、生まれてこの方、感染症より何より発汗による冷えによって体調を崩してきたので、特に冬場は「寒さを防ぐこと」よりも「汗をかかないこと」に重点を置きます。

それなので、ここ東京地方で生活している限り、電車に乗ったときに薄着になれるようにシャツやジャケット&ブルゾン類が重宝するということと、ダウンなど中綿がたっぷり入ったアウターは着ないというのが基本です。

まったく参考にならないと思いますが(笑)、私は秋冬シーズンは以下のようなイメージで過ごします。

20℃未満→半袖(手持ちでネルシャツ)
16℃未満→半袖+ネルシャツ
12℃未満→半袖+軽めのジャケット
8℃未満→半袖+ネルシャツ+軽めのジャケット
5℃未満→半袖+ネルシャツ+冬物コート
0℃未満→半袖+ネルシャツ+中綿入りコート

 


 

★「ライフスタイルとの相性」で買う洋服を選ぶということ

と、このように整理してみると、私のクローゼットにネルシャツと軽めのジャケット(=ライトアウター)が山ほどあることにも、「ああ、なるほど」と妙に納得がいきます。

脱ぎ着ができて見映えもするネルシャツは、肌寒いときにオシャレな羽織りのようにも着られる上、本格的に寒いときにはインナーとしてコートを汗や皮脂から守ってくれもして、私にとっては欠かせない最強の便利アイテムです。コットン地なのでじゃんじゃん洗えるのも大きいです。

さらにいえば、ライトアウターの中でもレザージャケットを着ることが多いのは、上記の通り、私の場合Tシャツを着た上から羽織るという着方が多いためです。レザージャケットは汗や皮脂の付着を気にする必要が一切ないので、気が楽なんですよね。

そう、ちょうど昨日も着ていました。まさに(朝晩は)12℃未満、そしてまさに「半袖+軽めのジャケット」。そして今日も「半袖+レザージャケット」。笑

 

View this post on Instagram

 

<私物のテーラードパンツ> Robes&Confections17AWのテーラードラインのテーパードパンツ(=型番「P01」)、私自身はもっぱらカジュアルに合わせて履いています。このP01は本当に美しいスリムテーパードのシルエットで履けるのですが、もも~ヒップ周りはかなりゆったりの履き感で心地よいです。このことは買った当時は気づかなかったのですが、今では大きなチャームポイントだと感じます。 ・ 改めて考えてみると、Robes&Confectionsのボトムス類はシーズンを問わず本当に人気です。計算され尽くされたシルエットと履き心地は、実際に着てみると実感頂けます。今季展開のあるテーラードラインのストレートパンツとボタンロングスカートの2型は、来季19SSでは展開がありません。ぜひ今のうちにお求め下さいませ。 ・ 詳細&お買い上げ> https://interest-kagurazaka.jp/onlinestore/products/list?category_id=35 ・ #robesandconfections #aw17 #私物 #used #経年変化 #エイジング #aw18 #womensfashion #womenswear #mensfashion #menswear #ユニセックス #unisex #スタイリング #style #styling #mensstyle #pants #スラックス #slacks #テーパードパンツ #taperedpants #テーラードパンツ #tailoredpants #tailored #インタレスト #神楽坂 #interestkagurazaka #kagurazaka

INTERESTさん(@interest_kagurazaka)がシェアした投稿 –

 

要するに、ネルシャツとレザージャケットは移り変わる季節の様々な局面で、私のライフスタイルとの相性がいちいち素晴らしく良いのです。だから何枚あってもタンスの肥やしにならないし、むしろ数が少ないとお気に入りの寿命が縮まるので、必然的に数が増えていきます。こんな洋服の選び方&増やし方も「あり」だと思います。

「これに似たものは去年買ったし」「どうしてもこの手のものばかり買ってしまって」というお話、本当に多くのお客様から伺うのですが、私たちからすると「そうですよね、当然です。だからこそこれをお買いになってはいかがでしょう?」というくらいの気持ちです。洋服は着られてこそですから、「実際問題たくさん着る」という洋服をお選びになるのが一番だと思います。

実際、毎年どうしても冬物コートが欲しくなって買われるお客様がいらっしゃいます。テーラードスーツのセットアップを毎シーズン(半年に一度)買われるお客様がいらっしゃいます。同じ形のワンピースを色違いで3色買われるお客様がいらっしゃいます。藍染めでは「変わり板締め」の染め柄しか買わないというお客様がいらっしゃいます。私たちはいつも、とても上手でステキなお買い物をなさるなと心から感心して拝見しています。

私自身は洋服に感じる「トキメキ」をとても大切にしていますが、ときめくのが「似たようなもの」ばかりなんです(笑)。毎年その「似たようなもの」を買っては、家族やスタッフから「え?それ持っていなかったっけ?」とモーレツに怪訝な顔をされますが、「いや、違うんだよ。何が違うかっていうとさ・・・」と、このブログばりに熱く説明しようとするわけです。でも、本当はそのことにまったく興味がない彼らはすぐに飽きて別の作業をし始めるという。「洋服は自己満足」というのもまた真理なり。

 


 

もちろん、ここでお話ししたのは「洋服の買い方のススメ」の一つの例に過ぎません。雑談のようなお話ですので、ほんのちょっとでもご参考になればとても嬉しく思います。

続きはぜひ店頭でお話しさせて下さいませ。インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

Instagramではスタッフ私物の経年変化やメンテナンスなどもご紹介しています!

こんにちは、インタレストです。

これは当然といえば当然なのですが、インタレストのスタッフは全員、私たち自身がセレクトした様々なブランドの洋服たちを私物買いして愛用しています。それらの「いま」について、不定期でInstagramでご紹介しています。

もちろん買うときには既に惚れ込んでいるのですが、着ていくことで初めて分かる魅力もたくさんあって、そういうことについても一緒にお話ししていきたいと考えています。「買ったときがスタート」といつもお話しする私たちですので、メンテナンスや修理なども含めて、こうして「途中経過」をお伝えすることも大切なことだと改めて感じています。

 

 

View this post on Instagram

 

<私物のkokochi sun3> 店長D私物のkokochi sun3「トレッキングブーツ(仮)・レザーソール」(1年半モノ)です。デリケートレザーである鹿革ワインによる1足ですが、雨だろうと嵐だろうと容赦なく履いているので(=もちろん防水スプレーなどはしつつ)、かなり荒めに育っています。シミや傷は一切気にしません。 ・ 私物のkokochi sun3の中では個人的に最も気に入っていて、特にこの真夏にショートパンツなどと合わせて大大重宝します。見た目はミドルカットの「レザースニーカー」ですが、その実、頑強で高質なノルウェージャン製法でつくられているので、実際には大地をしっかり踏みしめている安定感&安心感のある履き感です。このギャップ&ぜいたくさにもそそられます。 ・ #インタレスト #神楽坂 #interestkagurazaka #kagurazaka #kokochisun3 #トレッキングブーツ #trekkingboots #鹿革 #deerskin #経年変化 #革靴 #レザーシューズ #leathershoes #shoes #オーダー靴 #customshoes #handmadeshoes #ハンドソーンウェルテッド #handsewn #handsewnwelted #ノルウィージャン製法 #norwegianwelt

INTERESTさん(@interest_kagurazaka)がシェアした投稿 –

 

 

View this post on Instagram

 

<私物のツイードジャケット> Robes&Confections18SSのツイードジャケット(私物)、あまりに便利すぎて着すぎてしまっています。コットン100%のワッフルツイード地で軽く肌あたりも良く、ないはずの伸縮性のような「なじみ」も感じる上、何よりも「テーラードジャケット感」がほぼないので、ちょっと冷えるときにカーディガンのように羽織っています。 ・ 着心地やつかい勝手の良さという意味では、今季18AWのオリジナルテキスタイル「ダブルフェイスウールマット」も負けていません。とてもテーラードウェア向けとは思えないとろけるような生地感と、ラペルのないセミカジュアルなジャケットは、私の便利なツイードジャケットの秋冬版になってくれること間違いありません。ぜひお試し下さいませ。 ・ 詳細&お買い上げ> https://interest-kagurazaka.jp/onlinestore/products/list?category_id=35 ・ #robesandconfections #ss18 #私物 #used #経年変化 #エイジング #aw18 #新作 #newproduct #womensfashion #womenswear #mensfashion #menswear #ユニセックス #unisex #テーラードジャケット #tailoredjacket #tailored #tailoredsuit #インタレスト #神楽坂 #interestkagurazaka #kagurazaka

INTERESTさん(@interest_kagurazaka)がシェアした投稿 –

 

 

View this post on Instagram

 

<私物のツイードシャツ> 一方、こちらはおろしたばかりのLeh18AWのツイードシャツです。こちらも持ち前の「シャツジャケット感」と丈夫さで通勤時も含めて便利すぎて、一度おろした後は相当な頻度で着ています。 ・ 実はお客様へのご案内の意味も込めて「洗濯実験」をしたのですが、おしゃれ着洗い用洗剤はもちろん、そうでない液体洗剤をつかって水洗いをしても一切問題はありませんでした(縮みや傷みは皆無)。それどころか、気持ち生地感がやわらかくなり着心地が良くなった印象です。 ・ 店頭ではレッドとブルーそれぞれMサイズで1点ずつ在庫しています。女性も男性もユニセックスで、シャツとしても羽織りとしてもつかって頂けるたいへんな便利アイテムです。こちらにもぜひご注目下さいませ。 ・ 詳細&お買い上げ> https://interest-kagurazaka.jp/onlinestore/products/list?category_id=21 ・ #leh #18aw #新作 #newproduct #womensfashion #womenswear #mensfashion #menswear #ユニセックス #unisex #スタイリング #style #styling #womenstyle #mensstyle #fallstyle #winterstyle #シャツ #shirt #ツイード #tweed #fancytweed #インタレスト #神楽坂 #interestkagurazaka #kagurazaka

INTERESTさん(@interest_kagurazaka)がシェアした投稿 –

 

 

View this post on Instagram

 

<私物スタイリング:スタッフY> #parka : #leh #pants : #leh #shoes : #kokochisun3 ・ LehのリバーシブルパーカーとLehのリメイクデニムパンツの組み合わせ。Lehのアイテムなので凝ったつくりなのは当然として、実際に着てみるとパーカーは想像以上に肌ざわりが良くて暖かく、さらに汚れや傷みを気にせず着られて便利すぎるとYは大絶賛です。デニムパンツは裏地の裾をカットして、ディテールとして着やすい丈に調整しています。こちらも万能の無敵カジュアルシルエットで、季節感やトレンドなどと無縁。履きまくること間違いなしです。 ・ ★詳細・通信販売はオンラインストアにてご案内しております。 > プロフィールのリンク先から飛んで頂けます。(Instagram) > https://interest-kagurazaka.jp/onlinestore/ (Facebook) ・ #aw18 #私物スタイリング #womensfashion #womenswear #mensfashion #menswear #ユニセックス #unisex #スタイリング #style #styling #womenstyle #fallstyle #winterstyle #ootd #スタイリング強化月間 #インタレスト #神楽坂 #interestkagurazaka #kagurazaka

INTERESTさん(@interest_kagurazaka)がシェアした投稿 –

 

 

View this post on Instagram

 

<私物ブーツのオールソール交換修理> 普段kokochi sun3&sqirの修理を依頼している修理屋さんに、店長の私物ブーツのオールソール交換修理を依頼しました。下掲リンク先でご説明していますが、お世辞にもできが良いとはいえず(革だけが一級品)、一時は処分することも考えていたこのブーツが、修理後には完全に一軍に復帰しました。こちらはすべてAFTER(修理後)の画像です。 ・ こちらのリンク先の記事にて、本件についての詳細をご紹介しております。 > https://interest-kagurazaka.jp/diary/?p=70107 ・ #メンテナンスガイド #経年変化 #洋服を育てる #靴修理 #shoerepair #オールソール #オールソール交換 #私物 #革靴 #レザーシューズ #leathershoes #shoes #ブーツ #boots #leatherboots

INTERESTさん(@interest_kagurazaka)がシェアした投稿 –

 

 

View this post on Instagram

 

<私物のジップアップパーカー> Sancaが17SSの限定色としてリリースした定番のジップアップパーカーのネイビー、おおよそ2年物です。あえてかなり雑に扱っていますが、汎用のスウェット生地のようにズルズル伸びていったり、生地が痩せていったりというのが一切・・・本当にまったく見られないのは、さすが吊り編みスウェット生地です。 ・ Sancaのスウェットパーカーは、生成り・ネイビーと、新作グレーピンクの3着を個人買いして愛用しています。着倒すレベルで着ても全然着倒されない丈夫さには、本当に強い安心感があります。本アイテムは現在は5色在庫しています。Sancaの「上質な普段着」、ぜひお求め下さいませ。 ・ 詳細&お買い上げ> https://interest-kagurazaka.jp/onlinestore/products/list?category_id=19 ・ #sanca #ss17 #私物 #used #経年変化 #エイジング #aw18 #新作 #newproduct #womensfashion #womenswear #mensfashion #menswear #ユニセックス #unisex #パーカー #parka #スウェット #sweater #sweatshirt #吊り編み #loopwheel #インタレスト #神楽坂 #interestkagurazaka #kagurazaka

INTERESTさん(@interest_kagurazaka)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

<私物のテーラードパンツ> Robes&Confections17AWのテーラードラインのテーパードパンツ(=型番「P01」)、私自身はもっぱらカジュアルに合わせて履いています。このP01は本当に美しいスリムテーパードのシルエットで履けるのですが、もも~ヒップ周りはかなりゆったりの履き感で心地よいです。このことは買った当時は気づかなかったのですが、今では大きなチャームポイントだと感じます。 ・ 改めて考えてみると、Robes&Confectionsのボトムス類はシーズンを問わず本当に人気です。計算され尽くされたシルエットと履き心地は、実際に着てみると実感頂けます。今季展開のあるテーラードラインのストレートパンツとボタンロングスカートの2型は、来季19SSでは展開がありません。ぜひ今のうちにお求め下さいませ。 ・ 詳細&お買い上げ> https://interest-kagurazaka.jp/onlinestore/products/list?category_id=35 ・ #robesandconfections #aw17 #私物 #used #経年変化 #エイジング #aw18 #womensfashion #womenswear #mensfashion #menswear #ユニセックス #unisex #スタイリング #style #styling #mensstyle #pants #スラックス #slacks #テーパードパンツ #taperedpants #テーラードパンツ #tailoredpants #tailored #インタレスト #神楽坂 #interestkagurazaka #kagurazaka

INTERESTさん(@interest_kagurazaka)がシェアした投稿 –

 

★Instagramではスタイリングやアイテムの画像を「一望」して頂けます!

ところで、Instagramを本格的につかい始めた当初、このブログとInstagramの役割分担をきちんとしたい・・・つまりそれぞれでお伝えする情報を別々にしたいという目標があったのですが、少しずつですがそれが実現し始めている気がしています。

これは結果論として分かったのですが、Instagramは画像のメディアなので、当店のページをご一覧頂くときの「見え方」が大切なのですよね。実際、いまご覧頂きますと「スタイリング強化月間」で撮影したルックを一望して頂けます。その前まで遡ると、今季18AWに入荷した全アイテム(入荷速報)を一望して頂けます。

この「一望できる」「一挙に見られる」という機能は、今のところあらゆるメディアでもInstagramしか持ち得ないですよね。なるほどなと、最近気づきました。

というわけで、なんとなく分かり始めたInstagram、たぶんこれからいっそう差別化させていけると思いますので、ぜひチェック&フォローをお願いいたします

 

 

 


本日は以上です。

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<メンテナンスガイド>お客様のCrazy Duckのパーツ修理と、店長D私物ブールのオールソール交換修理をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

これまでは「とりあえずは森田さんに見てもらう」というプロセスを踏んでいたkokochi sun3&sqirの修理ですが、以下の2本のブログ記事で書きました通り、現在は私たちインタレストと修理屋さん@須磨の直接のやり取りで承れるようになっています。

  • kokochi sun3の工房を訪ねて、神戸市の須磨海岸に行ってきました!& 革靴の修理のご相談を承れるようになりました!=7月19日付ブログ記事
  • 「餅は餅屋」というおはなし。経験豊富で優秀なお直し屋さんをぜひご活用下さいませ。=7月29日付ブログ記事

 

ソール裏のゴムの張り直しやヒール修理などは引き続き森田さん自身が担当しますが、それ以外の、特により専門的で高度な修理についてはその修理屋さんに相談することになります。

その修理屋さんは、(1)もともと森田さんと懇意であること~森田さんを交えた私たち3者で直接コミュニケーションを取り合うことができること、そして何より(2)私・店長Dの靴を既に10足ほど修理してもらっているという実績~私自身が彼を信頼していること、この2点において安心してまかせて頂いて大丈夫です。

いろいろな意味で少し経験値が欲しいので、現時点ではkokochi sun3&sqirの靴の修理のみ承っております。ココチブランドの靴をご愛用のオーナー様、もし何か困ったことがありましたら、ぜひお気軽にご相談下さいませ。

 


1, Crazy Duckの修理のBEFORE/AFTER

こちらのCrazy Duckの修理については、森田さんを「どうしようかなあ・・・」と困らせたなかなかの代物でしたが(・・・ですよね 笑)、修理屋さんと電話をしたところ修理工程も見積もりも即答で、実質その日に修理が上がってしまいました。(ソールの接着剤を乾かすのに数日というスケジュール感)

仕上がりもご覧の通り完璧です。革などの素材をつかっていないという理由で、修理工賃も想定よりはるかにお安くすることができました。

画像1枚目がBEFORE、画像2枚目がAFTER
  

画像1枚目がBEFORE、画像2枚目がAFTER
  

 


 

2, 私・店長Dが依頼したオールソール交換修理

私・店長Dの私物のブーツで、うっかりBEFOREの画像を撮影するのを忘れてしまいAFTERの画像しかなくて申し訳ないのですが、その修理屋さんにオールソール交換修理を依頼したものを、画像を交えながらご参考までにご紹介したいと思います。

 

・・・正直、このブーツのオリジナルは構造的には本当にひどくて、マッケイ製法で超強引に分厚いクレープソール(=MUKUなどでつかう天然ゴムソール)をつり上げているような構造で、モーレツなステッチのテンションがかかっているそのクレープソールはちょっと履いただけで割れてボロボロになるし、「なぜここだけレザーソール仕様?!」というヒール部分はあっという間に削れてなくなるしで、本当に散々でした。汗

おまけにただただ重たいだけの履き心地も全然良くなくて(笑)、なんでこんなひどいブーツを買ってしまったかというと、アッパーがイタリアの某有名タンナーによるしかもレアレザーであるという(→革好きの頭を真っ白にするという・・・笑)、この1点だけがその理由です。それで結構高価だったのですが、「ちょっとこれの直しはキツイんじゃないかなあ・・・」と思って処分しようとしていた矢先、須磨出張が入ったのでダメ元で持って行ったんです。

それで実際に彼に相談したところ、二つ返事で「これなら全然いけますよ。どのソールでもいけます。どうします?」と。「ええと・・・じゃあ重量も色も重たいから、いっそモアフレックスにしようかな」「了解です。じゃあお預かりしていいですか?」「え、これ本当にできるの?」「全然いけます。大丈夫です。」

・・・いや~プロってスゴイと、このとき本当に感心しました。この気持ちのままに書いたのがこの日のブログ記事です。

 

あまりにできが良いので気持ちが良くなり、アッパーのフルメンテナンスとかシューレースの交換とかもしてしまいました。そう、「アッパーの革だけ」はいいので、ソールさえ改善されれば見た目は映えるんです。笑

この秋に既に何度も履いていますが、軽くてとっても快適です。何よりソールのことを何も気にしなくて済むので、精神的なストレスから解放されてとても嬉しいです。

 


 

インタレストで買って頂いたアイテムたちと長く長くお付き合い頂きたいと考えている私たちスタッフにとって、こうしてそのための環境が整い始めていることはきわめて大きな喜びです。

お客様皆様にご愛用頂ける誠実な洋服たちをご紹介すること、そしてこうしてお手入れ・修理のお手伝いをさせて頂くこと、これらを両輪に、引き続きともに&具体的に強化させていきたいと考えております。ご期待を頂きまして、そしてこれからも変わらずお付き合い頂けましたらたいへん嬉しいです。

 

 

本日は以上です。

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<メンテナンスガイド>洋服にカビが生えてしまったとき。「どうしたらいい?」「なんでカビが生えた?」「予防策は?」

こんにちは、インタレストです。

あるお客様から、「ビジネススーツのパンツ数本にカビが生えてしまって・・・」とご相談を頂きました。後日画像をお送り下さったのですが、一般的なウールのスーツ生地に白カビが繁茂している状態で、これはおそらく技術のあるクリーニング屋さんにお持ち込みになれば消えるだろうというのが、私たちの見立てです。

お客様ご自身は「もう十分履いたので」と処分なさるとのことですが、「こちら(=インタレスト)で買ったものにカビが広がらなくて本当に良かったと感じていて・・・」と仰り、今後の対策や予防法についてお尋ねになりました。

 


 

なぜカビが生えたのか?

カビの生えたパンツ自体の保管の仕方を伺うと、クローゼットの中ではなく外に置いてあるハンガーラックに、パンツ用のハンガーをつかってかけていらしたとのことで、これ自体は決してカビが生えやすい保管方法ではありません。(湿気がこもるクローゼットの中に閉じ込めるのはとても危険です。)

ただ、「クリーニングに出さないまましばらく放置していたことでしょうか」と仰るので、ああ、まさにそれではないかなと感じました。人に着られた洋服は多かれ少なかれ皮脂や汗・・・つまりカビの温床となるたんぱく質が付着するということと、放置していたということはおそらく湿度の高い夏場にやられたかなということ、この2点がすぐに思い当たりました。

特に後者についてがキモで、着られ続けている間はカビってあまり生えないんですよね・・・。これは私自身の実感で、どこかで科学的な根拠を提示しているサイトなどがあれば教えて頂きたいくらいのですが、洋服でも靴でも何でも、カビや虫にやられるものって「長いことつかっていないアイテム」であることが多くないですか?「つかいすぎもダメ」「つかわなすぎもダメ」ということなのだろうと、個人的には理解しています。

ちなみに、カビや虫にやられやすいのはウール・カシミヤ・シルクなど動物繊維の洋服です。これも理由は簡単で、洋服自体が動物性たんぱく質のかたまりだからです。こちらもぜひ合わせてご記憶下さいませ。

 


 

カビを生やさないためには?

対策1:適度に洗うこと

さて、対策なのですが、まず第一に「適度に洗うこと」です。ビジネススーツなどはクリーニングに出すのが一番簡単ですが、ドライクリーニングされるのがお嫌であれば、「ドライニング」などの特別な洗剤をつかい、やや手間がかかりますがご自身でケアなさるということも、もちろん有効です。特に、シーズンオフなど「しばらく着ない」と分かっているときは、ぜひ洗ってあげて下さいませ。

なお、今でもたくさんのアクセスを頂く「冬のコートを育てるための6つのポイント」という記事では、私はコートをクリーニングに出さないと宣言していますが、これはその記事でも書いている諸条件を満たす着方をしているからこそ成り立つ方法です。

ビジネススーツのパンツでそれを成り立たせるためには、パンツの下は1年中ステテコやモモヒキを履き続けることと、せいぜい1週間に一度くらいしか履かないこと(→ただしその頻度では履き続けること)などが大前提です。ただ、春夏シーズンに着るスーツでは、少なくとも私のような汗っかきが洗わずに着続けることは現実的ではないですね・・・。やっぱり「適度に洗うこと」を基本に考えた方が良いと思います。

 

対策2:保管場所の通気性を良くすること

対策のもう1点、こと今回ご相談下さったお客様についてはこちらではないかと推察されたのですが、「保管部屋の通気性を高めること」です。そのお客様は保管部屋の窓を開けることがほとんどなかったということなので、その部屋全体が閉め切ったクローゼット状態になり、特に夏場に湿気がこもってしまっていた可能性が高いとみています。

防犯面との兼ね合いがあるので「オススメ」ではまったくないのですが(汗)、私・店長D自身は、自分の洋服を保管している部屋の窓を1年中1cmほど開けています。(→「小動物」の侵入が怖い夜中だけは閉めます。笑) 春夏秋冬、春は花粉に耐え、夏は暑さに耐え、秋だけは快適で、冬は寒さに耐え、です。

「冬は乾燥するので大丈夫では?」と思われるかもしれませんが、朝起きて窓の内側に付く結露を思い出して下さい。密閉する冬場の屋内は人が生活しているだけでも湿気がたまりますし、最近はエアコン(暖房)と加湿器の使用も常態化して屋内はそもそもカビにとって快適な空間となり、さらには屋外の気温はきわめて低いので飽和水蒸気量が小さく、結果的に夏場より危険であるようにも感じられます。

 

対策3:ホコリを浴びないようにすること

<後日追記しました→>本文を書いている最中は頭から抜け落ちていたのですが、さらにもう1点対策があります。それは、クローゼットの外に洋服をかけるとき、必ずカバーをかけることです。何点かまとめてでも1点1点でも良いのですが、カビや虫の栄養になるホコリから守ってあげて下さい。洋服がホコリまみれにならず、いつでも着られる状態でキープすることもできるので、とても分かりやすい「一石二鳥」です。

洋服カバーの種類については風通しの良い不織布タイプのものが、個人的にはオススメです。100円ショップなどで簡単に&安く手に入りますので、汚れたら(→黄ばんできたら)交換してしまうのが良いです。見た目はちょっとアレですが↓、誰に見せるわけでもありませんので。笑

 


 

(ご参考) 革靴の白カビは自身で根絶可能

ちなみに、私が今までの人生でたった一度だけカビを生やしてしまったのは革靴で、季節は真冬です。(→このときは私も「冬にカビが生えるの?!」とビックリしてしまったのです・・・) ただし革靴の白カビについては、やり方が徹底していればご自身によるケアで根絶できます。

生まれて初めてカビを生やして、そのときはいろいろな意味で本当にショックでしたが、「あ、これのケアで記事になるな・・・」とすぐに前向きになれたのは職業病でしょうか(笑)。その後、よく懸念される「カビの再発」は一切ありません。(革靴のカビ取りについては、外部サイトですがこちらのリンク先もご参考にして頂けるかと思います。)

あまりきれいな画像でないので掲載するかどうか迷ったのですが(汗)、画像1枚目が白カビまみれのBEFORE、画像2枚目がカビ取りケア完了後のAFTERです。

 


 

というわけで、洋服にカビが生えてしまった場合は基本的にはクリーニング屋さんにご相談頂きたいということと、そもそもそうならないために何を注意すべきかについて、いつも通り私・店長Dの経験だけに基づくお話ですが、ご提案させて頂きます。

「洋服は買ったときがスタート」です。こちらのページでご一覧頂けるメンテナンスガイドをご参考にして頂きつつ、愛しい洋服たちを育てていってあげて下さいませ。

 

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。