オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ サイト内検索 当店の新型コロナウィルス対策
See Translation


 
最近の記事

Category: 音楽のこと (page 1 of 8)


Peach Tree Rascals – Change My Mind

 

Peach Tree Rascals – Change My Mind (Official Music Video)

 

 

ロサンゼルス発、デビューしたてのフレッシュな5人組による陽気でシンプルなビートが心に染み入ります。

「誰も俺の気持ちを変えることなんてできやしないんだぜ」なんて、眩しくてっ!笑

最近はいろいろ凝った音楽より、分かりやすく第一印象で「すきー」となった曲を繰り返し聴いています。

 

 

Diana Ross – Thank You

 

Diana Ross – Thank You (Visualiser)

 

Diana Ross – Thank You

 

 

アメリカが誇る”The Legends”の一人であるDiana Rossが、なんと22年ぶりとなる25枚目のアルバムをリリースすることが発表され、その第一段シングルとしてアルバムタイトルでもある本曲”Thank you”が先行で配信されています。

例によって、イヤホンから自動で流れるプレイリストの1曲として聴いたのが最初ですが、とてつもなく懐かしくもあり、同時にみずみずしいまでにフレッシュであるこの曲に一瞬でノックアウトされ、すぐにクレジットを確認するとなんと”Diana Ross”とあり、本当にビックリしました。

往年のモータウンサウンドを彷彿とさせるサウンドメイキングからは、今をときめくプロデューサーたちの彼女への強いリスペクトを感じます。

 

確認したところ、現在Diana Rossは77歳。この曲で聴くことのできる迫力のある声量と美しい高音、そして彼女の持ち味である寸分外さないメロディコントロールは圧倒的に健在であり、気持ちハスキーになったその声質もより艶やかさを増して、もはや感動しかありません。

“Thank you! Thank you!”と繰り返される歌詞も、まぎれのないポジティブさで、私たちをたくさん元気づけてくれます。ちょうどイベントを終えた直後なので、ご参加下さったお客様のお顔や、とても楽しそうだった森田さんの顔が、深い”Thank you”とともに思い浮かびます。

 

今日は6月30日で、ちょうど今年2021年の折り返し時点。上半期の私のベストソングは間違いなくこの曲であり、そのためBest Song of The Year 2021の有力候補です。

秋にリリースされるというアルバムを聴くのも本当に楽しみです。先日ご紹介したJam & Lewisの新譜といい、往年のファンからすればたまらないものがありますね。

 

 

 

VEKONYZ – In My Mind (Feat. Calidora)

 

VEKONYZ – In My Mind (Feat. Calidora)

 

 

2015年・・・。たぶんその頃に一度アップしているんですよね、この曲。(現在は訳あって削除済み)

今でも運動するときのBGMリストに入っていて、自分でビックリしました。好きな曲はずっと好きなんです。洋服も一緒です。

 

 

 

Japanese Breakfast – Paprika

 

Paprika

 

 

パプリカというと日本では米津玄師さんの曲ですが、こちらもなかなか。

Japanese Breakfastというユニット名ですが、コリアン系アメリカ人Michelle Zaunerによるソロユニットです。彼女の曲が大好きで、もちろん最新作”Jubilee”も聴きましたが、冒頭を飾るこの曲が今でもダントツで一番好きです。

相変わらずいろいろ新しいことにチャレンジしている意欲作ですが、一番彼女らしいこの曲が1曲目というのはとても嬉しかったです。

それにしても、パプリカって何か暗号みたいなものなのでしょうか。どの「パプリカ」を聴いても、全然食べ物のパプリカと関係ない気が・・・笑。

 

 

 

Jam & Lewis x Mariah Carey – Somewhat Loved

 

JAM & LEWIS x MARIAH CAREY – "Somewhat Loved" (Official Lyric Video)

 

 

つい先ほどリリースされたばかりの曲のようで、珍しく速報っぽく聴けました。

90年代~00年代のアメリカのポップスやR&Bを聴きまくっていた世代としては、”Jam & Lewis x Mariah Carey”というクレジットから実際のサウンドまで、終始ゾクゾクが止まらない1曲です。新曲なのに、強烈な懐かしさで胸が破裂しそう。

それにしても、Mariah Careyは相変わらず天才ですね。歌がうますぎます。少なくともこの音源を聴く限り、全盛期から一切の衰えを感じません。いや~。

このアレンジのまま歌声がJanet Jacksonだったら泣いていたかもしれませんが(笑)、アルバムが出るなら参加していない方がおかしいということで、続報を楽しみに待ちたいと思います。