オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ サイト内検索 キャッシュレス・消費者還元事業に伴う店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして
See Translation


What's New!! ~注目トピック

【スタイリング強化月間】
特集記事1:圧倒的に便利すぎる絶対「買い」なインナーアイテム4選>
特集記事2:スタイル提案~「ダブルジャケットを着ませんか?」(全26ルック)>
特集記事3:ブラウス&スカートでワンピースに。セットアップでも着たいアイテムたち(全9ルック+α)>
特集記事4:ニット&ライトアウターを着た、真冬の手前くらいまでのスタイル提案(全43ルック)>
特集記事5:ヘビーアウターを着た、今季最も温かいスタイルのご提案(全49ルック)>
メンズ:男性がサイズ「2」のアウターたちを着たスタイリングをアップいたしました>

【大切なお知らせ】
政府のキャッシュレス・消費者還元事業により、店頭&オンラインストアにてお支払い金額の5%がポイント還元されます>

【19AW New Arrival】
新作一覧はこちら >


 
最近の記事

カテゴリー: 音楽のこと (1ページ / 61ページ)


Perlo – Day by Day

Perlo – Day by Day

 

朝のアラームを音楽にするとき、1曲目を静かなピアノ曲やアンビエントなインストゥルメンタル曲にして、2曲目をこの曲にするのがオススメなのです。

朝日が昇るのが遅い冬に特にピッタリという曲で、穏やかな気持ちで目覚めの時間を迎えることができます・・・といいつつ、私はアラームが不要な体内時計人間なのですが。笑

 

“Wake up on time
Get up, look alive
Got the earliest flight out this morning”

 

 

Electric Youth – “Memory Emotion”

オリジナルスタジオアルバムとしては5年ぶりとなるElectric Youthの新作”Memory Emotion”は、5年間の時間を感じさせない、前作”Inner World”から究極的なまでに何も変わらないElectric Youthで・・・なんと言いますか、これはこれで私は感動してしまいました。

従いまして、コメントも5年前とまったく同じ内容で成り立ってしまいます。笑

センチメンタルでノスタルジック、レトロで王道のポップサウンド。アルバム収録曲が粒ぞろいで、かつトータルで聴かせる一貫性もあり。さらに、静的な(たとえば店内の)BGMとしても動的な(たとえば運動中の)BGMとしても最高。言うことありません。

 

とても上質なBGMサウンドだと思います。アルバムトータルで流していてこれだけ心地の良い作品もそうはないのではないかと思います。

 

Electric Youth – The Life 
Electric Youth – The Life (Official Video)

 

 

Electric Youth – ARAWA
Electric Youth – ARAWA – (Official Video)

 

 

Electric Youth – Breathless
Electric Youth – Breathless (Official Audio)

 

 

Real Lies – You Were In Love

Real Lies – You Were In Love [Official Video]

 

Real Lies、普段は地下に潜っているかのように息を潜めている印象ですが、ときどきEPをリリースしています。

こんなことまでして知って好きになった人たちなので、またアルバムを聴かせて欲しいです。相変わらずカッコ良い音楽つくっているので。

 

 

尾崎豊 – きっと忘れない

きっと忘れない  尾崎豊  HD. Livever.

 

Happy Birthday いつだって君を忘れはしない
Happy Birthday 君が好きさ 心をこめて
生まれてきた喜びに君が包まれるように
今日という日を祝うよ Happy Birthday to You

 

 

John Mayer – XO

John Mayer – XO (Official Audio)

 

お恥ずかしながら、このラブバラードの名曲、かなり最近までJohn Mayerのオリジナルだと勘違いしていました(汗)。大物Beyonceのカバーというまさかの事実にビックリ・・・ですが、「何言ってるの?」と逆にビックリですよね。笑

でも、カバーだなんて夢にも思わないほどに、完璧なまでの「John Mayerの曲」なんですよ。弾き語りのリアルさをも感じるアコースティックなアレンジで、こんなにセクシーでウットリさせられることは滅多にありません。

 

当然ながら・・・というより本当に申し訳ないことに、初めてBeyonceのオリジナルを聴いたときの「違和感」たるや、凄まじいものがありました。

こちらはゴージャスでグラマラスなアレンジで、本当に音楽っておもしろいなあと、改めて噛み締めている次第でございます。

Beyoncé – XO (Video)