オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ キャッシュレス・消費者還元事業に伴う店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして
See Translation


 
最近の記事

カテゴリー: 音楽のこと (1ページ / 59ページ)


REPRISE: The Paper Kites – “On The Train Ride Home” & “On The Corner Where You Live”

一気に涼しくなってきましたね。

こうして秋めいてくるとそれにふさわしい曲を・・・と毎年思うのですが、今は昨年ご紹介したこちらの2枚のアルバム以上に「秋らしい」「エモい」作品は思い当たりません。いつ聴いても異様にセンチメンタルな気持ちになります。笑

というわけで、以下は昨年の記事のコピペですが、ぜひ改めてご賞味下さいませ。

 


 

オーストラリアはメルボルンのバンドThe Paper Kitesが今年2018年にリリースした2枚のアルバム、“On The Train Ride Home” “On The Corner Where You Live”は、この秋に聴くアルバムの1,2フィニッシュになることは間違いありません。

ありきたりな表現ですが、Nostalgia~郷愁を誘う音楽という意味ではこれ以上のものはなく、映画でも音楽でもこの手の雰囲気が好きな私にはたまらないものがあります。秋に聴きたい、夜に聴きたい音楽がてんこ盛りです。

前者のアルバムは全曲フォーキーなアコースティックアレンジ、そして美しいコーラスで、やさしく愛しい音楽を聴かせてくれます。聴いたまま眠りに落ちたいと思わせてくれる、尊く幸せな音楽たちです。

後者のアルバムは・・・個人的にこちらはもう超豊作の2018年でも5本の指に入る作品です。1曲目(プレリュード)から2曲目までで既に完全にやられてしまう感じで・・・。もうめちゃくちゃセンチメンタルな気分にさせてくれます。

あくまで控えめで抑えの効いたボーカル、エコーがかったサウンドアレンジ、キラキラしたギターのリフ、ひねりのない8ビート、気分をあおるサクソフォンやパーカッション、女声ありの完璧(→本当に美しくてまさに完璧)なハーモニー・・・と、この手の音楽に持っていて欲しい要素は全部クリアしているという印象です。

もうホント、あとはぜひ聴いて頂けましたらば・・・!秋の夜長に、ぜひ。

 

 

The following songs are from the album “On The Train Ride Home” .

The Paper Kites – Nothing More Than That
The Paper Kites – Nothing More Than That

 

The Paper Kites – On The Train Ride Home
The Paper Kites – On The Train Ride Home (Official Music Video)

 

The Paper Kites – Only One
The Paper Kites – Only One (Live in Brooklyn)

 

The Paper Kites – It’s Not Like You
The Paper Kites – It's Not Like You

 

 

The next few songs are from the album “On The Corner Where You Live”.

The Paper Kites – Give Me Your Fire, Give Me Your Rain
The Paper Kites – Give Me Your Fire, Give Me Your Rain (Official Music Video)

 

The Paper Kites – Deep Burn Blue
The Paper Kites – Deep Burn Blue [Official Audio]

 

The Paper Kites – Does It Ever Cross Your Mind
The Paper Kites – Does It Ever Cross Your Mind (Official Music Video)

 

The Paper Kites – Don’t Keep Driving
The Paper Kites – Don’t Keep Driving

 

 

Mark Ronson – Spinning ft. Ilsey

Mark Ronson – Spinning (Audio) ft. Ilsey

 

どうしてか涼しくなると、こういうしっとりとした音楽をご紹介したくなります。

夜向けのPlaylistもご紹介したいですね・・・。全然音楽のコラムが充実しなくてもどかしいです。

 

 

Macy Gray – First Time (Stripped version)

First Time

 

秋の夜に聴く曲ということで、こちらを。

アメリカが誇る唯一無二のソウルシンガーMacy Gray。その”First Time”という曲のStripバージョンがずっとお気に入りで、夜のプレイリストでかなりの回数聴いています。この方のまさに”talented”なハスキーボイスとジャズアレンジの相性の良さに陶酔感を覚えます。しっとりと本当にステキです。

 

こちらがオリジナルバージョン。やっぱりStripバージョンが好きですね~。

"First Time" – Macy Gray

 

 

Charli XCX – White Mercedes

Charli XCX – White Mercedes [Official Audio]

 

なんといいますか、UKミュージックの王道&正統派ポップシンガーというと、いつも彼女Charli XCXを思い浮かべます。私が個人的に苦手なマッチョでグラマラスな現在のUSポップスと比べると、とても気持ち良く脳と血液に染み渡るという印象があります。(このあたりは単に好みの問題ですね。汗)

ニューアルバムは彼女のキュートな歌声とユニークな個性がいかんなく発揮された、あるいはUKハウスやグライムなどの影響も感じさせる最先鋭のポップアルバムに仕上がっているという印象です。聴きやすく&聴き応えがあってとても気に入っています。

その中でもこの曲では、黄金の90年代ポップソングを思わせるガーリーなコーラス部分がとても心地良いです。あの頃大好きだった奇をてらわないガールズバラードを彷彿とさせる抜けるような透明感が印象的な、本当に「かわいい曲」です。

 

 

Jean Tonique – Feel Better Now

Jean Tonique – Feel Better Now (Official Video)

 

I’m feeling better now while listening to this…