オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ サイト内検索 キャッシュレス・消費者還元事業に伴う店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして
See Translation


What's New!! ~注目トピック

【ココチブランド受注会~路地裏の靴作家SP】
1月22日(水)~26日(日)

*下記メイントピックの詳細はこちら>
1, ココチブランド×壺草苑、天然藍染めレザーによるハンドメイド革靴
2, Kuduレザーをつかったオーダーを頂ける最後の機会に
3, スニーカー「noema」とリバーシブルトートバッグの販売・オーダー受付
4, 「描と靴」

【19AWセール開催中】
対象アイテム一覧はこちら>

【20SS New Arrival】
新作一覧はこちら>

【お直しのこと】
当店ではお買い上げ下さる洋服たちのお直しを店頭で積極的に承っております>

【スタイリング強化月間】

【大切なお知らせ】
政府のキャッシュレス・消費者還元事業により、店頭&オンラインストアにてお支払い金額の5%がポイント還元されます>


 
最近の記事

カテゴリー: tiit tokyo (1ページ / 5ページ)


<入荷アイテム詳報>tiit tokyo20SS:独創的なデザインと優秀な機能性を両立する新作ブラウスとパンツ

こんにちは、インタレストです。

 

★「入荷アイテム詳報」のマイナーアップデートに寄せて

シーズン中に店頭在庫として入荷するアイテムを、たくさんの物撮り画像とスタイリング画像でご紹介するシリーズ「入荷アイテム詳報」ですが、今季20SSはそのフォーマットをマイナーアップデートしております。

いつも通り手探りで、本記事のフォーマットが完成版というわけではなく、今季いっぱいかけて洗練させていければと考えております。

「ここはもっとこうした方が分かりやすい」「こういう情報が欲しい」など、お気づきの点・ご意見・ご感想等をお寄せ頂けましたらたいへんありがたく存じます。

マイナーアップデートのポイント
  • ★最重要ポイント=「ここさえ読んで頂ければ」という各アイテムのオススメポイントを、記事の冒頭で余さずお伝えいたします。
  • 細かな寸法やスタイリング画像の着用サイズなど定性的な数値データは、ブログ記事内で列記するとトピックが散り散りになる印象があったため、今回より省略しています。オンラインストアの各アイテムのページにて記載がありますので、そちらでご確認下さいますようお願いいたします。
  • 記事の後半は基本的に「画像集」です。ディテールの物撮り画像はこちらでご確認頂けますのと、スタイリング画像(スタッフ着用・オフィシャルルック)も掲載しております。ファッション的な”トキメキ”=本能的・視覚的に「ピンと来る」という体験も、合わせてお楽しみ頂けましたら嬉しいです。

 

 

★サイズ感表記の基準につきまして

  • ありがたいことにオンラインストアをご利用下さるお客様も年々増えておりますので、「サイズ感の基準」と「スタイリング画像」のモデルとなります女性・男性2人のスタッフの体型データを、これまで以上に分かりやすくご案内いたします。
  • レディース:サイズ感の基準・スタイリング画像の女性モデルとなるスタッフYは、身長160cmで体重はBMI「普通体重」の下の方、骨格的に上半身が華奢な体型です。
  • スタッフYにつきまして、取り扱いブランドのジャストフィッティング(←実際に着る「好みのサイズ」ではありません)の例は、LOKITHOのトップスでサイズ「1」、同ボトムスで「2」、Robes&Confectionsの全アイテムで「1」です。ユニクロはほぼすべてMサイズです。
  • メンズ:サイズ感の基準・スタイリング画像の男性モデルとなる店長Dは、身長179cmで体重はBMI「普通体重」の真ん中、骨格的には標準的ですがやや筋肉質な肉付きです。
  • 店長Dにつきまして、取り扱いブランドのジャストフィッティング(←実際に着る「好みのサイズ」ではありません)の例は、どのブランドでもトップスは最大サイズ、ボトムスはRobes&Confectionsで「2」or「3」を、ANITYAで「2」、LehでMサイズです。ユニクロはトップスがL~XL、ボトムスはLサイズです。
  • 展示会でのサンプル着用ルックでは、スタッフY・店長D以外がモデルをつとめているケースが多々あります。着用モデルの身長や着用サンプルのサイズなどにつきましては、オンラインストアの各アイテムのページにてご確認下さいませ。

 

 

★在庫につきまして

  • 今季20SSより、ほんの数型(インナーや小物など)の例外を除き、人気の有無を問わず全アイテム各色1点ずつの在庫となっております。お気に入りはぜひお早めにお試し&お求め下さいませ。
  • 完売したアイテム、あるいは色違い・サイズ違いなどにつきましては、ブランド在庫がある場合に限り、お取り寄せしてご用意することができます。オンラインストアの各アイテムのページ内、「商品についてのお問い合わせ」よりご連絡下さいませ。
  • なお誠に恐れ入りますが、お取り寄せは事前にお買い上げをご確約頂ける場合に限らせて頂いております。

 

 


 

 

以下、記事の本文です。

 

 

1, tiit tokyo メッシュコンビ・ブラウスブルゾン

Organ Combi Blouson
価格 (税抜き): 32
,000円
色: ホワイト(Sold Out)、ブラック
サイズ: 36
素材: (本体)ポリエステル50%・ナイロン50%、(メッシュ地)ポリエステル100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): tiit tokyoのページへ

 

 

 

1, オススメポイント

マットな光沢とシャリ感のあるライトなタッチの布帛地とメッシュ地が切り替わり、メッシュ地が裏地になるよう袋状に縫製されている、きわめてユニークな「ブラウスブルゾン」です。

裾先と袖先はシャーリング(=ゴムが入る)加工で、ボリューム感のあるシルエットが引き締まり、とても女性らしいシルエットで着られます。メッシュ地からインナーが透けるので、ランウェイショーのルックのように下に強い柄物を合わせる着方もオシャレだと思います。

そのようなフューチャリスティックでエッジの効いたデザインが入っている一方、見た目はあくまで控えめでシンプルな単色ブラウスで、その両者のバランスが完璧に釣り合って、唯一無二の独創的なアイテムになっています。

しかもオフィシャルのアイテム名に”Blouson”とある通り、ブランドからはむしろ上着として着るアイテムとして提案されていることも機能的にはとても大きく、前身頃を開けてのカーディガンづかいの着勝手が絶好です。品質表示タグで「水洗い可」となっている点も心強くとても嬉しいです。

 

2, サイズ感と着心地

サイズ「36」をスタッフYが着て、ゆったりリラクシングな着心地。身幅は完全なフリーサイズで、着丈はどなたがお召しになっても短めのデザインです。

裏地になっているメッシュ地の肌あたりが抜群に心地良く、Tシャツやキャミソールなどと合わせて素肌で着ても快適で涼しいです。

 

 


 

 

2, tiit tokyo シルクコード・テーパードパンツ

Silk Code Pants
価格 (税抜き): 32
,000円
色: ベージュ、ブラック
サイズ: 38
素材: (表地)キュプラ68%・ナイロン27%、ポリウレタン5%、(裏地)キュプラ100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): tiit tokyoのページへ

 

 

1, オススメポイント

コレクションではメンズアイテムだけで提案されていた形なのですが、テキスタイルとシルエット、そしてエレガントなシルク地の組ひもベルトのディテールにひと目ぼれして、ブランドにレディースサイズの展開をお願いし、奇跡的に実現したという1点です。

(もっとも、もともとメンズアイテムなので、ウエストと着丈が合えば男性のお客様にもたいへんオススメです。)

履くとテーパード~スリムストレートの中間くらいのシャープで美しいシルエットが出る一方で、強めのストレッチが効いていて(←ウレタン5%)履き心地を損ねないという「いいとこ取り」ぶりです。さらに履いた瞬間わかる「涼感」のある生地で、真夏もとても快適に履いて頂けます。「水洗い可」なので、お手入れも楽ちんです。

裾先、「縫い代」ではなく「切り替え」の仕様になっているなど、縫製もとても凝っています。前もも部分には裏地が付くなど丁寧な仕様です。

一言でいうとマニッシュな雰囲気で、生地・ディテール・シルエットすべてで一切クセがないため、組ひもベルトは抜き取って履くとセミフォーマルのスラックスとして、比較的ドレスコードのシビアなお仕事でも問題なく履いて頂けます。逆に、組ひもベルトをつかってウエストを絞ったりアクセントを入れたり、カジュアルに履くこともできます。

このアイテムに限らず、パンツは物撮り画像ではもちろん、スタイリング画像ですら、その実際の良さ・オススメポイントが伝わりにくいという洋服屋泣かせのカテゴリだと常々感じます。以上のように、このパンツはあらゆる面で本当にクオリティが高く、「買って後悔しないパンツ」の典型だと強く感じます。

 

2, サイズ感と着心地

「38」をスタッフYが履いてほぼジャストフィッティングです(ウエストは少し余裕あり)。着丈も詰める必要がなく、そのまま履くと2クッション、ワンロールアップでフルレングスです。

履いたときの涼感とストレッチ感はとても大きく、シャープなシルエットの割りに履き心地の良さは抜群です。

上記の事情でサンプルはメンズサイズしかありませんでしたが、入荷したアイテムはウエスト実寸71cmのレディースMサイズ相当のサイズ感で、これも上記の通りサイズさえ合えば男性のお客様もカッコ良く履いて頂けます。

 

 


 

 

tiit tokyo

デザイナー:岩田翔、滝澤裕史

ブランドコンセプトは「日常に描く夢」。
まるで1本の映画をつくるのように、「日常」のなかに潜む「夢」をコレクションに落とし込みます。
tiit tokyoの最大の魅力は、その世界観は「夢」~ファンタジーかつドラマチックでありながら、
実際の洋服たちは「日常」~リアリティが想定された、とても実用的なデイリーウェアであることです。
デザイナーが自負する繊細な色づかいと、それを実現するテキスタイルやパターニングの独創性にも驚かされます。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 


 

 

以下、関連する画像を一挙にご紹介する画像集です。

各アイテム・各色を、物撮り画像・ディテール画像、スタイリング画像(スタッフ着用・オフィシャルルック)などを、一挙にご覧下さいませ。

なお、モデルの身長や着用サイズなどより詳細な数値データにつきましては、オンラインストアの各アイテムの個別ページにて掲載しております。下掲画像をご一覧頂き気になるアイテムがありましたら、ぜひ個別ページをご参照下さいませ。

続きを読む

<スタイリング強化月間>特集記事5:ヘビーアウターを着た、今季最も温かいスタイルのご提案です!

こんにちは、インタレストです。

★ただいまショップ内イベント「スタイリング強化月間」を開催中です

今季19AWシーズンに入荷した新作アイテムを中心に、私たちインタレストがブランド横断でたくさんのスタイリングをつくり、それをInstagramオンラインストア、そして本日記にて集中してお客様皆様にご案内する「スタイリング強化月間」を開催しております。

  • 「ブランド横断」のアイテムセレクトですので、各ブランドのオフィシャルモデルルックでは見ることのできない、そして特に「普段づかい」を意識してつくっている独自のスタイリング画像を、1千枚近くの画像でご覧頂けます。
  • このスタイリング撮影により、私たちスタッフは入荷した全アイテムのサイズ感・着た感、そして何より「実際に着てみないと分からないオススメポイント」を把握しておりますので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ
  • 加えて、スタイリング画像でしか確認できない「着たときのシルエット」をご覧頂きたいと感じております。上質なつくりの洋服はすぐれて立体的に制作されており、それゆえに「着られてこそ」その真価を発揮いたします。
  • 撮影したスタイリング画像や追加のご説明につきましては、連日オンラインストアの各アイテムのページにアップしております。ぜひご活用頂けましたら幸いです。
  • レディースルックのモデルは身長160cmの女性スタッフY、メンズルックのモデルは身長179cmの男性店長Dです。表記価格はすべて「税抜き価格」です。

 

 

インタレストのオンラインストア >こちらから

 

 

 

★「スタイリング強化月間」の特集記事をご案内いたします

そして本ブログでは、この「スタイリング強化月間」で撮影したルックにつきまして、本日の記事を含めて何回かに分けて、特集記事をご案内いたします。撮影して初めて分かった各アイテムの魅力やオススメポイントなどもご説明いたしますので、ご購入をご検討頂く際のご参考にして頂けましたらとても嬉しいです。

各回着ているメインアイテムに加えて、そのルックで合わせているアイテムたちについてもその都度一緒にご紹介しております。ぜひたっぷりお楽しみ下さいませ。

  • 「スタイリング強化月間」特集記事(1):圧倒的に便利なインナーアイテム4選 >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(2):スタイル提案~「ダブルジャケットを着ませんか?」(全26ルック) >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(3):ブラウス&スカートでワンピースに。セットアップでも着たいアイテムたち(全9ルック) >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(4):ニット&ライトアウターを着た、真冬の手前くらいまでのスタイル提案(全43ルック) >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(5):ヘビーアウターを着た、今季最も温かいスタイル提案(全49ルック) >本記事です

 

 

 

★特集記事5:ヘビーアウターを着た、今季最も温かいスタイル提案

特集記事の第5弾となる今回は、秋冬シーズンの主役であるヘビーアウター(真冬向けコート)を着たスタイルをすべてご覧頂きます。

秋冬シーズンのコートは各ブランドにとって最も力の入ったアイテムたちであり、それゆえに私たちセレクトショップにとって最も選ぶのが難しいカテゴリでもあります。本日ご覧頂くコートたちは私たちが頭をひねりにひねってご提案する全ブランドを横断した選りすぐりで、当然ながら全点オススメです。

以下では様々なアイテムたちと合わせていますので、その雰囲気やサイズ感・シルエットなどをぜひご確認下さいませ。目下の気候が暖かくても必ず寒くなり真冬がやってきますので、そのためにぜひ今のうちにコートをお求め頂けましたらと思います。

 

 

 

 

 


 

 

★個別アイテムの詳細についてはオンラインストアに掲載しております

デザインやサイズ(寸法)、ディテールなども含めた多くの物撮り画像など、アイテム自体についての詳細につきましては、オンラインストアの各アイテムのページにてご確認下さいませ。

オンラインストア担当のスタッフYが連日大小のアップデートを続けており、それぞれの洋服たちの魅力をしっかりとお伝えできる情報量をご用意できていると自負しております。

(各ルックのアイテムリストでブランド名を表記しておりますので、オンラインストアよりそのブランドのページへ進むとすぐに見つけて頂けます。)

 

インタレストのオンラインストア >こちらから

 

以下は各ブランドページと各アイテムページの一例です。

 

 

 

以下、全49ルックのコートスタイル、ぜひたっぷり&ゆっくり&何度もご覧下さいませ。そして完売する前に、ぜひお手元にお迎え頂けましたらと思います。

続きを読む

<スタイリング強化月間>特集記事4:ニット&ライトアウターを着た、真冬の手前くらいまでのスタイル提案です!

こんにちは、インタレストです。

★ただいまショップ内イベント「スタイリング強化月間」を開催中です

今季19AWシーズンに入荷した新作アイテムを中心に、私たちインタレストがブランド横断でたくさんのスタイリングをつくり、それをInstagramオンラインストア、そして本日記にて集中してお客様皆様にご案内する「スタイリング強化月間」を開催しております。

  • 「ブランド横断」のアイテムセレクトですので、各ブランドのオフィシャルモデルルックでは見ることのできない、そして特に「普段づかい」を意識してつくっている独自のスタイリング画像を、1千枚近くの画像でご覧頂けます。
  • このスタイリング撮影により、私たちスタッフは入荷した全アイテムのサイズ感・着た感、そして何より「実際に着てみないと分からないオススメポイント」を把握しておりますので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ
  • 加えて、スタイリング画像でしか確認できない「着たときのシルエット」をご覧頂きたいと感じております。上質なつくりの洋服はすぐれて立体的に制作されており、それゆえに「着られてこそ」その真価を発揮いたします。
  • 撮影したスタイリング画像や追加のご説明につきましては、連日オンラインストアの各アイテムのページにアップしております。ぜひご活用頂けましたら幸いです。
  • レディースルックのモデルは身長160cmの女性スタッフY、メンズルックのモデルは身長179cmの男性店長Dです。表記価格はすべて「税抜き価格」です。

 

 

インタレストのオンラインストア >こちらから

 

 

 

★「スタイリング強化月間」の特集記事をご案内いたします

そして本ブログでは、この「スタイリング強化月間」で撮影したルックにつきまして、本日の記事を含めて何回かに分けて、特集記事をご案内いたします。撮影して初めて分かった各アイテムの魅力やオススメポイントなどもご説明いたしますので、ご購入をご検討頂く際のご参考にして頂けましたらとても嬉しいです。

各回着ているメインアイテムに加えて、そのルックで合わせているアイテムたちについてもその都度一緒にご紹介しております。ぜひたっぷりお楽しみ下さいませ。

  • 「スタイリング強化月間」特集記事(1):圧倒的に便利なインナーアイテム4選 >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(2):スタイル提案~「ダブルジャケットを着ませんか?」(全26ルック) >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(3):ブラウス&スカートでワンピースに。セットアップでも着たいアイテムたち(全9ルック) >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(4):ニット&ライトアウターを着た、真冬の手前くらいまでのスタイル提案(全43ルック) >本記事です
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(5):ヘビーアウターを着た、今季最も温かいスタイル提案(全49ルック) >こちらから

 

 

 

★特集記事4:ニット&ライトアウターを着た、真冬の手前くらいまでのスタイル提案

特集記事の第4弾となる今回は、本格的にやってくる秋冬シーズンに向けて、ニットウェア(セーター)やライトアウターを着た、真冬の手前くらいまでメインで着られる装いをご提案いたします。

たとえば東京地方であれば、この装いで秋~冬の頭くらいまで、あるいは春の始まり~終わりくらいまで過ごせるという方も多くいらっしゃるのではないかと思います。また、これらの上からヘビーアウター(コート)を着れば真冬の装いになるという、実際一番便利な着方が集まっているのではないかと感じます。

最初にご紹介するANITYAのセーラーブルオーバーの圧倒的な万能感、壺草苑のシャツジャケットたちの便利さ&合わせやすさ、そしてなんといってもEatable of Many Ordersのシルクキルトベストの使いやすさと温かさ&シルエットの良さなどなど、本記事も見所満載です。ぜひご注目下さいませ。

 

 

 

 

 


 

 

★個別アイテムの詳細についてはオンラインストアに掲載しております

デザインやサイズ(寸法)、ディテールなども含めた多くの物撮り画像など、アイテム自体についての詳細につきましては、オンラインストアの各アイテムのページにてご確認下さいませ。

オンラインストア担当のスタッフYが連日大小のアップデートを続けており、それぞれの洋服たちの魅力をしっかりとお伝えできる情報量をご用意できていると自負しております。

(各ルックのアイテムリストでブランド名を表記しておりますので、オンラインストアよりそのブランドのページへ進むとすぐに見つけて頂けます。)

 

インタレストのオンラインストア >こちらから

 

以下は各ブランドページと各アイテムページの一例です。

 

 

 

以下でご覧頂ける全42ルックは、おそらく着られるシーズンがとても長い、たとえば秋冬だけでなく春夏でもご活用頂けるスタイリングばかりです。

相対的に着る機会が多くなるアイテムばかりだと思いますので、ぜひご参考にして頂けましたら幸いです。

続きを読む

<Yの着用レポート vol.2>パッと着て毎日楽しく!今季19AWの「普段づかい」で大活躍しそうなワンピースたち。

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

昨日に引き続きまして、19AW・スタッフYの着用レポート、第2弾をお届けいたします。

 

★Yの着用レポート(19AW)

  • Yの着用レポート(1):パステルカラーがにじむ美しさがたまらない、tiit tokyo 水彩画プリント・フェイクスエードスカート >こちらから
  • Yの着用レポート(2):パッと着て毎日楽しく!今季19AWの「普段づかい」で大活躍しそうなワンピースたち >本記事です
  • Yの着用レポート(3):「仕事着」として投資してみたい「きちんとした印象」のアイテムたち >こちらから
  • Yの着用レポート(4): 冬の冷えから身を守る、今シーズンのあったかボトムスのご紹介 >こちらから

 

 

本日は、「普段づかい」で大活躍しそうなワンピース編です。価格的には普段づかいにはもったいないと言われそうですが、丈夫でかわいいので持っているとついつい着てしまい、気がついたら普段づかいしている・・・ということになりそうなワンピースたちです。

 

実は私自身は、プライベートではワンピースを着ることが多いです。何も考えず、そのときの気分で、目に入ったワンピースをパッと着て出かけている、というのが休日の傾向です。(洋服屋っぽくなくて、すみません・・・。汗)

そんな自分がクローゼットに並べておきたいワンピースたちを、本日はご紹介いたします!(どれも本当にほしいです。)

 


 

LOWRUNDER / [別注]クイーンズジャカード・ロングスリーブドレス >オンラインストア

 

まずはなんといってもこちらのワンピースです。私自身は今季19AWのLOWRUNDERが大好きで、入荷時に箱を開けたときにとてもテンションが上がりました。パンツスカート、ワンピースなど、どのアイテムも生地がモコモコとかわいくて、さらに丈夫であたたかいので、持っているとたくさん着るだろうと想像できたのです。

このワンピースはとにかくあたたかい、かわいい、軽い、やわらかい、ふわふわ・・・で、一日中着ていたくなります。

実は生地も特別で、イタリアの生地屋さんにジャカード編みで制作してもらったという、LOWRUNDERの今季のオリジナル生地です。これを「3万円」という価格でつくれるブランドは、他にないと思います。

 


 

everlasting sprout / なずな刺繍生地のワンピースドレス(ベージュ) >オンラインストア
everlasting sprout / なずな刺繍生地のワンピース(ベージュ) >オンラインストア

 

今季がファイナルシーズンとなるeverlasting sproutのなずな刺繍生地シリーズ、ついにワンピースはこの2点のみになりました。

刺繍が施されている基生地は、見た目はウールっぽいのですが、ウールが入っていない国内大手メーカーによる機能生地です。シワになりづらく丈夫で、このように美しい落ち感、光沢が見られます。

ウットリするようなきれいなシルエットですが、着心地はリラクシングなのですよね。ベージュ×グリーン×ホワイトの色づかいも絶妙で、本当にきれいです。

 

型違いのこちらはベルトがつきます。このシリーズは、通りがかりのお客様が買っていかれることがあるほどの魅力があります。その一方で、機能的には汚れも目立たず軽くてあたたかいので、持っているとがんがん着てしまうと思います。

 


 

壺草苑 / [別注]ウールビエラ・四角ワンピース(変わり板締め) >オンラインストア
壺草苑 / [別注]スラブボーダー・四角ワンピース(白残しグラデーション+単色染め) >オンラインストア
壺草苑 / [別注]ダブルガーゼワッシャー・四角ワンピース(グラデーション染め) >オンラインストア

 

壺草苑のワンピースは、すごく高価な「作品」に見えるアイテムでも、自宅で洗濯ができて頑丈なので、持っているといつの間にか普段づかいしてしまうというお客様が多くいらっしゃいます。

実際、「普段づかい」に耐えうるほどに、藍染めで生地がコーティングされて丈夫になっているという点も見逃せません。

今季入荷した四角ワンピース3点は、がばっと着るだけでスタイリングがきまり、インナーであたたかさを調整できて、ベルトで締めるとドレス風になり、本当に素晴らしいアイテムだと思います。おおむね真夏以外の3シーズン着られる生地感です。

 

板締めは本当に美しいです。完全な一点物ですので、ぜひ手に入るときにお手元にお迎え下さいませ。

まだらグラデーション+単色染めの、前季からの新しい染め柄です。着丈が長いので柄が映えますね。生地はおそらく見た目の印象よりずっとやわらかくて気持ち良いので、驚かれることと思います。

こちらも着丈が長いからこそ映える、上下に向かって淡くなるグラデーション染めです。肌ざわりはコットンのガーゼ生地です。ふわっふわの尋常でない気持ち良さで、ダブルガーゼのつくり&藍染めで丈夫になっております。画像1枚目のように下にパンツを合わせても格好良いです。

 


 

tiit tokyo / フローラルドレス(グリーン) >オンラインストア

 

本日のラストはtiit tokyoのフローラルドレスです。昨日も書きましたが、私は今季のtiit tokyoが大好きです。

こちらももう少し予算があれば私物買いしていたアイテムで、色づかいの巧みさ、袖や裾のシルエットのステキさ、ポリエステルでお手入れが楽なことなど、ついついたくさん着たくなる要素がいろいろあります。リボンは襟の後ろ側についているので、後ろで蝶々結びをしてもかわいいです。

画像2枚目のように、上からガバッとセーターをかぶってもすごくかわいいです。(→入荷したばかりのこのLehの六芒星ニット、ヴィンテージのフィッシャーマンニットを解体してつくり直した職人泣かせの一着で、洋服好きにはたまらないセーターです。オンラインストアにて詳しくご説明しておりますので、こちらもぜひご覧下さいませ。)

 


 

★大切なお知らせ

消費税増税に関わるインタレストの店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして >こちらから

10月1日(水)の消費税増税後も、どうぞ安心してインタレストのお買い物をお楽しみ下さいませ。

 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

<Yの着用&愛用レポート vol.1>パステルカラーがにじむ美しさがたまらない、tiit tokyo 水彩画プリント・フェイクスエードスカート。

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

本日は、スタッフYが店頭で愛用中&今季イチオシの、tiit tokyo 水彩画プリント・フェイクスエードシリーズを改めてご紹介いたします。

 

★Yの着用レポート(19AW)

  • Yの着用レポート(1):パステルカラーがにじむ美しさがたまらない、tiit tokyo 水彩画プリント・フェイクスエードスカート >本記事です
  • Yの着用レポート(2):パッと着て毎日楽しく!今季19AWの「普段づかい」で大活躍しそうなワンピースたち >こちらから
  • Yの着用レポート(3):「仕事着」として投資してみたい「きちんとした印象」のアイテムたち >こちらから
  • Yの着用レポート(4): 冬の冷えから身を守る、今シーズンのあったかボトムスのご紹介 >こちらから

 

 

このシリーズ、私は展示会でまさに「ひと目ぼれ」いたしました。

今季のtiit tokyoは色あざやかなアイテムが多く、価格的にも見た目の印象よりずっとやさしく、つくりもきちんとしていて、日常着として重宝することと思います。

tiit tokyoのアイテムをまだお持ちでない方にこそ、ぜひお試し頂きたいラインナップです。この生地&柄は今季限りで「また今度」はありませんので、どうかこの稀少な機会をご利用下さいませ。

 

<オンラインストア>

  • tiit tokyo / 水彩画プリント・フェイクスエードスカート(ブルー)>こちらから
  • tiit tokyo / 水彩画プリント・フェイクスエードトップス(ブルー)>こちらから
  • セット購入:tiit tokyo / 水彩画プリント・フェイクスエードトップス&スカート(ブルー)>こちらから

 

まずはなんといってもこの生地の美しさです。実際に描いた柄を元にしていて、忠実に再現されたこの色のにじみ具合、ブルーやグリーンの美しくやさしい配色、「作品」と呼びたいほどで、もうたまらないものがあります。

通信販売では、色味の美しさが問われるアイテムほど、「実際に届いたときに色が違ったらどうしよう・・・。」とご不安に思われる方もいらっしゃるかと思います。

このスカートに関しては、そのご不安はご無用だと思います。地のホワイトの上にパステルカラーがにじみ、実物の色がとてもきれいなので、お手にして頂くと感激して頂けることと思います。

実物を手に取って頂いたときの、生地のやわらかさ、軽やかさにも驚かれることと思います。価格的にも、税抜2万円台のスカートにはまったく見えません。

 

タックインがステキにきまる点もたまりません。上品な印象になり、お客様からもおほめ頂きます。トップスはホワイトもブラックもグレーも何でも合いますので、それで雰囲気を変えながら、気に入りすぎたこのスカートを、店頭で毎日履いてしまっています。(笑)

 

トップスを濃色にすると冬らしくなります。コートの裾からスカートの柄を出すのもステキにきまります。ちなみに私の身長は160cmですが、5cmヒールのRosaを履いて、問題なく店頭でバタバタ動き回っております。スカート丈を短くしたい場合も、簡単にお直しできる仕様です。

 

同生地のトップスとのセットアップもときどきお披露目したいです。軽くて通気性の良い通年生地で、若干起毛しているためか、汚れもつきにくく目立ちづらい印象です。ぜひ安心してお試し下さいませ!

 


 

色違いのピンクもとても評判が良いですね。どれも在庫は残り1点ですので、お早めにお試し下さいませ!

 

<オンラインストア>

  • tiit tokyo / 水彩画プリント・フェイクスエードスカート(ピンク)>こちらから
  • tiit tokyo / 水彩画プリント・フェイクスエードトップス(ピンク)>こちらから
  • セット購入:tiit tokyo / 水彩画プリント・フェイクスエードトップス&スカート(ピンク)>こちらから

 

 


 

★大切なお知らせ

消費税増税に関わるインタレストの店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして >こちらから

10月1日(水)の消費税増税後も、どうぞ安心してインタレストのお買い物をお楽しみ下さいませ。

 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。