最近の記事



月別: 2018年 6月月 (1ページ / 6ページ)


明日から3日間の臨時休業を頂きまして、次は7月4日(水)のご来店をお待ちしております!

こんにちは、インタレストです。

従前お知らせしました通り、明日から3日間、スタッフ研修のため臨時休業させて頂きます。次のオープンは7月4日(水)です。

休業中のご対応につきましては以下の通りです。お客様皆様にご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願いいたします。

 

★臨時休業中のご対応につきまして

  • お客様のお相手、お電話によるお問い合わせ、商品の発送(←通信販売)など、店頭業務はすべてお休みさせて頂きます。
  • オンラインストアでのご注文は24時間承ります。ただし、商品の発送は7月4日(水)以降となります旨、どうぞご承知おき下さいませ。
  • 問い合わせフォームでのお問い合わせにつきましても、ご回答は7月4日(水)以降となります。
  • 本日記につきましては、休業中も毎日更新する予定です。(365日更新しております。)

 

 

それでは7月4日(水)に、また多くのお客様のご来店とお問い合わせオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

<入荷アイテム詳細>Eatable of Many Ordersの今季新作のプリーツスカートにつきまして、スタッフYがその詳細をご説明いたします!

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

本日は、Eatable of Many Ordersの今季新作のプリーツスカート2点につきまして、まだご紹介できていなかった「このスカートがうまれるまでの物語」と、そのディテールを詳しくご説明いたします!

 


 

このプリーツスカートは、コットンリネンデニム生地がメインとなる「インディゴ&マロン」と、無撚糸コットン生地がメインとなる「ナチュラル」の2点が入荷しています。正面のプリーツ生地をつくるのが本当に大変だったそうで、他のアイテムよりも遅めに入荷したため、まだその特徴を詳しくご紹介できていなかったかと思います。

 

Eatable of Many Orders コットンデニム&プリーツスカート(インディゴ&マロン)
Eatable of Many Orders 無撚糸コットン&プリーツスカート(ナチュラル)
価格 (税抜き): 44,000円
サイズ: M
オンラインストア(詳細情報・通信販売): Eatable of Many Ordersのページへ
*オンラインストア上に、商品説明・寸法・多くの画像などを掲載しております。
  

 

本日、関東地方は驚きの梅雨明けとなりましたが、このスカートは夏も活躍いたします!ぜひお試し下さい♪

続きを読む

<イベント>Kailino 2018 Brand-New Collection Exhibition “IRIDESCENCE” (7/7 ~ 7/15)

こんにちは、インタレストです。

7月7日(土)~15日(日)の会期で、飯野玉青さんによるハンドメイドジュエリーブランド「Kailino(カイリノ)」より、2018年の新作コレクション”IRIDESCENCE”の展示販売会を開催いたします。

 

“IRIDESCENCE”

輝く海の底
遙か遠い山の頂
静かな地中の奥深く

長い年月をかけて作られた虹色

海を渡って世界中から集められた
夢の宝石たちです

 

コレクションテーマは”IRIDESCENCE”~「にじ色」

近年のアパレル業界ではほぼ全方位的に素材価格の高騰が続いており、とりわけ上質な素材が手に入りにくくなっていると、これは本当に様々なブランドのデザイナーから聞いていますが、飯野さんによるとそのことは天然石やパールなどについても同様なのだそうです。

それでも「そんな中でも良い素材を集めることができました。虹色に輝く天然石やパール・シェルたちを前にしていると気持ちが昂ぶってくるんです」と、飯野さん。これはいつものことながら、私たちスタッフも、ひょっとすると現在作品を制作中の飯野さんですら、コレクションがどのような広がりを見せるのか分からないのですが、その全体像をお客様皆様にご覧頂ける本会期が今からとても楽しみです。

 

1年に一度のKailinoのスペシャルポップアップ

1年に一度きりのKailinoのフルラインナップの新作コレクションを一挙にご覧頂ける、そしてその多くがこの会期中に完売するという貴重な会期です。また、今回も会期中に限りまして、こちらで一覧しているうちの一部の作品をお手頃価格でご案内いたします(店頭のみ)。いち早くご覧頂けますよう、ぜひ今からご予定下さいませ。

本会期中の作家・飯野さんの在店予定日は、7月7日(土)・8日(日)・11日(水)・14日(土)・15日(日)です。Kailinoのすべての作品は、素材集めからデザイン&制作~のちのちのリペアまで含めて、作家たった1人によって手がけられています。その意味で、インタレストでご紹介しているすべてのブランドの中でも最も純度の高いハンドクラフトブランドです。1点1点が特別な価値をもって生まれています。その詳細については、ぜひ作家自身に聞いてみて下さいませ。

また、飯野さん在店日であれば、オーダーメイドによる1点物(=「お客様のKailino」)の制作のご相談などもその場で承ることができます。

なお、会期中店頭に並ぶ新作ジュエリーたちの一部については、既にKailinoのInstagramで公開されています。(これからも少しずつアップされていくとのことです。) こちらのチェック&フォローもぜひお願いいたします。

  

  

 


本日は以上です。

Kailino 2018 Brand-New Collection Exhibition “IRIDESCENCE”は、7月7日(土)~15日(日)の会期で開催いたします。多くのお客様のご来店・ご参加を心よりお待ちしております。

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

突然の暑さに負けず、元気にすごしてまいりましょう~!

こんにちは、インタレストです。

神楽坂では突然、とんでもない暑さに見舞われていますが、皆様体調を崩されてはいらっしゃいませんか??今日は風はあるのですが、それが熱風なのでちっとも涼しくないという・・・汗。こういう季節は踏ん張りどころですね。元気でまいりましょう!

 

そのような中、本日も皆様のご来店を賜りまして、誠にありがとうございました!

インタレストは明日ももちろん通常営業です!多くのお客様のご来店とお問い合わせオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

David Bowie – Heroes

 

このコラムでは何度となく取り上げていますが、私・店長D、オリンピックや世界陸上、そして現在開催中のワールドカップなどのスポーツの大きな世界選手権は全力で楽しむタイプです。我らが日本がモーレツに奮闘してくれていて、これはもちろん熱く観戦していますが、もともとそのスタイルが大好きなドイツやブラジルをはじめ、日本以外のサッカー強国のゲームもそこそこ観ているため、昼間は結構フラフラだったりしつつ・・・笑。

ワールドカップの舞台では、強国については格下の相手に対しても本気のサッカーを見せてくれますし、一方で信じられないような番狂わせも結構頻繁に起こったりして、これらがたまらないものがあるんですよね。よく観ていると「お国柄」のようなものも垣間見えたりして、本当におもしろいです。強いといわれるチームはやはり強いのですが、「どう強いか」はそれぞれ全然違うんですよね。

ところで、よく言われていますが、今大会は後半のアディショナルタイム(=旧「ロスタイム」)に大きな1点が入る劇的な展開になるゲームが本当に多く、先日のグループFドイツVSスウェーデン戦もまさにそれでした。

日本時間の平日3:00キックオフなので本当に迷いましたが、「仮にこれでドイツが負けたらもうおしまい」という状況だったので、固唾をのんで見守っていました。それで「もう同点でゲームセットだろう」と誰もが思っていた、後半アディショナルタイムの確か残り30秒とかのタイミングでドイツが決勝点を決めて勝ち、「あ~5:00まで観ていてよかった~」と満足して寝たのでした・・・それで3時間後に起き以下略。

いまはグループリーグが佳境で、毎日決勝トーナメントに進出する国が決まっています。熱いトーナメントを観たいですね。

 

このトピックに合わせた本日のBGMは、”We can be heroes, just for one day”のフレーズがあまりに有名なDavid Bowieの名曲”Heros”です。この映像は2002年のもののようで、ということはBowieは55歳。こんなにセクシーでこんなにカッコイイ55歳って世の中に存在するものなのですね・・・汗。

David Bowieというミュージシャンは、その人生そのものが音楽史です。そしてそのBowieも、同じくそうであるPrinceもこの世を去ってしまい、そう考えるとやっぱり寂しいのですが、たくさんのシチュエーションとともに思い出される名曲の数々は永遠で、今も強く私たちの胸に刻み込まれています。

それにしてもこの映像、あまりにカッコ良すぎてどうにかなってしまいそうですよ・・・。奇跡のようなロックンロール、奇跡のようなステージ、そして奇跡のようなミュージシャンです。