オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ サイト内検索 キャッシュレス・消費者還元事業に伴う店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして
See Translation


What's New!! ~注目トピック

【大切なお知らせ】
★新型コロナウィルスの感染拡大防止に関連する当店の対応・対策(4/7更新)>

【20SS New Arrival】
新作一覧はこちら>

【ココチブランド受注販売会:6月13日(土)~21日(日)*日程変更】
 *4月11日(土)~19日(日)の会期で予定しておりましたが、延期させて頂きます。
・2020年限定の新革”ALASKA”9色
・新作靴”kamma(カンマ)”
・新作サンダル”GYATOR 005(ギャートル5)”
 詳しくはこちら>


【5%ポイント還元】
当店は「キャッシュレス・消費者還元事業」の5%還元の対象店舗です>


 
最近の記事

カテゴリー: イベント情報 (1ページ / 18ページ)


<お知らせ>「ココチブランド受注販売会」の「延期」につきまして

こんにちは、インタレストです。

 

4月11日(土)~19日(日)の会期で開催を予定しておりましたココチブランド受注販売会ですが、新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、今年の6月13日(土)~21日(日)に「延期」させて頂くこととなりました。

ほんの数日タイミングがズレてしまい、ご住所をお預かりしているお客様には、既に「4月11日~19日で開催」という内容のDMをお送りしてしまっております。混乱させてしまい申し訳ございません。

 

以上、まずは速報ということでお知らせいたします。もう少し会期が近くなりましたら、改めてご案内させて頂きます。

 

 

 

 


 

★当店インタレストの営業につきまして

当店の営業につきましては、政府および東京都の要請に伴い、適宜対応してまいります。

今後より高度な政治判断があった場合は、即対応を検討・決定した上で、本ブログやInstagramなどにてすぐにお知らせいたします。

「現在の状況」が継続しているケースでの営業時間の短縮なども検討したのですが、その場合も通常の12:00~19:00という営業時間が適当なのではないかと、今のところは考えております。

(東京都からの平日夜間外出自粛の要請がありますので、当面は「遅くとも19:00にはスタッフ全員が店を出る」という方針でおりますので、ご来店頂けるお客様におかれましてはお気をつけ頂けますようお願いいたします。)

 

お客様皆様と取引先ブランドの皆さんのご健康と、事態が一刻も早く収束に向かうことを、心よりお祈りしております。

 

 

 


 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

 

<お知らせ>「muuc20AW サンプル展示受注会」の中止と、「展示会レポート」のリリース予定につきまして

こんにちは、インタレストです。

 

今週末に開催を予定しておりました「muuc20AW サンプル展示受注会」ですが、昨日の東京都による「今週末の不要不急の外出の自粛要請」を受けて、今回は「中止」とさせて頂きます。

 

なお、展示会レポートのご案内とそれをご覧頂いてのパーソナルオーダー(=ご予約)受付につきましては、当初の予定通りご案内いたします。

レポートは現在鋭意準備中で、完成し次第当店インタレストのお客様向けにリリースいたします。どうぞご期待頂けましたら幸いでございます。

 

 

 

 


 

★当店インタレストの営業につきまして

当店の営業につきましては、政府および東京都の要請に伴い、適宜対応してまいります。

今後より高度な政治判断があった場合は、即対応を検討・決定した上で、本ブログやInstagramなどにてすぐにお知らせいたします。

「現在の状況」が継続しているケースでの営業時間の短縮なども検討したのですが、その場合も通常の12:00~19:00という営業時間が適当なのではないかと、今のところは考えております。

(東京都からの平日夜間外出自粛の要請がありますので、当面は「遅くとも19:00にはスタッフ全員が店を出る」という方針でおりますので、ご来店頂けるお客様におかれましてはお気をつけ頂けますようお願いいたします。)

 

お客様皆様と取引先ブランドの皆さんのご健康と、事態が一刻も早く収束に向かうことを、心よりお祈りしております。

 

 

 


 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<ココチupdate>ココチブランド受注販売会(4月11日~19日)に向けて、3つの主要トピックをたくさんの画像とともにたっぷりご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

 

新型コロナウィルスの感染拡大防止に関連する当店の対応・対策につきまして
  • 新型コロナウィルスの感染拡大防止に関連する当店の対応・対策につきましては、こちらのページにてご確認頂けます。
  • 国内外の状況は日々変化しており、実際の対応につきましては、会期直前に改めてアップデートさせて頂きます。

 

 


 

 

★ココチブランド受注販売会を開催いたします(4月11日~19日)

 

4月11日(土)~19日(日)の会期で、靴作家・森田圭一さんによるハンドメイド靴「ココチブランド」(=kokochi sun3+kokochi sqir)のメイン受注会となります「路地裏の靴作家 vol.16」を開催いたします。

森田さんの在店日はいつも通り会期末、4月18日(土)・19日(日)の2日間です。

 

そして本イベントの3つの重要なトピックにつきまして、撮り下ろしたばかりのたくさんの画像たちとともに、本記事にて一挙にご紹介いたします。

 

 

 

★TOPIC 1: 2020年限定の新革”ALASKA(アラスカ)”9色のリリース

 

イタリアはトスカーナ地方。「ベジタブルタンニンなめし」の、とりわけこの地方に中世(13~14世紀頃)から伝わるといわれる伝統的な「バケッタ製法」による高級レザーの産地として、世界中にその名がとどろきます。

その地方に点在するタンナーの一角である”La perla Azzurra(ラ・ペルラ・アズーラ)社の職人たちがすべて手作業で生み出す、世に名高いいわゆる「バケッタレザー」である”ALASKA”9色をつかい、本年2020年限定でココチブランドの靴をオーダー頂けます。

 

 

 

 

ココチブランド史上最強のオーガニックレザー

バケッタ製法の最大の特徴は、ベジタブルタンニンで丹精込めてなめしたレザーにもうひと手間、動物や魚の脂をたっぷり加えるという点にあります。そのためバケッタレザーはとてもオイリーで、触ったり揉んだりするとヌメッとする独特の質感があります。

また、「ベジタブルタンニンなめし+たっぷりの脂」なので、色味についても風合いについても「革界随一」といえるきわめて豊かな経時変化(エイジング)を見せます。これまでココチブランドでご案内してきたすべてのレザーの中で最もオーガニックであり、革好きの方にはたまらない、最高に楽しい革であると思います。

 

こちらの画像、左がALASKAのホワイトの新品、右が森田さん自身が毎日履いたという同じホワイトの3ヶ月物です。とんでもなく焼けますね(笑)。画像ではお伝えできませんが、質感も激変していて3ヶ月物は驚くほどにやわらかくなじんでいます。

 

 

汚れや傷も気にならず、ケアの手間も最小限の堅牢な革

ALASKAの原皮はショルダーレザー(=牛の肩)で、しっかりとした厚み(=2mm)があり強度もきわめて堅牢でありながら、ベンズ(=牛の背中)に比べると硬さと重さはほどほどで、実際ALASKAも新品時からやわらかく履きやすいです。以下の通り、靴という「足を守る道具」の素材としてつかわれるのにうってつけともいえます。

機能面では、特に脂がたっぷり乗った新品時には、強い水圧で大量の水をかけてもすべて表面で弾いてしまってまったく濡れないという利点もあります。

私たちは森田さんから革サンプルスワッチを受け取ると、焼いてみたり・クリームを入れてみたり・水でビショビショにしてみたりといろいろな実験をするのですが、その一環で店内の水道でドバーッと1分くらい水をかけ続けてみたところ、その後3分くらいで元の乾いた状態に戻ってしまい、これにはさすがにビックリさせられました。

なお、やはり十分すぎるくらいに脂がたっぷり乗った新品時からしばらくは、クリームなどはむしろ入れない方がよく、ケアの手間がとても少なく済むのも嬉しいです。

さらに言うなら、もともと強い色ムラがあったりとかなり表情豊かですし、何しろ普通に履いているだけで相当焼けるので、仮に日常づかいでガッツリ傷やシミが入ったとしてもほとんど気にならないと思います。これもむしろ「気にしない」くらいのスタンスでいた方が楽しい革だと感じます。

 

こちら画像2枚、ALASKAの表情をご覧下さいませ。表面に不規則に入るシボやトラが実に「革らしく」、またそれゆえに染色時に独特の色ムラが生じています。

 

 

美しく鮮やかなパステルカラー9色を2020年限定で展開

さらに森田さんをして「迷いに迷い、絞りに絞っての9色展開」と言わしめる、鮮やかに染め上がった美しいパステルカラーの色味も本当に見事で、そのしなやかなやわらかさも相まって、抜群につかいやすい革だと感じます。

 

このALASKAは、本年2020年限定で、ココチブランドがラインナップするお好みのモデルでおつかい頂けます。(+5,000円or8,000円のオプションです。)

2mm厚のショルダーバケッタレザーということで、特にトレッキングブーツzanpanoTramp-hihold-on hiYOINなどのワークブーツ系の靴たちの相性という意味では、間違いなく過去最高だと思います。あとはmarcomarco-midのような端正な靴をガツンとカジュアルダウンさせるアイデアも魅力的です。

ぜひ様々にご検討下さいませ。また分からないことがあれば、ぜひスタッフまでお気軽にご相談下さいませ。

 

左からピンク、ナチュラル、ブルー、ホワイト。

左からブラック、グリーン、イエロー。

真ん中からレッド、グレーの計9色展開です。

芯まで色が入っていて、裏側もとてもきれいに染まっています。部分的に裏をつかってみても良いかもしれません。

 

 


 

 

★TOPIC 2: 新作靴”kamma(カンマ)”のリリース

 

半年に一度リリースされるココチブランドの新作靴、今季20SSはカジュアルラインkokochi sun3より”kamma(カンマ)”が登場です。

森田さん自身「ひもをほどかず足を突っ込んじゃってます」というくらいで、その見た目も履き感・そして合わせ方も含めてミドルカットスニーカーのそれというイメージです。

肩の力を抜いて、ある意味「雑」にカジュアルに、スニーカーとして普段履きできるまったく新しい「ココチ靴」として、万人にオススメできる快作です。

 

kokochi sun3 “kamma”

価格 (税抜き): 52,000円
*価格にはALASKA使用のオプション+5,000円が含まれます。
サイズ: 1, 2, 3, 4, 5, 6 (22.0~27.5cm相当)
*これら以外のサイズも+3,000円のオプションで承ることができます。
素材: ALASKA9色のみ
納期: オーダー時から約3ヶ月

 

 

このホワイトのサンプルのように、ソールを別色で積み上げることもできます。(+5,000円のオプション)

 

 

「スニーカーの見た目・履き心地」と「ハンドメイド靴としての作り込み」というギャップ

そしてこのkamma、 そのオリジンはもっと簡素な、まさにスニーカーのような製法になるはずだったものが、制作途中で「新革ALASKAをつかわないとつくれない」と判明し、その結果として結局は「森田節全開のココチ靴」になって世に出た、というのが森田さんから話を聞いた私たちの第一印象です。

「スニーカーのような見た目・履き心地」と「靴作家によるハンドメイド靴としてのデザイン・作り込み」、この両者のギャップこそがkammaが持つ最大の魅力だと強く感じます。(下記にてご紹介いたします。)

なお私たちスタッフは一足早くサンプルを試着しましたが、実際に「これはスニーカーだな・・・」という感想が漏れました。ただ一般的なスニーカーのようにクッション材や樹脂などケミカルな素材が一切つかわれていないので、特に抜群の通気性をはじめとした「革靴らしさ」はそのままです。

サイズ感は私・店長Dがサイズ「5」(26.0~26.5cm相当)でピッタリ完璧、スタッフYはサイズ「2」(23.0~23.5cm相当)でやや甲回りに余裕ありだったので、一般的な靴と比べるとやや大きめです。これはMUKUと同じ木型がつかわれているためで、実際サイズ感もMUKUのままだと考えて頂いて間違いありません。

 

 

ソールは張り替え可能なビブラム社のラバーソールで、クッション性・すべりにくさ・摩耗のしにくさ・軽さ・・・など、様々に機能的です。

 

 

ハンドメイド靴作家にしかつくれないミドルカットスニーカー

上記の私たちがkamma最大の魅力であると感じる、「スニーカーのような見た目・履き心地」と「靴作家によるハンドメイド靴としてのデザイン・作り込み」という両者のギャップについて少しだけご紹介いたします。

新革ALASKAは2mm厚と他の革たちと比べて断然厚みがあり、それゆえにこのkammaで一枚革(=ライナーなし)としてつかってもヘタることなく成形できます。

ところがALASKAは上記したように「オイルドレザーの極み」ともいえるバケッタレザーで、スニーカーのように糊(のり)をつかってそれとソールを接着することができず、結果的になんと森田さんの手縫いによるステッチダウン製法へと大きくグレードアップされることになりました。

それなので、アッパーとソールを縫い合わせる糸を13色から選ぶことができます。(以下の画像2枚、向かって左がグリーン・右がピンクの糸で、それぞれ手縫いで縫われています。)

 

さらにヒール部分、もとはつま先と同様ショルダーレザーを一枚噛ませるだけという構想だったものが、「それでつくったらとんでもなく履き心地が悪くて」(森田さん)ということで、結局形の違う革を一層一層積み上げるという、他の靴よりもむしろ手間のかかる方法でヒールを高くすることになりました。

それなので、一層一層違う色のカラフルなヒールにすることができます。(以下の画像2枚、1段1段積み上げていくのでかなりクラフト感があります。)

 

 

このように少し森田さんから話を聞いただけでも、そのスニーカーのような見た目と履きやすさからは想像もできないようなハンドメイド感、そしてココチらしさであふれています。

そして同時にバケッタレザー一枚革に包み込まれるぜいたくと、それが魅せる熱い経時変化のさまを、定期的なメンテナンスを続けながら、ぜひ末永くお楽しみ頂けましたらと思います。

 

再掲の画像ですが、同じALASKAホワイトをつかったkamma、左が新品で右が3ヶ月物です。

 

 


 

 

★TOPIC 3: 新作サンダル”GYATOR 005(ギャートル5)”のリリース

 

こちらのコンセプトはきわめて明確で、「たくさんのお客様のご要望に応じて」ということになります。

新作サンダル”GYATOR 005(ギャートル5)”をご紹介いたします。

 

kokochi sun3 “GYATOR 005”

価格 (税抜き): 35,000円
サイズ: 1, 2, 3, 4, 5, 6 (22.0cm~27.5cm相当)
*これら以外のサイズも+3,000円のオプションで承ることができます。
素材: 様々な革からお選び頂けます
*ALASKAをつかう場合は+5,000円
納期: オーダー時から約2ヶ月

 

 

 

「指先が完全に覆われるギャートルが欲しい」という多くのお客様の声に応えて

ここ数年のサマーシーズン、ココチブランドがデザインや素材にアップデートを加えながらリリースし続けているハンドメイドレザーサンダル”GYATOR”シリーズですが、特に昨年、「指先が完全に覆われるスリッポン型の形が欲しい」と、当店インタレストだけでもずいぶん多くのお客様からリクエストを頂いていました。

インタレストのお客様でもお心当たりがおありの方が少なからずいらっしゃると思います。それに森田さんが応えるかたちで、今回新作”GYATOR 005”がリリースされています。

 

 

 

サイズ感は私・店長Dがサイズ「5」(26.0~26.5cm相当)でピッタリ完璧、スタッフYはサイズ「3」(24.0~24.5cm相当)でやや甲回りに余裕あり・・・ですがベルトで締めてOKというイメージで、概ね一般的な靴のサイズと同じです。

新革ALASKAをつかってつくられたサンプルたちは実に見応えがありますが、こちらはアッパーの革は自由にお選び頂けます。

毎年どんどん履きやすくなるGYATORサンダル、価格もお手頃で納期も2ヶ月と早いので、ぜひこの機会にご注目下さいませ。

 

 

 


 

 

★ココチブランド受注販売会にてお披露目&オーダー受付開始です(4月11日~19日)

 

本日ご紹介した靴や革は、4月11日(土)~19日(日)のココチブランド受注販売会にてお披露目&オーダー受付開始となります。

ぜひ今から様々に妄想頂きまして、心を温めてお待ちになって頂けましたら幸いです。引き続き、会期に向けて情報をアップデートしてまいりますので、ぜひ本ブログとInstagramにご注目下さいませ。

 

 

 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<イベント>ココチブランドのスペシャル受注会「路地裏の靴作家SP 2020」(1月22日~26日)開催のご案内です!

こんにちは、インタレストです。

毎年1月に当店インタレストの側の企画による靴作家・森田圭一さんによるハンドメイド靴ココチブランド(=kokochi sun3+kokochi sqirのスペシャル受注会を開催するのが恒例となっておりますが、今年2020年も1月22日(水)~26日(日)の5日間の会期にて開催いたします。

 

既に詳細にご紹介しております「壺草苑とのコラボレーションによる天然藍染めレザーによるハンドメイド革靴」をはじめ、メイン受注会(=毎年4月・8月に開催)に比肩する、大きい&多くのトピックをズラリご用意しております。

本記事にてそれらを一挙にご紹介いたしますので、ぜひ今からご予定下さいませ。多くのお客様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

以下、大きく4トピックを詳細にご紹介いたします。ぜひこのままお読み進め下さいませ。

続きを読む

<イベント&新入荷>ココチブランド×壺草苑、天然藍染めレザーによるハンドメイド革靴のオーダーを、完全足数限定で承ります!

こんにちは、インタレストです。

私たちインタレストにとっては7年越しの企画・・・もはや「夢」の一つといっても良いくらいの思い入れがある、ココチブランド(=kokochi sun3+kokochi sqir)×壺草苑のコラボレーションが実現いたしました。インタレスト企画のイベントとしては、本当に”SPECIAL of SPECIAL”です。

1月22日(水)~26日(日)に開催いたしますココチブランドのスペシャル受注会にて、壺草苑に染めてもらった天然藍染めの革をつかい、ココチブランドのあらゆるモデルの靴をオーダー頂けます。

新しい1年の始まりを飾るのにふさわしい本企画、ココチブランドのお客様、壺草苑のお客様をはじめ、もちろん「はじめまして」のお客様も含めまして、ぜひ多くの皆様にご注目頂けましたらとても嬉しいです。

 

 

★ついに「壺草苑による天然藍染めレザー」が完成

ココチブランドも壺草苑も創業以来のお取り扱いブランドなので、「壺草苑に染めてもらった藍染めレザーでココチの靴をつくれれば」という企画はすぐに思い立ちましたし、打診した両ブランドからも「ぜひ」との快諾を得たのですぐに動いたのですが・・・。

ココチブランドから預かった革サンプルを壺草苑に染めてもらうと、何らかの化学変化が起きてガチガチに硬くなって革靴にできなくなってしまったり。それをやわらかくできる工場が見つかり早速お願いしたところ、加工時につかう薬剤の影響で藍染め本来の色が実現できなかったり。美しいくやわらかい藍染めの革ができて「今度こそ!」と思っても、炎天下で焼いてみたらあっという間に黄ばんでしまったり・・・。

 

このような文字通りの「試行錯誤」を、何年か毎に繰り返し繰り返し繰り返し続けていたのですが、ついにこれらの諸問題をクリアして私たちも森田さんも「これならば」と企画として立ち上げることのできる革が、まさに7年越しの想いの末に完成いたしました。

このたび、壺草苑の国内最高峰の発酵建による天然藍染めレザーをつかった、ココチブランドによるハンドメイド靴のパーソナルオーダーを承ります。

革の面積が限られているため、完全に足数限定です。下記詳細をご確認頂きまして、ぜひまたとないこの機会をお見逃しなきようお願いいたします。

 

 

★オーダー頂く際のアップチャージにつきまして

本記事で詳細にご紹介いたします壺草苑による藍染めレザーをつかった革靴をオーダー頂きます場合、通常の料金に上乗せする形でアップチャージが発生いたします。本件について冒頭でご案内いたします。

*3段階に分かれているのは、単純に1足でつかわれる革の面積によるものです。

 

スペシャルレザーをつかってアップチャージが発生するケースはこれまでも多くありましたが、「(他の工房ではなく)壺草苑に革を染めてもらったとき」の工賃から逆算したとき、少なくとも今回の料金設定でご案内できるのは間違いなく最初で最後です。(たくさんのご縁とご厚意が重なり実現した、相対的な価格としては、奇跡的なレベルで安価な設定です。)

一方、絶対的な価格としては1足分でスニーカーが何足も買えてしまう金額なので、決して安価であるとはいえません。以下のご紹介をジックリお読み進め頂きまして、そこに「価値」を見いだして頂けましたお客様皆様に、ぜひ今回ご検討を賜りましたら幸いでございます。

 

 

 

それでは以下、たっぷりのボリュームで詳細にご紹介してまいります。インタレストの想いが詰まった企画です。まずはぜひご一読を賜りますようお願いいたします。

続きを読む