See Translation

 
最近の記事

カテゴリー: 新入荷 (1ページ / 51ページ)


<入荷アイテム詳報>tiit tokyo19SS:ワンピース・チェックシャツ・ブラウスなどの新作6点をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日は、今季19SSの新規取り扱いブランドである「tiit tokyo(ティート・トウキョウ)」より、既に入荷済みのワンピース・チェックシャツ・ブラウス2型を色違いで全6点ご紹介いたします。

tiit tokyoについては、先日以下のブログ記事にて、その世界観や今季19SSの入荷アイテムなどについて、デザイナーの1人である岩田翔さんへのインタビューで得たコメントなども交えて詳細にご案内しております。ぜひご一読頂けましたら幸いです。

新ブランド紹介&新入荷:今季19SSの新規取り扱いブランド「tiit tokyo」をご紹介いたします!
>こちらから

 

 

着るシチュエーションやスタイリングが具体的にイメージできる洋服たち

本日のブログでは、既に入荷しているtiit tokyo19SSの全6点の新作につきまして、いつもの「入荷アイテム詳報」をご案内いたします。

私たちスタッフ自身が初めて見るtiit tokyoの洋服たちということで、今回はいつもモデルをしている女性スタッフYに全点着てもらいました。実物を着てみて分かったことは、(1)想像よりずっと「ファンタジー」を感じてファッションのトキメキが大きかったこと、そして同時に(2)着るシチュエーションやスタイリングがかなり具体的にイメージできる「リアリティ」があること、の2点です。双方ともにハッキリと感じられて、かなり驚かされました。

私たちインタレストが重視している(2)の実用性の観点については特に嬉しくて、いずれの生地も肌あたりがとても良く、この練られたシルエットにして着心地も申し分なく、さらには素材的にどんどん着て&どんどん洗っての着方ができるアイテムばかりです。今季19SSは価格VSクオリティとしても相当リーズナブルなので、ぜひ「最初の1点」としてご検討下さいませ。

  

  

  

  

  

  

 

 

tiit tokyo

デザイナー:岩田翔、滝澤裕史

ブランドコンセプトは「日常に描く夢」。
まるで1本の映画をつくるのように、「日常」のなかに潜む「夢」をコレクションに落とし込みます。
tiit tokyoの最大の魅力は、その世界観は「夢」~ファンタジーかつドラマチックでありながら、
実際の洋服たちは「日常」~リアリティが想定された、とても実用的なデイリーウェアであることです。
デザイナーが自負する繊細な色づかいと、それを実現するテキスタイルやパターニングの独創性にも驚かされます。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

  

  

 

 

それでは以下、たくさんの画像とともにたっぷりご紹介いたします。

(スタイリングのモデルは身長160cmの女性スタッフY、表記価格はすべて「税抜き価格」です。)

続きを読む

<新ブランド紹介>今季19SSの新規取り扱いブランド「ANITYA」をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

★新規取り扱いブランド「ANITYA」をご紹介いたします

インタレストでは今季19SSより、新ブランド「ANITYA(アニティア)」を展開いたします。

ANITYAとの出会いは1年以上前で、はじめてそのコレクションを見せてもらったときに、およそファッションブランドとは思えない「無垢なまでの透明感」を感じてビックリしたことが思い出されます。

キャリアが短いブランドというわけではなく、また決して「特徴がない」「色がない」ということを意味するわけでもなく、むしろ結構しっかり主張してくるのですが、1点1点の洋服たちがとても初々しくみずみずしく感じられたのです。

そして、そのときにデザイナーの岸知良さんと話して、彼の人柄や感性が自然ににじみ出たコレクションなんだとすぐに理解できました。また、そののち何度か展示会を訪れて私たちの理解が深まるにつれ、「中道」「中庸」をうたうブランドコンセプトが、コレクションの全体像にも1点1点の洋服のディテールの隅々にも浸透しているからなのだと、より具体的にイメージすることができるようになりました。

  

 

 

「ファッション」や「モード」に寄りすぎない。かといって「日常着」や「汎用着」にも寄りすぎない。「男性的」でも「女性的」でもない。何事にも偏らず「中庸」である。この抽象的なブランドコンセプトはアイテム1点1点にまで落とし込まれていて、ミニマルかつ無垢でありながら決して「普通」ではない、どこかで見たことがあるようで決定的な何かが違っている、透明感の塊のようでいて凜と主張する、そんな洋服たちがラインナップされます。

以下、ANITYAの「かもし出される魅力」について、その抽象的で具体的なブランドコンセプトや、デザイナーである岸さんによるモノ作りへの姿勢などを通してご紹介させて頂きます。ぜひご一読下さいませ。

続きを読む

<新ブランド紹介&新入荷>今季19SSの新規取り扱いブランド「tiit tokyo」をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

★新規取り扱いブランド「tiit tokyo」をご紹介いたします

インタレストでは今季19SSより、新ブランド「tiit tokyo(ティート・トウキョウ、以下単にtiit)」を展開いたします。

デザイナーの志向やモノ作りの現場は有機的かつ人間的なのですが、そのことと実に対照的に、経営のシステムや生産のプロセスはきわめて合理的で、その両者からはtiitを語る上でのキーワードである「ファンタジー」と「リアリティ」をまさに感じることができます。

前者については好奇心と感心とをかき立てられましたし、後者については若くてクレバーなマネジメントにアパレルの未来の一端を見た心地がしました。tiitに出会って「洋服っていったいなんだろう」「ファッションは今後どうなっていくんだろう」と考え直すきっかけにもなりましたし、「今後このブランドを見ていきたい」「しっかり付いていきたい」と強く直感しました。

今季19SS、ご縁があって創業以来初めて2ブランドを同時にローンチいたしますが、私たちにとってそれらは互いに素晴らしく好対照で、それどころか他のどの取り扱いブランドと何から何まで一切重複しない、まったく新しいカテゴリ・立ち位置の2ブランドです。ぜひお楽しみ頂けましたら嬉しいです。

 

 

以下、その世界観や今季19SSの入荷アイテムなどについて、デザイナーの1人である岩田翔さんへのインタビューで得たコメントなども交えて詳細にご案内いたします。ぜひお読み進め下さいませ。

続きを読む

<入荷アイテム詳報>Eatable of Many Orders19SS:スムース天竺シリーズの新作全6点をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日はEatable of Many Orders(以下「エタブル」)19SSより、スムース天竺シリーズのワンピース・トップス・Tシャツ全8点をご紹介いたします。

半年前に展示会レポート(現在は非公開)でも書きましたが、エタブルの今季19SSは全体的にオススメアイテムがとても多いですし、オススメの度合いもとても大きいです。実際お客様からパーソナルオーダー(=ご予約)もたくさん頂いたシーズンとなり、こうして入荷してきたアイテムたちを見ても改めてそう強く感じています。

さらにインタレストでは、充実したコレクションの中でも特に気になった数シリーズに絞ってピンポイントで入荷しているので、店頭に並んでいるエタブルのアイテムたちは皆、ショップ全体として(=ブランドを横断して)シーズンのイチオシたちです。

以下でご紹介する6点もまさにそうなので、いつも通り展示会でサンプルを着たスタイリングとともにぜひジックリご覧下さいませ。

  

  

  

 

 

Eatable of Many Orders

デザイナー:新居幸治、新居洋子

その”Eatable(=食べられる)”という名の通り、まさに「大地の香り」がする天然素材の洋服たちです。
彼らに「調理」される綿・麻・絹・毛・・・などの天然素材や、テキスタイルの種類や製法、
あるいはその歴史的・文化的な背景にまで及ぶ徹底的なリサーチと深い洞察にもとづいて生み出される洋服たちは、
基本クラシカルで王道的でありながら、パターンやディテールなどで「ならでは」の独自のスパイスが利いています。
また、その素材のクオリティの高さや誠実で丁寧な縫製も圧倒的で、多くの支持を集めています。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから!

  

  

 

 

それでは以下、たくさんの画像とともにたっぷりご紹介いたします。

(スタイリングのモデルは、女性が身長160cmの女性スタッフY、男性が身長179cmの店長Dです。表記価格はすべて「税抜き価格」です。)

続きを読む

<入荷アイテム詳報>壺草苑19SS:今季入荷第1弾、インタレスト別注のワンピース・トップス・スカート・パンツなど全6点をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日は壺草苑19SSより、ワンピース・トップス・スカート・パンツとフルラインナップで全6点をご紹介いたします。

創業30周年を迎えて名実ともに国内屈指の藍染め工房として名を馳せる壺草苑ですが、時を同じくして中核となるスタッフの若返りと、職人たちによるさらなる技術の向上&多様化とで、近年は毎シーズン見応えのある充実した新作をラインナップしてくれています。

彼らのコアである藍染めの新しい染め方をはじめ、新生地・新型がズラリ並んでいる今季19SSは本当に素晴らしいコレクションで、オーダーをつくるのに相当悩む・・・かと思いきや、実はまったく逆でした。オリジナルがたいへん充実しているので、「これが欲しいな」と感じた形・生地・染めをオーダーシートに書き込んでいったらあっという間に完成してしまったというのが実感です。このようなことは本当に初めての経験です。

もちろん、今季19SSについても壺草苑のアイテムはほぼ全点私たちインタレストの別注仕様で1点物のおつくりです。オーダーシートをつくった時点で自信満々でしたが、こうして入荷してきた実物を見るとそれが確信に変わる心地です。本日ご紹介する入荷第1弾、ぜひジックリお楽しみ下さいませ。

 

 

壺草苑(こそうえん)

国内でも(=世界でも)屈指の実力を誇る、灰汁発酵建(あくはっこうだて)による天然藍染めの工房です。
当店では毎シーズン、1点1点「特注」でオーダーした、オリジナルの藍染めアイテムを展開しています。
ブランドの「顔」である「板締め柄」や流麗なグラデーション染めなど、他の追随を許さない匠の技術力はもちろんのこと、
原材料とその品質管理、染める生地のクオリティ、水洗い&天日干しを含めた工程・・・すべてが一流でストイック。
世代を超える普遍的な美しさと丈夫さ、扱いの容易さ、経年変化の楽しさ・・・などを存分にご堪能下さい。

  • 現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから!
  • 壺草苑によって藍染めされた生地の(物理的な)丈夫さについて >こちらから
  • 壺草苑の「淡藍染めのクオリティ」に見る、工房の真摯で誠実な仕事ぶり >こちらから

  

  

  

 

 

それでは以下、たくさんの画像とともにたっぷりご紹介いたします。

ちなみに、今回ご紹介するのはほぼ全点別注アイテムということで、参考にして頂ける過去のスタイリング画像がありません。スタイリング強化月間などのタイミングでご紹介できればと思いますが、壺草苑は毎シーズン人気でとても動きが速いので、ご興味をお持ち下さいましたら店頭で実物をご覧&ご試着頂けましたらと思います。

(表記価格はすべて「税抜き価格」です。)

続きを読む