See Translation

 
最近の記事

カテゴリー: 新入荷 (1ページ / 55ページ)


<入荷アイテム詳報+スタイリング>everlasting sprout19AW、tiit tokyo19AWよりプレフォールのサマーワンピース4点を、スタイリング画像とともにご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日は、everlasting sproutとtiit tokyoの19AW・・・つまり2019年秋冬シーズンからいち早く入荷した新作ワンピース全4点を、早速撮影したスタッフYによるスタイリング画像とともにご紹介いたします。

「秋冬」といってもこのタイミングで入荷するのは、いわゆる「プレ・フォール」の盛夏向けのサマーアイテムです。いずれもリネン混の薄手生地による、着心地もリラクシングなワンピースで、これからやってくる真夏に大活躍すること間違いなしです。(もちろん全点「水洗い可」の洗濯表示です。)

少し多めにオーダーしたのですが、入荷直後からとてもご好評を頂いており、早めに完売してしまうかもしれません。気になるお客様はぜひお早めにお求め下さいませ。何より、一番着たいサマーシーズンに間に合うようお迎え頂けましたらと思います。

 

 

everlasting sprout

デザイナー:村松啓市

華やかで色鮮やか、着ると思わず笑顔になってしまう楽しい洋服たちは、実はとことんこだわって作り込まれています。
ニットのプロフェッショナルであるデザイナーによる唯一無二のクラフトニットだけではなく、
刺繍・ジャカード織りといったオリジナルの柄生地も、ひと目で圧倒されるクオリティを誇ります。
多くの原色を同時につかっても、決して「派手」ではないオトナで上品な印象に仕上げる「色のセンス」に驚かされます。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

 

tiit tokyo

デザイナー:岩田翔、滝澤裕史

ブランドコンセプトは「日常に描く夢」。
まるで1本の映画をつくるのように、「日常」のなかに潜む「夢」をコレクションに落とし込みます。
tiit tokyoの最大の魅力は、その世界観は「夢」~ファンタジーかつドラマチックでありながら、
実際の洋服たちは「日常」~リアリティが想定された、とても実用的なデイリーウェアであることです。
デザイナーが自負する繊細な色づかいと、それを実現するテキスタイルやパターニングの独創性にも驚かされます。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

 

以下、入荷した「商品」の実物を着たスタイリング画像も交えて、それぞれのアイテムたちを詳細にご紹介いたします。

(スタイリングのモデルはすべて身長160cmのスタッフY、表記価格はすべて「税抜き価格」です。)

続きを読む

<入荷速報+スタイリング強化月間>今季最終入荷となるLeh19SSの新作トップス2点と、それを着たスタイリング画像をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日はLeh19SSより入荷した切り替えトップス(ホワイト・ブラック)を、現在開催中のショップ内イベント「スタイリング強化月間」と連動して、早速それを着たスタイリングと合わせてご紹介いたします。

なお、今回ご紹介するアイテムが今季19SSシーズンの最終入荷です。ここのところ気候的にも本格的に温かくなり、既に連日様々なアイテムをお求め頂いておりますが、こののち在庫はますます減っていく一方ですので、気になるアイテムはぜひお早めにお求め下さいませ。

 

 


 

Leh 切り替え半袖トップス

価格 (税抜き): 14,000円
色: ホワイト、ブラック
サイズ: M
素材: コットン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): 壺草苑のページへ

薄手でやわらかいコットンの布帛地100%によるTシャツです。

アームや背中など生地が切り替わる部分でホワイトではブラックの、ブラックではホワイトのテープがそれぞれその継ぎ目に差し込まれていて、これがデザインアクセントとして効きまくっています。布帛地×モノトーンの色づかいなので、抜群にカッコ良い印象で着ることができます。

布帛地なので、今くらいの季節であればインナーにタイトフィットの長袖インナーを合わせてシャツっぽく着るのも良さそうです。さらに、もちろん「水洗い可」の品質表示ですし、サラサラと気持ちの良い生地感なので真夏にも大活躍してくれます。

特にホワイトは透け感がありますが、たとえばブラックのキャミソールなど下に着て、それを透けさせたりするとカッコ良さがいっそう増すのでオススメです。(下でスタッフYがその着方をしています。)

ホワイトとブラックの2色展開で、このアイテムはともにMサイズで入荷しています。もちろん女性・男性問わないユニセックスアイテムで、半年前の展示会で感じた通り、かなり幅広い体型・体格をカッコ良く見せてくれる万能のサイズ感です。

すぐ下に続くスタッフY(身長160cm・女性)と店長D(身長179cm・男性)がホワイト・ブラックそれぞれを着たスタイリング画像にて、着たときの雰囲気やシルエットをご確認下さいませ。布帛地なので伸縮性はありませんが、店長Dの体型で着ても、脱ぎ着のときも着ているときも窮屈感や引っ張られる感覚は一切ありません。

 

ホワイト

 

ブラック

 

 


 

 

*以下、スタイリング画像のモデルはレディースが当店女性スタッフY(身長160cm)、メンズが私・店長D(身長179cm)です。

 

ホワイトを着たレディーススタイリング

tiit tokyoのギャザーワイドパンツと合わせたカジュアルスタイルです。ただし天竺地ではなく布帛地であるため、一定の「きちんと感」もあってカジュアルになりすぎません。

半年前の展示会で着たサンプルが同じMサイズで、それをYに着てもらったときの、こうして腕が半分以上隠れる袖丈とヒップがすべて隠れる着丈が抜群にカッコ良く感じ、「Sサイズでこれを気持ち小さく着るのはもったいないな・・・」とすら感じました。

画像だと分かりにくいのですが、ブラックのインナーキャミソールを透けさせて着ることで、シルエットもいっそう引き締まっています。そのインナーが切り替え部分のブラックのテープとも色が合っていて、バッチリ決まっています。

 

 

ホワイトを着たメンズスタイリング

こちらはRobes&Confectionsのテーパードパンツと合わせて、布帛地ならではの「シャツ感」を意識したスタイルです。こんな風にきれいめにも着られるのが実に心にくいです。

モデルの身長が179cmなので、近い身長のお客様はぜひ参考にして頂けましたらと思います。スタッフYが着るとリラックスフィット、店長Dが着るとジャストフィットです。(実際、ブランドはMサイズが私くらいの体型をカバーするイメージで設定しています。)

上でも書きましたが、私が着ても、脱着や着用に際して窮屈な感覚は一切ありません。

 

 

ブラックを着たレディーススタイリング

LOKITHOのオパールプリントスカートと合わせた、こちらはレディースのきれいめスタイルです。トップスのシルエットを大きめに、ボトムスのシルエットをシャープにしてそのアンバランスも楽しんでいます。

LOKITHOのスカートなのでエレガントなアイテムなのですが、やはり布帛地であることが効いていて、他ではないユニークなスタイルをつくることができています。

 

 

ブラックを着たメンズスタイリング

Robes&Confectionsのバギーパンツと合わせて、こちらはカジュアルなメンズスタイルを目指しています。どんなボトムスを合わせても、それをどう履いてもカッコ良く決まる、たいへんなお役立ちトップスだと思います。

(なお、履いているバギーパンツのサイズは「2」です。ウエスト寸は76cmということで、フックも閉めて履けてはいますが食事が取れないフィット感です。このパンツの私の心地よいフィッティングはサイズ「3」で間違いありません。)

 

 


 

★「スタイリング強化月間」、今回の気づき

ところで、別のアイテムについてですが、ホワイトを着たレディーススタイルのボトムスで合わせているtiit tokyoのギャザーワイドパンツ、既に3種類の履き方をご提案できているように、改めてこのパンツは本当につかえます。

tiit tokyoがその得意分野であると自負している「色」としてのつかいやすさも素晴らしいですし、その上どんな履き方をしても絵になるのが本当にスゴイと感じています。「水洗い可」のコットン×リネン×ナイロンによる機能生地のシャリ感も爽快で、ウエストもシャーリング(=ゴム)で快適。間違いなく3シーズン大活躍してくれるはずです。

私たちスタッフが本当に感激しているパンツなのでたいへんオススメです。ぜひぜひご検討下さいませ。

 

 


本日は以上です。

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<入荷アイテム詳報+スタイリング強化月間>壺草苑19SS:今季入荷第2弾、インタレスト別注アイテム全11点+α、スタイリング画像とともにたっぷりご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日は壺草苑19SSより、まだご紹介できていない入荷アイテム全11点を、ショップ内イベント「スタイリング強化月間」と連動して全アイテム実物を着たスタイリング画像とともに、たっぷりご紹介いたします。

もちろんその全点が、生地or形or染め柄(もしくはそのすべて)を指定して1点物として制作してもらった別注アイテムです。今季の「入荷アイテム詳報」でも最も、しかもダントツ大きな記事になりそうです。ぜひたっぷりお楽しみ下さいませ。

 

 

★入荷第1弾アイテムを着たスタイリングもご紹介

「スタイリング強化月間」開催中につき、入荷詳報の第1弾でご紹介したアイテムを着たスタイリングも、一部ですが同時にご紹介いたします。ぜひ合わせてお楽しみ下さいませ。

 

 


 

壺草苑(こそうえん)

国内でも(=世界でも)屈指の実力を誇る、灰汁発酵建(あくはっこうだて)による天然藍染めの工房です。
当店では毎シーズン、1点1点「特注」でオーダーした、オリジナルの藍染めアイテムを展開しています。
ブランドの「顔」である「板締め柄」や流麗なグラデーション染めなど、他の追随を許さない匠の技術力はもちろんのこと、
原材料とその品質管理、染める生地のクオリティ、水洗い&天日干しを含めた工程・・・すべてが一流でストイック。
世代を超える普遍的な美しさと丈夫さ、扱いの容易さ、経年変化の楽しさ・・・などを存分にご堪能下さい。

  • 現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから!
  • 壺草苑によって藍染めされた生地の(物理的な)丈夫さについて >こちらから
  • 壺草苑の「淡藍染めのクオリティ」に見る、工房の真摯で誠実な仕事ぶり >こちらから

 

 

 

それでは以下、全11点+α、ものすごい画像枚数で恐縮ですが(汗)、ぜひジックリご堪能頂けましたら幸いです。

(スタイリングのモデルはすべて身長160cmの当店女性スタッフY、表記価格はすべて「税抜き価格」です。)

続きを読む

<入荷アイテム詳報>everlasting sprout19SS:夏まで(在庫が)持たないサマーアイテム4点をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日はeverlasting sprout19SSより、日本の真夏でも快適に着られる4点、ダブルガーゼ地のワンピースと新型プルオーバー、ベルギーリネン地の新型セミワイドパンツ2色をご紹介いたします。

実はプルオーバーは未入荷なのでそれが入ってきてから記事にしようと考えていたのですが、それを待っていると全点完売しそうな勢いなので(汗)、こうして一足先にご紹介しております。

真夏に上品に着られるeverlasting sproutのサマーアイテムは、毎春夏シーズンとても人気があり、いつも当然のように温かくなる前にすべてお嫁に行ってしまうという印象です。「上品に着られる」というのがポイントで、ラフになりすぎたり軽くなりすぎたりしがちなサマースタイルを、その着心地はラフで軽いままに見た目をステキに仕上げてくれるこれらのアイテムたち、ぜひ今のうちにご注目&お求め下さいませ。

 

 

everlasting sprout

デザイナー:村松啓市

華やかで色鮮やか、着ると思わず笑顔になってしまう楽しい洋服たちは、実はとことんこだわって作り込まれています。
ニットのプロフェッショナルであるデザイナーによる唯一無二のクラフトニットだけではなく、
刺繍・ジャカード織りといったオリジナルの柄生地も、ひと目で圧倒されるクオリティを誇ります。
多くの原色を同時につかっても、決して「派手」ではないオトナで上品な印象に仕上げる「色のセンス」に驚かされます。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから!

 

 

以下、本日も展示会でサンプルを着たスタイリング画像も交えて、それぞれのアイテムたちを詳細にご紹介いたします。

(スタイリングのモデルの身長は下記いたします。表記価格はすべて「税抜き価格」です。)

続きを読む

<入荷アイテム詳報>Leh19SS:クラフトマンシップがほとばしる貴重かつ希少な宝石のような洋服たち、全10点をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日はLeh19SSより、ブラウス2型×2色、ワンピース1型×2色、パンツ2型×2色の計10点をご紹介いたします。

Lehの今季19SSコレクションには凄まじいほどのクラフト感があり、それは「洋服」でもあって「作品」でもあるような、感動的なアイテムたちがラインナップされています。特に”made in India”のレディースアイテムたちの作り込みは圧巻であり、私たちも「手元にコレクションしておきたい」と感じるレベルのものが多いです。

この日のブランド紹介の記事で詳細にご案内していますが、Lehの”made in India”のアイテムたちは、代理業者などを通して「生産のみをインドに投げている」という類いのものではなく、インドに長期滞在するデザイナー自身の監修のもとでつくられる、まさに「手作業による洋服たち」です。

率直なところ、このクオリティの洋服たちをこの価格で買えることは奇跡的(←実際に国内生産だと絶対不可能)だと感じますので、本日ご紹介する2型はもちろん、これから入荷予定のすべてのアイテムたちにぜひご注目下さいませ。

 

 

以上はこの日のブログ記事の冒頭で書いた内容なのですが、本日ご紹介するアイテムたちはまさにその「神髄」のようなラインナップで、その実物を前にすると「5年後にこのレベルのクラフトウェアをご紹介することができるのだろうか・・・」と考え込んでしまうといいますか・・・息をのみジッと見つめてしまうような、ショップとしてコレクションしておきたいと感じるような「作品」たちです。

加えて、「人の手」による凄まじい作り込みの一方で、それに浸り自己満足することなく、パターンや縫製・ポケットなどのディテールに至るまで、普段着る「洋服」としてしっかりと機能的である点も嬉しいです。

Lehのお取り扱いを始めてから1年と少しですが、彼らには本当に毎回驚かされっぱなしです。もちろんLehなら「今後もやってくれろうだろう」と期待するわけですが、それはともあれ、人と出会いも洋服との出会いも一期一会。今回のこのクラフト&アートワークのような、それでいて間違いのない「洋服」たちをぜひお見逃しなきようお願いいたします。

 

 

Leh

デザイナー:三上卓也

感性を磨き続けるため、あるいは現地でモノ作りをするため、デザイナーは1年のうち長い日々を海外ですごします。
彼らの洋服は、ときには国産の上質な生地をつかって、国内の優秀な縫製工場で仕立てられ、
ときには海外の手紡ぎ手織りのクラフト生地をつかって、海外の職人の手縫いで生み出されます。
それはときにはモードの顔つきで、ときにはヴィンテージの顔つきで、まさにノージャンルかつボーダレス。
一個の労働者・職人として真摯な手仕事に取り組むという一貫した姿勢が、揺らがぬ大黒柱です。 

現在販売中のLehの洋服たち >こちらから

 

 

展示会で撮影したスタイリング画像もたっぷりです。以下、ディテールまでしっかりと撮りきった物撮り画像とともに、ぜひたっぷりご堪能下さいませ。

(スタイリングのモデルは、断りのない限り身長160cmの女性スタッフY、表記価格はすべて「税抜き価格」です。)

続きを読む