以下はInstagramの画像です。

 
最近の日記


 
新日記 (2015年春夏~)

テーマ別 (2015年春夏~)


月別


旧日記 (2012年春夏~2014年秋冬)

月別 ※表示されるまでに少し時間がかかります。

Category: 経年変化のこと (page 1 of 8)


kokochi sun3の工房を訪ねて、神戸市の須磨海岸に行ってきました!& 革靴の修理のご相談を承れるようになりました!

こんにちは、インタレストです。

先日、kokochi sun3の工房に靴作家・森田圭一さんを訪ねて、神戸市の須磨海岸まで行ってきました。当日の様子はInstagramで、ストーリーの機能などもつかって実況中継のようにご報告しましたが、ご覧頂けましたでしょうか??

  

 

新ライン”kokochi sqir”についてしっかり取材いたしました!

この訪問の一番の目的は、もちろん今夏リリースされる新ライン”kokochi sqir(ココチ・スクイル)”について取材をすることです。結果、少なくともいま現在は、そのkokochi sqirについて、世界で2番目に詳しくなれたと自信を持って申し上げることができます・・・!笑

kokochi sqirは森田さんが独自の解釈で手がけるクラシカルなドレスシューズラインですが、今回の取材によって、まさにその「森田さんが独自の解釈で手がける」という部分が炸裂した、いかにも「ココチブランド」らしい楽しい靴たちであることが分かりました。近日、その全貌についてより詳細にレポートいたしますので、ぜひご期待下さいませ!

  

  

 

また、これは従前お知らせしました通り、kokochi sqirの靴たちを皆様にお披露目するのは、当店インタレストで8月18日(土)~26日(日)の会期で開催する受注販売会「路地裏の靴作家 vol.13」になることが決定しております!森田さんの在店日は8月25日(土)・26日(日)の2日間です。ぜひ今からご予定下さいませ!

  

 

革靴の修理のご相談を承れるようになりました!

また、今回の須磨出張で、普段森田さんが靴の修理を依頼している修理工房を訪ねることもできました。(OKをもらっていたのに撮影するのを忘れるという・・・汗)

kokochi sun3の革靴の修理については、ソール裏のゴム交換やヒール修理などは森田さん自身がやっていますが、最近ドッと増えてきたオールソール交換やライニング修理などの本格的な修理は、以前からその修理工房の職人さんが引き受けてくれています。「靴の制作と修理とでは必要なノウハウや技術・機械などが違うので、修理はその専門家にまかせた方が良いんです」(森田さん)。

実際、大きな修理の仕上がりの良さを見て私たちも感心していたので、今回思い切り公私混同で(笑)、私自身の修理待ちの革靴たちをその職人さんに預けてきました。「これはもうダメかなあ」と思っていたようなものでも、即答で「全然修理できますよ」と応えてくれて頼もしさを感じました。

・・・というわけで、今後は当店インタレストが直接、皆様のkokochi sun3の革靴の修理のご相談を承ることができます!(←ココが大切なところ!笑) もちろん森田さんと相談しながらとなりますが、私たちが直接の窓口になってお手伝いさせて頂きます。どうぞいつでもお気軽にお申し付け下さいませ!

(kokochi sun3以外の靴の修理につきましては、しばらく実績を積んだあとに検討したいと考えております。)

Case1:hold-on hi Morflex

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

BEFORE:オリジナルは一般的なビブラム#4041ソールでしたが・・・

AFTER:オールソール交換修理でより軽量でクッション性にも優れたMorflexソールに変更しています。

Case2:Brooklyn #100

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER:ソール側面の色味も濃くなってかなりいっそうカッコ良くなりました。

 


本日は以上です!

インタレストは明日ももちろん通常営業です!多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

<コラム>洋服・ファッションって本当に楽しい!ぜんぶ自己満足だけど!笑

本日はコラムです。そして突然ですがこちら、店頭での私・店長DとスタッフYの会話です。

つい先ほどのDとYの会話

D「いや~スゴイよね!好きなものについて語る人って本当に美しいよね!」

Y 「そうですね!スゴイですね!」

D 「いやでもホントさすがだよ!こんなにカッコ良いデニム見たことないよ!特に最後から2本目のやつ・・・!スゲー!」

Y 「はは~そうですか・・・!」

D 「でもさ、このテンションの高さはスゴイよね!負けるよね!ハハハ!」

Y 「・・・」(←複雑そうな顔をしている)

D 「ん??どうしたの??」

Y 「・・・いえ、別に。」

D 「なになに??気になるわ。」

Y 「・・・いや、私はむしろ『まったく同じ顔をしてるな』と思って見ていたんですが・・・」

D 「え・・・」

Y 「テンションの高さも、だんだん声が大きくなっちゃう感じとかもまったく同じですし・・・」

D 「・・・」

Y 「最後なんて草彅さん、壊れちゃってるじゃないですか?この『2時間ずっと話していられそうな感じ』とか完全にこのままですよ。」

D 「・・・」

Y 「・・・」

D 「・・・マジでか・・・」

Y 「ええ・・・」

 

私・店長D自身は、「自分もまだまだだなあ。こんな風な我を忘れるようなテンションで語れるようにならないとなあ!」とか思っていたのですが、確かに好きな洋服のこととか、1時間や2時間くらいならノンストップで話せるかもしれません・・・いや、話しているな、きっと・・・汗。

いつもお付き合い下さっているお客様皆様には感謝感謝でございます・・・!

 


 

大好きな洋服と一緒にいられる幸せ♪

さてさて、国内屈指のデニムウェアのコレクターとして名高い草彅剛さんが、ご自身のオフィシャルYouTubeチャンネルで語っておられる動画を偶然見かけて、これがまあおもしろくて、繰り返し見てしまいます・・・!よく「博物館クラスのコレクション」と言われますが、これはきっと本当にそうですね・・・!

 

こちらがつい昨日アップされたばかりのジーンズ編です。1本100万円などと話されていますが、たぶんこれだけ良い状態の「大戦モデル」であれば100万円ではきかないのではないでしょうか・・・。デッドストックとかはいくらくらいするんだろう・・・汗。

うんちくの解説も細かくて、尋常ではないほどおもしろいです・・・笑。「これが一番気に入ってる」というジーンズと、その前のジーンズが本当にカッコイイ・・・!「愛情かけてるデニムというのは臭くならないの!」(名言)

 

 

そしてこちらが、たぶんデニム紹介シリーズの第1弾「カバーオールジャケット」編。「なんで第1弾がカバーオールなんだろう」と見始めたら、この方、めちゃくちゃカバーオールが好きなんですね~!(笑) しかしここで登場する「BOSS OF THE ROAD」のヴィンテージはスゴイですね・・・。チラッとそのジーンズも1本だけ持っていると仰っていますが、めちゃくちゃ見たいっす!またお願いします。笑

ちなみに、何を隠そう私・店長Dも大のデニムジャケット&カバーオール好きで、この間買ったばかりのLehのカディデニムのカバーオールを合わせてなぜか7~8着持ってます(笑)。「(ヴィンテージのカバーオールジャケットを見つめて)やっぱりこういう味のある男になっていきたいですよね~」(名言)

 


 

結論!

  • 「洋服」「ファッション」って本当に楽しい!
  • 好きなものと一緒にいられるって本当に素晴らしい!
  • それにお金をかけられるって夢のような幸せ!
  • それもこれもぜ~んぶ自己満足♪ ふふふ。

 

・・・という感じでいかがでございましょうか・・・笑。実は私自身については、この動画を観ていて、哲学的な気づきもたくさんありました。「自分の財布の中身」とかはまったく関係ないんだなと痛感させられましたし、いつまでも、こんなに熱っぽく語れる「何か」を持っていられる、青春時代まっただ中のようなオトナでありたいなと・・・!見ているだけで、気持ちがポカポカ温かくなります♪

皆様も私たちインタレストと一緒に、「洋服を楽しむ」をとことんやってまいりましょう~!お付き合いをよろしくお願いいたします!笑

 

<お問い合わせ>

  • 24時間以内に当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • 定休日(火曜日)以外であれば、お電話(03-6457-5360)でのお問い合わせが確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さい。

 

先月開催した「路地裏の靴作家vol.12」で承りました靴のリペアが完了いたしました!

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

先月開催したkokochi sun3受注販売会「路地裏の靴作家vol.12」で承った靴のリペアが完了し、須磨のkokochi sun3の工房から帰ってまいりました!オーナー様にはすでにご案内を差し上げておりますが、いつでもお迎えにいらして下さいませ♪

今回も本当にたくさんの靴をお預かりしたのですが、そのほんの一部を、本日はご紹介いたします!


こちらは、何年か前に足数限定でkokochi sun3 よりリリースされた「レザースニーカー」です。ひとめでたくさん履いて頂けていることがわかり、うれしいです!

「レザースニーカー」のソールのリペアは初めて承りました。かかとがだいぶすり減っていたため、その周辺を新しいゴムにするという方法になりました。(リペア代金は1,500円+税です。) これでまたたくさん履いて頂けますね♪

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

 

こちらは今年の始めにお直しさせて頂いたケースですが、kokochi sun3で大人気の定番靴、「MUKU」です!たくさん履かれていますが、オーナーさまが大切にケアをして下さっているので、革はピカピカです。

ちょうどかかとの2層目がなくなる直前にお持ち下さいました。(リペア代金は、かかと1層あたり1,900円×2層分+税となります。) これ以上削れるとオールソール交換になりかねないため、絶妙なタイミングだったと思います!

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

 

以下の靴は、AFTERの画像のみとなります。

こちらは私たちにとっては懐かしい、シリアルナンバー付きの特別な「kaza-ana」です!

前のゴム貼りの交換(1,800円+税)と、かかとのゴムの一部を交換(1,800円+税)させて頂きました。

かかとのゴムの後ろ半分が、きれいに交換されています。

 

こちらは、とてもきれいに履かれている「zanpano」です。

こちらも、削れていたかかとのゴム部分だけを交換させて頂きました。(1,800円+税) かかとがもっとすり減っていた場合は、かかと1層の交換(2,700円+税)になります。どちらのお直しが必要かは、お預かり時に判断させて頂きますね。

 

最後は、かなり昔につくられたというmarcoです!私たちも見たことのない革なので、ビックリいたしました。

こちらも、削れていたかかとのゴム部分だけを交換させて頂きました。(1,800円+税。)

 


リペアの方法や代金は、靴の状態によっても大きく変わりますので、どうぞお気軽にご相談下さいませ。なるべく費用がかからず、靴にも負担がかからない方法をご案内させて頂きます。

履いていくうちにソールは必ずすり減りますので、リペアを繰り返しながら、長くご愛用頂けましたら本当にうれしく思います。

インタレストは明日も通常営業で、多くのお客様のご来店とお問い合わせオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

<お問い合わせ>

  • 24時間以内に当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • 定休日(火曜日)以外であれば、お電話(03-6457-5360)でのお問い合わせが確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さい。

 

Eatable of Many Ordersのデニムパンツ(お客様私物・2年物)の、とんでもなくカッコ良い仕上がりをご覧下さいませ!

こんにちは、インタレストです。

先日、インタレストで2年前にお買い上げ下さったEatable of Many Ordersのデニムパンツを履いてご来店下さったのですが、「え?ええっ?!これあのエタブルのパンツですか?!」と、ひっくり返ってしまうくらいカッコ良く育っていたので、細かく撮影させて頂きました・・・!

 

Eatable of Many Ordersのデニムパンツ(新品)の画像です!

こちらが新品時に撮影した物撮り画像、つまり「BEFORE」の画像です。強く深いインディゴの残ったワンウォッシュの色味で、履いたときのそのきれいなストレートシルエットと相まって、当時「このきれいさなら『ネイビーのパンツ』として会社でも着られます」ともらって下さったお客様もいらっしゃったほどです。
  

  

 

Eatable of Many Ordersのデニムパンツ(2年物)の画像です!

そして以下が、オーナー様に履き込まれて見事なエイジングを見せた2年物、つまり「AFTER」の画像です・・・!(履いてご来店下さったのは男性のお客様ですが、普段から奥様とこの同じパンツをシェアしておられます。) まさにヴィンテージデニムの風合い!パーフェクトなカジュアルパンツとして仕上がっています・・・!

正直、私たちスタッフ自身が「このデニムパンツ、こんなにきれいに色落ちするんだ・・・」と、発見してしまったような心地です。セルビッチデニムのような、見事な「縦落ち」が表れていますね~!履き方についてお尋ねしたところ、「とにかく履き心地が良いので履きまくってしまって、汚れたら洗って・・・他のことは何もしていませんね」とのことでした。

3サイズ合わせて20本以上お嫁に行ったこのパンツ、それぞれのオーナー様のもとでどんな風に育っているのか、また彼らと会えるのが楽しみになりました♪

  

  

  

(画像1枚目がBEFORE、画像2枚目がAFTERです。)
 

(画像1枚目がBEFORE、画像2枚目がAFTERです。)
  

足元のkokochi sun3「Tramp-low」(4年物)も凄まじい仕上がりで・・・!
  

 

オーナー様(旦那様&奥様)、いつもインタレストの洋服たちをかわいがって下さって本当にありがとうございます!お二人の洋服との向き合い方は、インタレストの理想そのものです・・・!これからもぜひ楽しくお付き合い下さいませ♪

私たちインタレストにとって、かつて店頭に並んでいた洋服たちとこんな風に再会できることは大きな大きな喜びです。いつもお話ししていますが、お手入れや修理のご相談も喜んで承りますので、いつでもお気軽に仰って下さいませ。不定期更新の「メンテナンスガイド」もぜひご参考にして頂けましたらと思います!

 


本日は以上です!

インタレストは明日ももちろん通常営業です!育てるのが楽しい、とびきりの洋服たちと一緒に、多くのお客様のご来店とお問い合わせオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

1週間限定の10%オフ企画「スペシャルウィーク」も、ぜひご利用下さいませ!

 

<お問い合わせ>

  • 24時間以内に当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • 定休日(火曜日)以外であれば、お電話(03-6457-5360)でのお問い合わせが確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さい。

 

雨の日は革靴に防水スプレーを。季節の変わり目は靴や洋服のお手入れも楽しみましょう♪

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

東京は、今日は久々に晴れて気持ちの良いお天気になりました!けれど、また明日からぐずついたお天気になるようです。

雨の日に革靴を履く場合、当店では、事前にコロニル1909 シュープリームプロテクトスプレーを一周かけることをお勧めしています!たとえば朝起きたとき、その日に履く革靴にスプレーをしておけば、お出かけの頃には準備完了です!私たちは、仕事を終えて帰ろうとしたときに雨が降り始めていたら、スプレーをして10分ほど乾かしてから帰ります。

このスプレーは、防水効果だけでなく、革に栄養を与えてくれる効果もあるので一石二鳥。スウェードなどにもつかえて、とても簡単に靴のケアができてしまいます!何年にもわたって、当店で何本もお買い上げ下さっているリピーターのお客さまがとても多いアイテムです。
  

 

過去の日記を見ましたら、「雨の日用の革靴を準備しておく」、「レザーソールの場合、靴の裏にはソールトニックを塗る」など、革靴好き・ケア好きな店長Dによる、雨の日のケアについてのより詳しい記事がありました。以下のページに情報がまとめてありますので、ご興味がございましたらご覧下さいませ!

<メンテナンスガイド>雨の日にも革靴を履くためにすべきこととは??>

  

 


また、季節の変わり目ですので、衣替えのついでに洋服や靴のお手入れをしたくなるタイミングかもしれません。冬のウールコートを「育てる」ためのポイントコートやアウター類を皮脂から守る工夫タートルネックニットをつかった着方ニットの毛玉のケア洋服の収納のコツ、ワンシーズンしっかり履いた革靴のケアなど、過去の「お手入れ」についての記事は以下のページに一覧化しています。よろしければぜひご参考になさって下さいませ!

「お手入れのこと」についての記事の一覧はこちら >

BEFORE

AFTER

 

明日も通常営業で、皆様のご来店とお問い合わせオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

 

<お問い合わせ>

  • 24時間以内に当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • 定休日(火曜日)以外であれば、お電話(03-6457-5360)でのお問い合わせが確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さい。