オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ サイト内検索 キャッシュレス・消費者還元事業に伴う店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして
See Translation


What's New!! ~注目トピック

【19AWセール開催中】
対象アイテム一覧はこちら>

【20SS New Arrival】
新作一覧はこちら>

【スタイリング強化月間】

【大切なお知らせ】
政府のキャッシュレス・消費者還元事業により、店頭&オンラインストアにてお支払い金額の5%がポイント還元されます>


 
最近の記事

カテゴリー: 経年変化のこと (1ページ / 13ページ)


【丁寧に扱いすぎ】まったく育たない店長Dの私物アイテムのエイジングレポート【ケア好きすぎ】

こんにちは、インタレストです。

大の洋服好きを自認する私・店長Dですが、ご多分に漏れず、一番好きなのは愛用している洋服たちが育っていく姿を見つめることです。

・・・が、洗濯やお直し・修理などケアも好きで、かつ決まった洋服を集中的に着るということもしないので、「持っている洋服が育たない問題」に直面して・・・そうですね、少なめに見積もって10年以上経ちます。笑

 


 

私は様々な洋服を着回し、しかもそれらを客観的にもずいぶん丁寧に扱うので、1点1点がとんでもなく長持ちする傾向があります。たとえば、持っている布帛地のアウターたちについては全点、私が生きている間にダメになるとは到底思えません。

それはそれで良いのですが、たとえばデニムであったり、レザーであったり、ツイード・フランネル・コーデュロイであったり、「いやいや、ゴリゴリ着まくって味が出てこそでしょ」というアイテムもあるわけです。

そこで本年2020年は、その手のアイテムの一部を集中的にエイジングさせるというチャレンジを、不定期でやっていこうと考えております。

私物アイテムなので、インタレストで過去&現在に販売したアイテムであるとは限りません。ちょっとした読み物としてお楽しみ頂けましたらと思います。

 


 

その第1弾はこちらのデニムパンツです。これをとりあえず丸1ヶ月、毎日履き続けます。どこに行くときも、雨の日も風の日も、暴れ回る日も履き続けます。このパンツは洗わないので、汗をかかないこの時期しかチャレンジできません。

 

 

こちら、実はちょっとしたものでして・・・。たぶん購入したのが10年くらい前なのですが、確かその頃から20年以上前(=要するに今から30年以上前)に織られたジャパンデニムのヴィンテージデッドストック地で、Levi’s501のいわゆる大戦モデルのパターンで縫製したという逸品中の逸品です。

ヘビーオンス&リジッドでバキバキの新品時は前のボタンフライが私の力でも固くて締めることができず、縦に置いても立つ・肌ざわりザラザラ・縮み防止加工なし・ねじれ防止加工なし・・・という、最近の高機能デニムでは考えられないような扱いづらい雄々しいテキスタイルです。

私はこのときこの大戦モデルと66年モデルを2本同時に購入して、前者はまったく洗わずに、後者は洗いながら履いているのですが・・・まあ、両方とも全然育たないです。BEFOREの画像は昨日撮影したものですが、これで購入してから10年経っていますからね。笑

そこそこ履いているんですが、この生地は「そこそこ」ではダメですね。本気でやっつけにいかないとと、覚悟を決めました。

 

 

ともあれ、そんな仰々しいネタではございませんので、おもしろおかしくお楽しみ頂けましたらと思います。1ヶ月後をめどに「AFTER」の画像をご覧頂けるようにしようかと思います。

 

 


 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<イベント&新入荷>ココチブランド×壺草苑、天然藍染めレザーによるハンドメイド革靴のオーダーを、完全足数限定で承ります!

こんにちは、インタレストです。

私たちインタレストにとっては7年越しの企画・・・もはや「夢」の一つといっても良いくらいの思い入れがある、ココチブランド(=kokochi sun3+kokochi sqir)×壺草苑のコラボレーションが実現いたしました。インタレスト企画のイベントとしては、本当に”SPECIAL of SPECIAL”です。

1月22日(水)~26日(日)に開催いたしますココチブランドのスペシャル受注会にて、壺草苑に染めてもらった天然藍染めの革をつかい、ココチブランドのあらゆるモデルの靴をオーダー頂けます。

新しい1年の始まりを飾るのにふさわしい本企画、ココチブランドのお客様、壺草苑のお客様をはじめ、もちろん「はじめまして」のお客様も含めまして、ぜひ多くの皆様にご注目頂けましたらとても嬉しいです。

 

 

★ついに「壺草苑による天然藍染めレザー」が完成

ココチブランドも壺草苑も創業以来のお取り扱いブランドなので、「壺草苑に染めてもらった藍染めレザーでココチの靴をつくれれば」という企画はすぐに思い立ちましたし、打診した両ブランドからも「ぜひ」との快諾を得たのですぐに動いたのですが・・・。

ココチブランドから預かった革サンプルを壺草苑に染めてもらうと、何らかの化学変化が起きてガチガチに硬くなって革靴にできなくなってしまったり。それをやわらかくできる工場が見つかり早速お願いしたところ、加工時につかう薬剤の影響で藍染め本来の色が実現できなかったり。美しいくやわらかい藍染めの革ができて「今度こそ!」と思っても、炎天下で焼いてみたらあっという間に黄ばんでしまったり・・・。

 

このような文字通りの「試行錯誤」を、何年か毎に繰り返し繰り返し繰り返し続けていたのですが、ついにこれらの諸問題をクリアして私たちも森田さんも「これならば」と企画として立ち上げることのできる革が、まさに7年越しの想いの末に完成いたしました。

このたび、壺草苑の国内最高峰の発酵建による天然藍染めレザーをつかった、ココチブランドによるハンドメイド靴のパーソナルオーダーを承ります。

革の面積が限られているため、完全に足数限定です。下記詳細をご確認頂きまして、ぜひまたとないこの機会をお見逃しなきようお願いいたします。

 

 

★オーダー頂く際のアップチャージにつきまして

本記事で詳細にご紹介いたします壺草苑による藍染めレザーをつかった革靴をオーダー頂きます場合、通常の料金に上乗せする形でアップチャージが発生いたします。本件について冒頭でご案内いたします。

*3段階に分かれているのは、単純に1足でつかわれる革の面積によるものです。

 

スペシャルレザーをつかってアップチャージが発生するケースはこれまでも多くありましたが、「(他の工房ではなく)壺草苑に革を染めてもらったとき」の工賃から逆算したとき、少なくとも今回の料金設定でご案内できるのは間違いなく最初で最後です。(たくさんのご縁とご厚意が重なり実現した、相対的な価格としては、奇跡的なレベルで安価な設定です。)

一方、絶対的な価格としては1足分でスニーカーが何足も買えてしまう金額なので、決して安価であるとはいえません。以下のご紹介をジックリお読み進め頂きまして、そこに「価値」を見いだして頂けましたお客様皆様に、ぜひ今回ご検討を賜りましたら幸いでございます。

 

 

 

それでは以下、たっぷりのボリュームで詳細にご紹介してまいります。インタレストの想いが詰まった企画です。まずはぜひご一読を賜りますようお願いいたします。

続きを読む

<お客様スタイリング>必見!春夏シーズンに店頭で撮影させて頂いた、お客様のスタイリング計43ルックを一挙にご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日は、つい先日予告いたしました通り、前季18SSと今季19SSの春夏シーズンに店頭で撮影させて頂いたお客様の私服スタイリング計43ルックをご紹介いたします。

皆様、インタレストでお買い上げ下さった洋服たちを、とてもステキに着こなして下さっています。ご覧になれば必ずや当店でのお買い物の、そしてその普段の着こなしのご参考にして頂けることと思います。

 

★「リアル」な私服スタイリングは本当に参考になります

この機会に皆様のステキすぎるスタイリング画像を改めて見返していて、当時「今日の装いを撮影させて頂こう」と感じた、おそらくその半分くらいしか実際には撮影できていないということを、改めて強く悔いています・・・汗。

私たちスタッフが途中ウッカリ忘れてしまったのがほとんどで、あとは店頭が忙しくなったりして「ああ・・・」と名残惜しさ全開でお見送りしたりと、その理由はいくつかあるのですが、とにかくこのことは痛恨でした。

本日ご覧頂くスタイリングのすべてがモデルになって下さっているそれぞれのお客様の「私服」ですし、シチュエーションもオンにオフにと様々です。「こんな風に着ちゃっていいんだ!」「この着方は思いつかなかった!」と、私たちスタッフと同様、皆様におかれましてもきっとたくさんの発見があることと思います。

もちろん今季19SSの新作たちを着たスタイリングもご覧頂けます。ちょうど今・・・というよりあと2日間限定で対象アイテム10%の「スペシャルウィーク」開催中ですので、ぜひ合わせてご注目下さいませ。

 

 

★ただいま対象アイテム10%オフの「スペシャルウィーク」開催中です(~7月7日)

こちらオンラインストアの特設サイトにてご一覧頂けます通り、7月7日(日)19:00までの期間限定で、インタレストの店頭およびオンラインストアお電話でのご注文にて、対象アイテムを全点10%オフでお求め頂ける「スペシャルウィーク」を開催しております。

今回もたいへんご好評頂いておりまして、連日多くのご来店やお問い合わせを頂戴しております。続々と完売アイテムが出ておりますので、ぜひこの機会をお見逃しなきようお願いいたします。

 

●「スペシャルウィーク」についての詳細なご案内 >こちらから

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

<期間限定で対象アイテム全点10%オフ> 7月7日(日)19:00までの期間限定で、インタレストの店頭およびオンラインストア・お電話でのご注文にて、対象アイテムを全点10%オフでお求め頂ける「スペシャルウィーク」を開催いたします。 恒例になりつつある当イベント、ありがたいことに回数を重ねる毎にご利用下さるお客様が増えておりまして、この期間中に完売するアイテムがたいへん多くなっております。 また、この「スペシャルウィーク」でしかセール価格にならないアイテムもとても多いです。ぜひこの機会をご利用下さいませ。 「スペシャルウィーク」の詳細やご参考にして頂けるブログ記事の一覧などにつきましては、以下のリンク先(ブログ記事)にてご案内しております。ぜひご一読下さいませ。 ●(6月26日付ブログ記事) イベント:対象アイテムを全点10%オフでお求め頂ける「スペシャルウィーク」開催のお知らせです(~7月7日まで) > https://interest-kagurazaka.jp/diary/?p=84433 ——- ★オンラインストアでの「スペシャルウィーク」のご利用方法につきまして 1, 対象アイテムについては、「オンラインストア・スペシャルウィーク特設サイト」にてご一覧頂けます。 2, オンラインストアの会員様はログインを、新規のお客様は新規会員登録&ログインをお願いいたします。(「ゲスト購入」ではクーポンをご利用頂けませんのでご注意下さいませ。) 3, ご注文内容のご確認画面で「クーポンを利用する」をクリックorタッチし、クーポンコードの入力画面で「 19ss002 」をご入力下さいませ。 4, クーポンをご入力頂きますと、対象アイテムのみ10%オフの価格で決済して頂けます。 ●オンラインストア・スペシャルウィーク特設サイト > https://interest-kagurazaka.jp/onlinestore/products/list?category_id=38 ——- たいへんお買い得になるこの機会をぜひご利用下さいませ。多くのお客様の「スペシャルウィーク」のご利用を、心よりお待ちしております。

INTEREST Kagurazakaさん(@interest_kagurazaka)がシェアした投稿 –

 

 

 

以下、コート→ジャケット→ワンピース→スカート→パンツ→メンズの順で計43ルックを一挙に、一部コメント付きでご紹介いたします。

  • アイテム&ブランドリストも表示しておりまして、現在実物の在庫があるものについてはオンラインストアへのリンクを貼っております。
  • モデルになって下さったお客様の身長については、ルック毎に一定のレンジで掲載しております。

 

本当に参考にして頂けます。ぜひジックリご覧下さいませ。

続きを読む

4月のココチブランド受注販売会で承りました、靴のリペア&メンテナンスの事例をご紹介いたします。

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

本日は、4月のココチブランド受注販売会で承りました、リペア&メンテナンスのBEFORE/AFTERの一部をご紹介いたします。

今回は靴のリペアに加えて、プロのシューシャイナー(=靴磨き職人)によるメンテナンス(靴磨き)も実施いたしました。(企画の詳細は、こちらのブログでご案内しております。)

それぞれの靴におきまして、「リペアのBEFORE/AFTER」→「メンテナンスのBEFORE/AFTER」の順番にご紹介いたします。お読み頂きまして、お手持ちのココチブランドの靴で気になる症状がございましたら、お気軽にご相談下さいませ。

(ご参考までにリペア価格は、こちらのページにてご確認頂けます。)

 

それでは以下、6足の事例をご覧下さいませ。 続きを読む

<コラム>夏場に革靴を履くとムレやニオイから解放されて、圧倒的に「快適」なのです!

こんにちは、インタレストです。

昨日Instagramでご案内したことなのですが、こちらのブログでも改めてお話しさせて頂きます。

 

*本記事で掲載している画像は、すべてkokochi sun3「marco(マルコ)」です。

 

 

★夏場にこそ革靴を履くことをオススメいたします

過去に何度かお話ししていますが、夏場に履いていて最も気持ちの良い靴は、間違いなくオールレザーによる革靴です。それが誠実につくられた革靴であれば、汗をかき続ける夏場に1日中履いていても「ムレ」や「ニオイ」と無縁で、とにかく圧倒的なまでに快適です。

その理由は、これも繰り返しお伝えしている通り、アッパーもライナーもソールもすべて、きわめて吸湿性&放湿性に優れた「革」という素材でできているからです。特に汗が多い足の裏について、レザーソールが水分を外に放出してくれる点がきわめて大きいです。

(ココチブランドの靴はアッパーだけでなく、ライニングもソールも、すべて革でつくられています。)

 

 

★1足1足の快適さを維持するためには「革靴のローテーション」を

このことは特に女性はご存知でないことが多く、1足丸ごと革のみでつくられているココチブランドの革靴をお納めすると、「本当ね!これしか履けないわ!」というご感想を本当にたくさん頂きます。

なお、注意点は「毎日履かないこと」に尽きます。一日中吸い続けた汗をしっかり放出させて、かつそれによって緩んだ繊維をしっかり引き締めるために、多くて3日に一度くらい、理想的には1週間に一度の頻度で履くようになさって下さい。

それなので、革靴好きの間では「靴のローテーション」という概念が存在するのです。「これだ」という革靴を5~7足くらい持っていると、見た目でも機能面でも革靴の傷みが表れにくく、そのすべてが長持ちします。「どうしてもお気に入りを履き潰してしまう」という方には、数年プランでゆっくり足数を増やしていかれることをオススメいたします。

(ココチブランドは芯材すら革なので、ビスや靴ひも・ステッチなどごく一部のパーツを除き、森田さんが言うところの「99.9%革でできた靴」です。)

 

 

★透湿性・放湿性の観点では「スニーカー<革靴」です

私・店長Dも最近までレザースニーカーを中心に履いていましたが、このところの猛暑でムレてムレて、一日中履き続けることができなくなりました。それで革靴に替えたところ快適すぎて、その「吸湿性&放湿性」という機能に改めて大感動しています。

革好きの私はスニーカーでもアッパー全面で革がつかわれた。いわゆる「レザースニーカー」しか履きませんが、それでもライニングが合皮や布帛であったり、そこにさらにクッションを噛ませてあったり、さらにはソールが分厚いゴムであったりで、特に夏場は容赦なくムレます。(少し話がズレますが、そういう意味でスニーカーこそ、毎日履かないようにご注意下さいませ。あっという間に洗っても落ちないニオイが付いてしまいます。)

ちなみに、メッシュ素材のアッパーであっても水分を通すのは網の隙間だけですし、かつやはり合皮or布帛のライニングが張られているので、全面で「吸湿」して「放湿」してくれる革によるアッパー&ライニングの組み合わせには、機能としてどうしても勝てません。

もちろん、その一方でたとえば「運動するときには迷わずスニーカー」となるように、まさに「適材適所」でその両者を履き分けて頂くのが良いと思います。(まさかジョギングするときにオールレザーの革靴を履かれる方はいらっしゃらないと思います。)

日常生活では「夏こそ革靴」「夏こそココチ」です。ぜひこの機会に改めてご検討下さいませ

 

 


本日は以上です。

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。