オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ サイト内検索
See Translation


 
最近の記事

カテゴリー: ANITYA (1ページ / 6ページ)


<展示会レポート 20AW>ANITYAの来季20AWコレクション、期間限定でパーソナルオーダー(=ご予約)を承ります!

こんにちは、インタレストです。

★ANITYAの来季20AWの展示会レポートをご用意しております

ただいま当店インタレストのお客様に向けて、ANITYAの来季20AWコレクションの展示会レポートをご用意しております。

それに伴いまして、ただいま期間限定でパーソナルオーダー(=ご予約)を承っております。ぜひご利用下さいませ。

 

 

ANITYA20AWの展示会レポートをご所望のお客様は、誠に恐れ入りますが当店オンラインストアより本会員登録をお済ませ頂きますようお願いいたします。

  • 「特定のブランドのご案内をご希望のときはこちらにご記入下さい」という項目に「ANITYA」とご記入下さいませ。
  • ご住所やメールアドレスなどのご登録は必須とさせて頂いております。

 

既に毎シーズンの展示会レポートがメールで届いているというお客様におかれましては、改めてのご対応はご不要です。メールが届くまでこのまましばらくお待ち下さいませ。

(もしメールが届かない場合は、恐れ入りますがお電話か問い合わせフォームよりご連絡下さいますようお願いいたします。)

 

 

 

 


 

 

ご質問やご相談などがございましたら、お電話や問い合わせフォームよりお寄せ下さいませ。多くのお問い合わせを、心よりお待ちしております。

 

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<Yのイチオシ分析>今すぐほしい機能ライトアウター:ANITYA「撥水ナイロンタフタ・ジェラバコート」、muuc「花プリントのドレスコート」

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

物撮り撮影をしている私スタッフYだからこそ気づく、オススメアイテムのディテールをご紹介する「Yのイチオシ分析」。

本日は、ANITYAの「撥水ナイロンタフタ・ジェラバコート」、muucの「花プリントのドレスコートを特集いたします。

 


 

★今すぐほしい機能性。それは花粉対応力

 

ANITYAの「撥水ナイロンタフタ・ジェラバコート」が今すぐ活躍する理由、それは「花粉対応力」です。軽くて身幅・袖幅も大きいので、スタイリングの一番上にガバッとはおって外出し、帰宅時に玄関の外で脱いでバサバサと花粉をはらうことができます。

デザインも洗練されていて、今、私自身がものすごく欲しいと感じているアウターです。

生地はナイロン100%。シワ加工によって味わいのある雰囲気で、なんと撥水加工も施されています。ネイビーは着る季節を選ばず、合わせやすさも抜群です。

個人的にたまらないディテールが、この大きなフードです。モロッコの「ジェラバコート」に見られる大きなフードがデザインの元となっているそうですが、このフードがかわいいです。帽子をかぶった上からでもかぶれるほどの大きさです。

生地に撥水加工がされているので雨の日に実際に役立ちますし、花粉の飛散量が多い日にもガバッとかぶって顔の周りまで覆いたくなります。

正面の留め方を、様々にアレンジできるのもANITYA流です。ひもで絞ったり、襟元のフックを留めたり、レイヤー構造の内側のスナップボタンで留めたり。急いで脱ぎたいときに、このひも+スナップボタンという組み合わせはとても便利だと思います。

ウエストのひもを絞らずに着るとだいぶ雰囲気が変わって、これもかわいいですよね。肌寒いときは中にセーターなどを着てモコモコにすることもできます。

内側はメッシュですので、軽やかで蒸れません。内ポケットまで丁寧につけられています。大切なものはここに入れると安心かもしれません。

こうしたデザイン性の高さ+機能性の高さから、ただの「花粉対策コート」としてだけではなく、毎年春秋に季節的にも長く活躍するコートとして重宝します。

色違いのグレージュは完売いたしました。残りはネイビー1点です。ぜひお早めにご検討下さいませ!

 


 

★実は花粉対応力まで兼ね備えた「洗える」ドレスコート

 

まったく雰囲気が異なりますが、muucの「花プリントのドレスコート」も、花粉シーズンにはおりづかいができます。ポリエステル100%のツルツルとした生地なので、花粉がつきづらく、帰宅時に脱いでパタパタとはらうことができます。

さらにこの生地は、オフィシャルで「水洗いOK」の絵表示なので、安心してご自宅で洗濯して頂けます。本アイテムの魅力につきましては、オンラインストアにて詳しくご案内しております。色違いのホワイトは完売して、残りはこちらのネイビー1点です。ドレスとしてもご活用頂けますので、価格以上の働きをしてくれます。ぜひお早めにお手元にお迎え下さいませ。

 

 


 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<入荷アイテム詳報>ANITYA20SS:前春夏シーズンに大人気だったラップスカートが、プレーン&ミニマルな印象にアップデート!

こんにちは、インタレストです。

 

シーズン中に店頭在庫として入荷するアイテムを、たくさんの物撮り画像とスタイリング画像でご紹介するシリーズ「入荷アイテム詳報」をお届けいたします。

 

 

★サイズ感表記の基準につきまして

  • 「サイズ感の基準」と「スタイリング画像」のモデルとなります女性・男性2人の当店スタッフの体型データは以下の通りです。
  • レディース:サイズ感の基準・スタイリング画像の女性モデルとなるスタッフYは、身長160cmで体重はBMI「普通体重」の下の方、骨格的に上半身が華奢な体型です。
  • スタッフYにつきまして、取り扱いブランドのジャストフィッティング(←実際に着る「好みのサイズ」ではありません)の例は、LOKITHOのトップスでサイズ「1」、同ボトムスで「2」、Robes&Confectionsの全アイテムで「1」です。ユニクロはほぼすべてMサイズです。
  • メンズ:サイズ感の基準・スタイリング画像の男性モデルとなる店長Dは、身長179cmで体重はBMI「普通体重」の真ん中、骨格的には標準的ですがやや筋肉質な肉付きです。
  • 店長Dにつきまして、取り扱いブランドのジャストフィッティング(←実際に着る「好みのサイズ」ではありません)の例は、どのブランドでもトップスは最大サイズ、ボトムスはRobes&Confectionsで「2」or「3」を、ANITYAで「2」、LehでMサイズです。ユニクロはトップスがL~XL、ボトムスはLサイズです。
  • 展示会でのサンプル着用ルックでは、スタッフY・店長D以外がモデルをつとめているケースが多々あります。着用モデルの身長や着用サンプルのサイズなどにつきましては、オンラインストアの各アイテムのページにてご確認下さいませ。

 

 

★在庫につきまして

  • 今季20SSより、ほんの数型(インナーや小物など)の例外を除き、人気の有無を問わず全アイテム各色1点ずつの在庫となっております。お気に入りはぜひお早めにお試し&お求め下さいませ。
  • 完売したアイテム、あるいは色違い・サイズ違いなどにつきましては、ブランド在庫がある場合に限り、お取り寄せしてご用意することができます。オンラインストアの各アイテムのページ内、「商品についてのお問い合わせ」よりご連絡下さいませ。
  • なお誠に恐れ入りますが、お取り寄せは事前にお買い上げをご確約頂ける場合に限らせて頂いております。

 

 


 

 

1, ANITYA 2wayラップスカート

Wrap Skirt
価格 (税抜き): 30,000円
色: イエロー×グレー、グレージュ×ネイビー
サイズ: 0 (ワンサイズ)
素材: (本体)ポリエステル82%・レーヨン16%・ポリウレタン2%、(別布)ナイロン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): ANITYAのページへ

 

 

1, オススメポイント

前の春夏シーズン19SSでリリースされ、当店入荷分はすぐに完売するなど人気を博した、別布が取り外し可能なラップスカートのアップデートバージョンです。

素材はもちろん実はシルエットも変わっていて、19SSバージョンは台形状に広がるフレアシルエットでしたが、20SSバージョンではストレートシルエットに修正されています。

本体はシャリ感&シワ感のある薄手で軽いポリエステル×レーヨン地、エプロン部分の別布はナイロン地で、見た目も実際もとても軽やかです。19SSバージョンはリネン地&ネイティブモチーフだったのに対して、今季20SSの新作は化学繊維&プレーンかつミニマルな印象なので、両者はまさに対照的です。

シャリ感のある素材はすべて水洗い可の品質表示で、真夏でも爽やかかつ涼やかに履けて、かつ気軽に自宅洗いができますので、つかい勝手の面でも抜群です。

 

2, サイズ感と着心地

ANITYAはそのブランドコンセプトとして、(一部のレディース向け品番を除いて)全アイテムがユニセックスアイテムです。そのため女性・男性を問わず、フィッティングとお好みでサイズをお選び頂けましたらと思います。

このスカートはレディース品番なのでサイズは「0」のみ、ウエストがゴムなので実質的なフリーサイズです。

スタッフYが入荷したサイズ「0」を履いて着丈はすね下丈です。(サンプルのサイズそのもので入荷しているので、本記事で掲載している着用画像の雰囲気をそのままご参考になさって下さいませ。)

 

 


 

 

 

ANITYA

デザイナー:岸知良

「ファッション」「モード」に寄りすぎない。かといって「日常着」「汎用着」にも寄りすぎない。
「女性向け」でも「男性向け」でもない。何事にも偏らず「中正」「中庸」である。
この抽象的なブランドコンセプトは、パターニング・素材選び・縫製までデザイナーが一貫して手がけるコレクションと、
そしてそのアイテム1点1点、そのディテール一つひとつにまで具体的に落とし込まれます。
ミニマルかつ無垢でありながら決して「普通」ではない、どこかで見たことがあるようで決定的な何かが違っている、透明感の塊のようでいて凜と主張する。
そんな「中正」の洋服たちが、一人ひとり違ったあらゆる個性に心地よく寄り添います。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

 


 

 

以下、関連する画像を一挙にご紹介する画像集です。

各アイテム・各色を、物撮り画像・ディテール画像、スタイリング画像(スタッフ着用・オフィシャルルック)などを、一挙にご覧下さいませ。

なお、モデルの身長や着用サイズなどより詳細な数値データにつきましては、オンラインストアの各アイテムの個別ページにて掲載しております。下掲画像をご一覧頂き気になるアイテムがありましたら、ぜひ個別ページをご参照下さいませ。

続きを読む

<入荷アイテム詳報>ANITYA20SS:ショップ全体で特にオススメの機能的なライトアウター2型です!レインコート用途でもぜひ!

こんにちは、インタレストです。

 

シーズン中に店頭在庫として入荷するアイテムを、たくさんの物撮り画像とスタイリング画像でご紹介するシリーズ「入荷アイテム詳報」をお届けいたします。

 

 

★サイズ感表記の基準につきまして

  • 「サイズ感の基準」と「スタイリング画像」のモデルとなります女性・男性2人の当店スタッフの体型データは以下の通りです。
  • レディース:サイズ感の基準・スタイリング画像の女性モデルとなるスタッフYは、身長160cmで体重はBMI「普通体重」の下の方、骨格的に上半身が華奢な体型です。
  • スタッフYにつきまして、取り扱いブランドのジャストフィッティング(←実際に着る「好みのサイズ」ではありません)の例は、LOKITHOのトップスでサイズ「1」、同ボトムスで「2」、Robes&Confectionsの全アイテムで「1」です。ユニクロはほぼすべてMサイズです。
  • メンズ:サイズ感の基準・スタイリング画像の男性モデルとなる店長Dは、身長179cmで体重はBMI「普通体重」の真ん中、骨格的には標準的ですがやや筋肉質な肉付きです。
  • 店長Dにつきまして、取り扱いブランドのジャストフィッティング(←実際に着る「好みのサイズ」ではありません)の例は、どのブランドでもトップスは最大サイズ、ボトムスはRobes&Confectionsで「2」or「3」を、ANITYAで「2」、LehでMサイズです。ユニクロはトップスがL~XL、ボトムスはLサイズです。
  • 展示会でのサンプル着用ルックでは、スタッフY・店長D以外がモデルをつとめているケースが多々あります。着用モデルの身長や着用サンプルのサイズなどにつきましては、オンラインストアの各アイテムのページにてご確認下さいませ。

 

 

★在庫につきまして

  • 今季20SSより、ほんの数型(インナーや小物など)の例外を除き、人気の有無を問わず全アイテム各色1点ずつの在庫となっております。お気に入りはぜひお早めにお試し&お求め下さいませ。
  • 完売したアイテム、あるいは色違い・サイズ違いなどにつきましては、ブランド在庫がある場合に限り、お取り寄せしてご用意することができます。オンラインストアの各アイテムのページ内、「商品についてのお問い合わせ」よりご連絡下さいませ。
  • なお誠に恐れ入りますが、お取り寄せは事前にお買い上げをご確約頂ける場合に限らせて頂いております。

 

 


 

 

1, ANITYA 撥水ナイロンタフタ・ジェラバコート

Djellaba Coat
価格 (税抜き): 50,000円
色: グレージュ、ネイビー
サイズ: 1
素材: (表地)ナイロン100%、(裏地)ポリエステル100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): ANITYAのページへ

 

 

1, オススメポイント

すぐ下でご紹介するドリズラージャケットと並び、デザイナーが「今季20SSの自信作」と自負する新作ライトアウターです。

形のソースはモロッコで日常的に着られている砂よけコート「ジェラバコート」で、「日常的にかぶる」&「砂よけ」のための大きなフードが付いていることが特徴の、オリジンはとても素朴なコートです。ただしこのアイテムの姿形・ディテールなどは、完全にANITYA流にかなりガッツリとアレンジされています。

まずテキスタイルについては、きわめて薄手のシャリ感&シワ感のある、そして撥水加工の施された機能的なナイロンタフタ地をベースに、ポリエステルメッシュ地の総裏地の仕様です。表地も裏地もとても気持ちの良い素材で、しかも扱いやケアも楽ちんで言うことがありません。

パターン&ディテールの最大の特徴は上記したその大きなフードと、そして前身頃がレイヤーの仕立てになっているためラペルを立ててテーラードコートのような見た目にもできるという2点です。そしてこれは言わずもがなですが、「何かを着ている」という感覚が一切ないくらい軽いです。

雨風・汚れ・シワ・扱いなど一切気にすることのない最強のライトアウターになってくれることに加えて、アームホールと身幅が大きく、下にジャケットや別のコートを着込んでも羽織れるため、レインコートとしてもご活用頂けます。このあたりの機能性にグッとくるという方には間違いなく「買い」の1点です。

 

2, サイズ感と着心地

ANITYAはそのブランドコンセプトとして、(一部のレディース向け品番を除いて)全アイテムがユニセックスアイテムです。そのため女性・男性を問わず、フィッティングとお好みでサイズをお選び頂けましたらと思います。

スタッフYが入荷したサイズ「1」を着て完璧なサイズ感で、着丈は膝丈で、袖丈は第2関節までかかる長さなのでワンロールアップしても良いと思います。

横の寸法はまったく気にしなくて良いフリーサイズのアイテムなので(=店長Dもサイズ「1」を問題なく着られます)、あとは全体のバランスと着丈の好みでお選び頂けましたらと思います。

店長Dはサンプルの着用画像でもご確認頂けます通り、一つ上のサイズ「2」(=入荷なし)か、私自身の好みでいえばさらにもう一つ大きいサイズ「3」(=入荷なし)を着ます。

このアイテムに限らず、ANITYAのサンプル着用画像ではすべてサイズ「2」を着ています(一部のレディース品番を除く)。スタッフYも店長Dもサイズ「2」を着ていて、実際に入荷しているのはサイズ「1」です。その点にご注意頂きつつご参考になさって下さいませ。

 

 


 

 

2, ANITYA リネンウール・ドリズラージャケット

Drizzler Jacket
価格 (税抜き): 48,000円
色: ナチュラル、グレー
サイズ: 1
素材: (表地)リネン51%・ウール49%、(裏地)コットン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): ANITYAのページへ

 

 

1, オススメポイント

サマーテーラードウェアを縫製できるような端正なリネンウールの上質なテキスタイルでつくられたブルゾンです。

このブルゾンは一般的な薄手のサマーリネン地で縫製すると形やシルエットを維持できないアイテムたちなので、このウール混のしっかりとしたリネン地だからこそ実現しているパターン&縫製であると感じます。総裏地の仕様で、本当に高級感のあるジャケットです。

形は「ドリズラージャケット」というアメリカのごくごく素朴な日常着を、かなり大胆にアレンジした1点です。ドリズラージャケットを、きれいめ&プレーンな雰囲気で着られるということ自体がとても新しいです。

ANITYAらしくアームホールと身幅はとても大きく、そして着丈が短いので、女性が着るととてもキュートな雰囲気になります。ダブルブレストの形なのですがキメキメな印象はまったくなく、スカートやワンピースなどレディースウェアの上からガバッと着ても相当かわいいと思います。

ファスナーでYKKエクセラがつかわれていたり、総裏地であったり、内ポケットが付いていたり、そもそもベース生地に高級感があったりで、繰り返しになりますが「かなり上質な日用ブルゾン」として異彩を放ちます。コンセプトも存在感もデザインも唯一無二で、実にANITYAらしいアイテムだと感じます。

 

2, サイズ感と着心地

ANITYAはそのブランドコンセプトとして、(一部のレディース向け品番を除いて)全アイテムがユニセックスアイテムです。そのため女性・男性を問わず、フィッティングとお好みでサイズをお選び頂けましたらと思います。

スタッフYが入荷したサイズ「1」を着て完璧なサイズ感で、理想的なハーフ丈ジャケットとして着られます。着丈はヒップを半分ほど隠す丈、袖丈は第2関節くらいまでかかるのでロールアップをして着ても良いと思います。

横の寸法はまったく気にしなくて良いフリーサイズのアイテムですが(=店長Dもサイズ「1」を問題なく着られます)、着丈が短めなので、それのお好み次第でお選び頂くことをオススメいたします。

店長Dはサンプルの着用画像でもご確認頂けます通り、一つ上のサイズ「2」(=入荷なし)か、私自身の好みでいえばさらにもう一つ大きいサイズ「3」(=入荷なし)を着ます。

このアイテムに限らず、ANITYAのサンプル着用画像ではすべてサイズ「2」を着ています(一部のレディース品番を除く)。スタッフYも店長Dもサイズ「2」を着ていて、実際に入荷しているのはサイズ「1」です。その点にご注意頂きつつご参考になさって下さいませ。

 

 


 

 

ANITYA

デザイナー:岸知良

「ファッション」「モード」に寄りすぎない。かといって「日常着」「汎用着」にも寄りすぎない。
「女性向け」でも「男性向け」でもない。何事にも偏らず「中正」「中庸」である。
この抽象的なブランドコンセプトは、パターニング・素材選び・縫製までデザイナーが一貫して手がけるコレクションと、
そしてそのアイテム1点1点、そのディテール一つひとつにまで具体的に落とし込まれます。
ミニマルかつ無垢でありながら決して「普通」ではない、どこかで見たことがあるようで決定的な何かが違っている、透明感の塊のようでいて凜と主張する。
そんな「中正」の洋服たちが、一人ひとり違ったあらゆる個性に心地よく寄り添います。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

 


 

 

以下、関連する画像を一挙にご紹介する画像集です。

各アイテム・各色を、物撮り画像・ディテール画像、スタイリング画像(スタッフ着用・オフィシャルルック)などを、一挙にご覧下さいませ。

なお、モデルの身長や着用サイズなどより詳細な数値データにつきましては、オンラインストアの各アイテムの個別ページにて掲載しております。下掲画像をご一覧頂き気になるアイテムがありましたら、ぜひ個別ページをご参照下さいませ。

続きを読む

<Yのイチオシ分析>デザイナー自身がサンプルを制作する少数精鋭のコレクションのひとつ:ANITYA「ミリタリースモック」

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

物撮り撮影をしている私スタッフYだからこそ気づく、オススメアイテムたちのディテールを簡単にご紹介いたします。

 


 

この日の詳報でご案内しておりますANITYAの「ミリタリースモック」(Military Smock)。アイテムの魅力につきましては、詳報やオンラインストアのアイテムページをお読み頂けましたらと思いますが、そこでご説明していない小さな、個人的にグッときたディテールがございます。

 

以下の画像1枚目はすでにアップしている画像ですが、こちらをご覧頂いて、お気づきになられた方はいらっしゃいますでしょうか。

画像2枚目の縫い目をよくご覧頂きますとわかる通り、このポケットは外づけになっていて、その格子柄が身頃の生地とぴったり揃うように縫製されているのです。

丁寧につくられた柄物の洋服では見られる仕立てですが、ANITYAらしい、1点1点を丁寧に仕上げる姿勢がこの点からも感じられます。

 

また、このミリタリースモックは、普段は見えない内側の仕立ても丁寧です。

以下の画像4枚は、すべて洋服をひっくり返して撮影しています。裾、両サイド、脇の下、肩のダーツに至るまで、すべて生地の端が出ないように内側に折り込まれて縫われています。こちら側が表であっても良いくらいのきれいさです。

見た目や気持ちの問題だけではなく、肌あたりのやさしさ、洋服の持ちなども異なってくることと思います。撮影はしておりませんが、入荷しているANITYAの他のシャツやジャケットもこうした仕様です。

 

 


 

当店に入荷するアイテムの多くが上述のような丁寧なつくりです。ただ、誤解のないように念のため申し上げておきますと、私たちはすべての洋服がこのようにつくられるべきだとは考えておりません。

以前、あるブランドの当店の担当者が「洋服の裏側でロックミシンの縫い目が見えたらガッカリするんです・・・。」と話してくれたことがありました。そのときは「なるほど。」と思いましたが、いま、私自身は「クオリティと価格とのバランス」が最も重要ではないかと考えております。

入荷した全アイテムを撮影していると、どのブランドも、アイテムによっては、ロックミシンの縫い目が見られることもあります。そのブランドの全アイテムがどちらかに統一されているというわけでもないので、おそらく、そのアイテムが何か(例えばコートなのかインナーなのか)、生地の強度、着用時に外から見えるかどうか、どの程度負荷がかかる部分か、そして何よりそのアイテムの市場価格とのバランスなど、様々な要因を考慮してこの仕様にしているんだろうなと、そうしたつくり手の思考を感じるようになりました。

特にANITYAは、デザイナーの岸さん自身が全サンプルのパターンや縫製を自ら手がけ、アイテム数が限られた少数精鋭のコレクションを見せてくれますので、1点1点の細かな仕様にもデザイナーの岸さんの思考による「理由」があるように感じています。

丁寧につくると価格も上がりますが、せっかくつくった洋服をなるべく多くの方に着て頂きたいという想いも、どのつくり手も必ず持っています。そのためバランスのとれた価格で制作できるように、どのブランドも様々な試行錯誤を重ねていることと思います。

そのような中で、ANITYAのトップスやアウターにつきましては、上でご紹介したような妥協のないディテールが見られましたので、思わずグッときてご紹介したくなりました。

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひお手元にお迎え頂いて、お試し下さいませ。生地、縫製、デザイン、シルエットなど、様々な観点において長年の着用にたえうる、愛着のわいてくる洋服だと思います。

 

 


 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。