オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ サイト内検索
See Translation


What's New!! ~注目トピック

【壺草苑20SS販売会・開催中】
6月27日(土)~7月5日(日)

最終日の7月5日(日)に、本会期の目玉アイテムである「青梅嶋シャツ」を実現させた、工房の若きリーダーの村田さんを初めてお招きします。

*オンラインストア特設ページ>

(1)イベントの詳細>
(2)会期中の店頭の様子>


【20SSセール・スタート】
対象アイテム一覧はこちら>


【大切なお知らせ】
店頭営業を6月1日(月)より再開しております。
インタレストの対策と、お客様にお願いさせて頂きたいことなど詳細はこちら>



 
最近の記事

カテゴリー: ポップアップショップ (1ページ / 6ページ)


<イベント開催中>いよいよ明日、ココチブランド受注会初日です!多くのお客様のご来店を、心よりお待ちしております!

こんにちは、インタレストです。

 

いよいよ明日、インタレストの店頭はココチブランド(=kokochi sun3+kokochi sqir)受注会の初日を迎えます。

 

この日のブログ記事でご紹介している3つのトピックを携え、店頭は既にお客様皆様をお迎えする準備が整っております。ぜひ早速、明日6月13日(土)の会期初日にご来店下さいませ!

 

 

 

 

ブランドおよびイベントの概要につきまして

「革靴はどのようにオーダーしたら良いのか」「ココチブランド受注会とはどのようなイベントか」など本イベントの概要につきましては、先日アップした以下のブログ記事にてまとめております。

特に初めてのオーダーをご検討下さっているお客様におかれましては、ぜひご一読をお願いいたします。

 

<6月6日付ブログ記事>

イベント:ココチブランド受注会「路地裏の靴作家 vol.16」(6月13日~21日)開催のお知らせです >こちらから

 

 

 

 

ご自身のお好みやお悩みに合わせたデザイン&構造でオーダー頂けます

数十種類の靴のモデルを、私たちスタッフが計測する足型に基づくご自身のサイズで、そして革の種類や色などをご自身のお好みでオーダーできるのは当然として、たとえばクッション性に優れたゴムソールでつくることもできますし、「雨の日向け」ということで水に強い革でつくることもできます。

革靴がお好きなお客様向けのご説明になってしまいますが、ソールの種類(製法)につきましても、マッケイ製法・ハンドソーンシングル製法・ハンドソーンダブル製法・ハンドソーンノルベジェーゼ製法などから自由に選ぶことができます。(=「ソールカスタマイズ」サービス)

半年前には「MUKU modified」がリリースされたことで、大定番靴であるMUKUのサイズ展開は実質的に2倍になり、これまで足型が合わずにオーダーできなかったというお客様でも履いて頂けるようになりました。

 

  • <ご参考>ココチブランドポータルサイト:ココチブランドに関するあらゆる情報をまとめたページです >こちらから
  • <ご参考>シリーズ「お客様のココチ」:お客様からオーダーを頂いたココチブランドの靴たちをご紹介しております >こちらから

 

ご参考までに以下の4足のmarco-midという靴、まったく同じモデルなのですが、それぞれすべてソールの種類が違っているのをご確認頂けます。

 

 

 

コロナウィルスの感染拡大防止のための対策につきまして
  • 当店インタレストのコロナウィルスの感染拡大防止のための対策と、それに伴いお客様にお願いさせて頂きたいことにつきましては、こちらのリンク先にて詳細にご案内しております。ご来店前に一度お目を通して頂けますようお願いいたします。
  • 特に、店内でのマスクの着用は必須とさせて頂いておりますお一人おひとりが安全に、そして安心してイベントをお楽しみ頂けますよう、お客様皆様のご協力を賜りましたら幸いでございます。
  • 会期中につきましては通常の対策に加えまして、お客様とスタッフの「密接」を避けるために、基本的には靴のご試着もご自身でお願いさせて頂きたく存じます。(もちろん、必要なサポートは喜んでさせて頂きますのでご安心下さいませ。)
  • なおご参考までに、平時のイベント会期中でも、店内が「密」になることはほとんどございません。偶然のタイミングでそうなりそうな場合も、ご入店人数を制限させて頂くなどの対応をいたします。
  • 皆様それぞれの対策をして頂けましたら、十分に安全で楽しいイベントにさせて頂けます。ぜひふるってご参加頂けましたら嬉しいです。

 

 

 

以下では、たくさんのココチブランドの靴たちが一堂に会したインタレストの店頭の様子をご覧下さいませ。

続きを読む

<イベント>壺草苑”店頭”販売会 「天然藍が染めるふく 2020春夏」(6月27日~7月5日)開催のお知らせです!

こんにちは、インタレストです。

 

国内有数の「灰汁発酵建(あく・はっこうだて)」による天然藍染め工房「壺草苑」、その最新作100点以上が勢揃いする大きな販売会「天然藍が染めるふく 2020春夏」(6月27日~7月5日」を、今回は店頭&オンラインストア双方にてご案内いたします。

会期最終日である7月5日(日)に、本会期の目玉中の目玉アイテムである「青梅嶋シャツ」を実現させた工房の若きリーダーである村田さんを、インタレストでは初めてお招きします。

 

  • 店頭に並ぶ予定のアイテムは必ずしもオンライン販売会と同じではありません。また、今回もオンラインストア特設ページをご用意して、一部アイテムにつきましては通信販売でもお求め頂けるようご用意する予定です。
  • 会期中、あるいはそれ以外でも、インタレスト店頭では常時コロナウィルスの感染拡大防止対策は徹底しております。詳細につきましては、こちらのリンク先にてご確認下さいませ
  • 会期中につきましては通常の対策に加えまして、お客様とスタッフの「密接」を避けるために、基本的には洋服のご試着もご自身でお願いさせて頂きたく存じます。(もちろん、必要に応じてサポートいたしますのでご安心下さいませ。)
  • なおご参考までに、平時のイベント会期中でも、店内が「密」になることはほとんどございません。皆様それぞれの対策をして頂きました上で、ぜひふるってご参加頂けましたら嬉しいです。
  • その他、最新のアップデートにつきましては本ブログの最新記事やInstagramなどにてご確認下さいませ。

 

 

 

 

 

 

今回は店頭販売会なので、恒例の「私物の染めオーダー」(詳細は下記)も承ります。ぜひご利用下さいませ。

       

 

 


 

 

壺草苑(こそうえん)

国内でも(=世界でも)屈指の実力を誇る、灰汁発酵建(あくはっこうだて)による天然藍染めの工房です。
当店では毎シーズン、1点1点「特注」でオーダーした、オリジナルの藍染めアイテムを展開しています。
ブランドの「顔」である「板締め柄」や流麗なグラデーション染めなど、他の追随を許さない匠の技術力はもちろんのこと、
原材料とその品質管理、染める生地のクオリティ、水洗い&天日干しを含めた工程・・・すべてが一流でストイック。
世代を超える普遍的な美しさと丈夫さ、扱いの容易さ、経年変化の楽しさ・・・などを存分にご堪能下さい。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

<ご参考:壺草苑についてより深く知って頂くために>
  • 壺草苑によって藍染めされた生地の(物理的な)丈夫さについて >こちらから
  • 壺草苑の「淡藍染めのクオリティ」に見る、工房の真摯で誠実な仕事ぶり >こちらから
  • 壺草苑の洋服の水洗いについて(店長D編・「真っ藍」のメンズウェア3点) >こちらから
  • 壺草苑の洋服の水洗いについて(スタッフY編・カシミヤ100%のセーター) >こちらから

 

 

 


 

 

本イベントにつきましては、基本的には5月のオンライン販売会のトピックを丸ごと引き継ぎます。

従いまして、以下は基本的には過去のブログ記事を再構成して再掲したものです。分かりやすくまとめておりますので、ぜひ今一度ご確認下さいませ。

 

 

★メイントピック~「青梅嶋」と「青梅嶋シャツ」につきまして

 

もともと本会期の目玉企画として工房と一緒に走らせていたのが、壺草苑の倉庫で20年以上大切に保管されていた「青梅嶋(おうめじま)」の反物の実物・・・もちろんそのすべてが20年物デッドストックという貴重な生地をつかったアイテムのお披露目です。

その「青梅嶋」と「青梅嶋シャツ」につきましては、過去のブログ記事ですが、こちら2つのリンク先にてぜひご確認下さいませ。

歴史的・文化的な価値のある、とびきりレアで貴重な代物です。オンライン販売会の会期中に「青梅嶋シャツの実物が見たい!」というご要望をたいへん多く頂きましたが、本会期中にお試し頂けます。

 

 

 

「青梅嶋」と壺草苑の歴史

現在の東京都青梅市をその発祥の地とする「青梅嶋」は、経糸に綿糸と絹糸を、緯糸に綿糸を合わせた縞柄・格子柄の綿織物(正確には綿絹織物)で、江戸時代、主に庶民層の日常着として大流行しました。

当時の庶民層は、高価な絹糸をつかった着物の着用を禁じられていたのですが、青梅嶋では経糸に密かに絹糸を忍ばせて織られているので、木綿の着物に比べて風合いのニュアンスが豊かで、江戸町民の「粋」の感性に響いたといいます。

江戸時代ですから、当然ながら化学染料は存在しません。青梅嶋の縞柄・格子柄は、藍色をベースに黄色や緑・赤などで表現されているのですが、それらすべてで草木染めの技術がつかわれています。

テレビや映画で見られる江戸時代の町人たちを描いた時代劇で、町娘などが着ている「藍色をした縞柄の着物」は、青梅嶋がそのモチーフになっているとする説も有力です。

 

 

 

この青梅嶋は、その頃のいわゆる「オシャレ」の最先端だったのですが、明治時代に海外からインディゴをはじめとした化学染料が入ってくると次第に衰退していき、そのままその一切が途絶えてしまいます。安価で容易、大量生産に向いている化学染料が、近代化が加速する日本社会に浸透していきました。

そして時は流れて、今から25年ほど前、東京都青梅市に工房を構える壺草苑で、この青梅嶋を復刻させようというプロジェクトが立ち上がります。

研究開発も含めておよそ5年の歳月を経て、「綿糸は手紡ぎの糸を使い、染色には、綿糸は天然藍を、絹糸は、藍・梅・やまももなどを用い、それを手織りで織り上げて」(手元資料より)、江戸時代当時の青梅嶋の完全な復刻に成功したのです。

 

 

 

5年ほど前、当店インタレストでは、そうして復刻に成功した青梅嶋の経験を土台に、当時の技術・機械をつかって、青梅嶋ならではの手紡ぎ・手織りの風合いを忠実に再現しようと織られた生地(=こちらも10年物デッドストック)をご紹介し、たいへんなご好評を頂戴いたしました。

そして今回ご紹介するのは、20年前に織られた青梅嶋の反物のまさに実物です。色とりどりですが、すべて草木染めされた糸によって手織りで織られている、「同じものは二度とつくることはできない」(工房)というきわめて貴重かつ稀少な反物です。

工房と打ち合わせを繰り返した結果、それをつかった第1弾商品として、きわめてシンプルな、それゆえに生地のクオリティの高さをまっすぐにお伝えできる新型シャツをご用意いたしました。

 

 

 


 

 

その他のトピックにつきまして~100点以上の最新作販売と私物藍染め

 

1, 今季20SSコレクションの最新作を一挙に販売いたします
  • 上でご案内した青梅嶋生地をつかったシャツをはじめ、今季20SSの新作たち100点以上をインタレストの店頭にて期間限定で販売いたします。
  • コート・ワンピース・トップス・ボトムス・ストール・小物類・・・と各種カテゴリ、そしてコットン・リネン・シルク・テンセル・パルプ・・・と(藍染めが可能な)各種素材を、フルラインナップで公開&販売いたします(=全点1点物の現品販売です)。
  • 「会期中は具体的にどのような洋服たちが並ぶか」につきましては未定なのですが、それらはすべて半年前に開催された展示会で発表されたアイテムがベースとなります。そこで、それらについて一つひとつ詳細にご説明した「今季20SSの展示会レポート」の該当部分を、下掲リンク先より会期終了日(7月5日)まで再公開いたします。ぜひご参考になさって下さいませ。

 

以下の画像は、今季20SSの新作アイテムたち(サンプル)の一部です。新しい形・新しい生地・新しい染めと、見所だらけで魅力満載です。

 

 

 

 

2, 壺草苑20SSの最新作100点以上をオンラインストア特設サイトで販売いたします
  • 今回の販売会では、展示会レポートでご覧頂けるサンプルのデザインそのものではなく、生地・染め・ディテールを変えて工房が新たに制作する最新作たちです。
  • コレクションの中心となるレディースアイテムをはじめ、常に人気の大定番のアイテム、ストールなどの小物、そして最近ラインナップが一挙に拡充されつつあるメンズアイテムも含めたスペシャルな最新作100点以上を、幅広くご案内いたします。

 

こちら画像3枚は、ちょうど1年前に開催しました昨年春夏シーズンの販売会開催時の店頭です。

 

 

 

(ご参考)インタレスト別注の壺草苑20SSを着たスタイリング

ただいまインタレストではショップ内イベント「スタイリング強化月間」を展開中で、そのなかで壺草苑20SSを他のブランドのアイテムと合わせてつくったスタイリング画像を、ご参考までにいくつかご案内いたします。コレクションの一端に触れて頂けましたら幸いです。(モデルは身長160cmの当店女性スタッフYです。)

すべて当店別注仕様で制作してもらったこれらの着用アイテムにつきましては、すべて当店オンラインストアの壺草苑のページにて現在販売中です。スタイリング&物撮りの多くの画像や各アイテムの詳細な情報も、オンラインストアにてご紹介しております。

6月27日(土)~7月5日(日)の販売会会期中には、これらのアイテム以外に100点以上の最新作をご案内いたします。

 

 

 

 

3, 私物の藍染めオーダーを承ります
  • また、販売会ではすっかり恒例となり、大好評を頂いております「お客様皆様の私物の藍染めオーダー」、もちろん今回も承ります。
  • お見積もり額が計1万円を超えた場合は柄を自由にご指定頂ける藍染めハンカチをプレゼントいたします。詳細につきましては、過去承ったご依頼のBEFORE/AFTERの画像とともに下でたっぷりご紹介いたします。

 

以下、承った私物藍染めのBefore(奇数枚目)とAfter(偶数枚目)です。インタレストからお嫁に行った洋服が相当着られた末に戻って来てくれて、そして藍染めによって生まれ変わり、またオーナー様のもとへ戻っていくということも増えてきていて、本当に感無量です。

06-P1720880 07-P1780402   

 

 

 

以下、「壺草苑とはいかなる藍染め工房か」、「当店インタレストで開催する壺草苑販売会とは何か」につきまして、詳細にご案内いたします。

ぜひこのままお読み進め下さいませ。

続きを読む

<イベント速報> 6月に2つのイベントを開催いたします! (ココチブランドと壺草苑)

こんにちは、インタレストです。

 

6月1日に店頭営業を再開したばかりのインタレストですが、早速今月中にココチブランドと壺草苑、それぞれのイベントを開催いたします。

対策を徹底してお待ちいたしますので、まさに「こんなときだからこそ」の気分転換の意味でも、多くのお客様のご参加を賜りましたらとても嬉しいです。きっととても楽しんで頂けることと思います・・・!

(いずれも緊急事態宣言中に開催予定であったものが「延期」になったもので、店頭営業再開に伴い予定通り開催させて頂くものです。)

 

 


 

 

★ココチブランド受注会「路地裏の靴作家 vol.16」(6月13日~21日)

 

4月に開催予定だったココチブランド受注会につきましては、緊急事態宣言下にあった当時「延期」となっており、そのとき定めた6月13日(土)~21日(日)の期間にて予定通り開催いたします。

 


 

 

本イベントのトピックにつきましては、既に以下のリンク先にて詳細にお知らせしております。(本文中の会期等が当時の日程のままなので、ご注意頂きながらご一覧下さいませ。)

 

*3月22日付ブログ記事~ココチupdate:ココチブランド受注販売会に向けて、3つの主要トピックをたくさんの画像とともにたっぷりご紹介いたします!

 

  • リンク先の本文中では「イベント会期は4月11日~19日」とありますが、これは「6月13日~21日」に延期となっております。6月4日時点で、変更後の「6月13日~21日」の会期にて予定通り開催予定です。
  • 本会期中、靴作家・森田圭一さんの在店はございません。「店頭における『密』のリスクを事前に避けるため」、「森田さん自身の来京に伴う健康リスクを回避するため」、大きくこの2点がその理由です。
  • 会期中、あるいはそれ以外でも、インタレスト店頭では常時コロナウィルスの感染拡大防止対策は徹底しております。詳細につきましては、こちらのリンク先にてご確認下さいませ
  • 会期中につきましては通常の対策に加えまして、お客様とスタッフの「密接」を避けるために、基本的には靴のご試着もご自身でお願いさせて頂きたく存じます。(もちろん、必要に応じてサポートいたしますのでご安心下さいませ。)
  • なおご参考までに、平時のイベント会期中でも、森田さん在店時を除いて店内が「密」になることはほとんどございません。皆様それぞれの対策をして頂きました上で、ぜひふるってご参加頂けましたら嬉しいです。
  • その他、最新のアップデートにつきましては本ブログの最新記事やInstagramなどにてご確認下さいませ。

 

 


 

 

★壺草苑販売会「天然藍が染めるふく 2020年春夏」 (6月27日~7月5日)

 

5月にオンラインストア限定で開催いたしました壺草苑販売会につきましては、日を改めて「店頭での開催」を模索しておりましたが、こちらも当時工房とスケジューリングした通り、6月27日(土)~7月5日(日)の会期にて開催いたします。

会期中のいずれかの日にち(=決定後お知らせいたします)に、本会期の目玉中の目玉アイテムである「青梅嶋シャツ」を実現させた工房の若きリーダーである村田さんを、インタレストでは初めてお招きします。ぜひご期待下さいませ。

 

 

 

本イベントにつきましても、基本的には5月のオンライン販売会のトピックを丸ごと引き継ぎます。とても多かった「青梅嶋シャツの実物が見たい!」というご要望につきましても、会期中にご覧頂けます。

詳細につきましては、以下のリンク先より複数の記事を遡ってご覧頂けます。

 

*壺草苑販売会・2020年春夏関連の記事一覧はこちらから

 

  • リンク先の記事は5月に開催したオンライン販売会関連の記事ですが、今回(6月27日~7月5日)開催予定の店頭販売会とトピックは丸ごとかぶりますので、ほぼそのままご参考にして頂けます。
  • 会期中のいずれかの日にち(=決定後お知らせいたします)に、本会期の目玉中の目玉アイテムである「青梅嶋シャツ」を実現させた工房の若きリーダーである村田さんを、インタレストでは初めてお招きします。
  • 店頭に並ぶ予定のアイテムは必ずしもオンライン販売会と同じではありません。また、今回もオンラインストア特設ページをご用意して、通信販売でもお求め頂けるよう準備するつもりでおります。
  • 会期中、あるいはそれ以外でも、インタレスト店頭では常時コロナウィルスの感染拡大防止対策は徹底しております。詳細につきましては、こちらのリンク先にてご確認下さいませ
  • 会期中につきましては通常の対策に加えまして、お客様とスタッフの「密接」を避けるために、基本的には洋服のご試着もご自身でお願いさせて頂きたく存じます。(もちろん、必要に応じてサポートいたしますのでご安心下さいませ。)
  • なおご参考までに、平時のイベント会期中でも、店内が「密」になることはほとんどございません。皆様それぞれの対策をして頂きました上で、ぜひふるってご参加頂けましたら嬉しいです。
  • その他、最新のアップデートにつきましては本ブログの最新記事やInstagramなどにてご確認下さいませ。

 

 


 

 

双方のイベントにつきまして、今後また改めてアップデートいたします。ぜひ今からご予定頂けましたら幸いでございます。

多くのお客様のご参加を、心よりお待ちしております。

 

 

 


 

 

★店頭営業に関する当店の対策とお客様へのお願いにつきまして

 

こちらのリンク先にて詳細にご案内しております。ご来店頂きます前にご一読頂きますようお願いいたします。

特に、店内では必ずマスクをご着用頂けますようお願いしております。お客様皆様のご理解を賜りますよう、心よりお願いいたします。 (ご着用頂けない場合は、ご入店をお断りさせて頂く場合がございます。)

 

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<イベント開催中>明日、壺草苑オンライン販売会の初日を迎えます!ぜひオンラインストア特設ページまでご来場下さいませ!

こんにちは、インタレストです。

 

★御礼:あるお客様からカメラをお借りできました!

壺草苑からイベント向けの納品があったその日、つまり撮影開始初日に「スタッフの1人」ともいえるカメラが故障し、どうなることかと思ったのですが、そのことをブログで書いたところ、すぐさま「私のをつかって下さい!」という天の声が届き・・・泣。ふてくされていないで、前向きにネタにして良かったです・・・。

昨日・今日と、「天の声」・・・もとい、手を差し伸べて下さったお客様からお借りしたカメラをつかって、撮影を続けることができました。(お客様、本当に本当にありがとうございます><)

過去8年間いつも感じていることですし、とりわけ現在の緊急事態宣言下でいっそうその想いを強くしているところですが、インタレストは素晴らしいお客様と取引先ブランドに恵まれている、この上なく幸せなショップです。いつも本当にありがとうございます!

 

 


 

 

★明日、壺草苑オンライン販売会の初日を迎えます!

 

というわけで、おかげさまで予定通り明日5月9日(土)の12:00頃、こちらのオンラインストア特設ページにて会期初日を迎えることができそうです

本記事がアップされた時点ではまだ掲載点数はゼロのままですが、明日の昼以降にチェック頂けましたら、青梅嶋生地のシャツ以外、今回入荷した洋服の全点をご覧&お求め頂けるよう、ただいま鋭意準備をしております。

 

 

 

>壺草苑オンライン販売会 20SS 特設ページはこちらから

 

 

(以下、本記事で掲載している着用画像で着ているのは、本会期中にお求め頂けるアイテムのほんの一部です。)

 

 

 

*各アイテムの個別ページを毎日更新予定です

今回は店頭販売がなく、オンライン販売のみということで、できる限り多くのアイテム(=目標としては全点!)に1点1点のオススメポイントを、一言ずつでも掲載していきたいと考えております。

例によって会期前半は毎日何らかの更新があるかと思いますので、ぜひ毎日チェックして頂けましたらと思います。

なお、ただいま突貫工事のスケジュールで、目下「とにかく初日までに全点アップ」を目標に動いているため、会期頭には逆にやや情報不足とお感じになるかもしれません。それは徐々に解消されていくものと考えておりますし、もし実物の採寸等のご依頼がありましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ

何もかも初めての試みで手探りですが、いつも店頭で笑顔で過ごさせて頂いているように、今回の会期中はお客様皆様と楽しくご一緒できればと考えております。ぜひご参加頂けましたら嬉しいです。

 

 

 

*商品の発送につきまして

会期中にお買い上げ頂きましたアイテムにつきましては、会期終了後に順次発送させて頂く予定です。

従いまして、お買い上げ頂いてから発送までに最長で1週間前後お待たせする可能性がございます。誠に恐れ入りますが、販売会にご参加頂けるお客様皆様のご理解を賜りますようお願いいたします。

なお、会期中のご注文が1回でも複数回でも、その合計金額が30,000円以上になる場合は送料は無料です。一部の小物以外すべて1点ずつのご用意ですので、気になるアイテムがありましたら、1点から安心して&お早めにお求め下さいませ。

(複数回ご注文頂きます場合、システムで毎回送料がかかってしまうことがありますが、ご注文の合計金額が30,000円以上のときは実際にはご請求いたしません。クレジットカード決済の場合も、会期終了後の発送時に計算し直して、送料が余計にかかってしまっている場合はカードにご返金いたします。)

 

 


 

 

★青梅嶋生地のシャツの発売予定につきまして

 

本イベントの目玉の1つである青梅嶋生地のシャツ、文化的価値もあるスペシャルな生地の際立つクオリティの高さに加えて、それで仕立てられたシャツについてもパターン・縫製ともに素晴らしい仕上がりです。

企画段階からかかわっていた私たちスタッフも、本当にビックリさせられました。

何より生地幅が約40cmしかないという反物の、「洋服」の素材としては厳しすぎる制約を見事にクリアしている点は本当に見事です。用尺の効率も最大限考慮されたパターンでも、青梅嶋1反から2着しかつくれないという貴重さ・ぜいたくさにも震えがきます。

(そもそもの「青梅嶋(おうめじま)とは何か」につきましては、この日のブログ記事をご参照下さいませ。)

 

 

 

 

この青梅嶋のシャツも初日にアップしようと考えていたのですが、実物の強烈なスゴミが画像だけではまったくお伝えできないことがなんとも歯がゆく、その発売に先立ちまして、本ブログにて特集記事をご案内したいと考えております。

(1)一部生地でのセミオーダー販売(=「縦の寸法の修正OK」)、(2)シャツと同じ生地をつかったバッグの販売など、ここ数日でいくつか追加のご提案が可能になったこともあり、初日にすべてご案内するのが難しくなったという事情もございます。

これら諸々をもれなくご紹介する特集記事、明日・明後日にはアップする予定ですので、恐れ入りますがそれまでお待ち頂けましたら幸いでございます。

 

 

 


 

 

★オンライン特設ページの今後のアップデート予定につきまして

 

前後することもあると思いますが、今後の特設ページのアップデートにつきましては、概ね以下の内容を予定しております。

  • 前提:以下のアイテム以外の追加掲載は予定しておりません。
  • 青梅嶋生地のシャツ(6種類×2型=12点、98,000円+税)を、数日内に追加掲載いたします。
  • 浴衣地の反物でつくられた同型シャツ(1種類×2型=2点、47,000円+税)を、数日内に追加掲載いたします。
  • 青梅嶋生地のシャツとセットアップでお求め頂けますバッグ(13,000円+税)のサンプル画像を、会期中程に追加掲載いたします。
  • ストール類とその他小物類(ハンカチ・ランチョンマット・藍染め糸など)を、会期中程に追加掲載いたします。
  • 各掲載アイテムの詳細(=ご説明・寸法・生地の種類など)は、会期初日~中程にかけて毎日更新する予定です。

 

 


 

 

本日お伝えすべき情報は以上です。

 

明日からの壺草苑オンライン販売会、多くのお客様のご参加を心よりお待ちしております!

  • イベントの詳細につきまして >こちらから
  • 販売会の会場となりますオンラインストア特設ページ >こちらから
  • 会期初日を迎えるにあたっての諸々のお知らせ >本日の記事

 

 

 

 

★大切なお知らせ

緊急事態宣言下のインタレストの営業内容につきましては、こちらのブログ記事にて詳しくご案内しております。

各種お問い合わせにつきましては、問い合わせフォームよりお願いいたします。(電話には出ることができません。)

 

 

<イベント>壺草苑”オンライン”販売会 「天然藍が染めるふく 2020春夏」(5月9日~17日)開催のお知らせです!

こんにちは、インタレストです。

 

★壺草苑の今季20SSシーズンの販売会をオンラインストアにて開催いたします

 

国内有数の「灰汁発酵建(あく・はっこうだて)」による天然藍染め工房「壺草苑」、その最新作100点以上が勢揃いする大きな販売会「天然藍が染めるふく 2020春夏」(59日~17)」を、今回はオンラインストア限定でご案内いたします。

 

もともと今回の目玉企画として工房と一緒に走らせていたのが、壺草苑の倉庫で20年以上大切に保管されていた「青梅嶋(おうめじま)」の反物の実物・・・もちろんそのすべてが20年物デッドストックという貴重な生地をつかったアイテムのお披露目です。

それらも含めまして、おそらく初日59()には、ほぼ全アイテムを一斉にアップできる見通しです。ぜひオンラインストア特設ページにご注目下さいませ。

 

 

 

 

<大切なお知らせ>

1年に2度開催する藍染め工房「壺草苑」の販売会、今回は「オンライン販売会」として開催いたします。

当店オンラインストア内に会期中限定で開設する、本イベントの特設ページのみでお買い上げ頂けます。

コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、会期中も店頭はクローズとなります。お電話もお受けできませんので、お問い合わせがある場合はこちらの「問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

(なお、上掲画像にあります通り、現時点で6月下旬に店頭での販売会開催も別途予定しております。こちらについては状況を見ながら、また後日ご案内させて頂きます。)

 

>壺草苑オンライン販売会 20SS 特設ページはこちらから

(現在の商品数はゼロです。現時点では会期初日である5月7日(土)の12:00頃に一斉にアップする予定でおります。)

 

 

ご試着が頂けないなどのご不便をおかけいたしますが、本文中でもご案内する「青梅嶋(おうめじま)」の反物の実物(!)をつかったスペシャルアイテムのお披露目も予定通りございますので、ぜひお客様皆様のご参加を賜りましたら幸いでございます。

 

 

 

 


 

 

★「青梅嶋」と壺草苑の歴史

現在の東京都青梅市をその発祥の地とする「青梅嶋」は、経糸に綿糸と絹糸を、緯糸に綿糸を合わせた縞柄・格子柄の綿織物(正確には綿絹織物)で、江戸時代、主に庶民層の日常着として大流行しました。

当時の庶民層は、高価な絹糸をつかった着物の着用を禁じられていたのですが、青梅嶋では経糸に密かに絹糸を忍ばせて織られているので、木綿の着物に比べて風合いのニュアンスが豊かで、江戸町民の「粋」の感性に響いたといいます。

江戸時代ですから、当然ながら化学染料は存在しません。青梅嶋の縞柄・格子柄は、藍色をベースに黄色や緑・赤などで表現されているのですが、それらすべてで草木染めの技術がつかわれています。

テレビや映画で見られる江戸時代の町人たちを描いた時代劇で、町娘などが着ている「藍色をした縞柄の着物」は、青梅嶋がそのモチーフになっているとする説も有力です。

 

 

 

この青梅嶋は、その頃のいわゆる「オシャレ」の最先端だったのですが、明治時代に海外からインディゴをはじめとした化学染料が入ってくると次第に衰退していき、そのままその一切が途絶えてしまいます。安価で容易、大量生産に向いている化学染料が、近代化が加速する日本社会に浸透していきました。

そして時は流れて、今から25年ほど前、東京都青梅市に工房を構える壺草苑で、この青梅嶋を復刻させようというプロジェクトが立ち上がります。

研究開発も含めておよそ5年の歳月を経て、「綿糸は手紡ぎの糸を使い、染色には、綿糸は天然藍を、絹糸は、藍・梅・やまももなどを用い、それを手織りで織り上げて」(手元資料より)、江戸時代当時の青梅嶋の完全な復刻に成功したのです。

 

 

 

5年ほど前、当店インタレストでは、そうして復刻に成功した青梅嶋の経験を土台に、当時の技術・機械をつかって、青梅嶋ならではの手紡ぎ・手織りの風合いを忠実に再現しようと織られた生地(=こちらも10年物デッドストック)をご紹介し、たいへんなご好評を頂戴いたしました。

そして今回ご紹介するのは、20年前に織られた青梅嶋の反物のまさに実物です。色とりどりですが、すべて草木染めされた糸によって手織りで織られている、「同じものは二度とつくることはできない」(工房)というきわめて貴重かつ稀少な反物です。

工房と打ち合わせを繰り返した結果、それをつかった第1弾商品として、きわめてシンプルな、それゆえに生地のクオリティの高さをまっすぐにお伝えできる新型シャツをご用意いたしました。

工房も胸を張るその仕上がり、実物が届き次第、販売方法の詳細も含めて本ブログやInstagramにてご紹介いたします。ぜひご期待下さいませ。

 

 

 


 

 

藍染め工房「壺草苑」と本オンライン販売会につきまして

 

1, 今季20SSコレクションの最新作を一挙に販売いたします
  • 上でご案内した青梅嶋生地をつかったシャツをはじめ、今季20SSの新作たち100点以上をオンラインストア特設ページにて会期限定で販売いたします。
  • コート・ワンピース・トップス・ボトムス・ストール・小物類・・・と各種カテゴリ、そしてコットン・リネン・シルク・テンセル・パルプ・・・と(藍染めが可能な)各種素材を、フルラインナップで公開&販売いたします(=全点1点物の現品販売です)。
  • 「会期中は具体的にどのような洋服たちが並ぶか」につきましては未定なのですが、それらはすべて半年前に開催された展示会で発表されたアイテムがベースとなります。そこで、それらについて一つひとつ詳細にご説明した「今季20SSの展示会レポート」の該当部分を、下掲リンク先より会期終了日(5月17日)まで再公開いたします。ぜひご参考になさって下さいませ。

 

以下の画像は、今季20SSの新作アイテムたち(サンプル)の一部です。新しい形・新しい生地・新しい染めと、見所だらけで魅力満載です。

 

 

 

 

2, 壺草苑20SSの最新作100点以上をオンラインストア特設サイトで販売いたします
  • 今回の販売会では、展示会レポートでご覧頂けるサンプルのデザインそのものではなく、生地・染め・ディテールを変えて工房が新たに制作する最新作たちです。入荷アイテムにつきましては、オンラインストア特設ページにて、会期初日の5月7日(土)の12:00をめどに一斉に公開できる見通しです。
  • コレクションの中心となるレディースアイテムをはじめ、常に人気の大定番のアイテム、ストールなどの小物、そして最近ラインナップが一挙に拡充されつつあるメンズアイテムも含めたスペシャルな最新作100点以上につきまして、その特設ページにてご案内できるかと思います。
  • 状況が状況であるだけに予定通りにいかない可能性もあるかと思いますので、これからも必要に応じてアップデートいたします。

 

こちら画像3枚は、ちょうど1年前に開催しました昨年春夏シーズンの販売会開催時の店頭です。本来は今回もこうして店頭を藍色に染め上げてお客様をお迎えしたかったのですが、今回はそのぶんオンラインストア特設ページを充実させてお届けいたします。

 

 

 

(ご参考)インタレスト別注の壺草苑20SSを着たスタイリング

ただいまインタレストではショップ内イベント「スタイリング強化月間」を展開中で、そのなかで壺草苑20SSを他のブランドのアイテムと合わせてつくったスタイリング画像を、ご参考までにいくつかご案内いたします。コレクションの一端に触れて頂けましたら幸いです。(モデルは身長160cmの当店女性スタッフYです。)

すべて当店別注仕様で制作してもらったこれらの着用アイテムにつきましては、すべて当店オンラインストアの壺草苑のページにて現在販売中です。スタイリング&物撮りの多くの画像や各アイテムの詳細な情報も、オンラインストアにてご紹介しております。

繰り返しになりますが、5月9日(土)~17日(日)のオンライン販売会会期中には、これらのアイテム以外に100点以上の最新作につきまして、オンラインストア特設ページにてご紹介いたします。

 

 

 

 

以下、「壺草苑とはいかなる藍染め工房か」、「当店インタレストで開催する壺草苑販売会とは何か」につきまして、詳細にご案内いたします。

ぜひこのままお読み進め下さいませ。

続きを読む