オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ キャッシュレス・消費者還元事業に伴う店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして
See Translation


 
最近の記事

カテゴリー: スタイリング (1ページ / 65ページ)


<スタイリング強化月間>今季19AWのスタイリング強化月間のスタートをお知らせいたします!

こんにちは、インタレストです。

日が暮れるのがハッキリと早くなり、だいぶ涼しくなってきましたので、恒例の「スタイリング強化月間」をオンラインストアInstagramにてご案内いたします。(本ブログでも後日特集記事をアップできればと考えています。)

いつも通り、当店女性スタッフY(身長160cm)と男性店長D(身長179cm)をモデルに様々なルックをつくって撮影し、そのスタイリング画像を主にオンラインストアとInstagramに続々アップしてまいります。

オンラインストアでは個別アイテムの詳細を、Instagram(のトップページ)では全スタイリング画像をご一覧頂けますので、ぜひ使い分けて頂けましたら幸いです。

 

 

★シルエットや着丈・着方、そして定性的な情報も

身長160cmのYが着たときのシルエットや着丈、あるいは同じアイテムの異なった着方なども、なるべく分かりやすくご覧頂けるようにいたします。また、「実物を着たところ意外にもこうだった」というようなお役立ち頂ける定性的な情報も、本ブログやオンラインストアにて随時お知らせしていくつもりです。

最近は店頭で丈詰めなど新品時でのお直しを承ることが本当に多いのですが、ご要望に応じて通信販売でも同様のご依頼を承ることが増えてきました。

それはたとえば「○cm詰めて○cm折り返しで残しておく」といった安全な方法で承ることができる場合ですが、ともあれ、スタッフYによるスタイリング画像をご覧頂ければ、丈詰めやその他お直しのイメージなども含めて様々にご参考にして頂けるかと思います。

 

たとえば以下のような情報をお知らせいたします

こちらのLOKITHOのドレスは、(もちろんお好みにもよりますが)身長160cmでしたらまったく問題なく着られることが分かりました。身長155cm以下の方は丈詰めをして頂くことになると思いますが、お直し屋さんの看板を掲げているお店さんであれば、どこでも間違いなく受けてくれる仕様です。

また半袖のドレスですが、画像2枚目のようにニットインナーなどを合わせてステキな冬ルックでも着て頂くことができます。

 

 

同じシリーズのこちらのワンピースの形については、よりカジュアルな着こなしが可能で、かなりフレキシブルで便利な「洋服」であることが確認できました。

ANITYAのフライトジャケットをフワッと羽織ってもとてもかわいかったです。

 

 

この日のブログ記事で「たくさんの着方ができる」とご紹介したRobes&Confectionsのドレス、実際に様々に着てみました。

本当に全部ステキです。何しろこのシリーズはテキスタイルが素晴らしすぎるわけですが、こうして実際着てみて、そして外で撮影してみてそのことを強く実感することができました。

こちらもロング丈ですが、絶対に丈詰めが必要という身長は150cm以下の場合だと思います。そして丈詰めするとしても簡単に直せる仕様です。

 

 

今季19AWにご提案している「ダブルジャケットを着ませんか?」キャンペーンにつきましても、このスタイリング強化月間でしっかりご紹介していきたいと考えております。

今季Robes&Confectionsから提案されているダブルジャケットの形は、ドレスやスカートなどレディースアイテムとの合わせでこそ取り入れて頂きたい、しかも時代やトレンドを選ばない普遍的なアイテムであると考えております。

 

 


 

 

★「スタイリング強化月間」中に多くのアイテムが完売いたします

毎シーズン必ず申し上げておりますが、ありがたいことにこの「スタイリング強化月間」は本当に多くのお客様がご参考にして下さっていて、実際このタイミングで最も多くアイテムが完売いたします。一部のアイテムを除くほぼ全点が1点ずつの入荷で、それらにつきましてはお買い上げ→即完売となります。

そしてこれも毎シーズン必ず、完売後に「迷っている間に売れてしまった・・・再入荷は・・・??」というご質問をたいへん多く頂戴いたします。ご希望にお応えできる可能性は、大きめに見積もって1~2割くらいですので、手に入るタイミングでぜひお求め下さいませ。

今後は毎日のようにオンラインストアInstagramのアップデートが続くと思います。ぜひインタレストの「スタイリング強化月間」にご注目下さいませ。

 

 

 


 

★大切なお知らせ

消費税増税に関わるインタレストの店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして >こちらから

10月1日(水)の消費税増税後も、どうぞ安心してインタレストのお買い物をお楽しみ下さいませ。

 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<入荷アイテム詳報>Eatable of Many Orders19AW:クラシカルかつ王道=無敵のシングルトレンチコートと、素材感×保温性×シルエット=最強のシルクキルトベスト全4点をご紹介いたします!(アンサンブルでのご着用も!)

こんにちは、インタレストです。

本日はEatable of Many Orders(エタブル)19AWより、シングルトレンチコートとシルクキルトベストの2型4色をご紹介いたします。

シングルトレンチコートはきわめてシンプルなデザインなので、着勝手の良さとお手入れが簡単である上、「素材のエタブル」「縫製のエタブル」をまっすぐに味わって頂けます。対照的にシルクキルトベストはデザインとパターンがとても凝っていますし、さらに素材も極上ということでパーフェクトに「エタブル節」です。

しかもこの両者、アンサンブル(=組み合わせ)で一緒に着て頂けるというファッションな仕掛けも最高に楽しいです。

 

 

 

 

Eatable of Many Orders

デザイナー:新居幸治、新居洋子

その”Eatable(=食べられる)”という名の通り、まさに「大地の香り」がする天然素材の洋服たちです。
彼らに「調理」される綿・麻・絹・毛・・・などの天然素材や、テキスタイルの種類や製法、
あるいはその歴史的・文化的な背景にまで及ぶ徹底的なリサーチと深い洞察にもとづいて生み出される洋服たちは、
基本クラシカルで王道的でありながら、パターンやディテールなどで「ならでは」の独自のスパイスが利いています。
また、その素材のクオリティの高さや誠実で丁寧な縫製も圧倒的で、多くの支持を集めています。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

それでは以下、全4点と展示会でそのサンプルを着たスタイリングをご覧下さいませ。

(サンプルがLサイズだったため、スタイリングのモデルは身長179cmの男性店長Dです。表記価格はすべて「税抜価格」です。)

続きを読む

<入荷アイテム詳報>Leh19AW:Leh節がきわまったブラウス・スカート・パンツの計6点をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日はLeh19AWより、ブラウス2色・スカート2色・パンツ2色の計6点をご紹介いたします。

いずれも、たとえばインタレストでそれを見た瞬間に「これはLehだな」と分かってしまうくらい、「彼ららしさ」の塊のようなアイテムたちです。それは「ならでは」のクラフト感はもとより、デザインや素材選び・縫製すべてにおいて言えることで、他のどのブランドでも見られない工夫のラッシュで本当に楽しいです。

以下でたっぷりご紹介いたしますので、ぜひ実物をお試し頂きまして、「唯一無二の洋服を着る楽しさ」を存分に楽しんで頂けましたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

Leh

デザイナー:三上卓也

感性を磨き続けるため、あるいは現地でモノ作りをするため、デザイナーは1年のうち長い日々を海外ですごします。
彼らの洋服は、ときには国産の上質な生地をつかって、国内の優秀な縫製工場で仕立てられ、
ときには海外の手紡ぎ手織りのクラフト生地をつかって、海外の職人の手縫いで生み出されます。
それはときにはモードの顔つきで、ときにはヴィンテージの顔つきで、まさにノージャンルかつボーダレス。
一個の労働者・職人として真摯な手仕事に取り組むという一貫した姿勢が、揺らがぬ大黒柱です。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから!

 

 

以下、いつも通り展示会でサンプルを着たスタイリング画像などとともに、たっぷりお楽しみ下さいませ。

(スタイリングのモデルは女性が身長160cmのスタッフY、男性が身長179cmの店長D、表記価格はすべて「税抜価格」です。)

続きを読む

<入荷アイテム詳報>19AWコート特集 vol.2:LOKITHOのチェスターフィールドコート、ANITYAの”ECWCS”コールドウェザーコートの全4点をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日は真冬にも着られるヘビーアウター類(=コート類)を詳細にご紹介する詳報の第2弾として、LOKITHOのチェスターフィールドコート2色、ANITYAの”ECWCS”コールドウェザーコート2色の全4点をご紹介いたします。

 

★強い自負と思い入れのあるコート特集の第2弾です

秋冬シーズンのオーダーにおける最難関は、一貫してヘビーアウター類(=コート類)のセレクトです。秋冬シーズンの「顔」として、どのブランドも力の入ったアイテムを提案してくれるので、迷いに迷って困りに困って、オーダーシートを提出する頃には頭がクラクラさせながら決定しています。

「コートはまだ着るのは先だから」とあなどることなかれ、動きのはやいアイテムはコートであろうとニットであろうと秋がやってくる前に完売いたします。私たちとしても、絞り込んだ末に実際に入荷している各ブランドのコートたちには、一際強い自負と思い入れがあります。

気に入ったアイテムがありましたら、ぜひお早めにご検討&お試し下さいませ。

 

★入荷アイテム詳報~19AWシーズンのコート特集記事
  • 第1弾:Robes&Confectionsのガウンコート、tiit tokyoのカウチンニット、ANITYAのフライトジャケット >こちらから
  • 第2弾:LOKITHOのチェスターフィールドコート、ANITYAの”ECWCS”コールドウェザーコート >本記事です

 

 


 

LOKITHO

デザイナー:木村晶彦

先端的な”made in Japan”の素材・加工を駆使して、ストイックで洗練された洋服たちを生み出します。
パターニングや縫製など「つくり」も誠実かつ丁寧で、隙がありません。
一方、多様な技術を駆使して毎季リリースされるオリジナルの柄生地は一貫してどこか懐かしい印象で、
あるいは彼らの洋服を着たときの美しいシルエットは奇をてらわず、いずれも「郷愁」を感じさせる意匠です。
エッジの効いたファッション的なエレガンスでありながら、時代を選ばない普遍性も兼ね備えます。

 

 

 

ANITYA

デザイナー:岸知良

「ファッション」「モード」に寄りすぎない。かといって「日常着」「汎用着」にも寄りすぎない。
「女性向け」でも「男性向け」でもない。何事にも偏らず「中正」「中庸」である。 
この抽象的なブランドコンセプトは、パターニング・素材選び・縫製までデザイナーが一貫して手がけるコレクションと、
そしてそのアイテム1点1点、そのディテール一つひとつにまで具体的に落とし込まれます。 
ミニマルかつ無垢でありながら決して「普通」ではない、どこかで見たことがあるようで決定的な何かが違っている、
透明感の塊のようでいて凜と主張する。そんな「中正」の洋服たちが、あらゆる別々の個性に心地よく寄り添います。  

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

 

以下、いつも通り物撮り画像とスタイリング画像とをたっぷりご覧下さいませ。

(スタイリングのモデルの身長および着用サイズは下記いたします。表記価格はすべて「税抜価格」です。)

続きを読む

<入荷アイテム詳報>壺草苑19AW:全点インタレスト別注によるこだわりの1点物の洋服たち、入荷第2弾の全6点をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日は壺草苑19AWより、この日のブログ記事でご紹介した第1弾入荷アイテムに続きまして、第2弾入荷アイテム全6点をご紹介いたします。

今季壺草苑は「着やすさ」「着勝手の良さ」にかなりこだわってオーダーしていて、本日ご紹介するのもすべて素晴らしい便利アイテムたちです。

そして、今季19AWも壺草苑は全点インタレスト別注アイテムの1点物です。生地に染めに形にディテールに頭をひねってオーダーし、そして工房は変わらぬストイックな仕事で完璧かそれ以上のアイテムを届けてくれています。

 

今回ご紹介するアイテムたちが入荷してきたとき、我ながら「細かいことまでよく考えてオーダーしてるな~」と、もうすっかり忘れている当時の自分の頑張りを褒めてあげたくなりました。笑

というのも、実は本日ご紹介する全6点は「2型×3素材」なので形は2種類だけなのですが、壺草苑の今季19AWのトピックを余すことなくふんだんに取り込みつつ、インタレストのお客様に着て頂きやすいアイテムたちを、それぞれまったく別の顔つきでご用意できたという自負があるからです。

「着やすさ」「着勝手の良さ」にこだわった今季19AWの壺草苑、オンラインストアにて勢揃いしております。一部冬物素材を除き、着られるシーズンも長い万能アイテムだらけです。すべてインタレストが頭をひねってオーダーし工房がそれに全力で応えてくれた自信作たちですので、ぜひ積極的にお試し下さいませ。

 

 

 

 

壺草苑(こそうえん)

国内でも(=世界でも)屈指の実力を誇る、灰汁発酵建(あくはっこうだて)による天然藍染めの工房です。
当店では毎シーズン、1点1点「特注」でオーダーした、オリジナルの藍染めアイテムを展開しています。
ブランドの「顔」である「板締め柄」や流麗なグラデーション染めなど、他の追随を許さない匠の技術力はもちろんのこと、
原材料とその品質管理、染める生地のクオリティ、水洗い&天日干しを含めた工程・・・すべてが一流でストイック。
世代を超える普遍的な美しさと丈夫さ、扱いの容易さ、経年変化の楽しさ・・・などを存分にご堪能下さい。

  • 現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから!
  • 壺草苑によって藍染めされた生地の(物理的な)丈夫さについて >こちらから
  • 壺草苑の「淡藍染めのクオリティ」に見る、工房の真摯で誠実な仕事ぶり >こちらから

 

以下、同じ形でも素材感や染めの種類による雰囲気・印象の違いなどにもご注目頂きながら、たっぷりご確認下さいませ。

続きを読む