オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ サイト内検索
See Translation


What's New!! ~注目トピック

【20SSセール・スタート】
対象アイテム一覧はこちら>


【大切なお知らせ】
店頭営業を6月1日(月)より再開しております。
インタレストの対策と、お客様にお願いさせて頂きたいことなど詳細はこちら>



 
最近の記事

カテゴリー: スタイリング (1ページ / 74ページ)


<イベント開催中>オンラインストア特設ページに、壺草苑販売会限定アイテムをどんどんアップしてまいります!

こんにちは、インタレストです。

 

★ただいま店頭では壺草苑販売会を開催中です!

 

 

入荷アイテムは順次オンラインストア特設ページにアップいたします

昨日の日記でも少し触れましたが、現在店頭に並んでいる壺草苑のラインナップは5月のオンラインストア販売会のときのそれとはだいぶ異なっていて(=目安3分の2くらい入れ替わっています)、お客様のお相手をさせて頂いている合間に、ドンドン撮影を進めています。

そしてそれらについて、順次オンラインストア特設ページにアップしてまいりますので、ぜひ連日ご確認頂けましたら嬉しいです。

今回も素晴らしいアイテムがたくさん入荷してきています。店頭とオンラインストア特設ページ双方で、ぜひたくさんお楽しみ下さいませ!

 

 

明日も引き続き、多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

 

 

 


 

 

★店頭営業に関する当店の対策とお客様へのお願いにつきまして

 

こちらのリンク先にて詳細にご案内しております。ご来店頂きます前にご一読頂きますようお願いいたします。

特に、店内では必ずマスクをご着用頂けますようお願いしております。お客様皆様のご理解を賜りますよう、心よりお願いいたします。 (ご着用頂けない場合は、ご入店をお断りさせて頂く場合がございます。)

 

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 

<イベント開催中>文化的価値も高い、壺草苑によるスペシャルプロダクト「青梅嶋シャツ」を詳細にご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

 

★ただいま壺草苑オンライン販売会を開催中です

  • イベントの詳細につきまして >こちらから
  • 販売会の会場となりますオンラインストア特設ページ >こちらから
  • 会期中のアップデート予定など諸々のお知らせ >こちらから
  • メイントピックである「青梅嶋シャツ」の詳細につきまして >本記事です

 

 

本記事では、イベントの目玉アイテムの1つである青梅嶋生地のシャツにつきまして、その詳細についてご案内いたします。

 

 

壺草苑 青梅嶋シャツA

価格 (税抜き): 98,000円
生地・色: 青梅嶋生地1~6
サイズ: フリー
素材: コットン83%・シルク17%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): オンラインストア特設ページへ

 

 

壺草苑 青梅嶋シャツB

価格 (税抜き): 98,000円
生地・色: 青梅嶋生地1~3、6
サイズ: フリー
素材: コットン83%・シルク17%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): オンラインストア特設ページへ

 

 


 

 

今回の企画の大前提である「青梅嶋とは何か」につきまして、この日のブログ記事からの引用で改めてご説明させて頂きます。

 

★「青梅嶋」と壺草苑の歴史

現在の東京都青梅市をその発祥の地とする「青梅嶋」は、経糸に綿糸と絹糸を、緯糸に綿糸を合わせた縞柄・格子柄の綿織物(正確には綿絹織物)で、江戸時代、主に庶民層の日常着として大流行しました。

当時の庶民層は、高価な絹糸をつかった着物の着用を禁じられていたのですが、青梅嶋では経糸に密かに絹糸を忍ばせて織られているので、木綿の着物に比べて風合いのニュアンスが豊かで、江戸町民の「粋」の感性に響いたといいます。

江戸時代ですから、当然ながら化学染料は存在しません。青梅嶋の縞柄・格子柄は、藍色をベースに黄色や緑・赤などで表現されているのですが、それらすべてで草木染めの技術がつかわれています。

テレビや映画で見られる江戸時代の町人たちを描いた時代劇で、町娘などが着ている「藍色をした縞柄の着物」は、青梅嶋がそのモチーフになっているとする説も有力です。

 

 

 

この青梅嶋は、その頃のいわゆる「オシャレ」の最先端だったのですが、明治時代に海外からインディゴをはじめとした化学染料が入ってくると次第に衰退していき、そのままその一切が途絶えてしまいます。安価で容易、大量生産に向いている化学染料が、近代化が加速する日本社会に浸透していきました。

そして時は流れて、今から25年ほど前、東京都青梅市に工房を構える壺草苑で、この青梅嶋を復刻させようというプロジェクトが立ち上がります。

研究開発も含めておよそ5年の歳月を経て、「綿糸は手紡ぎの糸を使い、染色には、綿糸は天然藍を、絹糸は、藍・梅・やまももなどを用い、それを手織りで織り上げて」(手元資料より)、江戸時代当時の青梅嶋の完全な復刻に成功したのです。

 

 

 

5年ほど前、当店インタレストでは、そうして復刻に成功した青梅嶋の経験を土台に、当時の技術・機械をつかって、青梅嶋ならではの手紡ぎ・手織りの風合いを忠実に再現しようと織られた生地(=こちらも10年物デッドストック)をご紹介し、たいへんなご好評を頂戴いたしました。

そして今回ご紹介するのは、20年前に織られた青梅嶋の反物のまさに実物です。色とりどりですが、すべて草木染めされた糸によって手織りで織られている、「同じものは二度とつくることはできない」(工房)というきわめて貴重かつ稀少な反物です。

 

 

 

 


 

 

★青梅嶋生地の実物の質感や特徴につきまして

 

青梅嶋の質感は、正確には手元にある6種類それぞれで微妙に異なるのですが、全体的に程よいハリ感がありながら、きわめてしなやかで軽やかです。薄手で肌当たりも良く言うことなしなのですが、さらに独特のコシもあって、繊細ではなくむしろ「丈夫そう」という印象を持ちます。

それぞれ草木染めで染められたシルクの金糸や赤糸、あるいは藍糸が美しい光沢を放ち、それが深いコクのあるコットンの藍糸とともに縞柄に織られることで、この上なく上品ながら、それでいてその根底で庶民的な雰囲気が漂う、なんとも「粋」な生地に織り上がっています。

また、遠目ではまったく分からないのですが、近づいてよく見ると生地の表面には細かな節があり、これはこの生地が手織りで織られたことを物語っています。とても20年以上前に織られたとは思えない完璧で緻密な縞柄と、その状態の良さも際立ちます。

 

 

 

そう、それからこれは撮影していて本当に驚いたのですが、たぶん光による視覚的な効果もあって、この生地の反物やシャツの表面を藍色の膜のような層が覆っているような、なんとも雅な見え方になります。

以下の画像4枚、おそらくそのことをご確認頂けると思います。ほんのコンマ何ミリかの藍色の膜に覆われているかのような・・・。角度によっては、画像でなく実物を見ていても感じる不思議な現象です。

 

 

*青梅嶋生地の種類(1~6)につきまして

今回ご用意している青梅嶋生地は、全6種類です。便宜的に、こちらの画像の左からそれぞれ1,2,3,4,5,6といたします。(オンラインストア特設ページでも同様の表現をしております。)

4,5では藍染めされたシルクの藍糸・・・これがコットンの藍糸よりも淡く鮮やかな色味なのですが、それがつかわれているため、1,2,3に対して実物でも明らかに藍味(青み)が強いです。

6はハッキリと赤みが強く、藍色と相まって全体的にパープルがかった色味になっています。(おそらく茜染めとみられる)シルクの赤糸が素晴らしく効いています。

 

 

そして画像1枚目&2枚目ともに、左から1,2,3です。

これらそれぞれの違いは、特に単体で見てしまうと見間違ってしまうくらいに「ニュアンス」なのですが、こうして画像を並べて見比べて頂きますと、ハッキリお分かりになるかと思います。

視覚的な見え方の違いは、(おそらく山桃染めとみられる)シルクの金糸の量の違いによるものです(1>2>3)。1,2,3でつかわれている藍糸はすべてコットン糸なので、その深い濃紺の色味と華やかな金の色味のコントラストが最高に美しい3色です。

 

 

それにしても、上記の引用部分で「5年ほど前、復刻に成功した青梅嶋の経験を土台に、当時の技術・機械をつかって、青梅嶋ならではの手紡ぎ・手織りの風合いを忠実に再現しようと織られた生地(=こちらも10年物デッドストック)をご紹介した」と書きましたが、「ああ、あれはこの生地がモデルだったのか」と、強い感慨を覚えます。

当時の生地でお持ち下さっているお客様も多くいらっしゃると思いますが、両者はまったくの別物です。それは「良い・悪い」という単純な話ではまったくなく、そもそもの「生地の種類」がまったく異なります。(表情・質感・色味・・・何もかもがまったく違います。似ているのは独特の縞柄模様であるという点だけです。)

本記事では青梅嶋生地の実物のスゴみを、少しでもお伝えしたいと考えております。(以下の画像は1枚目~6枚目がそれぞれ生地1~6です。)

 

 


 

 

★青梅嶋生地をつかった新作シャツを2型ご紹介いたします

 

*「青梅嶋シャツ」のコンセプトと制作経緯について

工房から青梅嶋生地の存在と、それをつかった「洋服」の制作を考えているというアイデアを聞いたのは、昨年の夏の終わりだったと思います。そのときに反物の実物も見せてもらって、その美しさに震えるほどの感動を覚えたことを鮮明に記憶しています。

いろいろ議論をしたのですが、そのときにポイントになったのは大きく以下の3点でした。

  • 圧倒的に大きかったのは、生地幅が約40cmしかないという「洋服」をつくるには厳しすぎる制約をクリアする必要があったこと
  • その上で、この生地の極上のクオリティを一切邪魔しないデザインであるべきということ
  • さらにその上で、用尺の効率を徹底的に高めて「高価すぎない価格」を実現する必要があるべきということ

 

 

 

「生地で魅せる」という意味ではワンピースやスカートも良いのですが、それ1枚で生地1反をつぶしてしまう面積になる上、そうしたとしても横幅がまったく足りずにパターン・縫製で高度な工夫が必要になりそう=ものすごく高価になってしまいそうということで、早々に却下となりました。

シャツも構築的・立体的なパターンなのでどうなのかなと思っていたのですが、実際には諸々の諸条件をクリアして素晴らしいアイテムに仕上げて納品してきてくれました。

価格は98,000円+税と、これだけで見ると高価という意味で「破格」なのですが、実はもとの生地値やパターン・縫製の原価を考えるとリーズナブルという意味で「破格」にしてくれています。(本当に・・・かなり無理をしてがんばってくれています・・・がんばらせてしまったか・・・汗。)

 

 

 

*新作シャツ2型の違いについて(A型 or B型)

さて、新作シャツは2型展開と書きましたが、実は両者の違いは後ろ身頃の着丈しかありません。

実は、もともとはここでご紹介する「B型」のパターンしかなかったのですが、工房と打ち合わせをしたときに私たちが提案した「A型」のパターンも追加でつくってくれました。後ろ身頃の着丈しか違いませんが、両者でお客様のお好みは大きく分かれると思いますので、両方ご提案できてとても嬉しいです。工房にも心から感謝しています。

 

こちら画像1枚目&2枚目は、前身頃と後ろ身頃の着丈が同じバージョンで、こちらを便宜的にA型としております。上の生地の種類と合わせて、この画像のシャツは「青梅嶋シャツ4-A」となります。

一方画像3枚目&4枚目は、前身頃に対して後ろ身頃が長いバージョンで、こちらを同じくB型としております。上の生地の種類と合わせて、この画像のシャツは「青梅嶋シャツ1-B」となります。

(A型とB型の前身頃の着丈は同じ59cmで、後ろ身頃の着丈は前者が59cm・後者が66cmです。その他の実寸値につきましても、オンラインストア特設ページにてご確認頂けます。)

 

 

*シャツの形・ディテール・シルエットなどについて

後ろ身頃の着丈以外の構造・ディテールはA型・B型共通です。そこでこちら「青梅嶋シャツ4-A」で、このシャツの構造的な特徴についてご紹介いたします。

幅40cmの反物生地をつかうことが前提で、「こうせざるを得なかった・・・」が「こうなってステキ!」に見事に昇華されているパターニングとデザインの妙を、ぜひご確認頂けましたらと思います。

 

まずはこちらの画像2枚目、このように前身頃を開けてサラッと羽織りのように着てもかなり素敵です。身幅が大きいので、この着方も相当絵になります。

画像1枚目&2枚目、肩が落ちるデザインでアームホールも大きく、身幅など横の寸法は相当ゆったりのサイズ感です。
 

画像1枚目、ボタンは洗練されたホワイトシェルボタン。画像2枚目、素肌で着ても気持ちの良い生地です。

 

ディテールで最も特徴的なのは、袖先カフスの部分です。ボタンを開くと画像1枚目のようになり、それを画像2枚目のようにかぶせてボタンホールに留める仕様になっています。

画像1枚目、カフスボタンをきつく締めると袖先ボタンはこのように2つ見え、そして画像2枚目、全身で見ても袖先の見え方はとてもスマートなシャツに見えます。(形は「青梅嶋シャツ3-A」です。)

一方、こちらの画像1枚目、カフスボタンを緩めて締めると袖先ボタンはこのように4つ見え、そして画像2枚目、全身で見たときに袖先がこうして広がって比較的カジュアルな見え方になります。(形は「青梅嶋シャツ6-B」です。)

 

画像1枚目&2枚目、後ろ身頃は真ん中で切り替えが入っていて、左右それぞれに生地の横幅の目いっぱい(←縫製部分を合わせて)がつかわれています。このつくりなので、このシャツは生地1反につき2枚しかつくることができません。

 

シルエットについてはこの通り、その大きな身幅(=画像3枚目&4枚目)の割りにとても美しく、インタレストの大好物でもあるスタンダードなボックスシルエットで飽きもきません。すぐ下で触れるように、その合わせ方も自由自在で間違いなく万能です。

 

 

*シンプルなデザイン&シルエットで、着合わせやスタイリングが無敵です

青梅嶋シャツは1~6どの生地も「藍染め感」がとても控えめで、かつシャツの形やシルエットもきわめてシンプルなので、どんな洋服とも合いますし、どんな着方も楽しんで頂けます。

今回はいつもモデルをしている当店女性スタッフY(身長160cm)に、この青梅嶋シャツと様々なブランドの様々なアイテムとを着てもらい、バリュエーションも豊かにスタイリングをつくってみました。(横や後ろの姿など、スタイリング画像の詳細につきましては特設ページの個別アイテムからご確認下さいませ。)

Robes&ConfectionsのスラックスLOKITHOのクロップドパンツなどの「きれいめ」アイテムはもちろん、SancaのデニムパンツやRobes&Confectionsのイージーバギーパンツなどのカジュアルウェア、ANITYAのラップスカートRobes&Confectionsの柄物スカートとの相性もすべてバッチリで、撮影していて本当に感動しました。

 

シンプルなシャツであるA型を着たルックについては、意識的に「きれいめスタイル」を目指してつくってみました。

 

 

後ろ身頃が長いシャツであるB型を着たルックについては、意識的に「カジュアルなスタイル」を目指してつくってみました。ただ、実際にはA型・B型ともに「きれいめ」も「カジュアル」もこなしてくれます。

 

 

*追加のご提案 -その1:セットアップでシンプルなバッグをご用意いたします

本会期中にサンプルが送られてくる予定という、本当に最近になってから沸き上がった話なのですが、シャツをお買い上げ下さったお客様に、そのシャツと同じ生地でおつくりする、シンプルなファスナーバッグをご用意できることになりました。価格は13,000円+税です。

オンラインストア特設ページにて、シャツと同時購入もできるようにしておりますのでご確認下さいませ。

 

以下の画像でご覧頂けるように、A4サイズの書類等が入るマチのないシンプルなファスナーバッグで、基本的にはご自身のメインバッグに入れてつかって頂くことになるかなと思います。お仕事先などで取り出したとき映えまくるかもです。

このバッグ単体でもオーダー頂けます。詳細につきましては、この日のブログ記事をご参照下さいませ。

 

 

 

*追加のご提案 -その2:シャツのセミオーダーを承ります

今回おつくりしたシャツの現物は、たとえば身長165~170cmくらいになると着丈や袖丈が足りなくなるかもしれません。またデザイン的には男性でも着られるシャツなのですが、男性の場合どうしても袖丈は足りないことが多いと思います。

そこで「縦の寸法のみ」&「用尺的に可能な長さまで」で、かつ生地1,4~6の4種類限定で、セミオーダーを承ることになりました。(たとえば「袖丈+4cm」「着丈+5cm・袖丈+2cm」など) こちらもオンラインストア特設ページにてご相談ページをご用意しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

身幅・肩幅など「横の寸法」の修正については、今回はご対応いたしません。(幅が約40cmという反物生地をつかうことが前提の特殊なパターンで、横の寸法をいじるのは難しいだろうとのことです。)

また、シャツの現物が完売している場合、あるいは今回は入荷していない「青梅嶋シャツ4-B」などをご所望の場合、現物そのものと同じ寸法でよろしければ、オプション料金なしで1点ずつ縫製し、ご用意することができます。こちらもぜひお気軽にご相談下さいませ

なお、申し上げるまでもないことですが、生地在庫はきわめて限定的で、かつ今後の復刻は完全に不可能という希少品です。ご所望の場合は、ぜひお早めにお求め&ご相談下さいませ。

 

 

 


 

 

★こちらも注目アイテム、「浴衣地シャツ」につきまして

 

以下、青梅嶋生地ではないので番外編ですが、同じく販売会の要注目アイテムです。

 

壺草苑 浴衣地シャツA

価格 (税抜き): 47,000円
生地・色: 浴衣生地(反物)
サイズ: フリー
素材: コットン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): オンラインストア特設ページへ

 

 

壺草苑 浴衣地シャツB

価格 (税抜き): 47,000円
生地・色: 浴衣生地(反物)
サイズ: フリー
素材: コットン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): オンラインストア特設ページへ

 

 

こちらはコットン100%の反物で、もとは浴衣に仕立てるための生地なのだそうです。そしてなんとこちらも青梅嶋と同じくらいの歴史がある・・・つまり20年近く前のデッドストック生地とのこと。バリッとした生地感がカッコ良い、こちらも縞柄の生地です。

もともとの生地値を聞いたら、こちらも飛び上がるような価格でビックリしてしまいました。(それでも青梅嶋と比べれば段違いにお安いのですが、文化的価値も高い青梅嶋は本当にスペシャルなので・・・汗。)

この浴衣地で縫製されたシャツも、それぞれA型・B型で入荷しています。扱いやすいコットン100%ということで、「ガンガン着まくりたい!」という方には、むしろこちらがオススメかもしれません。ぜひ合わせてご検討下さいませ。

 

 


 

 

たいへん長くなってしまいましたが(汗)、本日は以上です。

 

開催中の壺草苑オンライン販売会、多くのお客様のご参加を心よりお待ちしております!

  • イベントの詳細につきまして >こちらから
  • 販売会の会場となりますオンラインストア特設ページ >こちらから
  • 会期中のアップデート予定など諸々のお知らせ >こちらから
  • メイントピックである「青梅嶋シャツ」の詳細につきまして >本記事です

 

 

 

 

★大切なお知らせ

緊急事態宣言下のインタレストの営業内容につきましては、こちらのブログ記事にて詳しくご案内しております。

各種お問い合わせにつきましては、問い合わせフォームよりお願いいたします。(電話には出ることができません。)

 

 

<入荷アイテム詳報+スタイリング強化月間>Leh20SS:今季最終入荷はブランドの真骨頂である「最強のクラフト感」がほとばしる、渾身の総手刺繍&リメイクアイテム3型です!

こんにちは、インタレストです。

 

シーズン中に店頭在庫として入荷するアイテムを、たくさんの物撮り画像とスタイリング画像でご紹介するシリーズ「入荷アイテム詳報」をお届けいたします。

 

 

★サイズ感表記の基準につきまして

  • 「サイズ感の基準」と「スタイリング画像」のモデルとなります女性・男性2人の当店スタッフの体型データは以下の通りです。
  • レディース:サイズ感の基準・スタイリング画像の女性モデルとなるスタッフYは、身長160cmで体重はBMI「普通体重」の下の方、骨格的に上半身が華奢な体型です。
  • スタッフYにつきまして、取り扱いブランドのジャストフィッティング(←実際に着る「好みのサイズ」ではありません)の例は、LOKITHOのトップスでサイズ「1」、同ボトムスで「2」、Robes&Confectionsの全アイテムで「1」です。ユニクロはほぼすべてMサイズです。
  • メンズ:サイズ感の基準・スタイリング画像の男性モデルとなる店長Dは、身長179cmで体重はBMI「普通体重」の真ん中、骨格的には標準的ですがやや筋肉質な肉付きです。
  • 店長Dにつきまして、取り扱いブランドのジャストフィッティング(←実際に着る「好みのサイズ」ではありません)の例は、どのブランドでもトップスは最大サイズ、ボトムスはRobes&Confectionsで「2」or「3」を、ANITYAで「2」、LehでMサイズです。ユニクロはトップスがXL、ボトムスは着丈でLサイズ(ウエストはMサイズ)です。
  • 展示会でのサンプル着用ルックでは、スタッフY・店長D以外がモデルをつとめているケースが多々あります。着用モデルの身長や着用サンプルのサイズなどにつきましては、オンラインストアの各アイテムのページにてご確認下さいませ。

 

 

★在庫につきまして

  • 今季20SSより、ほんの数型(インナーや小物など)の例外を除き、人気の有無を問わず全アイテム各色1点ずつの在庫となっております。お気に入りはぜひお早めにお試し&お求め下さいませ。
  • 完売したアイテム、あるいは色違い・サイズ違いなどにつきましては、ブランド在庫がある場合に限り、お取り寄せしてご用意することができます。オンラインストアの各アイテムのページ内、「商品についてのお問い合わせ」よりご連絡下さいませ。
  • なお誠に恐れ入りますが、お取り寄せは事前にお買い上げをご確約頂ける場合に限らせて頂いております。

 

 


 

 

1, Leh リリック総手刺繍・カバーオールシャツジャケット

Hand Embroidery Coverall Shirt Jacket
価格 (税抜き): 78
,000円
色: ブラック
サイズ: S
素材: ポリエステル100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): Lehのページへ

 

 

1, オススメポイント

アメリカの作家チャールズ・ブコウスキーをフィーチャーし、彼のお墓に刻まれていることで有名な”Don’t Try”をはじめとした数々のリリックをすべて手刺繍で施したという、見た目もつくりも強烈なインパクトと存在感を放つ「量産という概念を捨て、作品としての存在感を備えた1枚」(ブランド資料より)です。

裁断したあとのパーツに、ブランドのスタッフがチャコペンでリリックを書き込み、それをもとに職人が刺繍を入れて、そのあとに縫製するという途方もない手間と時間がかけられています。半年前の展示会でサンプルを着ていたデザイナーの三上さんがそれを脱ぎながら、「これ自信作なんでぜひ着てみて下さい」と手渡してくれた1点です。

形はカバーオールジャケットが原型になっていますが、薄いシャツ生地で縫製されているため、アイテム名にあるように「シャツジャケット」として機能面でも万能のつかい勝手の良さを誇ります。また実際に着てみて思ったのですが、Lehのブルゾン類ではあまり見かけない、かなりシャープなシルエットで着られて相当カッコ良いです。

既に入荷済のシルク×ヘンプのジャカード地によるジャケットとまったく同型ですが、前者が国内縫製で凜とした美しさがあるのに対して、こちらは”made in India”によるクラフト感にあふれた、そして最強のクラフト感がほとばしるリリックの総手刺繍入りということで、両者の雰囲気は本当にまるっきり異なります。まったくの同型で、互いにこれだけ違う雰囲気を持つアイテムはLehにしかつくれないのではないかと、本当に感動させられます。

その異素材同型と比べると圧倒的な主役感のあるアイテムなので、他に着るアイテムはシンプルめがオススメ・・・といいたいところなのですが、今回はあえて盛りに盛ったゴージャスなスタイリングもつくってみました。毎回必ずこういうルックをつくりたくなるのですが、今回も「柄on柄on柄on柄」という感じで、やはり撮影していて最も楽しかったです(笑)。皆様もぜひ、様々にお楽しみ頂けましたら嬉しいです。

 

2, サイズ感と着心地

インタレストでの入荷サイズは最小Sサイズで、もちろんユニセックスアイテムとしてのご提案です。

ただいまスタイリング強化月間を開催中ということで、本記事で掲載しているスタイリング画像はすべて、スタッフYが入荷したアイテム実物を着ている画像です。このアイテムも着ていますので、ぜひご参考になさって下さいませ。

YがSサイズを着て完璧なサイズ感です。下にいろいろ着られるゆったりの着た感でいて、シャープでカッコ良いシルエットで着て頂けます。

 

 


 

 

2, Leh リメイク・カシミール羽織りジャケット

Re: Kashmir HAORI Jacket
価格 (税抜き): 46,000円
色: レッド、ブラック
サイズ: ワンサイズ
素材: (表地)アンティークウール100%、(別布)ユーズドコットン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): Lehのページへ

 

 

1, オススメポイント

「Lehでは定番的に掘り出してくる、インドヴィンテージの民族衣装kashmir jacketを二着解体し組み合わせたものをベースに、こちらも解体したユーズドデニムを羽織り状に組み合わせた一着」(ブランド資料より)です。

色はブラック・レッドの2色展開ですが、つかわれるヴィンテージ生地は1枚1枚異なるため、入荷した「商品」ももちろん両方とも1点物です。サイズはフリーのワンサイズですし、実際性別・体型を問わず、それぞれにカッコ良く着て頂けます。

私たちが大感動した数シーズン前のリメイクカシミールジャケットと同様、メインの素材はもちろんインド産ですが、縫製は日本のアイテムということもあって、裏地までとても丁寧かつニュアンスに富んだ縫製がなされていて感動的です。(これはぜひ、下掲詳細な物撮り画像にてご確認下さいませ。)

レッド・ブラックともに、まずはその美しいカシミール刺繍柄にご注目頂きたいのと、巧みな縫製できわめて立体感のある仕上がりとなっている点、そして実はその総裏地仕様で着心地も抜群に良いという点にも、ぜひご注目下さいませ。

さらに、ユーズドデニムのパーツは他のデニムリメイクパンツを制作する際に出る端切れをつかっているというエピソードも、インタレストとしてはとてもツボでした。「エコ」という要素ももちろんですが、それ以上に実にLehらしい「気づきの工夫だな」とたいへん感心しました。

こちらもやはり主役級のアイテムなので、無地のワンピースの上からサラッと羽織ったり、シンプルなデニムスタイルとスッキリ合わせたりするのが王道かと思います。

「何にでも合わせやすい」という類いのアイテムではありませんが、類い希なる1点もの感がほとばしる、たいへん貴重で稀少な1点です。こちらはひと目ぼれして下さったら間違いなく「買い」です。今季Lehの最終入荷、ぜひお早めにお求め下さいませ。

 

2, サイズ感と着心地

ただいまスタイリング強化月間を開催中ということで、本記事で掲載しているスタイリング画像はすべて、スタッフYが入荷したアイテム実物を着ている画像です。このアイテムも着ていますので、ぜひご参考になさって下さいませ。

YがSサイズを着て、ゆったりのリラックスフィットです。ただこのアイテムについては、あまりサイズ感云々は関係ないかもしれませんね。強調させて頂きたいのは、繰り返しになりますが「着心地が良い」という点です。これはきっとご期待以上ではないかと思います。

 

 


 

 

Leh

デザイナー:三上卓也

感性を磨き続けるため、あるいは現地でモノ作りをするため、デザイナーは1年のうち長い日々を海外ですごします。
彼らの洋服は、ときには国産の上質な生地をつかって、国内の優秀な縫製工場で仕立てられ、
ときには海外の手紡ぎ手織りのクラフト生地をつかって、海外の職人の手縫いで生み出されます。
それはときにはモードの顔つきで、ときにはヴィンテージの顔つきで、まさにノージャンルかつボーダレス。
一個の労働者・職人として真摯な手仕事に取り組むという一貫した姿勢が、揺らがぬ大黒柱です。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから!

 

 


 

 

以下、関連する画像を一挙にご紹介する画像集です。

各アイテム・各色を、物撮り画像・ディテール画像、スタイリング画像(スタッフ着用・オフィシャルルック)などを、一挙にご覧下さいませ。

なお、モデルの身長や着用サイズなどより詳細な数値データにつきましては、オンラインストアの各アイテムの個別ページにて掲載しております。下掲画像をご一覧頂き気になるアイテムがありましたら、ぜひ個別ページをご参照下さいませ。

続きを読む

<入荷アイテム詳報+スタイリング強化月間>LOKITHO20SS:「ブランドの顔」である花刺繍シリーズ&コード刺繍より屈指のオススメモデル3型をご紹介です!

こんにちは、インタレストです。

 

シーズン中に店頭在庫として入荷するアイテムを、たくさんの物撮り画像とスタイリング画像でご紹介するシリーズ「入荷アイテム詳報」をお届けいたします。

 

 

★サイズ感表記の基準につきまして

  • 「サイズ感の基準」と「スタイリング画像」のモデルとなります女性・男性2人の当店スタッフの体型データは以下の通りです。
  • レディース:サイズ感の基準・スタイリング画像の女性モデルとなるスタッフYは、身長160cmで体重はBMI「普通体重」の下の方、骨格的に上半身が華奢な体型です。
  • スタッフYにつきまして、取り扱いブランドのジャストフィッティング(←実際に着る「好みのサイズ」ではありません)の例は、LOKITHOのトップスでサイズ「1」、同ボトムスで「2」、Robes&Confectionsの全アイテムで「1」です。ユニクロはほぼすべてMサイズです。
  • メンズ:サイズ感の基準・スタイリング画像の男性モデルとなる店長Dは、身長179cmで体重はBMI「普通体重」の真ん中、骨格的には標準的ですがやや筋肉質な肉付きです。
  • 店長Dにつきまして、取り扱いブランドのジャストフィッティング(←実際に着る「好みのサイズ」ではありません)の例は、どのブランドでもトップスは最大サイズ、ボトムスはRobes&Confectionsで「2」or「3」を、ANITYAで「2」、LehでMサイズです。ユニクロはトップスがXL、ボトムスは着丈でLサイズ(ウエストはMサイズ)です。
  • 展示会でのサンプル着用ルックでは、スタッフY・店長D以外がモデルをつとめているケースが多々あります。着用モデルの身長や着用サンプルのサイズなどにつきましては、オンラインストアの各アイテムのページにてご確認下さいませ。

 

 

★在庫につきまして

  • 今季20SSより、ほんの数型(インナーや小物など)の例外を除き、人気の有無を問わず全アイテム各色1点ずつの在庫となっております。お気に入りはぜひお早めにお試し&お求め下さいませ。
  • 完売したアイテム、あるいは色違い・サイズ違いなどにつきましては、ブランド在庫がある場合に限り、お取り寄せしてご用意することができます。オンラインストアの各アイテムのページ内、「商品についてのお問い合わせ」よりご連絡下さいませ。
  • なお誠に恐れ入りますが、お取り寄せは事前にお買い上げをご確約頂ける場合に限らせて頂いております。

 

 


 

 

1, LOKITHO 花刺繍チュールレース・総刺繍ドレス

Flower Embroidered Dress
価格 (税抜き): 74,000円
色:ブルー×ブラック、ホワイト×ホワイト
サイズ: 2
素材: (本体基布)ナイロン100%、(刺繍糸)レーヨン100%、(別布)トリアセテート72%・ポリエステル28%、(インナー)ポリエステル100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): LOKITHOのページへ

 

ただいま「スタイリング強化月間」を開催中で、本記事で掲載しているスタイリング画像は、すべて入荷した実物をスタッフYが着た画像です。サイズ感や他のアイテムとの合わせ方など、そのままご参考にして頂けます。

 

1, オススメポイント

「LOKITHOといえば」という花刺繍チュールレースシリーズより、そのハイエンドアイテムである総刺繍ドレスをご紹介いたします。

「刺繍柄はパッと見ると過去と同じに見えるかもしれませんが、今の自分が最も良いと思えるバランスや配置・色・柄でまったく新しく描き直しています。糸もあえて「かすり」の糸をつかったりして立体感を出しています」(デザイナーの木村さん)

ブラックチュールにブルーベースの入った刺繍が入ったブラック×ブルーは実績のある定番色で「これぞ」という雰囲気で、またホワイトチュールにホワイトベースの刺繍が入ったホワイト×ホワイトはこれまで見たことのない色でとても新鮮です。

また花刺繍シリーズの総刺繍ドレスといえば、身長160cmで着ると裾が地面に付くか付かないかのマキシ丈のつくりがほとんどですが、これもおそらくブランド史上初めて、今季は身長160cmで着て「すね下丈」という理想的なドレス丈での提案になっています。これまで「着丈が長すぎて着られなかった」という方にとってもチャンスだと思います。

シルエットは縦に細長いLOKITHO流クラシックドレスの形で、奇をてらわない普遍的な美しさが際立ち、とても安心感があります。当店でLOKITHOのドレスをお買い上げ下さるお客様は、いわゆる「オケージョン向け」ではなく普段着としてお召しになる方がほとんどです。ぜひ皆様も日常づかいも含めてお召しになって下さいませ。

既にご紹介済みの同じ刺繍が施されたコットンギャバジンシリーズのスカート(カーキブラック)と合わせて、特にインタレストでご紹介している今季の花刺繍シリーズのアイテムについては、その活用の幅の広さという意味でもたいへんオススメです。

 

2, サイズ感と着心地

実寸値で身幅48cm・ウエスト70cmですので、まさに「いつものLOKITHOのサイズ2」という、典型的なサイズ感です。リラクシングなサイズ感ではありませんが、タイトフィッティングでもまったくありません。生地も軽くてやわらかく、実は着心地の良さも抜群です。

ちなみに、モデルをしているスタッフYのジャストフィッティングはおそらくワンサイズ小さいサイズ「1」ですが、このように「2」を着ても美しくスッキリのシルエットで着られます。LOKITHOはサイズによって着丈など「縦の寸法」はほとんど変わらないので、サイズは比較的にフレキシブルにお選び頂いて大丈夫だと思います。

合わせているアイテムも含めたスタイリング画像と詳細な物撮り画像のすべてにつきまして、オンラインストアのLOKITHOのページより個別アイテム毎に大量にご用意しております。ぜひご確認下さいませ。

 

 


 

 

2, LOKITHO コード刺繍・レイヤーオールインワン

Cord Embroidered All-In-One
価格 (税抜き): 55,000円
色:ブラック×ゴールド刺繍、ネイビー×ブラック刺繍(Sold Out)
サイズ: 2
素材: (表地)ポリエステル97%・ポリウレタン3%、(別布)ポリエステル100%、(裏地)キュプラ100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): LOKITHOのページへ

 

ただいま「スタイリング強化月間」を開催中で、本記事で掲載しているスタイリング画像は、すべて入荷した実物をスタッフYが着た画像です。サイズ感や他のアイテムとの合わせ方など、そのままご参考にして頂けます。

 

1, オススメポイント

過去のシーズンと比べても特に素晴らしいと感じる今季20SSのコード刺繍シリーズ、その中でも特に強くオススメしたいのがこのドレス風のオールインワンの形です。

ボトムス部分でパンツの上から透け感のあるレース地がサラッと重なる絶妙なレイヤースタイルになっていて、これがエレガンス&「粋」の極みです。1枚で絵になる本当にステキなデザインだと思います。

胸元のコード刺繍は、ブランドが長年タッグを組む群馬県桐生市の刺繍工場による仕事で、ベースの生地が一切よれたり乱れたりしないのは本当に見事です。当たり前のようでいて当たり前ではない、きわめて高度な技術力が光ります。

そのコード刺繍以外はほぼ完全な単色アイテムで、かつ涼しげなトップス部分もたとえばインナータートルニットなどを合わせれば普通に真冬も着られるデザイン&生地感なので、着回しの良さ・着られるシーズンの長さという意味でも重ねてオススメです。

またサンプルのときは着丈がとても長くつくられていたのですが、それが商品化で修正され、このように身長160cmのスタッフYが詰めずに履ける着丈になっています。見た目のシルエットとは異なり、身頃も比較的ゆったりのつくりなので、実は着心地も抜群のアイテムでもあります。

とにかく見た瞬間に目を引く、圧倒的な物の良さが際立つアイテムだと感じます。この形は初めてのリリースですし、来季20AWでは展開がありません。残りは既に1色1点のみ、ぜひお早めにご検討下さいませ。

 

2, サイズ感と着心地

上でほとんど書いてしまっていますが、縦の寸法も横の寸法もとても着やすく合わせやすいアイテムです。スタッフYが着るとかなり余裕のあるサイズ感です。それでいてこの美しいシルエットで着られてしまうので、本当に得がたいアイテムだと思います。

身長160cmの方がスニーカーと合わせようとするとき、あるいは身長155cmの方がヒール靴と合わせようとするときで、おおよそ5cmほど丈詰めをすれば気持ち良く着られると思います。着ていてパンツが下に下がってくるという現象がありませんので、その安心感も大きいです。

合わせているアイテムも含めたスタイリング画像と詳細な物撮り画像のすべてにつきまして、オンラインストアのLOKITHOのページより個別アイテム毎に大量にご用意しております。ぜひご確認下さいませ。

 

 


 

 

3, LOKITHO 花刺繍オーガンジー・フレアスカート

Border Flower Embroidered Skirt
価格 (税抜き): 55,000円
色:ブラック×ベージュ、ブラック×レッド
サイズ: 2
素材: (本体)ポリエステル100%、(刺繍糸)レーヨン100%、(別布)トリアセテート72%・ポリエステル28%、(インナー)ポリエステル100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): LOKITHOのページへ

 

ただいま「スタイリング強化月間」を開催中で、本記事で掲載しているスタイリング画像は、すべて入荷した実物をスタッフYが着た画像です。サイズ感や他のアイテムとの合わせ方など、そのままご参考にして頂けます。

 

1, オススメポイント

ポリエステルオーガンジー地にボーダー状に花刺繍の入ったシリーズより、私たちが最も日常づかいしやすそうと感じた総刺繍のスカートを、ブラック×ベージュ・ブラック×レッドの2色で入荷しています。

きわめて精緻で立体感&高級感のある、美しいボーダー花刺繍が入っています。真上のコード刺繍生地といい、LOKITHOはこういうオリジナルテキスタイルをサラッと提案してしまうので見過ごしがちですが、まじまじと見てみると声を失うくらいのスーパースペシャルな仕上がりです。下掲物撮り画像でぜひご確認下さいませ。

生地感については、冒頭ご紹介した「しんなり」のチュールレースシリーズと比べるとオーガンジー地ならではのハリ感があり、また程よい透け感もあるので、とりわけ物撮り画像と比べると、履いたときに見た目も実際も気持ちの良い清涼感を覚えます。

LOKITHOはとても凝ったパターンのアイテムが多いのですが、このスカートは間違いなくこの美しいボーダー花刺繍を活かすために、きわめてシンプルな縫製でつくられています。フレア感も大げさすぎずに程よく、また着丈もどなたが履いても詰めずに済む理想的な長さなので、買うときも着るときも気を張る必要はありません。

タイツやレギンスと合わせて履けば真冬以外の3.5シーズン履いて頂けそうなのと、無地のトップスであれば何でも合わせられるというつかいやすさもその魅力です。これだけのつくりのスカートを気軽に合わせて履けるというぜいたくを、ぜひ存分にお楽しみ頂けましたらと思います。

 

2, サイズ感と着心地

ウエストの実寸値が67cmですので、LOKITHOが「(腰ではなく)ウエストで履くスカート」として提案しているときのサイズ「2」のつくりです。普段腰履きで70~73cmくらいのウエスト寸・・・つまり一般的なレディースMサイズ相当でお選び頂いている方が履いてちょうど良いサイズ感です。

スタッフYが履くと、若干ウエストから落ちて腰履き風になります。この履き方でご覧の通り「すね下丈」の理想的なロングスカートになります。

上でも書きましたが、フレア感もほどほどで着丈もシルエットもシンプルなので、物撮りの見た目と比べても、とても履いて頂きやすいスカートです。

このアイテムに限らず、LOKITHOのサンプル着用画像ではすべてサイズ「2」を着ています。ただしそれを着ているモデルの身長や体型・体格がそれぞれアイテム毎に異なりますので、オンラインストアのLOKITHOページより個別アイテム毎にご確認下さいませ。

 

 


 

 

LOKITHO

デザイナー:木村晶彦

先端的な”made in Japan”の素材・加工を駆使して、ストイックで洗練された洋服たちを生み出します。
パターニングや縫製など「つくり」も誠実かつ丁寧で、隙がありません。
一方、多様な技術を駆使して毎季リリースされるオリジナルの柄生地は一貫してどこか懐かしい印象で、
あるいは彼らの洋服を着たときの美しいシルエットは奇をてらわず、いずれも「郷愁」を感じさせる意匠です。
エッジの効いたファッション的なエレガンスでありながら、時代を選ばない普遍性も兼ね備えます。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 


 

 

以下、関連する画像を一挙にご紹介する画像集です。

各アイテム・各色を、物撮り画像・ディテール画像、スタイリング画像(スタッフ着用・オフィシャルルック)などを、一挙にご覧下さいませ。

なお、モデルの身長や着用サイズなどより詳細な数値データにつきましては、オンラインストアの各アイテムの個別ページにて掲載しております。下掲画像をご一覧頂き気になるアイテムがありましたら、ぜひ個別ページをご参照下さいませ。

続きを読む

<スタイリング強化月間>今季20SSのスタイリング強化月間のスタートをお知らせいたします!

こんにちは、インタレストです。

 

既に何度かフライングでお知らせしておりますが、毎シーズン恒例の「スタイリング強化月間」をオンラインストアInstagramにてご案内いたします。(本ブログでも後日特集記事をアップできればと考えています。)

いつも通り、当店女性スタッフY(身長160cm)と男性店長D(身長179cm)をモデルに様々なルックをつくって撮影し、そのスタイリング画像を主にオンラインストアとInstagramに続々アップしてまいります。

オンラインストアでは個別アイテムの詳細を、Instagram(のトップページ)では全スタイリング画像をご一覧頂けますので、ぜひ使い分けて頂けましたら幸いです。

 

 

★モデルの体型とサイズ感表記につきまして

  • レディース:サイズ感の基準・スタイリング画像の女性モデルとなるスタッフYは、身長160cmで体重はBMI「普通体重」の下の方、骨格的に上半身が華奢な体型です。(画像1枚目&2枚目)
  • スタッフYにつきまして、取り扱いブランドのジャストフィッティング(←実際に着る「好みのサイズ」ではありません)の例は、LOKITHOのトップスでサイズ「1」、同ボトムスで「2」、Robes&Confectionsの全アイテムで「1」です。ユニクロはほぼすべてMサイズです。
  • メンズ:サイズ感の基準・スタイリング画像の男性モデルとなる店長Dは、身長179cmで体重はBMI「普通体重」の真ん中、骨格的には標準的ですがやや筋肉質な肉付きです。(画像3枚目&4枚目)
  • 店長Dにつきまして、取り扱いブランドのジャストフィッティング(←実際に着る「好みのサイズ」ではありません)の例は、どのブランドでもトップスは最大サイズ、ボトムスはRobes&Confectionsで「2」or「3」、ANITYAで「2」、LehでMサイズです。ユニクロはトップスがXL、ボトムスは着丈でLサイズです(ウエストはMサイズ)。

 

(以下の画像1~4枚目、着ているTシャツは形もサイズもまったく同じで、1枚目&2枚目のモデルがスタッフY、3枚目&4枚目のモデルが店長Dです。)

 

 

 

 

「着たときのサイズ感」についてお気軽にお問い合わせ下さいませ

インタレストの入荷アイテムは全点、必ず一度はスタッフが着ていますので、「着たときのサイズ感」についてはかなり詳細にご案内することができます。

オンラインストアの個別アイテムのページでは、実物を採寸した実寸値も掲載しておりますし、同じページからそのままお問い合わせ頂くこともできます。ぜひお気軽に当店スタッフまでお尋ね下さいませ。

 

たとえば、平均的な身長の日本人女性が履くときには丈詰めが前提になっているLOKITHOのパンツについて、こちら画像1枚目2枚目ともに、裾先を約7.5cm内側に折り返して撮影しています。これでYが履いてヒールに少しかかる着丈になります。

 

 

通信販売でもお直しが可能なケースもあります

最近は店頭で丈詰めなど新品時でのお直しを承ることが本当に多いのですが、ご要望に応じて通信販売でも同様のご依頼を承ることが増えてきました。

それはたとえば「○cm詰めて○cm折り返しで残しておく」といった安全な方法で承ることができる場合ですが、ともあれ、スタッフYによるスタイリング画像をご覧頂ければ、丈詰めやその他お直しのイメージなども含めて様々にご参考にして頂けるかと思います。

当店で承ったお直しの事例につきましては、こちらのブログ記事をご参考になさって下さいませ。

 

 


 

 

★シルエットや着丈・着方、そして定性的な情報も

「スタイリング強化月間」では、身長160cmのYが着たときのシルエットや着丈、あるいは同じアイテムの異なった着方なども、なるべく分かりやすくご覧頂けるようにいたします。

 

たとえば、こちらLehのパンツ(グレーブラック)、大きく3種類のシルエットで履くことができます。裾を絞って履いている画像1枚目、ストレートで履く画像2枚目、裾を広げて履く画像3枚目&4枚目、かなり楽しい構造になっていてスタイル自在に履いて頂けます。

 

 

 

また、私たち自身にとっても「着て初めて分かる魅力」という気づきが多いため、「実物を着たところ意外にもこうだった」というような定性的な情報も、本ブログやオンラインストアにて随時お知らせいたします。

たとえば・・・と、このコーナーは本当にきりがないくらい多いのですが、本記事でも少しだけ。

 

「基本的に裾は詰めるようかな」と考えてたこちらのtiit tokyoのドレス(ホワイトネイビー)、画像2枚目のようにウエストをベルトで引っ張り上げることで、普通にステキなスタイリングをつくることができました。もともとシンプルで着心地の良いコットン無地なので、これは重宝しそうです。

 

 

基本的にはワンピースの一枚着かなと感じていたこちらmuucのガウンワンピース、画像2枚目のような羽織りづかいがものすごくつかいやすいことが分かりました。このことは、muucが得意とするシャツワンピースタイプのアイテム全般にいえることです。

 

 

ANITYAの履き心地抜群のストレッチデニムパンツ(インディゴブラック)は、その強いテーパードシルエットゆえに画像2枚目のようにロングトップスと合わせるレギンスのようなつかい方も可能です。デニム地で丈夫ですしストレスが皆無のテキスタイルで、その役割にうってつけです。これは大きな発見でしたね。

 

 

そして意外でもなんでもなく、まったくの想定通りで「超」の付くつかい勝手だったのが、Robes&Confectionsのサファリジャケット(画像1枚目&2枚目)とジャケットシャツ(ブラックグレー、画像3枚目~6枚目)ですね。例によって「あまりつかいすぎないように」と意識しなければいけないくらい、合わせやすさが素晴らしかったです。

 

 

 

そしてこちらも完全に期待通り、無敵のインナーとして絶対に持っていたいのがmuucのリブニットトップス(ブラックグレーレッド、画像1枚目&2枚目)と、Robes&Confectionsのネットチュールトップス(ホワイトWストライプBストライプ)ですね。これはもう間違いなく必携です。

 

 

 


 

 

★「スタイリング強化月間」中に多くのアイテムが完売いたします

毎シーズン必ず申し上げておりますが、ありがたいことにこの「スタイリング強化月間」は本当に多くのお客様がご参考にして下さっていて、実際このタイミングで最も多くアイテムが完売いたします。

一部のアイテムを除くほぼ全点が1点ずつの入荷で、それらにつきましてはお買い上げ→即完売となります。

そしてこれも毎シーズン必ず、完売後に「迷っている間に売れてしまった・・・再入荷は・・・??」というご質問をたいへん多く頂戴いたします。ご希望にお応えできる可能性は、大きめに見積もって1~2割くらいですので、手に入るタイミングでぜひお求め下さいませ。

今後は毎日のようにオンラインストアInstagramのアップデートが続くと思います。ぜひインタレストの「スタイリング強化月間」にご注目下さいませ。

 

 

 

 


 

★大切なお知らせ

緊急事態宣言下のインタレストの営業内容につきましては、こちらのブログ記事にて詳しくご案内しております。

各種お問い合わせにつきましては、問い合わせフォームよりお願いいたします。(電話には出ることができません。)