オンラインストアへ インタレストのインスタグラムへ キャッシュレス・消費者還元事業に伴う店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして
See Translation


 
最近の記事


<入荷アイテム詳報>Eatable of Many Orders19AW:クラシカルかつ王道=無敵のシングルトレンチコートと、素材感×保温性×シルエット=最強のシルクキルトベスト全4点をご紹介いたします!(アンサンブルでのご着用も!)

こんにちは、インタレストです。

本日はEatable of Many Orders(エタブル)19AWより、シングルトレンチコートとシルクキルトベストの2型4色をご紹介いたします。

シングルトレンチコートはきわめてシンプルなデザインなので、着勝手の良さとお手入れが簡単である上、「素材のエタブル」「縫製のエタブル」をまっすぐに味わって頂けます。対照的にシルクキルトベストはデザインとパターンがとても凝っていますし、さらに素材も極上ということでパーフェクトに「エタブル節」です。

しかもこの両者、アンサンブル(=組み合わせ)で一緒に着て頂けるというファッションな仕掛けも最高に楽しいです。

 

 

 

 

Eatable of Many Orders

デザイナー:新居幸治、新居洋子

その”Eatable(=食べられる)”という名の通り、まさに「大地の香り」がする天然素材の洋服たちです。
彼らに「調理」される綿・麻・絹・毛・・・などの天然素材や、テキスタイルの種類や製法、
あるいはその歴史的・文化的な背景にまで及ぶ徹底的なリサーチと深い洞察にもとづいて生み出される洋服たちは、
基本クラシカルで王道的でありながら、パターンやディテールなどで「ならでは」の独自のスパイスが利いています。
また、その素材のクオリティの高さや誠実で丁寧な縫製も圧倒的で、多くの支持を集めています。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

それでは以下、全4点と展示会でそのサンプルを着たスタイリングをご覧下さいませ。

(サンプルがLサイズだったため、スタイリングのモデルは身長179cmの男性店長Dです。表記価格はすべて「税抜価格」です。)

続きを読む


本日も多くのお客様のご来店とお問い合わせを賜りまして、誠にありがとうございました!

こんにちは、インタレストです。

本日も多くのお客様のご来店とお問い合わせを賜りまして、誠にありがとうございました。

 

突然寒くなってきて(←「涼しく」)ではなく、心も身体もビックリしてしまいますね・・・汗。

いよいよ秋冬物の動きが本格化しつつあります。いつもいつもお話ししますが、私たちの経験上、嘘偽りのなく、そのアイテムが本当に欲しくなる頃には得てして完売してしまっています。気になるアイテムは、ぜひともお早めにお求め下さいませ。連日スタッフが元気に笑顔で、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 


 

★大切なお知らせ

消費税増税に関わるインタレストの店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして >こちらから

10月1日(水)の消費税増税後も、どうぞ安心してインタレストのお買い物をお楽しみ下さいませ。

 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。

 

 


REPRISE: The Paper Kites – “On The Train Ride Home” & “On The Corner Where You Live”

一気に涼しくなってきましたね。

こうして秋めいてくるとそれにふさわしい曲を・・・と毎年思うのですが、今は昨年ご紹介したこちらの2枚のアルバム以上に「秋らしい」「エモい」作品は思い当たりません。いつ聴いても異様にセンチメンタルな気持ちになります。笑

というわけで、以下は昨年の記事のコピペですが、ぜひ改めてご賞味下さいませ。

 


 

オーストラリアはメルボルンのバンドThe Paper Kitesが今年2018年にリリースした2枚のアルバム、“On The Train Ride Home” “On The Corner Where You Live”は、この秋に聴くアルバムの1,2フィニッシュになることは間違いありません。

ありきたりな表現ですが、Nostalgia~郷愁を誘う音楽という意味ではこれ以上のものはなく、映画でも音楽でもこの手の雰囲気が好きな私にはたまらないものがあります。秋に聴きたい、夜に聴きたい音楽がてんこ盛りです。

前者のアルバムは全曲フォーキーなアコースティックアレンジ、そして美しいコーラスで、やさしく愛しい音楽を聴かせてくれます。聴いたまま眠りに落ちたいと思わせてくれる、尊く幸せな音楽たちです。

後者のアルバムは・・・個人的にこちらはもう超豊作の2018年でも5本の指に入る作品です。1曲目(プレリュード)から2曲目までで既に完全にやられてしまう感じで・・・。もうめちゃくちゃセンチメンタルな気分にさせてくれます。

あくまで控えめで抑えの効いたボーカル、エコーがかったサウンドアレンジ、キラキラしたギターのリフ、ひねりのない8ビート、気分をあおるサクソフォンやパーカッション、女声ありの完璧(→本当に美しくてまさに完璧)なハーモニー・・・と、この手の音楽に持っていて欲しい要素は全部クリアしているという印象です。

もうホント、あとはぜひ聴いて頂けましたらば・・・!秋の夜長に、ぜひ。

 

 

The following songs are from the album “On The Train Ride Home” .

The Paper Kites – Nothing More Than That
The Paper Kites – Nothing More Than That

 

The Paper Kites – On The Train Ride Home
The Paper Kites – On The Train Ride Home (Official Music Video)

 

The Paper Kites – Only One
The Paper Kites – Only One (Live in Brooklyn)

 

The Paper Kites – It’s Not Like You
The Paper Kites – It's Not Like You

 

 

The next few songs are from the album “On The Corner Where You Live”.

The Paper Kites – Give Me Your Fire, Give Me Your Rain
The Paper Kites – Give Me Your Fire, Give Me Your Rain (Official Music Video)

 

The Paper Kites – Deep Burn Blue
The Paper Kites – Deep Burn Blue [Official Audio]

 

The Paper Kites – Does It Ever Cross Your Mind
The Paper Kites – Does It Ever Cross Your Mind (Official Music Video)

 

The Paper Kites – Don’t Keep Driving
The Paper Kites – Don’t Keep Driving

 

 


<入荷アイテム詳報>Leh19AW:Leh節がきわまったブラウス・スカート・パンツの計6点をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日はLeh19AWより、ブラウス2色・スカート2色・パンツ2色の計6点をご紹介いたします。

いずれも、たとえばインタレストでそれを見た瞬間に「これはLehだな」と分かってしまうくらい、「彼ららしさ」の塊のようなアイテムたちです。それは「ならでは」のクラフト感はもとより、デザインや素材選び・縫製すべてにおいて言えることで、他のどのブランドでも見られない工夫のラッシュで本当に楽しいです。

以下でたっぷりご紹介いたしますので、ぜひ実物をお試し頂きまして、「唯一無二の洋服を着る楽しさ」を存分に楽しんで頂けましたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

Leh

デザイナー:三上卓也

感性を磨き続けるため、あるいは現地でモノ作りをするため、デザイナーは1年のうち長い日々を海外ですごします。
彼らの洋服は、ときには国産の上質な生地をつかって、国内の優秀な縫製工場で仕立てられ、
ときには海外の手紡ぎ手織りのクラフト生地をつかって、海外の職人の手縫いで生み出されます。
それはときにはモードの顔つきで、ときにはヴィンテージの顔つきで、まさにノージャンルかつボーダレス。
一個の労働者・職人として真摯な手仕事に取り組むという一貫した姿勢が、揺らがぬ大黒柱です。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから!

 

 

以下、いつも通り展示会でサンプルを着たスタイリング画像などとともに、たっぷりお楽しみ下さいませ。

(スタイリングのモデルは女性が身長160cmのスタッフY、男性が身長179cmの店長D、表記価格はすべて「税抜価格」です。)

続きを読む


<コラム>台風一過に寄せて。

こんにちは、インタレストです。

台風19号の直撃から一夜明けた本日、本数を3分の1に減らしながらも電車が動いてくれたおかげで(←本当にスゴイことですよね)、インタレストは無事にオープンすることができました。

今回は自分たちが被災者の側になって、たくさん思うところがありました。

一番感じたのは、いつ電気・水道が止まってしまうか分からないことへの恐怖が計り知れないということで、それ以外にも「避難って具体的には何をしたらいいんだろう」と意外なほどに戸惑ってしまうこと、頼りの綱であるインターネット回線が混雑で途切れがちになること(→辟易としたのは区のサーバーが終日ダウンしていること)などなど、大小様々に思い悩まされました。

朝方お客様皆様にメールをお送りしたのですが、それもお送りして良いものか散々に悩みました。その後もせっかく終日自宅だからどんどん事務仕事を進めようと意気込んでいたのですが、何しろ大きな危機が自分たちに猛進してくるもので、心がどこかソワソワしてずっと落ち付かず、結果的に何もできなかったことにも驚きました。

昨日の精神状態は自分でも異常だったと感じますし、とても何日も耐えられるものではないと振り返っているところです。せめてこのことから多くの学びを得て、そしてこの感覚がフレッシュである間に、「次」に備える具体的な用意と心づもりをしなければいけないと強く感じています。

 


 

ただし、それより何よりも、テレビなどで報じられている大きな被害のあった地域の皆様に心からお見舞いを申し上げます。

私たちは上で書いたような状況ですが、そんな振り返りをしている場合ではない深刻な状況下にある方がたくさんいらっしゃることも、もちろん承知しております。

インタレストでも全国各地にお客様がいらっしゃり、多くのお顔が思い浮かんではとても心配な想いをしております。幾人かのお客様からご連絡を頂いてホッとしていたり、あるいは気になった取引先いくつかに連絡を取ってみたところ皆無事でそれもとても安心いたしました。

 


 

そんななか、我が街神楽坂は今朝早くからとても賑やかで、大勢の人であふれていました。もともと予定されていた「化け猫パレード」も開催され、とても心強く感じたことでした。この街の一員であることに誇りを持ち、これからも日々前を向いて、精一杯楽しく過ごしていきたいと心を新たにしております。

そしていつもお話ししますが、私たちインタレストは「いつもここでお待ちしている」ということ自体をとても大切にしております。何年かぶりにご来店下さったお客様に、「ここは変わらないわね」と言って頂けることがとても嬉しく、いつでもそうありたいと望んでおります。

明日ももちろん通常営業で皆様のご来店をお待ちしております。ぜひ足をお運び頂けましたら幸いです。

 

 

 


 

★大切なお知らせ

消費税増税に関わるインタレストの店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして >こちらから

10月1日(水)の消費税増税後も、どうぞ安心してインタレストのお買い物をお楽しみ下さいませ。

 

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。