こんにちは、インタレストです。

本日はtiit tokyo19SSより、入荷第2弾となるオリジナルツイードのスカート、ユニークなフリンジレースのワンピース、チェック生地のワンピース、セミワイドのパンツなどを色違いで全7点ご紹介いたします。

tiit tokyoについては、先日以下のブログ記事にて、その世界観や今季19SSの入荷アイテムなどについて、デザイナーの1人である岩田翔さんへのインタビューで得たコメントなども交えて詳細にご案内しております。ぜひご一読頂けましたら幸いです。

新ブランド紹介&新入荷:今季19SSの新規取り扱いブランド「tiit tokyo」をご紹介いたします。
>こちらから

 

 

以下は、前回の入荷詳報で書いた文章なのですが、今回もそのまま当てはまりますのでぜひ改めてご一読下さいませ。

tiit tokyo、実物を前にしたときの「ファッション」ならではの気持ちの高揚感は相当なのですが、その一方でありがちな「着にくさ」「合わせにくさ」はそのカケラもなく、とりわけ着心地の良さ&脱着のしやすさと合わせやすさという機能面において、とにかく実用性に優れた洋服たちです。

私たちスタッフ自身が初めて見るtiit tokyoの洋服たちということで、今回はいつもモデルをしている女性スタッフYに全点着てもらいました。実物を着てみて分かったことは、(1)想像よりずっと「ファンタジー」を感じてファッションのトキメキが大きかったこと、そして同時に(2)着るシチュエーションやスタイリングがかなり具体的にイメージできる「リアリティ」があること、の2点です。双方ともにハッキリと感じられて、かなり驚かされました。

私たちインタレストが重視している(2)の実用性の観点については特に嬉しくて、いずれの生地も肌あたりがとても良く、この練られたシルエットにして着心地も申し分なく、さらには素材的にどんどん着て&どんどん洗っての着方ができるアイテムばかりです。今季19SSは価格VSクオリティとしても相当リーズナブルなので、ぜひ「最初の1点」としてご検討下さいませ。

 

(ジャケットはスカートと同じピンクで後日入荷予定です。)

 

 

tiit tokyo

デザイナー:岩田翔、滝澤裕史

ブランドコンセプトは「日常に描く夢」。
まるで1本の映画をつくるのように、「日常」のなかに潜む「夢」をコレクションに落とし込みます。
tiit tokyoの最大の魅力は、その世界観は「夢」~ファンタジーかつドラマチックでありながら、
実際の洋服たちは「日常」~リアリティが想定された、とても実用的なデイリーウェアであることです。
デザイナーが自負する繊細な色づかいと、それを実現するテキスタイルやパターニングの独創性にも驚かされます。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

 

それでは以下、物撮り画像と、それを着たモデルルック(ランウェイショー)とをたっぷりご覧下さいませ。

続きを読む