こんにちは、インタレストです。

★ただいまショップ内イベント「スタイリング強化月間」を開催中です!

今季18AWシーズンに入荷した新作アイテムを中心に、私たちインタレストがブランド横断でたくさんのスタイリングをつくり、それをInstagramオンラインストア、そして本日記にて集中してお客様皆様にご案内する「スタイリング強化月間」を開催しております。

  • 「ブランド横断」のアイテムセレクトですので、各ブランドのオフィシャルモデルルックでは見ることのできない、そして特に「普段づかい」を意識してつくっている独自のスタイリング画像を、数百におよぶ枚数でご覧頂けます。
  • 身長・体重ともに日本人成人女性の平均に近い当店スタッフYが全ルックのモデルを務めていますので、高身長のモデルによるオフィシャルルックよりも、ご覧頂いたときにご自身の着用イメージが湧きやすいと思います。また、私たちスタッフは入荷した全アイテムのサイズ感・着た感を把握しておりますので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ
  • 何よりも、スタイリング画像でしか確認できない「着たときのシルエット」をご覧頂きたいと感じております。上質なつくりの洋服はすぐれて立体的に制作されており、それゆえに「着られてこそ」その真価を発揮いたします。
  • 撮影したスタイリング画像や追加のご説明につきましては、連日オンラインストアの各アイテムのページにアップしております。ぜひご活用頂けましたら幸いです。
  • モデルはすべて身長160cmの当店スタッフY、表記価格はすべて「税抜き価格」です。

 

インタレストのオンラインストア >こちらから!

 

 

★「スタイリング強化月間」の特集記事をご案内いたします!

そして本ブログでは、この「スタイリング強化月間」で撮影したルックにつきまして、本日の記事を含めて何回かに分けて、特集記事をご案内いたします。

撮影して初めて分かった各アイテムの魅力やオススメポイントなどもご説明いたしますので、ご購入をご検討頂く際の材料にして頂けましたらと幸いでございます。

本日は特集記事の第1弾です!

今回は各ブランドから入荷したワンピースを着たルックと、それに様々なブランドの様々なアイテムとを合わせたLOOK1(全32ルック)をご覧下さいませ。

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 


 

★個別アイテムの詳細についてはオンラインストアに掲載しております!

デザインやサイズ(寸法)、ディテールなども含めた多くの物撮り画像など、アイテム自体についての詳細につきましては、オンラインストアの各アイテムのページにてご確認下さいませ。

オンラインストア担当のスタッフYが連日大小のアップデートを続けており、それぞれの洋服たちの魅力をしっかりとお伝えできる情報量をご用意できていると自負しております。

(各ルックのアイテムリストでブランド名を表記しておりますので、オンラインストアよりそのブランドのページへ進むとすぐに見つけて頂けます。)

 

インタレストのオンラインストア >こちらから!

 

こちらはアイテムページの一例です。

 

それでは以下にて全ルック一挙にご紹介いたします。ぜひたっぷりお楽しみ下さいませ!

 


 

LOOK1:各ブランドのワンピースと合わせて

  • 各ルックは4枚のスタイリング画像と、そこで着ている個別のアイテムの物撮り画像とで構成されています。ぜひご参考にして頂けましたらと思います。
  • 個別のアイテムについては、オンラインストアの各ブランドのページに飛んで頂ければすぐに見つけて頂けます。店頭(12:00~19:00・火曜定休)とオンラインストア(24時間営業)にて販売しております。
  • スタイリングのモデルは女性が身長160cmのスタッフY、男性が身長179cmの店長Dです。表記価格はすべて「税抜き価格」です。

 

LOOK1-1

ジャンプスカート: Robes&Confections
ブラウス: everlasting sprout
インナー: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

デザイナーが生地屋で出会って一目惚れしたというヴィンテージのデッドストック生地でつくられたRobes&Confectionsのワンピース(ジャンプスカート)を着ています。端正で美しく、とにかく「品が良い」雰囲気&シルエットが実にオトナです。これはぜひとも実物を見て触れて着て頂きたい1点ですね・・・!

チェックのツイード地なのですが、赤・青・黄などの色糸がネップで飛んでいたり、タータンチェックの入り方が独特だったり、何より織りがやや甘めだったりするところが「いかにも」で、古き良き麗しいテキスタイルが秀逸かつ貴重です。「全取引先で合わせて○枚」という枚数限定の1点です。

  

  

合わせているのは、everlasting sproutのブラウス(画像1枚目のスタンドカラーバージョン)と、同じくeverlasting sproutの秋冬シーズンには欠かせないタートルネックプルオーバー(画像2枚目)です。ブラウスは画像のように「ひじ下」で留めることもできますし、真下のLOOK1-2のように普通に着ることもできます。
  

 

LOOK1-2

ロングベスト: everlasting sprout
ジャンプスカート: Robes&Confections
ブラウス: everlasting sprout
インナー: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

真上のLOOK1-1の上からeverlasting sproutのウールフラノ生地によるロングベストをサラリと羽織っています。パターンとテキスタイルのマイナーチェンジを繰り返しながら繰り返しリリースされてきた定番の形で、入荷したばかりながら残り在庫1点とさすがの人気ぶりです。

軽くて温かい上に、アーム周りがもたつかないのでアウターとの相性も良く、秋冬シーズンに重宝することと思います。

  

  

 

LOOK1-3

コート: LOKITHO
ロングベスト: everlasting sprout
ジャンプスカート: Robes&Confections
ブラウス: everlasting sprout
インナー: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

LOOK1-2の上からLOKITHOのシャギーコート(ブラック)を着ています。この日のブログ記事で詳細にご説明していますが、見た目も実際(=重さ)も軽く、とりわけアーム周りがゆったりで着心地が抜群です。モヘヤ×コットンのオリジナルテキスタイルの質感も美しく、しかもド定番のブラックということで、雰囲気的にも機能的にも冬場に着まくること間違いなしだと思います。

シルエットについては、特にサイドベルトで裾を絞ったときの後ろ姿(=画像3枚目&4枚目)が抜群にキュートなのです・・・!これは着てみて改めて感じました。

  

  

 

 

LOOK1-4

コート: LOKITHO
ロングベスト: everlasting sprout
ジャンプスカート: Robes&Confections
ブラウス: everlasting sprout
インナー: everlasting sprout
ストール: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

モノトーンのスタイリングをつくったので、最後にeverlasting sproutのインタレスト別注ストールを巻いて、首元でワインを差してみました。このストールの圧倒的な機能性と値ごろ感についてはもうこの日のブログ記事でお話しした通りです。お手にして頂けるうちに、ぜひ・・・!

  

 

 

LOOK1-5

ワンピース: LOWRUNDER
インナー: everlasting sprout
ベルト: LOKITHO
靴: kokochi sun3

*オンラインストア >こちらから!

LOWRUNDERのリメイクシリーズより、インタレスト別注デザインで制作してもらったワンピースを着ています。Yにはやや裾丈が長めだったので、LOKITHOのベルトをつかってウエストで引っ張り上げてみたところ、これが思いのほかかわいらしくそのままルックとして採用となりました♪

今回のスタイリング強化月間でLOWRUNDERの洋服を着るたびに感じたのですが、やっぱりそれ1着で「LOWRUNDERのルック」になるのですよね・・・!その強い個性と独特の世界観をお楽しみ頂けましたらと思います。この日のブログ記事でご紹介しました通り、今季18AWもLOWRUNDERはほぼ全点インタレスト別注アイテムでのご案内です。

  

  

ちなみに、身長160cmのYがそのまま着るとこの着丈になります。マキシ丈ですが引きずることはありません。なお、「もう少し短い丈で着たい」というときは、ぜひお気軽にご相談下さいませ。ブランドにお願いして丈を詰めてもらうことができます。(←この点がいかにもLOWRUNDERなのです♪ )
  

合わせているのは、everlasting sproutのタートルネックプルオーバー(画像1枚目)とLOKITHOのレザーベルト(画像2枚目)です。
  

 

LOOK1-6

パーカー: Leh
ワンピース: LOWRUNDER
インナー: everlasting sprout
靴: kokochi sun3

*オンラインストア >こちらから!

LOOK1-5の上から、Lehのリバーシブルパーカー(インディゴ)をかぶっています。このパーカーも絶対の絶対「着ないと分からない」1点だと思います・・・というより、Lehはそういう洋服をつくるブランドなのです。

スウェットパーカーをリバーシブルでつくるという発想自体が圧倒的にユニークですし、手にした方しか味わえないこのパーカーのクラフト感やぬくもりは得がたいものがあると思います。着たときのユーズド感やシルエット(←特に後ろ姿が絶品!)、それからこのスタイリング強化月間で実証済みなのですが、意外なほどに様々なボトムスと合わせられる万能性もスゴイものがあります。

  

  

これも実物を着てみるまでは「どうなのかな」と思っていたのですが、実際は、表(画像1枚目)も裏(画像2枚目)も両方つかうことになると思います。(このパーカーの詳細についてはこの日のブログ記事をご参照下さいませ。)
  

 

LOOK1-7

パーカー: Leh
ワンピース: LOWRUNDER
インナー: everlasting sprout
ストール: everlasting sprout
靴: kokochi sun3

*オンラインストア >こちらから!

さらにeverlasting sproutの別注ストール(ターコイズ)を首元でグルグルと巻いてみたら、この強化月間中につくったスタイリングでも屈指のお気に入りルックに仕上がりました!着ている全アイテムの波長が完璧にシンクロしているように感じます。

特に後ろ姿(画像5枚目)については、全ルックで「お気に入りランキング」1位かもしれないです(笑)。この雰囲気は、世の中にあまたある「スウェットパーカー」の中でも、このLehの1点を着ないと決して得られないと思います。

  

  

巻いているeverlasting sproutの別注ストールは、上のLOOK1-4で巻いていたワインとこちらのターコイズの2色でのご案内です。世界中でインタレストでしか手に入りませんし、かつ寒くなる前の現時点で残りわずかの在庫です。ぜひお早めにお求め下さいませ。

 

LOOK1-8

ワンピース: everlasting sprout
インナー: Robes&Confections

*オンラインストア >こちらから!

everlasting sproutのオリジナル刺繍による「花椿刺繍シリーズ」、そのレッド×グリーンの生地によるワンピースです。元はブランドの大定番の「ゆったりワンピース」という形ですが、今季のしっかりした生地感だと「ゆったりしすぎるかな」「生地がもたつくかな」と感じ、いつものサイズ「2」から身頃を絞ったサイズ「1」を、着丈+10cmの秋冬仕様でオーダーした、結果的には当店インタレストの別注アイテムとなりました。

実物を着てみると、私・店長DもモデルのYも「これはかわいいね・・・」と半ば言葉を失ってウットリしてしまう仕上がりです。サイズ「1」は本当に大正解で、これだけスッキリしたシルエットで着られますし、真下のLOOK1-9でベルトを締めてみても生地がほとんどもたつきません。ちなみに、このサイズ「1」でも一般的なフリーサイズより大きいくらいの身頃があるので、着た感は十分に気持ち良いです。

  

  

インナーで着ているのは、この日のブログ記事で私たちが絶賛しているRobes&ConfectionsのSuper100’sウールによる天竺カットソー(ブラック)で、こちらも「逃す手はない」という超お役立ちアイテムです。今季18AWは複数のブランドのインナー類がもったいないくらいに充実しているので、できれば特集記事の番外編のような形で、またまとめてみたいと考えています。

 

LOOK1-9

ワンピース: everlasting sprout
インナー: Robes&Confections

*オンラインストア >こちらから!

付属しているベルトをつかって着たバージョンです。everlasting sproutの刺繍生地のシリーズは今後ますます貴重かつ希少になっていくと考えられますので、お手にして頂けるうちにぜひお求め下さいませ・・・!

  

  

 

LOOK1-10

コート: Robes&Confections
ワンピース: everlasting sprout
インナー: Robes&Confections

*オンラインストア >こちらから!

everlasting sproutの刺繍ワンピースの上から着ているのは、Robes&Confectionsのオリジナルアストラカン地のコートです。率直なところ、そして控えめに言って、このコートはスゴすぎます・・・汗。何がスゴイかといえば、「とにかく頼りになる」「雰囲気が良すぎる」「着勝手が素晴らしい」・・・と、枚挙に暇がありません。毎シーズン必ず数点ある、「気がついたらそのアイテムをつかってしまう」という典型的なアイテムです。

しかもこのシルエットのステキさですよ・・・。真下のLOOK1-11と合わせて、もう無敵です。このコートを含めて、インタレストがご提案する今季18AWのコート類は粒ぞろいの極みです。この日のブログ記事で一挙にご紹介していますので、ぜひ在庫がある今のうちにご検討下さいませ。実際に着る真冬にはほぼ完売しているのが常です。

  

  

 

LOOK1-11

コート: Robes&Confections
ワンピース: everlasting sprout
インナー: Robes&Confections
ストール: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

コートのボタンを締めて、首元にeverlasting sproutのストールを巻き巻き。実はコートの袖先を、ボタンで絞って着てもいます。スタイリング撮影を始めた当初にこのルックがつくれて、先の展望が一気に開けたというくらい、私たちにとっては大切なルックです。ステキな洋服をつくってくれるブランドたちに本当に感謝ですね・・・!

  

  

 

LOOK1-12

ワンピース: LOWRUNDER
インナー: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

オリジナルテキスタイルのワンピースでいえば、こちらのLOWRUNDERの1着も見逃せません。チェックとドットがナナメに切り替わる・・・のではなく、こういう生地としてデザインされ織られている、ジャカード織りによるオリジナルテキスタイルによってつくられています。この日のブログ記事でも書いていますが、そもそもこの生地をオリジナルでつくるということ自体が、LOWRUNDERがLOWRUNDERたるゆえんだと思います。

また、「着たときの雰囲気&シルエットが見たい」というお声を頂いていたので、ぜひこちらでご確認頂けましたらと思います。文句なしにかわいい上に、特に肩周りの着心地が抜群に良いそうで、例によってYがモーレツに欲しがっております。笑

  

  

 

LOOK1-13

コート: Robes&Confections
ワンピース: LOWRUNDER
インナー: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

everlasting sproutのワンピースのルックとはずいぶん日を違えて撮影しているのですが、偶然こちらでもRobes&Confectionsのオリジナルアストラカン地のコートを着ています。

このコート、とりわけ下で着ているアイテムが柄物のときの「頼りがい」が凄まじく、どうしても「まずはこれを・・・」となってしまうので、撮影中は「着すぎないように」とかなり意識していました。汗

  

  

こちらは前身頃のボタンを締めて。個人的に決して簡単ではない(=あまり良いものがない)と感じているバルーンシルエットが絶妙で、その点でも感じ入ってしまいます。
  

 

LOOK1-14

ワンピース: Leh
インナー: Robes&Confections

*オンラインストア >こちらから!

Lehのラバリドレスが今季も人気です。3色で入荷したのですが、残りはこのホワイトのみ。確かに、完売したブラック・ネイビーと比べると難易度は高めだとは思いますが、特に今季のブランドオリジナルのカディコットン地でいうと、このホワイトの美しさがとびきり優れています。

ひと目では決して手紡ぎ&手織りとは感じさせないその生地の仕上がりゆえに、ブランドがあえて「装飾を極力省いた」という貴重な1点、この日のブログ記事とともに実物もぜひご賞味下さいませ。

それからこれは言わずもがなですが、特定の季節感は一切ありません。たまたま秋冬シーズンに入荷していますが、もちろん春夏シーズンにも着て頂けますし、タイツ&ブーツでも素足&サンダルでもこなしてくれます。

  

  

 

LOOK1-15

シャツジャケット: 壺草苑
ワンピース: Leh
インナー: Robes&Confections

*オンラインストア >こちらから!

壺草苑の秋冬シーズンの大定番であるメリノフラノ地によるシャツジャケットを、上から合わせてみました。最近、Lehと壺草苑は互いにとても相性が良いことが分かってきました(インタレスト調べ)。このルックも個人的にはとても気に入っています。これはやや抽象的なのですが、アイテム同士が共鳴している感じがするのですよね・・・。

  

  

いつの間にか、かれこれ4年くらいはご案内し続けていると思います。秋冬シーズンの壺草苑を、この1点から知って下さるというお客様もとても多いです。今季もあっという間に残り在庫1点となっております。つかい勝手の良さと丈夫さは折り紙付き。こちらもぜひお試し下さいませ。
  

 

LOOK1-16

シャツジャケット: 壺草苑
ワンピース: Leh
インナー: Robes&Confections
ストール: 壺草苑

*オンラインストア >こちらから!

こちらは、工房の最先端染め「板ぼかし」によるストール。こうしてご紹介している時点で完売しているという・・・汗。オーダー頂ければおつくりできると思いますので、ご所望でしたらぜひお気軽にご相談下さいませ

  

  

 

LOOK1-17

ワンピース: 壺草苑
インナー: everlasting sprout
パンツ: Leh

*オンラインストア >こちらから!

ここから壺草苑の「四角ワンピース」特集です。私たちインタレストはこの新型ワンピースの形が大好きで、今季18AWだけで4点別注でオーダーしています。

こちらがそのうちの1点で、ウール天竺地によるワンピースを工房長・村田さん謹製の変わり板締めで染めてもらった極上の1点・・・と、実はボトムスにLehのカディデニムパンツを合わせています。四角ワンピースはオリジナルの形では両サイドに大きめのスリットが入っていて、ボトムスと合わせるのが安心です。

このウール天竺地バージョンではストンという落ち感があり、このワンピースのシルエット特有の「横の広がり」はあまり見られませんが、実際の身幅はかなり大きく取られているので気持ち良く着て頂けます。

  

  

ボトムスで合わせているのは前季18SSから継続となった、こちらLehの手紡ぎ&手織りによるデニム地「カディデニム」でつくられているワイドパンツです。お持ちの方はもっぱら画像2枚目のロールアップスタイルでガバッと履いておられる印象で、こちらももちろん年中無休で大活躍してくれます。インタレストが在庫しているSサイズは、女性も着て頂けるサイズ感をイメージしてつくられています。
  

 

LOOK1-18

パーカー: Leh
ワンピース: 壺草苑
インナー: everlasting sprout
パンツ: Leh

*オンラインストア >こちらから!

真上のLOOK1-17の上から、Lehのリバーシブルパーカー(インディゴ)の裏をガバッとかぶっています。インディゴ(化学藍)×天然藍の相性は抜群なので、表でももちろん・・・というよりむしろそちらが安心だと思うのですが、試しに裏のえんじ色の方を着てみたらかなりグッときたので、ここではこちらをご覧頂きたいと思います。

パーカー・ワンピース・パンツによる3レイヤーの着方、「いま」っぽくも日本ぽくもあると思います。1点1点のアイテムのクオリティが高く、なんともぜいたくですね。

  

  

上のLOOK1-6では、表(画像1枚目)を着ていました。ここでは裏(画像2枚目)を着ています。
  

 

LOOK1-19

ワンピース: 壺草苑
インナー: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

こちらはオリジナルの「四角ワンピース」に、(1)着丈を伸ばす、(2)スリットを浅くするという2点のアレンジを加えて、形から別注した肝いりの1点です。この2点の意図するところはたった1つ=「1着で安心して着られるワンピースに仕立てること」なのですが、こうして実物を着てみてまさに大満足です。このシルエットなのですよね・・・!素朴ながらフレッシュな、他では見つからないワンピースだと思います。

ちなみにこちらは、「からみ織り」(=柄織りの一種)による柄生地に淡めまだら染めを入れてもらった柄生地×柄染めの1点です。下にいろいろ着込めるゆったりした着た感であるので秋冬シーズンはもちろんのこと、生地自体はコットンなので春夏シーズンにはこれ1着で涼しげに着ても頂けます。1年中着て頂けましたらとても嬉しいです。

「四角ワンピース」4種を含めた今季18AWの壺草苑の入荷アイテムたちについては、この日のブログ記事をご参照下さいませ。1点1点かなりこだわってオーダーし、そして制作してもらった、かなりの自信作たちです!

  

  

 

LOOK1-20

ワンピース: 壺草苑
インナー: everlasting sprout
ベルト: LOKITHO

*オンラインストア >こちらから!

LOKITHOのベルトで絞って着てみました。こうして着るともはやドレスの上品さですね。袖を少しだけロールアップして、見た目のサイズ感も引き締めてみました。

  

  

 

LOOK1-21

ニットジャケット: Robes&Confections
ワンピース: 壺草苑
インナー: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

真上のLOOK1-20の上から、Robes&Confectionsのニットジャケットを着ています。今季18AWは久しぶりにニットウェアを多めにオーダーしたのですが、「やっぱりニットっていいな~」と改めて感じているところです。やはりその伸縮性で気持ちが良いという着心地の面はもちろん、見た目の「やわらかさ」「あたたかさ」もとても愛しいなと。

このようにニットウェアがアウターであるスタイリングをつくると、コートを着たときとはまた違った印象に仕上がるので、あれこれ着回すといっそう楽しいだろうなと思います。

  

  

この日のブログ記事でご紹介している通り、Robes&Confectionsのこのニット地のシリーズは全点1点ずつ、当店インタレストが色別注してつくってもらったアイテムたちです。こちらはネイビーというド定番の色が効いていて、やはり次々につかいたくなってしまう便利さがあります。ブランドのスタッフが自負する物持ちの良さ(=毛玉ができにくい)という機能性も含めて、毎秋冬シーズン活躍してくれそうですね。
  

 

LOOK1-22

ニットジャケット: Robes&Confections
ワンピース: 壺草苑
インナー: everlasting sprout
ストール: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

仕上げにeverlasting sproutの別注ストール(ターコイズ)を。既に何度か登場していますが、ワインといいこちらのターコイズといい、差し色としての役立ちっぷりが私たちの当初の想像以上です。ポカポカ&ふわふわ&かるがるの機能性が主役だとは思いますが、「あと1色!」のときにも助け船になってくれそうです。

  

  

 

LOOK1-23

ワンピース: 壺草苑
インナー: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

形はLOOK1-20~22で着ているのとまったく同じ、インタレスト別注の「四角ワンピース」です。ただ生地の質感がまったく違っていて、こちらはテーラードジャケットもつくれるしっかりした「コットンクロス」という生地です。着て&洗ってを繰り返して育っていく生地なのですが、少なくとも新品時はこのように横に広がるシルエットをしっかり出してくれて、こちらも大大満足の仕上がりです。

経験上、このコットンクロスは鮮やかな色味に染め上がることが分かっていたので、壺草苑の天然藍染めを最高に美しく味わうためにとシンプルなグラデーション染めでオーダーしました。「上→下で濃く」という定番の染め方だけに、インタレストとしては結構久しぶりな気さえしてしまいます・・・が、それがかえって新鮮で。以下の画像4枚でご覧頂けるように、「完璧」という単語がつかえる染め上がりだと思います。

  

  

 

LOOK1-24

ワンピース: 壺草苑
インナー: everlasting sprout
ベルト: LOKITHO

*オンラインストア >こちらから!

そしてこちらも同じくLOKITHOのベルトでウエストを締めてみました。こちらもドレス感を味わって頂けますね・・・!

  

  

 

LOOK1-25

シャツジャケット: Leh
ワンピース: 壺草苑
インナー: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

そう、このLehのツイードシャツです。アイテム自体の詳細についてはこの日のブログ記事でご紹介していますが、これも強化月間中に着てみて分かったのですが、たいへんに相当に抜群につかえます!それは完全に想像以上で、特にYが着るぶんには下に軽めのジャケット・・・たとえばエタブルのシルクジャケットなどであれば一切かさばらずに着られます。

シャツジャケットづかい・カーディガンづかいのつかい勝手が素晴らしく、かつ色味や生地感の良さなども相まって、クローゼットにあると着まくることになると思います。

  

  

ボタンは締めても開けても。LehのMサイズなのでつくりとしてはメンズ向けなのですが、長めの袖丈さえこなせれば(=ロールアップしたり詰めてしまったり)女性がお召しになった方がつかえるのでは・・・とさえ感じます。ぜひお試し下さいませ。
  

 

LOOK1-26

コート: LOKITHO
シャツジャケット: Leh
ワンピース: 壺草苑
インナー: everlasting sprout

*オンラインストア >こちらから!

真上のLOOK1-25で着たLehのシャツはアーム周りがたっぷりなのですが、今季のインタレストのアウターたちをピックアップしさえすれば万事解決なのです♪

というわけでこちら、上のLOOK1-3ではブラックで着たLOKITHOのシャギーコートのブラウン(=オレンジキャメルのような色味)を着ています。この着方でアーム周りがもたつく感じは一切ありません。

この機能性に加えて、やっぱりこちらはこの色味です。つかい勝手の良さについてはブラックに劣るとは思いますが、それに勝るとも劣らず惹かれるものがありますよね・・・。やはり後ろ姿が抜群なので、画像3枚目&4枚目でご確認下さいませ。

  

  

 

LOOK1-27

コート: LOKITHO
シャツジャケット: Leh
ワンピース: 壺草苑
インナー: everlasting sprout
ストール: 壺草苑

*オンラインストア >こちらから!

これまたとってもお気に入りのルックができました。差し色&差し柄として、首周りに壺草苑のドット板締めのストールをグルグルと。色合わせもシルエットもとても楽しく仕上がったと感じています。

  

  

壺草苑のこのドット柄は、一般的な「絞り染め」ではなく「板締め」であるというのがポイントです。ドット柄の輪郭が放射状にぼやけるのが本当に美しく、リリースされると毎回大人気なのですが、リリースされると毎回「今回が最後かも・・・」という話がチラホラ聞こえてきます。everlasting sproutのストールと同様、こちらも手に入るときにぜひお求め下さいませ。

 

 

以下、LOKITHOのドレスワンピースたちを着たルックをご覧下さいませ。これらにつきましては、この日のブログ記事にてスタイリング画像も含めてご説明済みですので、本日の記事では画像を再掲するに留めさせて頂きます。

LOKITHOの今季18AWコレクションのハイエンドシリーズです。ぜひリンク先にてその詳細をご確認下さいませ!

LOOK1-28

ワンピース: LOKITHO

*オンラインストア >こちらから!

  

  

 

LOOK1-29

ワンピース: LOKITHO

*オンラインストア >こちらから!

  

  

 

LOOK1-30

ワンピース: LOKITHO
ベルト: LOKITHO

*オンラインストア >こちらから!

  

  

 

LOOK1-31

ワンピース: LOKITHO

*オンラインストア >こちらから!

  

  

 

LOOK1-32

ワンピース: LOKITHO

*オンラインストア >こちらから!

  

  

 


本日は以上です!

インタレストは店頭(12:00-19:00・火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。