(期間限定公開・11月17日19:00まで)壺草苑販売会2019年秋冬

11月9日(土)~17日(日)の期間限定で、壺草苑販売会を開催しております。
会期中限定でこちらの特設サイトにて通信販売を承ります。

壺草苑が、この販売会に向けて、インタレストのお客様のために用意してくれたアイテムも多くございます。

限られた時間内で、できる限りアイテムの説明や寸法、画像を載せておりますので、ぜひ各アイテムの詳細ページもご覧頂きまして、お買い物をお楽しみ下さいませ。

多くのお客様のご利用を心よりお待ち申し上げております。

・イベントの詳細や最新情報の一覧はこちら>

★11月11日追記:ぜひ以下のブログ記事もご参考になさって下さい。
(11月11日付ブログ)オンラインストア特設サイトより、会期限定のスタイリング&アイテムの一部をご紹介いたします! >


↑上記ブログの抜粋はこちら>

・コート&ガウン

なんといっても、ブランドとしてももちろん初めての提案で、かつ私たちスタッフも心底驚いたウールメルトン地を染めたハーフコートにご注目下さいませ。これだけ鮮やかな色味で、軽く&やわらかく、何より「藍染めのメルトン」というのは本当に貴重だと思います。

毎回販売会で大人気のガウンコートは、各生地&各染めで多数入荷しています。初日から大好評のショップコートは、メンズアイテムとしての提案ですが、今回は袖丈が短めで女性も問題なく着て頂けます。

・シャツジャケット&羽織り

インタレストで最も人気のある壺草苑の「カテゴリ」は、実はこの「羽織り」系のライトアウターたちです。今回もラックで一番大きな面積を占めています。

「ちょっと肌寒いとき」に気軽に着られるという日本の気候では最も便利なアイテムたちで、「生地違いor染め違いの同型」を繰り返しお求め頂けることが最も多いカテゴリでもあります。

今回いくつかご用意のあるシャツジャケットについては、すべて「バニランストレッチ」や「ミリタリーサテン」などきわめて頑丈なテキスタイルでつくっているため、ガンガンバリバリ着て頂ける仕様です。雨の日も風の日もお供にして頂けます。その他、秋冬シーズンということもありウール地でのおつくりもございます。

・ウールニット(セーター)

国内の発酵建による藍染め工房で、壺草苑ほど安定して「ウールニット」を供給できるところはそうそうないと思います。染めるのに深い技術・経験と素材選別の見識が必要だからです。

「ウール100%」のセーターはことさら貴重ですし、オーブロンドニットの素肌でも着られる気持ち良さ、コットンウール(糸染め)の無骨なローゲージニットの雰囲気も捨てがたいです。いずれも動物繊維×藍染めの圧倒的な「色の鮮やかさ」をご堪能頂けますし、それからお手入れが水洗いであるという便利さもその大きな魅力です。

・ワンピース

1点1点個々の職人による手染めによって染め上げる藍染め工房にとって、着丈が長いワンピースはその真価が問われるアイテムであるといえます。すべて一発勝負の緊張感の中で、今回も極上の仕上がりで私たちを魅了してくれます。

また今季19AWはかなり凝った新生地がたくさんリリースされていることもあり、生地面積の大きなワンピースの魅力がきわめて大きくなっています。いつにも増して「今季だからこそ」のアイテムたちばかりなので、ぜひお見逃しなきようお願いいたします。

・トップス&シャツ

トップスやシャツは、いつもは人気面でワンピースの後塵を拝することが多いのですが、今回はとても人気です。

すぐに完売してしまって撮影できなかったものも多い一方、後日再入荷して改めてこうしてご紹介できるアイテムもございます。特にシャツ・ブラウス類のチェックをお願いいたします。お好きな方にはたまらないラインナップになっていると思います。

・ウールカットソー

毎秋冬シーズン大人気のウール100%の天竺地によるカットソー、単色・グラデーション・絞り・板締め・まだら染めと、完全に「染めのフルラインナップ」で入荷しています。イベントが始まって以来ほぼ全点一度は完売しかかっていますが、代わりに他のアイテムが選ばれることで奇跡的にまだ在庫が豊富に残っています。

天竺地なので伸縮性があり、まさに「Tシャツ」なのですが、素材がウール100%なので十分に温かいです。1枚で着れば動物繊維×藍染めの色味の鮮やかさもお楽しみ頂けますし、インナーで着ればその保温性に加えて「差し柄」&「差し色」のアクセントになってくれる、さらに価格的にリーズナブルと非の打ち所のないアイテムです。

・パンツ&スカート

ボトムス類については、パンツもスカートも、今季の新型については一通り入荷してきています。

パンツでは相変わらず「たるパンツ」が大人気で、店頭でもオンラインストア特設サイトでもどんどん完売していっています。スカートは「チューリップスカート」のシルエットがとってもキュートでかわいかったです。今回はボトムス類がとても幅広く入荷してきていて、ラインナップでは過去最多レベルかもしれません。

・セットアップスタイル

今回トップスorコートとボトムスで、同生地&同染めの組み合わせがいくつかあったので、セットアップスタイルもつくってみました。これがいずれもとてもカッコ良く仕上がって大いに気に入っています。

綿ウールビエラ・ステッチブラウス&タックスカート(変わり板締め)はまるでワンピースのようなドレススタイルで着て頂けますし、ウール麻ビエラ・ガウンコート&ウール麻へリンボン・中心タックパンツの茶綿(=ベースが白地ではなくブラウン地)&板締めのテキスタイルでまとめたルックは、かなりオーガニックで渋いルックになりシビれまくっています。(画像でご覧頂くよりずっとブラウン味が強いです。)

・マフラー&ストール

マフラーとストールは、畳んで置いてあるのを見るだけではまったく分からないのですが、広げてみるとどれもこれもとても凝った染めが入っていて、私たちも「(これらをつかった)スタイリング撮影をして良かった」と強く感じました。

私たちスタッフが「特にこれをご覧頂きたい」というアイテムたちを厳選して撮影し、そしてオンラインストア特設サイトにてご紹介しておりますので、ぜひご注目下さいませ。


<更新履歴>
11月9日 アイテム追加
11月10日 アイテム追加
11月11日 アイテム追加完了
11月12日 各アイテムの説明&採寸値の入力完了
▲Top