※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

Eatable of Many Orders(エタブル)/ Derrida Jacket / イタリアンウールカルゼ・ハンティングジャケット

定価:¥ 70,200 税込

販売価格:ログイン中のみ表示されます。

※こちらのアイテムは特別販売価格にてご案内いたします。
当店では、期間限定の特別販売アイテムや、セールアイテムの価格は一般公開しておりません。
オンラインストアに会員登録して頂くと、ログイン中に価格が表示され、そのままお買い求め頂けます。または、お電話やお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。



数量


色: ブラック
サイズ: M
素材: ウール100%

※スタイリング写真は、身長160cmのスタッフが着たときの画像です。


Eatable of Many Ordersの「人の手のぬくもり」「職人的な技」がズシンと響く、クラフト感のかたまりのようなアイテムたち。「秋冬向けのブラックのテーラードピースを探している」「それも程よく肩の力が抜けた雰囲気のものが良い」というお客様には、こちらのジャケットを単品としても、3ピースセットアップとしても、強くオススメいたします!

Eatable of Many Ordersのこのハンティングのつくり&ディテールのテーラードジャケットは、2年前の秋冬シーズン(=「ウール」がテーマ)でリリースされ、インタレストでもたいへんご好評を頂いた・・・というより期中あっという間に完売してしまったという人気の形です。展示会の会場で、「おお!この形復活ですか!」と大興奮してしまいました。生地違いの再リリースとなったこちらの新作も、このブランドならではの極上の生地感&丁寧な縫製で、文句なしの素晴らしい仕上がりです!

展示会サンプルでは肩パットが入っていたのですが、インタレストの在庫分については肩パットを入れない別注仕様で入荷しています。ハンティングテーラード(→カジュアルテーラード)の形であることに加えて、つかわれている生地のやわらかな質感と、クラフト感たっぷりの温かな雰囲気もあって、文字通り「肩肘張らず」に、リラクシングに着て頂きたいと考えての仕様です。こちらの仕様の方がフィッティングの柔軟性も高いです。多くのお客様に着て頂けると思います!

つかわれている生地はイタリア産の高級カルゼ生地で、「この厚さでこのやわらかさなの?!」という質感とナチュラルな光沢が実に上質です。ブラックという色は本当に素材を選びますし、さらにはテーラードジャケットという形も素材・縫製を選ぶ高度な洋服なので、上でも書きましたように「ブラックの冬物ジャケットが欲しい!」という方には、何はともあれまずはこのジャケットをオススメしたいです・・・!

裏地のレジメンタルストライプの柄がものすごく効いています・・・!もちろん着ていると見えないわけですが、ひらっと身頃が開(ひら)けたり手に持ったりしたときに、表地の美しいブラックと好対照でとても目を惹きます。カラーの内側はフェルト地の芯が当てられています。やわらかいのですが、形が崩れません。

袖先はもちろん本切羽の本格仕様です。普段づかいのときも、ボタンを1つ外すくらいが粋だと思います♪この袖先では裏地のストライプ柄が冴え渡ります。袖先をロールアップして着たときに裏地が素晴らしいアクセントになってくれるからです・・・!本切羽のテーラードジャケットは、こんな風に袖先をアレンジして着られるのも楽しいですよね!
後ろ身頃にポケット&ポケットフラップも、ハンティングテーラードではよく見る仕様です。

★アイテムの詳細はこちらのページにてご説明しております。ぜひじっくりとご一読下さいませ!>

★ジャケット、ジレ、パンツを合わせた3ピースのセットアップのスタイリングはこちら!>
永遠の定番色である「ブラック」のアイテムで、この類い希なクオリティとつかい勝手の良さ。こちらの3点買いは衣類周りの「家宝」になるはずですので、ぜひぜひご検討下さいませ!インタレストが自信をもって、強くオススメいたします!

★様々なアイテムと合わせたスタイリングは、以下のページにてご紹介しております!ぜひこちらもご参考になさって下さいませ。
LOOK1-4>
LOOK6-6>
LOOK8-5、9-2>
LOOK17〜18、20>


【Eatable of Many Orders (エタブル) とは 】
その"Eatable(=食べられる)"という名の通り、まさに「大地の香り」がする天然素材の洋服たちです。
彼らに「調理」される綿・麻・絹・毛・・・などの天然素材や、テキスタイルの種類や製法、あるいはその歴史的・文化的な背景にまで及ぶ徹底的なリサーチと深い洞察にもとづいて生み出される洋服たちは、基本クラシカルで王道的でありながら、パターンやディテールなどで「ならでは」の独自のスパイスが利いています。