LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)
LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

LOKITHO / サイドベルト付きテーパードスラックス (ホワイト)

¥ 36,300 税込 inc. tax

(¥ 33,000 税抜 exc.tax)



関連カテゴリ

  1. LOKITHO
  1. ボトムス/Bottoms
数量
在庫は残り1点です。 Only one item is available.
完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

色: ホワイト
素材:(表地)コットン63%・レーヨン33%・ポリウレタン4%、(裏地)キュプラ100%

サイズ: 1
・ウェスト(ゴムを伸ばさない状態で)66cm、股上35cm、股下62cm、わたり幅28cm
洋服の採寸の仕方はこちら >

※スタイリング写真は、身長160cmのスタッフが着たときの画像です。


履き心地抜群で、美しい生地感・シルエットのパンツです。やわらかくてなめらかな生地にはナチュラルなツヤがあり、LOKITHOならではの上品さが感じられます。生地はある程度厚みもあり、しっかりした印象です。

横方向に伸縮性があり、股上がとても深くて気持ち良いです。また、まっすぐにストンと落ちるシルエットで、きれいなラインが出ます。LOKITHOのパンツはシルエットがきれいなのに、きれいめのパンツでは窮屈になりがちなウェストやもも周りなどがゆったりしていて、履いたときにストレスがかかりません。

ウェスト部分は、実は太いゴムが全体に入っています。それをベルトで隠してくれるため、ウェストは楽なのにそう見えません。両サイドと後ろにポケットもあります。また、裏地がパンツ全体についていて、表地を守ってくれます。(裏地の丈は、膝くらいまでです。)

スーツに合わせても、カジュアルなスタイリングに合わせても良く、幅広くお楽しみ頂けます。
サイドのラインはブルーです。光沢のある真っ白な色味で、スタイリングを明るくしてくれます。


【 LOKITHO (ロキト) とは】
デザイナー:木村晶彦
先端的な”made in Japan”の素材・加工を駆使して、ストイックで洗練された洋服たちを生み出します。
パターニングや縫製など「つくり」も誠実かつ丁寧で、隙がありません。
一方、多様な技術を駆使して毎季リリースされるオリジナルの柄生地は一貫してどこか懐かしい印象で、あるいは彼らの洋服を着たときの美しいシルエットは奇をてらわず、いずれも「郷愁」を感じさせる意匠です。
エッジの効いたファッション的なエレガンスでありながら、時代を選ばない普遍性も兼ね備えます。

▲Top