Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)
Leh / シルク・刺繍スカート(Black)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

Leh / シルク・刺繍スカート(Black)

¥ 31,900 税込 inc. tax

(¥ 29,000 税抜 exc.tax)



数量
在庫は残り1点です。 Only one item is available.
完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

素材:(表地)シルク100%、(裏地)コットン100%

サイズ: M(フリー)
・スカート丈81cm、ウエスト(平置き)68cm~(最大)100cm(ウエストに通ったひもで絞ることができます)
Size Guide/採寸の仕方>



1, オススメポイント

(以下、ブランド資料より引用)------

定番で作成している、マリアにキリスト・蓮に龍・ベトジャンやスーベニアジャケットでお馴染みの”福”の文字や虎が刺繍されたスカートをアップデート。

今回はベースの刺繍に加え、インドの古い絵画や刺繍に見られる鳥のモチーフの刺繍などを施した。

生地にはインド産のマットな風合いの上質なサンドウォッシュ生地を使用。

(引用ここまで) ------

様々な手振り刺繍が入った、見た目もつくりもたいへんぜいたくなスカートです。ベースがオールブラックであるのと、足元までの着丈長めのデザインで、実はとても合わせやすい&履きやすいスカートでもあります。

シルク100%の生地で、それならではのつややかな光沢が上品で、かつ麗しさと高級感とが引き立ちます。とても華やかでエレガントな印象です。

デザイナー自身が現地に赴き、その直接の監修のもとでつくられるLehのインド生産のアイテムには、他では感じられない生き生きとした香りや温度があります。かつてきっと日本でもそうであったであろうモノ作りの本質を、ぜひご堪能下さいませ。

このスカートのウエストはゴム&ひもの仕様です。このひもはそれ自体がインパクトになりますし、見せずに履くことももちろんできます。

テキスタイルはシルク100%のしっとりとした質感。なんといってもこの光沢ですよね、他では決して得られない素材感です。

ディテールとしてとても小さなパンチング加工&ステッチが、ところどころにライン状に入ります。やわらかいコットン100%の総裏地です。

そしてなんといっても、この素敵で見事な刺繍たちです。1つ1つ手振り刺繍で入っているというぜいたくな仕様です。

また、デザイン的に一見して「派手」と感じられるかもしれませんが、これがまったくそんなことはありません。実物をお試し頂くとおわかりになりますが、着方としては「ブラックのロングスカート」のそれで、刺繍はアクセントといった雰囲気です。「派手な柄物」にはしないこの独特のバランス感覚もまた、Lehの魅力だと思います。


2, サイズ感と着心地

スタイリング画像は、身長160cmのスタッフYが着ています。

スタッフY自身も、19SSにリリースされた同型のスカートを私物買いして、真夏以外の3シーズン着ています。軽くて裏地もやわらかく、気持ち良いそうです。



【 Leh (レー) とは】
デザイナー:三上卓也

感性を磨き続けるため、あるいは現地でモノ作りをするため、デザイナーは1年のうち長い日々を海外ですごします。
彼らの洋服は、ときには国産の上質な生地をつかって、国内の優秀な縫製工場で仕立てられ、ときには海外の手紡ぎ手織りのクラフト生地をつかって、海外の職人の手縫いで生み出されます。
それはときにはモードの顔つきで、ときにはヴィンテージの顔つきで、まさにノージャンルかつボーダレス。
一個の労働者・職人として真摯な手仕事に取り組むという一貫した姿勢が、揺らがぬ大黒柱です。

★2018年春夏シーズンよりお取り扱いを始めたブランドです。ブランドの詳細はこちら >

▲Top