LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt
LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

LOKITHO / レースヨーク・長袖シャツ(White) Laced York Shirt

¥ 35,200 税込 inc. tax

(¥ 32,000 税抜 exc.tax)



数量
在庫は残り1点です。 Only one item is available.
完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

素材: (本体)コットン100%、(別布)ポリエステル100%、(レース)コットン100%

サイズ: 1(完売)、2
・着丈55cm、身幅53cm、肩幅37cm、袖丈62cm
Size Guide/採寸の仕方、お直しのご紹介>



1, オススメポイント

この刺繍シリーズは、無地単色ながら生地の加工がきわめて”Crafted”で、「生地が好き!」「洋服が好き!」というお客様にビシッと響くのではないかと想像しています。

かつ洋服の形(←パターン&シルエット)も凝っていて、それでいてそこはやはり無地単色の最大の魅力である「着やすさ」「合わせやすさ」も大きく、私たちインタレストとしては屈指のオススメシリーズです。

こちらは、全面にとても精緻なボーラー刺繍(穴あき刺繍)が施された生地のシリーズです。

シャツの肩部分に、ボーラー刺繍の生地がふわりとかかる仕様です。
ボーラー刺繍生地は、脇の下の小さなスナップボタンで留められます。
また、ひも+ビーズで首周りの調整ができます。

ひも+ビーズを前に垂らして着てもステキですし、ボーラー刺繍生地を外してシャツ単体で着たり、外したボーラー刺繍生地を他の洋服の上に合わせて着て頂くこともでき、様々なアレンジを楽しめます。

シャツは、身頃とカフスはホワイトのコットン生地ですが、袖がオフホワイトのシフォン生地に切り替わり、オフホワイトのボーラー刺繍生地と色が合っていて、とても凝ったデザインとなっています。


2, サイズ感と着心地

身幅は53cmとたっぷりあります。
タックインのスタイルも、タックアウトのスタイルもこなしてくれる着丈で、とても合わせやすく便利です。



【 LOKITHO (ロキト) とは】
デザイナー:木村晶彦
先端的な”made in Japan”の素材・加工を駆使して、ストイックで洗練された洋服たちを生み出します。
パターニングや縫製など「つくり」も誠実かつ丁寧で、隙がありません。
一方、多様な技術を駆使して毎季リリースされるオリジナルの柄生地は一貫してどこか懐かしい印象で、あるいは彼らの洋服を着たときの美しいシルエットは奇をてらわず、いずれも「郷愁」を感じさせる意匠です。
エッジの効いたファッション的なエレガンスでありながら、時代を選ばない普遍性も兼ね備えます。

▲Top