Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)
Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

Robes&Confections / [別注]撥水ピッグスエード・ダブルライダースジャケット(色別注Antelope, Size2)

¥ 121,000 税込 inc. tax

(¥ 110,000 税抜 exc.tax)



完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

素材:豚革 Pig Skin
Size: 2
Size Guide/採寸の仕方、お直しのご紹介>



フェイクレザーではありません。本革による、しかも店長Dの目線で掛け値なしにオススメできるレザーライダースジャケットが、Robes&Confectionsからリリースされるという衝撃です。

土屋さんによると、「もう素材との出会いです。うちはほとんどそうですが、この素材と出会わなければ絶対レザーライダースなんてやりませんし、出会ったからには出したいと」。

「昔はレザージャケットなんて10万円もしないくらいですごくいいものがつくれたのですが、最近は倍倍で素材価格が高騰していて、良い素材に出会っても自分たちが扱う価格帯ではないということがほとんどで。でもこれは『こんなにいいものがこの価格で出せるの?』というくらいだったので、やらない手はないなと思いました。」(土屋さん)

形はきわめてオーソドックスなダブルライダースの1型で、素材は2種類、牛の表革(ブラックのみ)と豚の裏革(オフホワイト・ブラック・ネイビー)です。

・・・私はとにかくレザーが好きなので、一通り語ろうとすると長くなってしまいそうで・・・どうしよう。笑

牛革(表革)の方は、土屋さんとも納得し合ったのですが、まるでラムレザーような質感と軽さです。ラムレザーは高価であったり、シミができやすかったり、経時変化で伸びてしまうものがあったりと、やや扱いにクセがあるのですが、こちらはそのライトな質感はそのままに、実際には頑丈な牛革なのでそのような点とは無縁です。

またダブルライダース特有の「キメキメな感じ」「ライダース感」がガッツリと削がれた、これは本当にパタンナーブランドであるRobes&Confectionsならではだと思いますが、その角の取れたやわらかく丸みのあるデザインが本当に秀逸です。女性には特にオススメしたい形&素材感であるといえます。

一方のピッグスエード(豚の裏革)の方は、機能性とカスタマイズ性が凄まじいです。

スエードなのでもともと雨には強いのですが、さらに特殊な加工で「半永久的に抜けないという強力な撥水加工が施されている」(土屋さん)そうです。

着やすい王道のデザインで素材感と経時変化を楽しみたいという方は牛革(表革)を、「人とは違う1着が欲しい」「水に無敵なジャケットが欲しい」という方はピッグスエードをお選びになれば間違いないと思います。


<サイズ感>

きわめて重要なサイズ感ですが、身長160cmのスタッフは、商品サイズの「2」を着ています。

ご覧の通り見た目はまったく違和感がないので、仮にこのスタッフであれば「1」か「2」を選んでおけばシルエット的には間違いなさそうです。あとは用途次第で、「レザージャケットの下はTシャツしか着ない」ということであれば「1」になりますし、冬場も下に薄手のニットなどを着て楽しみたいということであれば「2」になるかなと思います。

あるいはレザージャケット特有のシビアでタイトなスーパージャストフィッティングのシルエットが欲しい場合は迷わず「1」、シルエットよりも着た感を重視したいという場合は「2」だと思います。

身長179cmの店長Dは、商品サイズの「3」を着ています。

私は上半身はやや筋肉質な体型なので「3」は無理だと思って羽織ったのですが、全然無理じゃないのですよね。かといって別にシルエットが膨らむわけでもなく・・・。Robes&Confectionsのパターンって本当に凄まじいものがあるなと、改めて感じ入っています。

そういうわけで、私の身長(179cm)以下のほとんどの男性はサイズ「3」で良いと思います。身長170cm前後の方が「3」を着ると、おそらく上のスタッフYが「2」を着た雰囲気と似た感じになり、それはそれでありではないかと思います。

私と同程度の体型の方は、お好みで「3」or「4」で問題ないと思います。(私自身が買うなら、好みの問題で迷わず「4」にします。)

私以上の身長(特に185cm前後以上)の方、あるいは私より身長は低くてもたとえばガンガン筋トレをしているような方であれば「4」かなと思います。



【 Robes&Confections (ローブスアンドコンフェクションズ) とは】
デザイナー:土屋郷
大黒柱である確かなテーラリング技術に、時代時代の「ファッション」のエッセンスを巧みにブレンド。常に「いま」を感じさせるカジュアルテーラードのスタイルを主軸にしています。
メンバーの大半がパタンナーというプロフェッショナルたちが長年のキャリアを積み重ねて、いまではワンピース・スカートなどのレディースウェアからメンズラインまで総合的に、素材とパターニング&カッティングにとことんこだわったコレクションをリリースしています。

2017年春夏シーズンよりお取り扱いを始めたブランドです。ブランドの詳細はこちら >

▲Top