tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)
tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

tiit tokyo / ニットカーディガン(Beige)

¥ 33,000 税込 inc. tax

(¥ 30,000 税抜 exc.tax)



数量
在庫は残り1点です。 Only one item is available.
完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

素材:トリアセテート70%・ウール30% 

サイズ:38 
・着丈76cm、身幅51cm、肩幅43cm、袖丈60cm
Size Guide/採寸の仕方、お直しのご紹介>



1, オススメポイント

このインナーニットのシリーズは、カーディガンとプルオーバーの2型がありますが、いずれもとんでもないつかい勝手の良さだと思います。これらももう、展示会で見た瞬間にオーダーを即決しました。

ウール×トリアセテート(木材パルプ由来のセルロースからつくられた半合成繊維)のやさしい肌あたりときわめて大きな伸縮性で、素肌で着てもチクチクは一切ありません。

着丈と袖丈が長めなので、(1)上に着るアイテムを守ってくれる、(2)裾先と袖先それ自体がスタイリングアクセントになってくれる、(3)身体にフィットするため一切かさばらないという、秋冬物インナーニット鉄板の条件をバッチリ満たします。

さらに画像で着ているように、下のキャミソールなどを透けさせるのもとてもステキで、1枚で着てもバッチリ絵になります。オフィシャルの洗濯表示で「水洗いOK」であるのも、インナーアイテムとしてとても嬉しいです。価格もリーズナブルで、文句のつけようがありません。


2, サイズ感と着心地

身長160cmのスタッフYが着ています。インナーニットらしく「横の伸縮性」がきわめて大きいです。横のシルエットがスリムになるので、上からシャツを合わせることもできます。もちろんサイズ感は完全なフリーサイズで、着る人の体型を選びません。

ただ着丈と袖丈が長めなので、画像のようにタポッと着てもかわいいです。このあたりの繊細なアレンジが、こうしたインナーニットをこの価格で買うことの重要な意味であると感じます。

ウールが入っているため、着てみると、見た目の印象よりもあたたかく感じます。




<tiit tokyo20AWコレクションのテーマは”Smoky talk”>

ぼんやりと薄暗い寝室
僅かに聞こえてくる言葉たち
カーテンの隙間から差し込む震える金線のような光が
化粧台の鏡や標本棚のガラス、塗料のニスや、
リノリウムの床に眩しく反射する…

(ブランド資料より)

・ブランドの資料では上記の内容のあとに、”1900年代初頭のチェコ。アール・ヌーヴォー、チェコ・キュビズム、アール・デコ。激動の時代に生まれた様々なデザインをインスピレーションとした物語です” と続きます。

・東欧の国々やドイツ・アイルランドあたりに旅されたことのある方は、あの実に味わい深く奥行きのある「薄暗さ」「くすんだ空気」「寂しげな雰囲気」、それと見事に調和する伝統的な建造物や石畳などが残る街並み、そしてそれらとまったく対称的かつ近代的な要素・・・たとえばどこからか聞こえてくる金属音・独特な街のニオイ・・・などを頭に思い浮かべて頂けると、上記のコレクションイメージがストンと胸に落ちてくるのではないかと思います。

・「単に『レトロを描く』というよりは、レトロでヴィンテージ感のあるものと、たとえば金属的であったり色っぽかったりするものを、テキスタイルや素材・スタイルで組み合わせて、うちのブランドらしいコレクションにしたいという想いが先にありました」と、デザイナーの岩田さん。「そのモチーフとして過去に親と旅したチェコの雰囲気が思い出されて、それがしっくりきたんです。」

・またデザイン面での具体的な考え方として、現在一部トレンドとして浮上しているシンプルでシャープ&ミニマルなものというよりは、ブランドの本来的な世界観をしっかりと打ち出して、自身が惹かれるファンタジックであったり映画的であったりという要素を表現することを、これまで以上に強く意識しているという話もしてくれました。

・つまり要約するなら、「レトロ」×「”非”レトロ」という対称軸をベースイメージとして、それをtiit tokyoのブランドコンセプトの中でしっかりと包み込んで、後者をより明確にした上でデザインされた洋服たちが集まったコレクションであると、私たちは解釈しています。

・実際、普通なら「レトロだな」「落ち着いてるな」「懐かしい感じだな」と表現されそうな素材や柄が、たとえばフィーチャリスティックなパターン・ディテールで彩られていたり、今っぽいテキスタイルと組み合わされて強いギャップ感があったり、あるいは3Dプリンタでつくられた最先端の素材でつくられたバッグと合わせたスタイリングでつかわれていたり・・・と、一筋縄ではいかない「tiit tokyoっぽさ」が強く打ち出されているコレクションになっています。

・私たちインタレストとしては、「tiit tokyoらしさ」がにじみ出る今季20AWコレクションにおいて、そのもう一つの大きな特徴である「日常的に着られる洋服である」と強く感じられたアイテムたちをピックアップしています。



【 tiit tokyo (ティート・トウキョウ) とは】
デザイナー:岩田翔、滝澤裕史

ブランドコンセプトは「日常に描く夢」。
まるで1本の映画をつくるのように、「日常」のなかに潜む「夢」をコレクションに落とし込みます。
tiit tokyoの最大の魅力は、その世界観は「夢」〜ファンタジーかつドラマチックでありながら、
実際の洋服たちは「日常」〜リアリティが想定された、とても実用的なデイリーウェアであることです。
デザイナーが自負する繊細な色づかいと、それを実現するテキスタイルやパターニングの独創性にも驚かされます。

★19SSよりお取り扱いを始めたブランドです。ブランドの詳細はこちら >

▲Top