Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)
Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

Leh / 2-Way Blanket Poncho (Mix)

¥ 23,100 税込 inc. tax

(¥ 21,000 税抜 exc.tax)



完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

Name: ウール&シルクカディ・2-wayブランケットポンチョ

Color: Mix ミックス
Composition:
Wool ウール 50%, Silk シルク 50%

Size: Free
100cm×220cm、アームホール Armhole 33cm
Size Guide/採寸の仕方>

Staff Styling: 160cm


【Overview】
見た目は「シンプルな大判ストール」と思いきや、Lehの気持ちと気合いが感じられるスペシャルなアイテムです。このアイテムを21,000円の価格でご案内できることは、ある意味奇跡的であるとすら感じます。

白糸はロウシルク(=生シルク~糸に撚っていない繊維のかたまり)で色糸がウールという、南インドで織り上げたカディブランケットを解体し、ショールorマフラーとしても、そしてアームホールが開いているのでそこから腕を出してポンチョとしても着られるようにした、「オリジナルの新品生地のリメイク」という素材構成とともにウルトラぜいたくな1点です。

生地アップの画像をご覧頂くと、その味ある「いびつさ」から手紡ぎ&手織りのカディ地であるということは一目瞭然です。

またこちらのミックス柄(→細かなトラディショナル柄)と、同時入荷のブラックチェック柄の2柄のご用意で、これが画像ではまったく伝わらず悔しいのですが、ロウシルクの白糸がまさにシルクらしい実に美しい光沢を放つので、たとえばソファーにかけておけば高級ブランケットであるとひと目で分かるくらい、実物には素晴らしい上質感&クラフト感があります。

ウール50%×シルク50%の素材構成なので、薄手の生地ながら羽織れば十分過ぎるくらいの保温性があります。柄も色味も合わせる洋服を選びません。たいへんな便利アイテムで、またこれが「価格VSクオリティ」の観点でとんでもなくリーズナブルなので、ぜひともご注目頂けましたらと思います。


【Detail】
ミックス柄は遠目には節のある単色の織り柄に見えると思いますが、実際には生地アップ画像でご覧頂ける通り、トラディショナルな幾何学柄が入っています。とても日常づかいして頂きやすいと思います。ロウシルクのナチュラルな光沢がとても美しく、クラフト感と上品さを兼ね備えた逸品に仕上がっています。

ミックスの織り柄のアップの画像では、白糸部分のつやっとした質感が少しだけご覧頂けるかなと思います。

白糸の部分はロウシルク(=生シルク)です。抜染していないので「真っ白」ではなく生成り色です。そしてこの糸が、画像からは想像できないくらい美しくナチュラルな光沢を放ちます。そしてそのエレガントな雰囲気と、黒糸のコッテリとしたウール糸の雰囲気のコントラストが絶妙で、ため息が出るくらいステキな生地に織り上がっています。

新品時から軽くてやわらかい生地ですが、なんといっても手紡ぎ&手織りのカディ地ですので、つかえばつかうほど、洗えば洗うほどいっそうの「なじみ」が生じて、もっともっとやわらかく育っていきます。その雰囲気もぜひお楽しみ頂けたらと思います。

面積としては大判ストールor全身ショールくらいの十分な大きさがあります。そして肩に掛けたときにちょうど腕の付け根に当たる部分にアームホールが設けられています。ここから袖を出してポンチョのように着て頂くこともできるのです。つくりとしてもとても凝っていて、あらゆる意味でLehらしい1点だと思います。


【Styling】
展示会でいろいろな洋服を着ようとしているので、かなりモリモリのルックになってしまっていますが(汗)、アームホールから袖が出ている雰囲気はご覧頂けるかと思います。唯一無二の雰囲気です。着ていたスタッフは「これは温かいですね・・・芯から温まってくる感じがします」と話していました。


画像も交えた詳しいご説明(ブログ)/Item Detail (Blog)>


【 Leh (レー) とは】
デザイナー:三上卓也

感性を磨き続けるため、あるいは現地でモノ作りをするため、デザイナーは1年のうち長い日々を海外ですごします。
彼らの洋服は、ときには国産の上質な生地をつかって、国内の優秀な縫製工場で仕立てられ、ときには海外の手紡ぎ手織りのクラフト生地をつかって、海外の職人の手縫いで生み出されます。
それはときにはモードの顔つきで、ときにはヴィンテージの顔つきで、まさにノージャンルかつボーダレス。
一個の労働者・職人として真摯な手仕事に取り組むという一貫した姿勢が、揺らがぬ大黒柱です。

★2018年春夏シーズンよりお取り扱いを始めたブランドです。ブランドの詳細はこちら >

▲Top