tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)
tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

tiit tokyo / Tiered Dress (Khaki)

¥ 29,700 税込 inc. tax

(¥ 27,000 税抜 exc.tax)



完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

Name: ティアードドレス

Color: Khaki カーキ
Composition: Polyester ポリエステル75%・Linenリネン25%

Size: 36
Size Chart/採寸の仕方>

Staff Styling: 160cm


19AW(=2019年秋冬シーズン)の新作アイテムですが、初夏入荷のこちらは盛夏向けのプレフォールアイテムとしての位置づけです。

真夏にガンガン着て&ガンガン洗ってを繰り返して着て頂ける、着心地&価格両面での気軽さと丈夫さを兼ね備えます。

ドレス感の強い見た目ですが、実際の着心地&着勝手の良さは、断然カジュアルワンピースのそれです。このことは実物を着てみると一瞬で理解できます。要するに、「カジュアルに着られるサマードレス」という大役立ちの1点であるといえます。

つかわれているシャリ感&光沢のあるポリエステル×リネン地の見た目の高級感もとっても上品です。この生地が本当に軽くて、ロング丈でも重さは一切感じません。もちろん「水洗い可」の洗濯表示です。

カーキの魅力は、その圧倒的な「着やすさ」「合わせやすさ」です。万能色であり、かつオトナらしい落ち着いた&しっとりとした色味で、着る人やシチュエーションを一切選びません。一般的なカーキと比べると「緑み」が弱いステキな色味のチョイスについては、さすがのtiit tokyoだと感じます。

私たちインタレストがこのワンピースの最大のチャームポイントだと感じているのは、大きく開けた後ろ身頃のつくりです。当然ながら普段づかいでは1枚では着られないわけですが、ここでもRobes&Confectionsインナーロングキャミソール(→ブラック・ホワイト)との相性の良さが光ります。

スタッフによるスタイリングでもこのホワイトをインナーに合わせています。

ご旅行先とかでもぜひ着て頂きたいと感じます。(軽くてシワになりにくいので持ち運びも便利です。)

ご確認頂ける通り、両サイドの着丈が長くなるつくりで、一般的なティアードドレスと比べるとシルエットのフレア感(≒横のふくらみ)は控えめです。特別落ち感のある生地ではないのですが、シルエットが膨張することはありません。何より「絶妙なドレス感を伴ったカジュアルワンピース」であることについて、着たときに強く感動しました。

カーキは「着やすさ」「合わせやすさ」「上品さ」「オトナらしさ」、グリーンは「鮮やかさ」「華やかさ」「夏らしさ」「トキメキ」あたりがキーワードかと思います。繰り返しになりますが、いずれの色も「カジュアルに着られるサマードレス」であるという魅力は共通しています。


画像も交えたより詳しいご説明(ブログ)>


【 tiit tokyo (ティート・トウキョウ) とは】
デザイナー:岩田翔、滝澤裕史

ブランドコンセプトは「日常に描く夢」。
まるで1本の映画をつくるのように、「日常」のなかに潜む「夢」をコレクションに落とし込みます。
tiit tokyoの最大の魅力は、その世界観は「夢」~ファンタジーかつドラマチックでありながら、
実際の洋服たちは「日常」~リアリティが想定された、とても実用的なデイリーウェアであることです。
デザイナーが自負する繊細な色づかいと、それを実現するテキスタイルやパターニングの独創性にも驚かされます。

★19SSよりお取り扱いを始めたブランドです。ブランドの詳細はこちら >

▲Top