Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)
Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

Leh / 刺繍・トランシルヴァニアドレス (ネイビー、サイズS)

¥ 37,800 税込

(¥ 35,000 税抜)



数量
在庫は残り1点です。
完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

英語名:Embroidery Transylvania Dress
色: ネイビー
素材:リネン100%

サイズ:S
・着丈(襟を含まずに)95cm、身幅75cm、肩幅73cm、袖丈42cm
洋服の採寸の仕方はこちら >

※スタイリング写真は、身長160cmのスタッフが着たときの画像です。


今季のトランシルヴァニアブラウスのシリーズは、同時入荷のレース&刺繍のブラウスと、そして他4点の刺繍のワンピース&ブラウスがラインナップされています。これらのいずれもmade in Indiaで、手刺繍の味はもちろん、ステッチ1本1本、ボタン1つ1つから強いこだわりと誠実なモノ作りを感じます。

いずれもモチーフとしてはトランシルヴァニアブラウスを採用しながらも、生地をリネン地にしていたりデザインが気持ちエスニックであったり、何より手刺繍のクラフト感が大きく、完成したアイテムとしてはLeh節全開という雰囲気です。

すべて普段づかいできる合わせやすさと扱いやすさ&丈夫さも抜群なので、毎春夏シーズンたくさん着て楽しく育てていって下さいませ。

こちらは刺繍のワンピースで、生成り(=元のリネン糸の色)と下のブルー味が鮮やかなネイビーの2色展開です。ネイビーはブルー味が強い、とても鮮やかな色味です。深い色なので生成りと比べるとシルエットは引き締まると思いますし、オーガニックな雰囲気も幾分控えめで、むしろカッコ良さが引き立っているように思います。ホワイト&イエローの刺繍や「ひも」によるライン取りは華やかな印象で、やはり生成りとはまったく違うアイテムであると感じます。

ふわっとかぶさる雰囲気のリラックスフィットで、ワンピースとしての着方はもちろん、ボトムスにパンツやスカートを合わせた着方もオススメです。

生地はパサッとしたリネン地です。両サイドにポケットありです。身頃とアームホールはたっぷりのつくりです。


画像も交えたより詳しいご説明(ブログ)>


【 Leh (レー) とは】
デザイナー:三上卓也

感性を磨き続けるため、あるいは現地でモノ作りをするため、デザイナーは1年のうち長い日々を海外ですごします。
彼らの洋服は、ときには国産の上質な生地をつかって、国内の優秀な縫製工場で仕立てられ、ときには海外の手紡ぎ手織りのクラフト生地をつかって、海外の職人の手縫いで生み出されます。
それはときにはモードの顔つきで、ときにはヴィンテージの顔つきで、まさにノージャンルかつボーダレス。
一個の労働者・職人として真摯な手仕事に取り組むという一貫した姿勢が、揺らがぬ大黒柱です。

★2018年春夏シーズンよりお取り扱いを始めたブランドです。ブランドの詳細はこちら >