tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)
tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

tiit tokyo / フリンジドレス (ブラック)

¥ 41,040 税込 inc. tax

(¥ 38,000 税抜 exc.tax)



完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

英語名:Fringe Dress

色:ブラック
素材:コットン100%

サイズ:36
・着丈123cm、身幅72cm、肩幅46cm、首周り(ゴムを伸ばさない状態で)48cm
洋服の採寸の仕方はこちら >

※スタイリング写真は、身長160cmのスタッフが着たときの画像です。


レース地をベースにニットのテープが縦に縫い付けられているノースリーブ(=正確にはフレンチスリーブ)のワンピースドレスです。ホワイトとブラックの2色展開です。

ホワイトは正確にはホワイト×ベージュの組み合わせなので華やかな印象ですが、ブラックは一転してとてもシックで落ち着いた印象です。いっそシンプルなアイテムに感じられるかもしれません。

展示会で見つけたときには、「これはちょっと着にくいかな」という第一感だったのですが、一つは見たことがないデザインと構造だったのと、もう一つは間近で見たときの素材やディテールの作り込みが見事だったのとで、スタッフに試着してもらったところ日常づかいできるイメージが湧いたのでオーダーいたしました。

日常づかい、感覚的に「ロングベストづかい」をお考え頂くと良いと思います。実際カットソーインナーはもちろん、袖にデザインのあるブラウスと合わせるととてもかわいいですし、さらにその上からライトアウターをサラッと羽織っても、これも袖がないために意外とかさばりません。

構造としては、コットンのレース生地に両端がフリンジになったニットのテープを縦に縫い合わせたという、見え方に対して比較的シンプルなつくりになっています。

その一方で、ベースのレース生地もニットのテープも間近で見るととても凝った生地で、かつアームホールなどディテールは様々に作り込まれていて、さらに素材表記がともに「コットン100%」というのも珍しいと思います。首元にゴムが入っているのと、それから袖のアームホール部分にリボンが付いているのもとても心憎いです。

レースとニットがお好きな方、そしてそれが天然繊維によるものであることに惹かれる方には特にオススメさせて頂きたいです。

アームホールは上から生地が重なるような、とても凝ったつくりになっています。ノースリーブと書いていますが、正確には肩に生地がかかるフレンチスリーブくらいです。

このアームホールのリボンがとてもかわいいです。機能のない純粋なデザインアクセントなのですが、これがとても効いていてグッときます。また、身幅はたっぷりです。

ブランドオフィシャルのルックでは、ホワイトでは、既に入荷済みの切り替えレイヤーブラウスを下に合わせています。アームにデザインがあってボディがプレーンなブラウスなので、ここで着ているワンピースにピッタリです。

また、オフィシャルルックのブラックでは文字通りワンピースの一枚着で着ています。夏場はもちろんこの着方でぜひ。コットン地なのでベタつくこともありません。


画像も交えたより詳しいご説明(ブログ)>


【 tiit tokyo (ティート・トウキョウ) とは】
デザイナー:岩田翔、滝澤裕史

ブランドコンセプトは「日常に描く夢」。
まるで1本の映画をつくるのように、「日常」のなかに潜む「夢」をコレクションに落とし込みます。
tiit tokyoの最大の魅力は、その世界観は「夢」~ファンタジーかつドラマチックでありながら、
実際の洋服たちは「日常」~リアリティが想定された、とても実用的なデイリーウェアであることです。
デザイナーが自負する繊細な色づかいと、それを実現するテキスタイルやパターニングの独創性にも驚かされます。

★19SSよりお取り扱いを始めたブランドです。ブランドの詳細はこちら >