壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)
壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

壺草苑 / [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ (濃まだら)

¥ 27,000 税込 inc. tax

(¥ 25,000 税抜 exc.tax)



数量
在庫は残り1点です。 Only one item is available.
完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

色:濃まだら染め
素材: コットン100%

サイズ: フリー
・着丈70cm、身幅51.5cm、肩幅46cm、袖丈29cm、袖幅23cm、首周り53cm
洋服の採寸の仕方はこちら >

※スタイリング写真は、身長160cmの女性スタッフと身長179cmの男性スタッフが着たときの画像です。(時に記載のない画像は身長160cmのスタッフです。)


こちらの形は、薄手の裏毛生地(=スウェット生地)によるプルオーバーです。実はブランドからはメンズアイテムとして紹介されたのですが、当店ではユニセックスアイテムとしてご提案させて頂きます。身長160cmの女性スタッフが着ると、見た目も着た感もとても気持ちの良いリラックスフィットになります。

薄手とはいえスウェット生地なので、Tシャツ生地として一般的な天竺地などと比べるとはるかにしっかりしていて、かつ強度もきわめて高い1点です。着心地もシルエットも素晴らしく、真夏のTシャツとして言うことのない1点です。もちろん素肌で着て頂けます。

染めは、どなたでも着て頂きやすい万能の濃まだら染め(=むらくも)です。生地はとても目が細かく、一般的な裏毛生地と比べるととても薄くやわらかいです。身頃はたっぷりです。

スタイリング写真は、Sancaの春夏シーズンの定番アイテムである、テーパードシルエットのホワイトデニムパンツ(サイズ「0」)との合わせです。個人的に、壺草苑のトップス×Sancaのホワイトデニムの組み合わせを春夏シーズンにつくるのが大好きで、それはなぜならこの上ない爽快感が味わえるからです。

このプルオーバーは、身長160cmのスタッフには大きめのリラックスフィットなのですが、そう見えません。着た感はリラックス、シルエットはスッキリ。その意味でもたいへんお勧めです。


画像も交えたより詳しいご説明(ブログ)>


【 壺草苑 (こそうえん) とは 】
すべての行程について100%天然原料だけで建てられた(=つくられた)藍の染液による藍染めをおこなう工房「壺草苑」によるオリジナルラインです。

壺草苑のアイテムでは、「インディゴ」などの石油由来の化学薬品は一切つかわれていません。近年では全国でもごく限られた職人達が従事するのみとなっている、「天然藍灰汁醗酵建(てんねんあい・あく・はっこうだて)」という日本の伝統技法を用いて染められている、正真正銘の「藍色」の妙をご堪能頂けます。

壺草苑の染め物の最大の魅力は、妥協を知らない職人たちによってストイックなまでに作り込まれた、吸い込まれるような深く鮮やかな天然の藍色ですが、その天然の藍色を一層引き立たせる上質な素材使いも見逃せません。

それ以外にも、(1)色落ちや色移りがほとんどない、(2)独特の経年変化を楽しめる(染め直しもできる)、(3)天然原料・天然繊維で皮膚に優しい、(4)藍による殺菌・抗菌作用がある、などたくさんあります。

藍染めがお好きな方ですら、「ここものは違う」と異口同音に仰います。ぜひ実物に触れて、そして末永くお楽しみ下さいませ。

【 染めの表記 】
壺草苑のアイテムでは、「単色染めの濃さ」を表す便宜上の数字として、5段階で「淡淡藍(1番)→淡藍(2番)→中藍(3番)→濃藍(4番)→濃濃藍(5番)」と表記しております。(染めない「白残し」の部分を「0番」と表現することもあります。)