壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)
壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

壺草苑 / [別注]コットンミラウルウェーブ・四角ワンピース (白残しまだら染め)

¥ 38,880 税込

(¥ 36,000 税抜)



数量
在庫は残り1点です。
完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

色:白残しまだら染め
素材:コットン100%

サイズ: フリー
・着丈108cm、身幅78cm、裄丈35cm
洋服の採寸の仕方はこちら >


壺草苑19SSより、ここ数シーズン毎季マイナーアップデートを経てリリースされ続けている「四角ワンピース」の、今季19SSバージョンが入荷しています。しかもこちら、着丈&スリット寸調整の入ったインタレスト別注の形です。

今季のオリジナルの「四角ワンピース」は後ろ身頃の着丈がとても長く、さらにサイドスリットが「もも周り」くらいまで入るユニークなスタイルですが、それをワンピースとして一枚着ができるよう、着丈を前後ろ同じロング丈にして、サイドスリットは20cm弱と小さく修正いたしました。

この同じ形を、既に入荷済みの綿麻スラブ×白残しまだらグラデーションと、今回入荷したコットンミラクルウェーブ×白残しまだら染めの2パターンで別注でオーダーしています。

この「コットンミラクルウェーブ」という生地、実は「うねり」のような凹凸のある柄織りの生地で、それを柄染めするという柄織り×柄染めのデザインです。しっかり濃く染める「むらくも」で一般的なまだら染めを、あえて白生地部分を残して染めてもらっています。春夏シーズンらしく、とても爽やかに仕上がったと感じます。

それにしても、この生地でつくられたサンプルを見たとき「きれいに染まる生地だな」と感じましたが、こうして上がった商品を見てその鮮やかさに改めて驚かされます。



【 壺草苑 (こそうえん) とは 】
すべての行程について100%天然原料だけで建てられた(=つくられた)藍の染液による藍染めをおこなう工房「壺草苑」によるオリジナルラインです。

壺草苑のアイテムでは、「インディゴ」などの石油由来の化学薬品は一切つかわれていません。近年では全国でもごく限られた職人達が従事するのみとなっている、「天然藍灰汁醗酵建(てんねんあい・あく・はっこうだて)」という日本の伝統技法を用いて染められている、正真正銘の「藍色」の妙をご堪能頂けます。

壺草苑の染め物の最大の魅力は、妥協を知らない職人たちによってストイックなまでに作り込まれた、吸い込まれるような深く鮮やかな天然の藍色ですが、その天然の藍色を一層引き立たせる上質な素材使いも見逃せません。

それ以外にも、(1)色落ちや色移りがほとんどない、(2)独特の経年変化を楽しめる(染め直しもできる)、(3)天然原料・天然繊維で皮膚に優しい、(4)藍による殺菌・抗菌作用がある、などたくさんあります。

藍染めがお好きな方ですら、「ここものは違う」と異口同音に仰います。ぜひ実物に触れて、そして末永くお楽しみ下さいませ。

【 染めの表記 】
壺草苑のアイテムでは、「単色染めの濃さ」を表す便宜上の数字として、5段階で「淡淡藍(1番)→淡藍(2番)→中藍(3番)→濃藍(4番)→濃濃藍(5番)」と表記しております。(染めない「白残し」の部分を「0番」と表現することもあります。)