ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)
ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

ANITYA / ガウンシャツ (ブルー、サイズ1)

¥ 35,640 税込

(¥ 33,000 税抜)



数量
在庫は残り1点です。
完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

英語名:Gown Shirt
色:ブルー
素材:コットン100%

サイズ:1
・着丈117cm、身幅62cm、肩幅53cm、袖丈60cm
洋服の採寸の仕方はこちら >

※ディテールの一部は、色違いのベージュで撮影しています。


とてもやわらかで気持ちの良いオンブレチェック柄のコットン地でつくられた「ガウンシャツ」です。色はベージュとブルーの2色展開で、まずはともあれ抜群に着心地が良いことが第一の魅力です。

ANITYAはユニセックスのブランドで、こちらも完全なユニセックスアイテムです。もちろんこれ1枚で着る着方もありで、もし仮にこれがレディースアイテムとしてのリリースなら、「シャツワンピース」という名前がふさわしいと思います。女性・男性問わず、パンツを合わせて履くスタイルもカッコイイと思います。

構造がとても凝っていて、これはおそらく「透け」を緩和する意味もあって、前身頃だけ生地が二重になっているのですが、その構造を上手につかって両サイドにポケットをつくったり、まるで2枚重ねて着ているかのようなレイヤーの見え方になっていたりと、自身がパタンナーでもあるデザイナーの意図と意思がハッキリとあらわれた1点です。

デザイナーは展示会で、同生地で展開されている「ポンチョオープンカラーシャツ」とさらに重ねて着るハイパーレイヤーな着方も提案してくれましたが、これもとても楽しそうです。

この独特のボヤッとしたチェック地、オンブレチェック柄といいます。レッド×ブラックやホワイト×ブラックなどの組み合わせなどが有名でしょうか。この生地はご覧の通り穏やかでやさしいチェック柄で、とてもやわらかい印象です。ブルーは水色ベースの柄で、清々しく爽やかな印象です。デニムパンツなどとの相性もとても良さそうですね。

アッパー部分の前身頃のみ、生地が二重になる構造になっていて、まずこれで前から見たときにとても透けにくくなっています。女性にはとても嬉しい仕様だと思います。また生地が重なっていることを利用して両サイドにポケットが付いています。

身頃はやはりたっぷりです。今季19SSのANITYAは、基本的にサイズ感の「心配」は一切必要なく、「好み」で選んで頂くのが良いと思います。
ガゼットの端が切りっぱなしになっていたり、大きな茶蝶貝のボタンがつかわれていたり、つくりはとても丁寧です。

ウエストのひもも自由におつかい頂けます。そのまま流して着たり、前で留めたり後ろで留めたり。そのときどきで着方を変えるのが楽しいと思います。物撮り画像では、ひもを後ろ身頃でやや絞り気味に留めています。後ろから見るとエプロンのような雰囲気になり、これはこれでかわいいですね。


画像も交えたより詳しいご説明(ブログ)>


【 ANITYA (アニティア) とは】
デザイナー:岸 知良

「ファッション」「モード」に寄りすぎない。かといって「日常着」「汎用着」にも寄りすぎない。
「女性向け」でも「男性向け」でもない。何事にも偏らず「中正」「中庸」である。
この抽象的なブランドコンセプトは、パターニング・素材選び・縫製までデザイナーが一貫して手がけるコレクションと、そしてそのアイテム1点1点、そのディテール一つひとつにまで具体的に落とし込まれます。
ミニマルかつ無垢でありながら決して「普通」ではない、どこかで見たことがあるようで決定的な何かが違っている、透明感の塊のようでいて凜と主張する。そんな「中正」の洋服たちが、一人ひとり違ったあらゆる個性に心地よく寄り添います。

★2019年春夏シーズンよりお取り扱いを始めたブランドです。ブランドの詳細はこちら >