tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)
tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

tiit tokyo / ルースシルエットブラウス (ホワイト)

¥ 18,360 税込

(¥ 17,000 税抜)



完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

英語名:Loose Blouse

色:ホワイト
素材:コットン100%

サイズ:36
・着丈80cm、身幅66cm、裄丈86cm
洋服の採寸の仕方はこちら >

※スタイリング写真は、身長160cmのスタッフが着たときの画像です。


透け感のある薄くてやわらかい、これもまたガーゼのように気持ちの良いコットン地でつくられたシンプルなブラウスです。全体的にかなりゆったりの大きさ&シルエットで、「いま」な気分満載でリラクシングに着て頂けます。襟元のリボンはそのまま流したり結んでアクセントにしたり。

透け感があるので何らかのインナーと合わせて着て頂くことになると思いますが、その合わせを考えると無限の候補があると思います。トップスとしての王道の着方のほかに、たとえばワンピースの上からボタンを締めて着るととてもステキな雰囲気になりそうです。着丈が長いので羽織りとしてもご活用頂けます。

オーダーしたときと入荷したときとで最も印象に差があったのがこのアイテムです。スタイリング画像のように細身のパンツを合わせるのが王道ですが、太めのバギーパンツやフレアスカートを合わせたりして、あえて全身のシルエットを膨らませて着るのもかわいいと思います。

しっかり透ける生地なのでインナーが必要です。そしてそのインナーで色を入れたり柄を入れたり、あるいはワンピースなどと合わせたりして、たくさん楽しんで頂けると思います。

つくりは全体的に大きく、ビッグシルエットで着て頂くブラウスです。袖がふわっと膨らみ、後ろ身頃の着丈が前身頃に対してかなり長くつくられているユニークな形です。

スタイリング画像のルックが私たちとしては会心のできで、ブラウスと、そして合わせているRobes&Confectionsのスウェットパンツの魅力に一瞬でノックアウトされてしまいました。スカート&レギンスを履いているように見えますが、スカートのように見えるのは着丈の長いRobes&Confectionsのインナーキャミソールをタックアウトしている部分で、実際にはブラウス&パンツのルックです。


画像も交えたより詳しいご説明 (ブログ) >


【 tiit tokyo (ティート・トウキョウ) とは】
デザイナー:岩田翔、滝澤裕史

ブランドコンセプトは「日常に描く夢」。
まるで1本の映画をつくるのように、「日常」のなかに潜む「夢」をコレクションに落とし込みます。
tiit tokyoの最大の魅力は、その世界観は「夢」~ファンタジーかつドラマチックでありながら、
実際の洋服たちは「日常」~リアリティが想定された、とても実用的なデイリーウェアであることです。
デザイナーが自負する繊細な色づかいと、それを実現するテキスタイルやパターニングの独創性にも驚かされます。

★19SSよりお取り扱いを始めたブランドです。ブランドの詳細はこちら >