tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)
tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

tiit tokyo / 切り替えラッフルワンピース (ピンクベージュ)

¥ 25,920 税込

(¥ 24,000 税抜)



完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

英語名:Ruffle Dress

色:ピンクベージュ
素材:ポリエステル100%

サイズ:38
・着丈109cm、ウェスト(ゴムを伸ばさない状態で)72cm、裄丈54cm
洋服の採寸の仕方はこちら >

※スタイリング写真は、身長160cmのスタッフが着たときの画像です。


シャリ感と光沢があり、かつとても軽やかなポリエステル地をベースに、後ろ身頃や袖先&裾先フリル部分が別生地に切り替わるワンピースです。

ゴムやフリルをつかったユニークなフレアシルエットや肩部分のレーステープ、切りっぱなしの端など、様々なディテールでしっかりとデザインが入っていて、ラックにかかっているとドラマチックなワンピースに見えるのですが、実際にはかなりカジュアルな雰囲気で、素材的にも抜群に扱いやすく、いろいろ気にせずに真夏も含めてガンガン着て頂ける実用的なアイテムです。

着丈の長さが絶妙で、もちろんこれ1枚でもきれいに着られますが、「何と合わせて着るか」も考えるととても楽しいです。

たとえば、下に長めのキャミソールワンピースを着たり、ブラウスを合わせてみたり。あるいはボトムスに細身のパンツや柄物のスカートを合わせてみたり。デザイナー自身もオススメの、スニーカーと合わせたカジュアルスタイルもハマりそうです。とにかく肩の力を抜いて&リラックスして気軽に着て頂けるのが、このワンピースの物撮り画像からは伝わらない魅力かと思います。

ディテールにつきましては、肩部分がレーステープに切り替わり、フリル部分のストライプ地の端は切りっぱなしのデザインです。後ろ身頃のトップス部分はマットな生地に切り替わり、着心地も良い上に透けにくく、かつ全体の雰囲気をのっぺりさせないというデザイン的な貢献も大きいです。

ウエストのギャザー部分にはゴムが入っています。ウエストで締まるシルエットなのですが、このゴムによって着心地の良さは損なわれません。

アームホールがとても大きいので、下に何でも着られます。ブランドのランウェイショーではチュールブラウスを合わせています。
スタイリング画像では、トップスのインナーに同じtiit tokyoのレイヤーブラウスを合わせています。そのブラウスも袖部分がふわっと膨らむので、その重ね着にしてみました。

また、ワンピースの着丈がユニークなのでボトムスにスカートを合わせても良く、スタイリング画像ではLOKITHOのオパールプリントシリーズのスカート(ピンク)を履いています。こんな風に、いろいろなレイヤースタイル(重ね着)をルール無用で楽しみたいワンピースです。

着た感については、まずはとにかく「軽い」というのが大きいです。重さは感じないと思います。それ以外のポイントでもストレスは皆無なのと、扱いやすい素材なので、様々に重ね着をして長いシーズンお楽しみ頂けるかと思います。


画像も交えたより詳しいご説明 (ブログ) >


【 tiit tokyo (ティート・トウキョウ) とは】
デザイナー:岩田翔、滝澤裕史

ブランドコンセプトは「日常に描く夢」。
まるで1本の映画をつくるのように、「日常」のなかに潜む「夢」をコレクションに落とし込みます。
tiit tokyoの最大の魅力は、その世界観は「夢」~ファンタジーかつドラマチックでありながら、
実際の洋服たちは「日常」~リアリティが想定された、とても実用的なデイリーウェアであることです。
デザイナーが自負する繊細な色づかいと、それを実現するテキスタイルやパターニングの独創性にも驚かされます。

★19SSよりお取り扱いを始めたブランドです。ブランドの詳細はこちら >