LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)
LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

LOKITHO / コード刺繍・フレアパンツ (カーキ、サイズ2)

定価:¥ 41,040 税込 inc. tax

販売価格:ログイン中のみ表示されます。

※当店では、セールアイテムの価格は一般公開しておりません。オンラインストアに会員登録して頂くと、ログイン中に価格が表示され、そのままお買い求め頂けます。
また、お電話やお問い合わせフォームでも、価格のご案内や販売を承ります。お気軽にご連絡下さいませ。



数量
在庫は残り1点です。 Only one item is available.
完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

英語名:Cord Embroidery Pants
色: カーキ
素材:
(本体)基布レーヨン56%・コットン28%・ポリエステル16%、(刺繍部分)レーヨン100%、(別布)トリアセテート65%・ポリエステル35%、(裏地)キュプラ100%

サイズ:2
・ウェスト72cm・股上28cm・股下66cm・わたり幅30cm
洋服の採寸の仕方はこちら >

※スタイリング写真は、身長160cmのスタッフが着たときの画像です。


LOKITHO19SSより、ブランドが得意とするコード刺繍シリーズの新作パンツです。
形といいデザインといい普段づかいしやすい1点で、またタックインorタックアウトどちらのスタイルもこなしてくれます。

裾が大きくフレアするシルエットは、袴のような凜とした格好良さがあります。色はカーキにブラックのコード刺繍です。カーキのボトムスは、インディゴ(デニム)やブラックと同じくらい合わせやすく、クローゼットに1本あるとスタイリングの幅がものすごく広がります。

両サイドとヒップに計4つのポケットがあります。このパンツも裏地が付きますが、裾から20cmくらいまでは裏地がないので、丈詰めが簡単です。

ちなみに、入荷した実物のウエストの実寸値は72cmで、他のブランドも含めて一般的なMサイズの寸法です。裾丈が長い場合は、カーキとブラックが切り替わる部分でカーキの生地を詰めるとバランスが崩れません。またウエストが大きい場合は、ウエストを詰めるかあるいはベルトループを付けるかすると便利です。これらのいずれの方法についても、キャリアのあるお直し屋さんであれば二つ返事で引き受けてくれることと思います。


画像も交えたより詳細なご説明はこちらをご覧下さい!>


【 LOKITHO (ロキト) とは】
デザイナー:木村晶彦
先端的な”made in Japan”の素材・加工を駆使して、ストイックで洗練された洋服たちを生み出します。
パターニングや縫製など「つくり」も誠実かつ丁寧で、隙がありません。
一方、多様な技術を駆使して毎季リリースされるオリジナルの柄生地は一貫してどこか懐かしい印象で、あるいは彼らの洋服を着たときの美しいシルエットは奇をてらわず、いずれも「郷愁」を感じさせる意匠です。
エッジの効いたファッション的なエレガンスでありながら、時代を選ばない普遍性も兼ね備えます。

▲Top