everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)
everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)

※パソコンでは、メイン画像をクリックして左右の矢印キー「←」「→」を押すと、メイン画像が切り替わります。

everlasting sprout / [別注]カシミヤセーブルのストール (ボルドー)

¥ 23,760 税込

(¥ 22,000 税抜)



数量
完売アイテムおよび未入荷サイズのお取り寄せにつきまして >

色:ボルドー(インタレスト別注色)
素材:カシミヤ80%・セーブル20%
サイズ:約194cm×約77cm

※スタイリング写真は、身長160cmのスタッフと、身長179cmのスタッフが着たときの画像です。


(1)カシミヤ80%・セーブルファー20%という超高級糸を、(2)アトリエで手編み機で編んだ、(3)大判のストールで、(4)価格が22,000円という、他を圧倒する驚異的なクオリティかつコストパフォーマンスで、「これ以上のマフラーはないのでは」という1点です。

「重さ」「チクチク」とは無縁で、ショールづかいをすると、「普通にセーター1着分温かい」と評判です。毎秋冬シーズン、色別注でオーダーしていますが、今季18AWのこちらは、2年前に即完売した一番人気色であるボルドーの再販です。セーブルファーが入り、相当つかいこんでもこのふんわり感は維持されます。

落ち着いたボルドーの色味はきわめてつかい勝手の良い差し色にもなってくれて、圧倒的な人気色です。常に再リリースのご依頼を頂いておりましたので、2年ぶりの復刻となりました。このストール自体、ブランドの厚意(と勢い?笑)でつくってもらっているようなものなので、いつまでご案内できるかどうか分かりません。ぜひ欲しいと思ったそのときにお求め下さいませ。


入荷速報 (Instagram)>

画像も交えたより詳細なご説明はこちらをご覧下さい >

ワンピース編・スタイリング紹介・1 (サイズ感・着た感など)>

ワンピース編・スタイリング紹介・2 (サイズ感・着た感など)>

メンズ・スタイリング紹介 >


【 everlasting sprout (エバーラスティング・スプラウト):レディース】
デザイナー:村松啓市

華やかで色鮮やか、着ると思わず笑顔になってしまう楽しい洋服たちは、実はとことんこだわって作り込まれています。
ニットのプロフェッショナルであるデザイナーによる唯一無二のクラフトニットだけではなく、刺繍・ジャカード織りといったオリジナルの柄生地も、ひと目で圧倒されるクオリティを誇ります。
多くの原色を同時につかっても、決して「派手」ではないオトナで上品な印象に仕上げる「色のセンス」に驚かされます。