最近の記事



タグ: Brooklyn (1ページ / 2ページ)


<お客様のkokochi>スペシャルレザー「黒桟革」仕様の靴たちを一挙にご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日はシリーズ「お客様のkokochi」(→新日記の記事旧日記の記事)、お客様によるkokochi sun3のオーダー靴をご紹介いたします!(お客様にお許し頂いた場合のみ、ご紹介しています。)

 

2017年下半期~2018年頭にかけての期間限定で、kokochi sun3では「黒桟革(くろざんかわ)」というスペシャルレザーをつかったオーダーを承っていたのですが(=オプション料金+10,000円)、ありがたいことにこの企画がたいへんご好評を頂きまして、本当にたくさんの靴のオーダーを頂きました。改めまして、誠にありがとうございました!

本日の日記では、それらの一部・・・といっても15足ほどを、一挙にご覧頂けましたらと思います!

 

★漆塗り「黒桟革」について

 

(この黒桟革を初めてご紹介した8月25日付日記からの引用です。)

★スペシャルレザー「黒桟革」につきまして

ここで漆塗り「黒桟革(くろざんかわ)」についても説明させて下さいませ!

黒桟革の現物サンプルを見て触れてみると、これがもう、すっっばらしい革でたまげました・・・!革の厚み、シボのナチュラルさ、凸部分の漆の光沢・・・そして何よりもそのやわらかさ・しなやかさに感激しました!

もみシボがある国産黒毛和牛の凹凸の凸部分に幾重にも幾重にも漆を塗り重ねていって、メーカーが「革の黒ダイヤ」と自負する漆黒の光沢を放ちます。

上品なシボと光沢で極めて上品な印象のある革ですので、きれいめのブラックシューズ(→もちろんドレスシューズづかいも含めて)でおつかい頂くのもオススメです。

上でも書きましたが、測ったところ2mmほどのしっかりとした厚みがあります。そしてとてもそうとは思えないやわらかでしなやかな質感が、これはきっと靴にしたら気持ちが良いだろうな・・・と想像させます。

 

そして実際に仕上がってきた靴たちを見るに、「光らせた」という光沢ではなく、あくまでナチュラルで上品なつやの上がりだったのが実に印象的でした。今だからこそ言えますが、数種類ある黒桟革のラインナップの中でもかなり高いランクのものがつかわれていて、kokochi sun3からすると「革代はサービスみたいなものです 笑」(靴作家・森田圭一さん)。

単価を知っている私たちが計算すると「サービス」では済まないような気がするのですが(汗)、そのようなことをいちいち説明するまでもなく、お客様にダイレクトにその上質さが伝わるスゴイ素材でした。

 

それでは以下、たくさんの「黒桟革靴」を画像たっぷりでご覧下さいませ!

(なお、表記価格はすべて「税抜き価格」です。)

続きを読む

<お客様のkokochi> 制作途中に森田さん自身が「カッコイイ!」と興奮した、タンクソール仕様のBrooklyn#100のご紹介です!

こんにちは、インタレストです。

本日はシリーズ「お客様のkokochi」(→新日記の記事旧日記の記事)、お客様によるkokochi sun3のオーダー靴をご紹介いたします!(お客様にお許し頂いた場合のみ、ご紹介しています。)

 

本日は昨年秋冬の新作としてリリースされ、既にzanpanoと同格の人気(=オーダー数)を誇るBrooklynのビブラム#100タンクソール仕様である「Brooklyn#100」(レディース82,000円+税、メンズ84,000円+税)をご紹介いたします!

この靴、制作途中に森田さんが電話で「今つくってるBrooklynのタンクソール、めっちゃカッコイイですよ!」と興奮して話してくれたほどで、確かに修飾語の筆頭はダントツで「カッコイイ」だと思います!

そして、Brooklynという靴の驚きの履き心地の良さなどその人気の秘密につきましては、ぜひこちらのリンク先にてご確認下さいませ。当然ながら、今季秋冬でも最も人気を集める靴の一つになると思います・・・!

01-P1950242

 

ちなみに、このタンクソールを敷く仕様のオーダーについては、もともと本日ご紹介するBrooklyn#100の他にzanpano#100があったのですが、この日の日記で詳細にお伝えしました通り、今季秋冬の新作靴である「kokochi sun3のトレッキングブーツ(仮)」でも可能です。いよいよ明後日27日(土)から始まるkokochi sun3受注販売会にてそのオーダーも承ります!

ところで、実はそれら3足はつかわれている木型もすべて同じということもあるので、本記事の下の方でBrooklyn#100とトレッキングブーツ(仮)#100の比較コーナーをつくってみました。受注販売会開幕直前、細身のBrooklynと同じ木型がつかわれているトレッキングブーツ(仮)のスマートなフォルムを、再度ご確認頂けましたらと思います!

02-P1950213

 

それでは以下、ジックリご覧下さいませ~!

続きを読む

<お役立ち小話> 鹿革でできた革靴、きれいめに履く?それともいろいろ気にせずガンガン履く?

こんにちは、インタレストです。

現時点でkokochi sun3でおつかい頂ける革の中で、新品時から最もやわらかく肌当たりの良いのは鹿革(ディアスキン)です。主にMUKUサーカスBrooklynなどのモデルでつかわれることが多い革ですね。

鹿革は裸足で履いても気持ちが良いというその圧倒的なやわらかさという長所の反面、相対的に水シミや油シミなどができやすいという弱点もあったりします。(←こういう性質の革を、総じて「デリケートレザー」と呼びます。文字通りですね。)

1-P1460981

7-P1860134

 

それなのでインタレストでは、鹿革のケアについては、日常的には栄養&防水スプレーであるコロニル「1909シュープリームプロテクトスプレー」をベースにつかいつつ、1~2ヶ月に一度くらいの頻度でデリケートレザー相手につかってもシミにならない(=より正確には「なりにくい」)、モウブレイ「デリケートクリーム」「リッチデリケートクリーム」のご利用をオススメしております。

P1490800

P1180180

P1180083

 

さて、その鹿革のシミなのですが、展開が9色ある中でもブラックやネイビーなど濃いめの色味では目立ちにくいのですが(←ほとんど気にしなくて良いレベルです)、当然ながらイエローやベージュなどの淡い色味では目立ちやすいです。鹿革の靴をオーダー頂ける際、どの要素を優先されるかはオーナー様次第なのですが、この「色の選択」もときには重要なポイントになるかもしれません。

鹿革ブラックでつくられたBrooklynです。防水スプレーを振っておけば、雨も日に履いて歩いて問題ないと思います。
P1660002-001

鹿革ネイビーでつくられたBrooklynです。ブラックと同様の履き方ができます。
P1720979

 

一方、当店スタッフHの私物のMUKU(4年物)は、(シミになりやすい)鹿革イエローでつくったのち、防水スプレー(=コロニル「1909シュープリームプロテクトスプレー」)を振りつつ雨の中を歩き(ときにはわざと当てたりして・・・)、そしてつかったらまず「シミになる」であろうクリーム(=コロニル「1909シュープリームクリームデラックス」など)を塗りながら育てており、例によって耐久実験・エイジング実験を兼ねながら履いています。

このたび、お客様から鹿革イエローのMUKUのオーダーを承りまして、それが上がってきましたので、以下でスタッフHの私物4年物(左)とお客様によるオーダー靴・新品(右)を比較した画像をご覧頂けましたらと思います。

左が4年物、右が新品です。まずは両者の色味、まったく違いますよね。これは革が焼けたというのもありますし、お客様にはオススメしていない強めのクリームを入れたことによるシミの影響もあります。
2-P1850065

実は雨シミも油シミも当初はもっと目立っていたのですが、何年も履いているうちにどんどん目立たなくなっていって(というよりなんだか革と同化していってしまって)、今では「これはこれでアリかも」なんて思えるくらいになじんでしまっています。革靴になれていないときは、雨などで革にシミが入ってビックリされてしまうこともあるかと思いますが、「まあこれも時間が経てば味になるかも」くらいの気持ちでいらしても良いかもしれません。
3-P1850072

ちなみに、デリケートクリームやリッチデリケートクリームをつかったときは、多少色味が濃いめになったりする程度で、左の4年物のような濃さで固定されたりはしませんし、何よりこのようなムラ感が生じません。鹿革でつくられた靴を「きれいめに、そしてムラなくシミなく履きたい!」という場合には、まずは防水スプレーは必須で、あとはそれら2種類のクリームをメインにつかいつつ、雨の日のご着用ははなるべく避けるとよろしいかと思います。
4-P1850071  5-P1850073

 

ところで、誤解して頂きたくないのは、「水シミや油シミができやすい」からといって、そのことが「水や油に極端に弱い」ということを意味するわけではないということです。「シミができやすいか否か」というのはあくまで「見映え」の問題であり、シミができたからといってその部分の革の強度が著しく劣化するというわけではありません。(むしろ革は水分も欲しており、乾燥させすぎるとひび割れなどの原因にもなります。)

それなので、この日の日記でも似たことを書きましたが、「シミなんて気にしない」というお考えであれば、普通の靴と同じようにガンガン履いてしまわれても良いのです(もちろん毎日履くことだけは避けて頂きたいですが・・・)。このあたりにつきましては100%個々のお客様のお好みによるかと思いますので、ぜひご自身でご判断頂けましたらと思います。

私たちは・・・そうですね、理想的には2足つくってそれぞれ真逆の履き方で育ててみたいところですね・・・!って、ぜいたく?!笑

1-P1850068

6-P1850070

<お問い合わせ>

  • 24時間以内に当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • 定休日(火曜日)以外であれば、お電話(03-6457-5360)でのお問い合わせが確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さい。

 

<お客様のkokochi>3足の”Black Brooklyn”!オンでもオフでも履けるカッコイイ靴!!

こんにちは、インタレストです。

本日はシリーズ「お客様のkokochi」(→新日記の記事旧日記の記事)、お客様によるkokochi sun3のオーダー靴をご紹介いたします!(お客様にお許し頂いた場合のみ、ご紹介しています。)

今回の主役は、今秋冬シーズンの新作靴「Brooklyn」(レディース78,000円、メンズ80,000円、ともに税抜き価格)です!この小冊子でも話題になっていますが、このBrooklynという靴は細身で美しい「端整な顔立ち」の靴ですので、きれいめな革でつくるとお仕事でも履いて頂けるというケースも少なくないです。

今回ご紹介するのは、まさにそういう「オンでもオフでも履ける!」というBrooklynを、3足同時にご紹介いたします!実は3足ともアッパーはすべてブラック単色で、しかもいずれもきれいめな革でという仕様です。カジュアルシューズという印象が強いkokochi sun3ですが、Brooklynの登場で、こうしてさらにその活躍の幅が広がったといえますね♪

P1710419

P1710151

P1700808

P1660038

 

以下、3足の”Black Brooklyn”をじっくりご覧下さいませ!

続きを読む

<新入荷> kokochi sun3:3足の「Brooklyn」 馬革キャメル、ディアスキン・ネイビー、ディアスキン・ブラック

こんにちは、インタレストです。

kokochi sun3の新作靴「Brooklyn(ブルックリン)」、店頭販売用にオーダーしていた「インタレストのkokochi」3足が、このほどすべて入荷してまいりました!(鹿革ネイビーがつい先日・・・!)

森田さん自身がこちらのインタビュー小冊子で語ってくれている通り、何よりもまずはその素晴らしすぎる履き心地、そしてそれに加えてオンにオフに履いて頂ける美しいフォルム、さらには(ひもがないことによる)脱着の楽ちんさなどがその大きな魅力で、これまで既に多くのお客様からオーダーを頂いております!

今回インタレストでは、そのような「Brooklynの魅力を最大化させられるデザインを」と考え、以下でご紹介する3足をオーダーしました。少し冒険した部分もあったのですが、結果的にはすべて期待通りの容姿と履き心地の良さで、「さすがkokochi sun3!」とうならされる素晴らしい仕上がりです♪

P1730041

P1730042

P1730046

P1730051

 

本日ご紹介する3足は店頭用にオーダーした靴ですので、デザインのお好みとサイズがピッタリというお客様がいらっしゃいましたら、2ヶ月間の制作期間を待たずに、これらそのものをその場でお求め頂けます!

以下、1足ずつじっくりご覧下さいませ!

続きを読む