こんにちは、インタレストです。

★ただいまショップ内イベント「スタイリング強化月間」を開催中です

今季19AWシーズンに入荷した新作アイテムを中心に、私たちインタレストがブランド横断でたくさんのスタイリングをつくり、それをInstagramオンラインストア、そして本日記にて集中してお客様皆様にご案内する「スタイリング強化月間」を開催しております。

  • 「ブランド横断」のアイテムセレクトですので、各ブランドのオフィシャルモデルルックでは見ることのできない、そして特に「普段づかい」を意識してつくっている独自のスタイリング画像を、1千枚近くの画像でご覧頂けます。
  • このスタイリング撮影により、私たちスタッフは入荷した全アイテムのサイズ感・着た感、そして何より「実際に着てみないと分からないオススメポイント」を把握しておりますので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ
  • 加えて、スタイリング画像でしか確認できない「着たときのシルエット」をご覧頂きたいと感じております。上質なつくりの洋服はすぐれて立体的に制作されており、それゆえに「着られてこそ」その真価を発揮いたします。
  • 撮影したスタイリング画像や追加のご説明につきましては、連日オンラインストアの各アイテムのページにアップしております。ぜひご活用頂けましたら幸いです。
  • レディースルックのモデルは身長160cmの女性スタッフY、メンズルックのモデルは身長179cmの男性店長Dです。表記価格はすべて「税抜き価格」です。

 

 

インタレストのオンラインストア >こちらから

 

 

 

★「スタイリング強化月間」の特集記事をご案内いたします

そして本ブログでは、この「スタイリング強化月間」で撮影したルックにつきまして、本日の記事を含めて何回かに分けて、特集記事をご案内いたします。撮影して初めて分かった各アイテムの魅力やオススメポイントなどもご説明いたしますので、ご購入をご検討頂く際のご参考にして頂けましたらとても嬉しいです。

各回着ているメインアイテムに加えて、そのルックで合わせているアイテムたちについてもその都度一緒にご紹介しております。ぜひたっぷりお楽しみ下さいませ。

  • 「スタイリング強化月間」特集記事(1):圧倒的に便利なインナーアイテム4選 >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(2):スタイル提案~「ダブルジャケットを着ませんか?」(全26ルック) >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(3):ブラウス&スカートでワンピースに!セットアップでも着たいアイテムたち(全9ルック) >本記事です
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(4):ニット&ライトアウターを着た、真冬の手前くらいまでのスタイル提案(全43ルック) >こちらから
  • 「スタイリング強化月間」特集記事(5):ヘビーアウターを着た、今季最も温かいスタイル提案(全49ルック) >こちらから

 

 

 

★特集記事3:ブラウス&スカートでワンピースに!セットアップでも着たいアイテムたち

特集記事の第3弾となる今回は、今季19AWシーズンに固め打ちのように入荷してきている「セットアップスタイル」をつくれる洋服たちを着たルックをご紹介いたします。

セットアップスタイルといっても王道のジャケット&パンツだけではなく、ブラウス&スカートでつくるワンピースライクなスタイルや、コート&パンツという珍しいスタイルなど多彩なので、ぜひ皆様の日常の着回しに取り入れて頂けましたら嬉しいです。

 

 

もっとも、以下でご紹介するのはすべて、実際には単品づかいの汎用性がきわめて大きなアイテムたちです。そこで本記事では単品づかいで着ているスタイリング画像もたくさん掲載しておりますので、ぜひ合わせてご覧下さいませ。

(オンラインストアの各アイテムの個別ページでは、さらに多くの画像をご覧頂けます。)

 

 

さらにもう1点。予定より遅れてつい最近入荷してきたため「入荷アイテム詳報」が書けていない、こちらLOKITHOの新型テーパードパンツにつきましても、その詳報に代えて本記事にて詳細にご紹介いたします。本当に「超」オススメの完全な通年仕様のアイテムです。

ションヘルストライプシリーズよりブラックブラウン、そしてまったくの別生地で単色ブラック(画像3枚目)と全3色でリリースされています。単色ブラックはシフォン地のようなサラサラとした質感の薄手のバックサテン地で、本来ないはずの伸縮性も感じられて履き心地も抜群です。

 

 

 


 

 

★個別アイテムの詳細についてはオンラインストアに掲載しております

デザインやサイズ(寸法)、ディテールなども含めた多くの物撮り画像など、アイテム自体についての詳細につきましては、オンラインストアの各アイテムのページにてご確認下さいませ。

オンラインストア担当のスタッフYが連日大小のアップデートを続けており、それぞれの洋服たちの魅力をしっかりとお伝えできる情報量をご用意できていると自負しております。

(各ルックのアイテムリストでブランド名を表記しておりますので、オンラインストアよりそのブランドのページへ進むとすぐに見つけて頂けます。)

 

インタレストのオンラインストア >こちらから

 

以下は各ブランドページと各アイテムページの一例です。

 

 

 

本日のテーマで特集記事1つ分をまとめられることはそうはないと思いますので、今季19AWはセットアップスタイルでも着られるアイテムがとても充実しているのだと思います。

上でも書きましたが、いずれも単品づかいの汎用性がきわめて高いアイテムたちですので、「両方持っていてときどき合わせて着る」というのもたいへんオススメです。以下の全9ルック、ぜひお楽しみ下さいませ。

 

 


 

 

LOOK3-1

ブラウス: LOKITHO
スカート: LOKITHO
靴: kokochi sqir

*オンラインストア >こちらから

この日のブログ記事でご紹介しているLOKITHOのフロッキーレースシリーズのブラウス&スカート(グリーン)による、ブランドのオフィシャルルックでも提案されているセットアップスタイルです。

こちら画像4枚のようにタックインのスタイルで着ると、シルエットも含めて完全にベルテッドドレスワンピースに見えます。何度もご指摘しているように、このシリーズは上下ともに単品づかいの優秀性も大きく、その上このようにセットで着るとドレスになるというのは相当な便利さだと思います。

オンラインストアではこれら両者を一度にお求め頂けるページもご用意しております。ぜひご利用下さいませ。

 

このシリーズのブラウスは、両腕裏と後ろ身頃に合わせて3箇所ベルトが付いていて、それで腕・身頃双方を絞ったり緩めたりして着ることができます。

こちらの画像6枚では、ブラウスのベルトをすべて緩めて(あるいは外して)、かつタックアウトのスタイルで着ています。ブラウスがレイヤーのデザインになっているので、こうしてタックアウトで着てもドレスアップした雰囲気でお召しになれます。

 

こちら画像6枚では、両腕裏・後ろ身頃の計3箇所のベルトをキュッと締めて、タックアウトのスタイルで着ています。こちらの方が身体のラインがしっかりと打ち出されて、いっそうエレガントな雰囲気になります。

単品づかいによるカジュアルな合わせからセットアップスタイルによるドレスアップした合わせまでこなし、そしてさらにブラウスの各パーツを絞ったり緩めたりすることで「雰囲気のニュアンス」までアレンジすることもできるという際立った機能性と、そして忘れてはならないLOKITHOらしいエレガントさに満ちた見逃せないシリーズです。

 

 

ご参考:単品づかいのルック

こちら画像4枚はご参考までに、ブラウスとスカートをそれぞれ単品づかいで着たときのスタイリングです。かなり濃いめのグリーンなのでブラックに近いつかい方ができるというのが、私たちの実感です。

 

 

 

LOOK3-2

ブラウス: LOKITHO
スカート: LOKITHO
靴: kokochi sqir

*オンラインストア >こちらから

真上のグリーンの色違いで、こちらはベージュのブラウス&スカートによるセットアップスタイルです。こちらもセットアップスタイルでお求め頂くこともできます。

グリーンはエレガントさが際立ちましたが、ベージュは洗練されつつもやわらかく温かみのある雰囲気で、何より同じドレススタイルとしてはとてもレアな色合わせであると思います。

グリーンでたくさんお話しした優秀なつかい勝手たちに加えて、ベージュでは「季節を一切選ばない」という点も加わります。この淡い色味でありながら一切横に広がらないシルエットの美しさも、本当に見事だと感じます。

こちら画像4枚はタックインのスタイルです。

 

こちら画像4枚は、タックアウト&腕・身頃の絞りなしのスタイルです。

 

こちら画像4枚は、タックアウト&腕・身頃の絞りありのスタイルです。

上で書ききれなかったことなのですが、全体的にサイジング・フィッティングがシビアなLOKITHOの洋服たちの中で、このシリーズはいずれも着心地がリラクシングです。(パーツ毎にベルトで絞れる構造になっているからだと思います。) このこともポイントが高いと思います。

 

 

ご参考:単品づかいのルック

こちら画像4枚はご参考までに、ブラウスとスカートをそれぞれ単品づかいで着たときのスタイリングです。

上でも書きましたが、ベージュは温かみのある色味なので、暖色系のアイテムたちとのアイテムが抜群です。秋冬ルックをつくっても、やわらかく温かな雰囲気を演出してくれます。

 

 

 

LOOK3-3

ブラウス: tiit tokyo
スカート: tiit tokyo
靴: kokochi sqir

*オンラインストア >こちらから

トップス&スカートのセットアップスタイルという意味では、こちらのブログ記事で詳細にご紹介しているtiit tokyoの水彩画プリントシリーズも忘れてはいけません。こちらもメインは単品づかいになるかと思いますが、ときにはセットアップスタイルでバッチリきめてみたいです。

スタッフYが一目惚れして私物買いした柄・色味・シルエットのユニークさ、そして薄手フェイクスエード地ならではの着心地の良さ、さらにはリーズナブルなプライシングが光ります。そもそも「秋冬感」を一切感じさせない色づかいなので、当然ながら1年中着て頂くことができます。

こちら画像4枚はブルーのトップス&スカートによるセットアップスタイルで、この組み合わせでお求め頂くこともできます

 

 

ご参考:単品づかいのルック

こちら画像4枚はご参考までに、トップスとスカートをそれぞれ単品づかいで着たときのスタイリングです。

トップスは袖丈が長いデザインで、画像1枚目のようにきれいに一折りできるようデザインされています。長い袖丈によってコートの袖先を守ったり、あるいはアクセントとして差し柄にできたりもするので、このあたりはお好みやスタイルによって着分けて頂けましたらと思います。

その意味で、シンプルなロングスカートの形も1枚で絵になる美しさと、ロングコートを着ても裾先チラッと覗く色&柄のインパクト、これら双方で大活躍してくれます。実際、スタッフYが今店頭で最も高頻度で履いているのがこのスカートです。

 

 

 

LOOK3-4

ブラウス: tiit tokyo
スカート: tiit tokyo
靴: kokochi sqir

*オンラインストア >こちらから

真上のブルーの色違いで、ピンク(というよりレッド~オレンジの「夕焼け」なイメージ)のトップス&スカートのセットアップスタイルです。もちろん、セットアップスタイルでお求め頂くこともできます。ブランドのランウェイショーでもセットアップで提案されていた2点でした。

ブルーはとても爽やかでうららかな色づかいですが、こちらは落ち着きしっとりとした色づかいです。特に単品づかいでのつかい勝手がとても高く、スタイリングをつくっていてものすごく重宝した2点です。ちょっとした差し柄になるのがいいんですよね。下で単品づかいのスタイリングも合わせてご確認下さいませ。

 

 

ご参考:単品づかいのルック

こちら画像4枚はご参考までに、トップスとスカートをそれぞれ単品づかいで着たときのスタイリングです。

この強い差し色&差し柄効果とともに、落ち感のあるフェイクスエード地によって全身のシルエットがスッキリするというのも大きいです。ブルー・ピンクともに、合わせる洋服のカテゴリも一切選びません。間違いなく、ご想像以上につかい勝手の良いアイテムたちです。

 

 

 

LOOK3-5

ジャケット: Robes&Confections
インナー: ANITYA
パンツ: Robes&Confections
靴: kokochi sqir

*オンラインストア >こちらから

これまで何度となく登場している、Robes&Confectionsのダブルジャケット&袴形バギーパンツ(=品番「P09」)によるセットアップスタイルです。

それぞれの単品づかいの「超」のつく優秀さとともに、詳しくは特集記事の第2弾「スタイル提案~ダブルジャケットを着ませんか?」にてご確認下さいませ。また、インナーで着ているANITYAのハイネックトップスも、特集記事の第1弾「圧倒的に便利すぎる絶対買いなインナーアイテム4選」で絶賛ご紹介しております。

ちなみに、ここで着ているジャケット・パンツともにとても人気で、色欠けとサイズ欠けが著しいため、ぜひお早めにお求め下さいませ。

 

 

 

LOOK3-6

ジャケット: Robes&Confections
インナー: ANITYA
パンツ: Robes&Confections
靴: kokochi sqir

*オンラインストア >こちらから

同じくRobes&Confectionsより、こちらは本当に彼ららしいユニークなノーカラー&ノーラペルのジャケットと、セミワイドのストレートパンツによるセットアップスタイルです。

一見してテーラードスタイルにはまったく見えませんし、実物のやわらかな生地感からもカーディガンのようなジャケットとイージースラックスのようなパンツなので、肩の力を抜いて気軽にセットアップスタイルをお楽しみ頂ける組み合わせだと思います。ぜひお試し下さいませ。

 

 

 

LOOK3-7

コート: Eatable of Many Orders
インナー: ANITYA
パンツ: Eatable of Many Orders
靴: kokochi sqir

*オンラインストア >こちらから

それから今季19AWではコート&パンツというセットアップスタイルも、最高の素材とともにお楽しみ頂けます。ちょっと珍しい組み合わせなので「どうかな」と探り探りのご提案だったのですが、実際にはとてもご好評を頂いており、どんどん完売アイテムも出ております。

こちらはそのスタイルの一つで、Eatable of Many Ordersのコットンギャバジンシリーズより、シングルトレンチコート&テーパードパンツ(ブラック)の組み合わせです。

半年前の展示会で「これだ!」と感じたスタイルで、一つはともあれ滅多になさそうな組み合わせであること、そしてもう一つはそれを可能たらしめるテキスタイルのクオリティの高さというこの2点が、そう直感した理由です。

さらに、コットンギャバジン地によるトレンチコートとテーパードパンツですから、単品づかいについては文字通り「無敵」です。本日ご紹介しているすべてのアイテムの中でも圧倒的であると断言できます。その意味で、「この両者でカッコ良いセットアップスタイルがつくれるというレアさ」の方を、むしろ知って頂きたいと強く感じます。

 

 

★コートは「シルクキルトベスト」とアンサンブルでのご活用も

この日のブログ記事で詳細にご紹介しております通り、このトレンチコートは同じくEatable of Many Ordersのシルクキルトベスト(カーキレッド)と、肩のエポーレットをつかって物理的につなげて着ることができる仕組みになっています。

そしてこの日のブログ記事でご説明した通り、そのシルクキルトベスト自体が「ちょうど良い温かさ」で&着心地が良く、かつ着たときのスタイルがステキに決まるというとんでもない便利アイテムですので、やはり両者それぞれが単体としても大活躍してくれること間違いなしです。

これはセットアップではなくアンサンブルと呼びたいスタイルで、コットン100%&裏地なしのこのトレンチコートの保温性を補って、両者で1枚の真冬のアウターとして完成するイメージです。最初からそうも着られるようデザインされていることもあり、着合わせは完璧です。この着方にもぜひご注目下さいませ。

 

 

ご参考:単品づかいのルック

こちら画像4枚はご参考までに、コートとパンツをそれぞれ単品づかいで着たときのスタイリングです。

とにかく言えることは、このコートとパンツは完全に通年アイテムであるということです。上質でつややかな生地感であるとはいえ、しっかりと織りこまれた高強度のコットンギャバジン地ですので、何を気にすることもなくガンガン着て頂くことができますし、それにより表情が出てカッコ良く育っていく逸材です。

Eatable of Many Ordersらしく両者ともにシルエットも完璧で、かつともに水洗いもできますので、この手のアイテムをお探しであったというお客様にはお見逃しになる手はないと思います。来春も見据えて少し多めに入荷したのですが、既に残り在庫は1点ずつです。ぜひお早めにお試し下さいませ。

 

 

 

LOOK3-8

コート: LOKITHO
インナー: ANITYA
パンツ: LOKITHO
靴: kokochi sqir

*オンラインストア >こちらから

もともと素材好きの私たちインタレストですが、今季19AWでも屈指の「推し」のテキスタイルであり形であるのが、このLOKITHOによるションヘルストライプシリーズによるコート&パンツです。本当に最高の素材感で、絶対に手に入れておきたいアイテムたちです。

テキスタイルとコートについてはこの日のブログ記事にて詳細にご紹介していますので、ぜひ改めてご一読下さいませ。パンツは入荷したばかりで詳報にできていませんので、ぜひ本記事でそのシルエットや着た感などをご確認下さいませ。

チェスターフィールドコート&テーパードパンツということで、このようにシンプルなセットアップスタイルもバッチリ決まります。ここで着ているブラックは、レッドとホワイトの糸でストライプの柄が織りこまれているデザインで、着たときのシルエットが本当に美しく際立ちます。

こちら画像4枚は、長くつくられているコートの袖丈をそのままにして着ています。この袖丈が思いのほかステキでカッコ良く「このままでも十分ありだな」と感じた上、男性も安心して着て頂ける袖丈であるという点も大きいです。

 

こちらの画像4枚では、特に女性にご提案したい短い袖丈バージョンの着方です。ブランドも女性が着るには袖丈が長いと分かってデザインしているため、こうしてカフス部分で折り返しても美しく着られるようになっています。

 

 

ご参考:単品づかいのルック

こちら画像4枚はご参考までに、コートとパンツをそれぞれ単品づかいで着たときのスタイリングです。

コートはもともと大きめのつくりなので、思いのほか下にいろいろ着込んでもシルエットを崩すことなく着ることができます。長めの袖丈と合わせて、いつものサイズ「2」相当と見て頂いて間違いございません。

また、このコートは裾先に向かってフレアもテーパーもしないシンプルなボックスシルエットである点も本当に嬉しく、そのときどきのファッションに惑わされることなく、一生涯にわたって着続けて頂くことができるデザインです。この貴重かつ希少なテキスタイルにピッタリの形だと思います。

パンツについては、下で別にご紹介いたします。

 

 

LOOK3-9

コート: LOKITHO
インナー: Robes&Confections
パンツ: LOKITHO
靴: kokochi sqir

*オンラインストア >こちらから

上のブラックの色違いであるブラウンのコート&パンツを着たセットアップスタイルです。

大定番色のブラックは間違いないわけですが、私たちとしてはこのブラウンにも注目しています。というのも、テーラードウェアでブラウンというのは滅多に見かけないため、逆にここまでカッコ良く着られるブラウンにはそうは出会えないからです。ブラックやネイビーなど定番的な色をお持ちのお客様には、特にこのブラウンを強くオススメしたいです。

加えて、ブラウンはことレディーススタイルに合わせやすい色であると言うこともできます。相対的にレディースウェアでよく見かける暖色系の色味や総柄によるテキスタイルや、ワンピースやスカートスタイルとの相性がとても良いからです。さらに、ストライプの中にブルーが入っているためボトムスにデニムパンツを合わせてもカッコ良く決まりますし、同じくホワイトも入っているためインナーにも困りません。

このことはコートだけではなくパンツでも当てはまります。実際、このブラウンがスタイリングづくりで大活躍してくれましたので、下のルックでぜひご確認下さいませ。

 

 

ご参考:単品づかいのルック

こちら画像4枚はご参考までに、コートとパンツをそれぞれ単品づかいで着たときのスタイリングです。

 

 

★テーパードパンツにつきまして

改めまして、詳報にできていないこのシリーズの新型テーパードパンツにつきましてご紹介いたします。

ションヘルストライプシリーズよりブラックブラウン、そしてまったくの別生地で単色ブラック(画像3枚目)と全3色でリリースされています。単色ブラックはシフォン地のようなサラサラとした質感の薄手のバックサテン地で、本来ないはずの伸縮性も感じられて履き心地も抜群です。

ウエストから裾に向かって一貫してテーパーのかかった(=細くなっていく)シルエットは本当に美しく、3色ともにクセのない配色なのでトップスを一切選びません。履いたときはシャープでスリムなテーパードシルエットが出るので、ロングプルオーバーやワンピースなどと合わせてレギンスのようにも履いて頂けます。

かつ素材は完全に通年仕様ですので、秋冬シーズンに限らず1年中様々なアイテムと合わせて着て頂くことができます。パンツの裾のボタン(本切羽仕様)をつかってロールアップすることもでき、春夏シーズンには「くるぶし」を出して爽やかに履いて頂けましたらと思います。

展示会でサイズ「2」を履いたときに明らかにブカブカだったため、入荷サイズは「1」をセレクトしています(一部「2」もあり)。ただ、そのときのサイズ感は商品化のプロセスで修正されている印象で、結果的にはいつものLOKITHOのボトムス類の「1」のサイズ感というイメージです。

スタイリング画像ではスタッフYがジャストフィッティングで履けているので、シルエットはそのままご参考にして頂けましたらと思います。

 

ションヘルストライプシリーズのブラックを履いたルック

 

ションヘルストライプシリーズのブラウンを履いたルック

 

バックサテン地の単色ブラックを履いたルック

このブラックは本当につかえます。1年中大活躍間違いなしだと思います。完全に通年アイテムとしてのご提案で、こちらも少し多めに入荷したのですが、既にサイズ「1」が残り1~2本になっていると思います。ぜひお早めにお求め下さいませ。

 

 

 


本日は以上です。

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

 

★大切なお知らせ

消費税増税に関わるインタレストの店頭・オンラインストアでの「5%ポイント還元」につきまして >こちらから

10月1日(水)の消費税増税後も、どうぞ安心してインタレストのお買い物をお楽しみ下さいませ。

 

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。