こんにちは、インタレストです。

今季19AWシーズンの入荷は全体的に順調で、一部ブランドからは既に真冬に着られるヘビーアウター類(=コート類)の入荷が始まっています。

それらを詳細にご紹介する詳報の第1弾として、本日はRobes&Confectionsのガウンコート2素材、tiit tokyoのカウチンニット2色、ANITYAのフライトジャケット2色(再掲)の全6点をご紹介いたします。

 

強い自負と思い入れのあるコート特集の第1弾です

秋冬シーズンのオーダーにおける最難関は、一貫してヘビーアウター類(=コート類)のセレクトです。秋冬シーズンの「顔」として、どのブランドも力の入ったアイテムを提案してくれるので、迷いに迷って困りに困って、オーダーシートを提出する頃には頭がクラクラさせながら決定しています。

「コートはまだ着るのは先だから」とあなどることなかれ、動きのはやいアイテムはコートであろうとニットであろうと秋がやってくる前に完売いたします。私たちとしても、絞り込んだ末に実際に入荷している各ブランドのコートたちには、一際強い自負と思い入れがあります。

気に入ったアイテムがありましたら、ぜひお早めにご検討&お試し下さいませ。

 

 


 
Robes&Confections

デザイナー:土屋郷

大黒柱である確かなテーラリング技術に、時代時代の「ファッション」のエッセンスを巧みにブレンド。
常に「いま」を感じさせるカジュアルテーラードのスタイルを主軸にしています。
メンバーの大半がパタンナーというプロフェッショナルたちが長年のキャリアを積み重ねて、
いまではワンピース・スカートなどのレディースウェアからメンズラインまで総合的に、
素材とパターニング&カッティングにとことんこだわったコレクションをリリースしています。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

 

tiit tokyo

デザイナー:岩田翔、滝澤裕史

ブランドコンセプトは「日常に描く夢」。
まるで1本の映画をつくるのように、「日常」のなかに潜む「夢」をコレクションに落とし込みます。
tiit tokyoの最大の魅力は、その世界観は「夢」~ファンタジーかつドラマチックでありながら、
実際の洋服たちは「日常」~リアリティが想定された、とても実用的なデイリーウェアであることです。
デザイナーが自負する繊細な色づかいと、それを実現するテキスタイルやパターニングの独創性にも驚かされます。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

 

ANITYA

デザイナー:岸知良

「ファッション」「モード」に寄りすぎない。かといって「日常着」「汎用着」にも寄りすぎない。
「女性向け」でも「男性向け」でもない。何事にも偏らず「中正」「中庸」である。 
この抽象的なブランドコンセプトは、パターニング・素材選び・縫製までデザイナーが一貫して手がけるコレクションと、
そしてそのアイテム1点1点、そのディテール一つひとつにまで具体的に落とし込まれます。 
ミニマルかつ無垢でありながら決して「普通」ではない、どこかで見たことがあるようで決定的な何かが違っている、
透明感の塊のようでいて凜と主張する。そんな「中正」の洋服たちが、あらゆる別々の個性に心地よく寄り添います。  

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

 

以下、いつも通り物撮り画像とスタイリング画像とをたっぷりご覧下さいませ。

(以下で掲載しているスタイリング画像はすべてオフィシャルルックか着用モデルさんによる着用なので、「入荷サイズを自分が着たらこんな雰囲気かな」とご参考にして頂けましたらと思います。表記価格はすべて「税抜価格」です。)

 

 


 

 

1, Robes&Confections アルパカシャギー・ガウンコート

Alpaca Shaggy Wrap Coat
価格 (税抜き): 89,000円
色: ブラック
サイズ: 1
素材: (本体)ウール68%・アルパカ32%、(裏地)ポリエステル100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): Robes&Confectionsのページへ

Robes&Confectionsの今季19AWコレクションで、「これぞ」というオリジナルテキスタイルはこの日のブログ記事(詳報)でご案内したキュプラジャカードシリーズと、そしてこのアルパカシャギーシリーズだと思います。ともに「よくこの価格で実現したな・・・」と感動を覚えるレベルのクオリティです。

近年その価格上昇が著しい高級動物繊維をぜいたくに純度100%(=ウール68%・アルパカ32%)でつかい、しんなりと身体をやわらかく包み込むようなしっとりとしたシャギー地が生まれました。アルパカが30%入っているのでウール100%でよくあるゴワつき・チクチクが一切なく、かつナチュラルな光沢を携えて一目で感じられる高級感があります。

ハリ感のない生地で、この新型ガウンコートとの相性が抜群です。こうしてトルソーに着せるだけでも分かるくらい、身体のラインに沿ってストンと落ちるシルエットがとてもエレガントです。ガウン型のコートなので、前身頃を開けて羽織りとしてふわっと身体にかけても素晴らしく絵になります。(着ると分かるのですが、両サイドの深いスリットがデザイン的にも機能的にもとても効いています。)

ノーカラーの襟元はハイネック系のインナーorセーター、あるいはマフラーやストールとの相性が良く、ちょうど手の甲にかからないくらいの九分丈の袖丈も袖先を汚さずポイントが高いです。入荷したサイズ「1」は身長160cmのスタッフYが着てすね丈のロング丈ですが、「重さは一切感じません」(Y談)。生地自体もパターンも固さが一切ないので、着たり動いたりするときのストレスも皆無です。

さらにこのコート、このアルパカシャギーシリーズでは裏地も注目で、ブランドオリジナルの抜染による和柄の生地が総裏地の仕様で貼られています。下掲物撮り画像&スタイリング画像でご覧頂ける通り、この裏地のインパクトが絶大でとんでもなくカッコ良いです。

以上、あらゆる意味において「非の打ち所のないコート」という印象で、オーダー時もこのコートについては一切迷わなかったことを思い出して改めて合点がいっています。89,000円という価格も、この生地・この縫製・このクオリティの下では完全に「リーズナブル」です。在庫は1点のみですので、ぜひお早めにお試し下さいませ。

 

ウール×アルパカの純天然素材によるぜいたくな、そしてとてもやわらかいシャギー地です。毛の長さはそれほど長くなく、繊維も細くやわらかいので、仮に素肌に当たっても不快な感覚は一切ありません。また画像では分からない、高級動物繊維ならではのナチュラルな光沢が実に美しいです。

脱着は本体右サイドについているベルトと(画像2枚目)、ライニングについているボタンのみで(画像3枚目)、これもとても楽ちんです。ただし試着したスタッフYによると、本体のベルトをバックルに一度引っかけるだけでも形が安定するので、「想像以上に着やすいコートだと感じられると思います!」とのことです。

ガウン型のコートですので肩・アームなどはとても大きく、完全なフリーサイズです。もちろん下にテーラードジャケットを着ることもできます。4サイズの展開があるのですが、このサイズ「1」だけのワンサイズといわれても納得できるリラクシングなサイズ感です。

両サイドにポケットありです。

そして両サイド裾先のこの深いスリット、これがとても大きいです。展示会で着用モデルさんに着てもらったときも、このスリットがあるからこその優雅なシルエットと動線に感激しました。ライニングの和柄が見えるというデザイン的貢献も大きいですし、着たときの動きやすさにもつながっているので、このコートの最重要ディテールではないかと思います。

後ろ身頃には一切デザインが入りません。ストーンと下に落ちます。身体のラインが細く見えるシルエットで着られます。

そしてこの抜染和柄のオリジナルテキスタイルによるライナーですね。この生地を表地につかったパンツなどの展開もありますので、とても上質で丈夫な生地です。このガウンコートは裏地がよく見えるコートなので、この粋なコンビネーションはたまらないものがあります。

 

前身頃を開けてサラッと羽織っても抜群にカッコ良いです。

 

このコートを着たスタイリング

身長172cmの着用モデルさんがサイズ「2」を、前身頃を締めて着たルックです。目の前でスタッフYにサイズ「1」を着てもらっていますが、概ねこの見え方になります。モデルさんも含めて皆で「このコートは絶対買いだね~!」と大いに盛り上がりました。

 

 

こちらは前身頃を開けて着ています。裏地がチラリと見えるのが粋すぎます。ちなみに合わせて履いているパンツは、こちらの手染めコーデュロイのワイドストレートパンツです。

 

 

こちらはオフィシャルルックです。このモデルも身長172cmくらいだそうです。

 

 

2, Robes&Confections ヘリンボーンツイード・ガウンコート

Cotton Mohair Alpaca Herringbone Wrap Coat
価格 (税抜き): 76,000円
色: ブラック
サイズ: 1
素材: (本体)コットン49%・モヘヤ14%・アルパカ14%・ウール12%・ナイロン11%、(裏地)キュプラ55%・コットン45%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): Robes&Confectionsのページへ

真上で散々オリジナルアルパカシャギー地を褒めまくっていますが、こちらのイタリア産のヘリンボーンツイード地も負けていません。形はまったく同じで、今回インタレストでは惚れ込んだこの新型ガウンコートを、惚れ込んだ2種類の素材でオーダーしています。両者は価格も違っていて、アルパカシャギーは89,000円+税、ヘリンボーンツイードは76,000円+税です。

天然動物繊維100%だったアルパカシャギー地に対して、こちらのヘリンボーンツイード地におけるその構成比は40%で、メインは実はコットンの49%、そして化学繊維であるナイロンも11%つかわれています。要するにこの生地は機能生地で、デザイナーの土屋さんをして「軽くてやわらかく温かくて雰囲気もあって・・・このクオリティの生地をこの価格で出せるのが本当にすごいんです」と言わしめる素晴らしい素材です。

いま実物を持ち比べてみましたが、アルパカシャギー地とヘリンボーンツイード地の重さはほとんど変わりません。着たときにストンと落ちるハリ感のないやわらかさも共通しています。ザックリ織りのツイード地なので、想像される固さ・ゴワつきも一切ありません。表地にきわめて豊かな表情があるので、こちらの裏地はシンプルな単色生地です。

ノーカラーの襟元はハイネック系のインナーorセーター、あるいはマフラーやストールとの相性が良く、ちょうど手の甲にかからないくらいの九分丈の袖丈も袖先を汚さずポイントが高いです。入荷したサイズ「1」は身長160cmのスタッフYが着てすね丈のロング丈ですが、「重さは一切感じません」(Y談)。生地自体もパターンも固さが一切ないので、着たり動いたりするときのストレスも皆無です。

 

この表情です。ぜひご覧下さいませ。むちゃくちゃカッコ良いです。アルパカシャギーと同じ価格であってもまったく違和感がないくらい、高級感とクラフト感であふれています。それに「負けていない」どころか、これでこの価格というのはむしろスゴミを感じます・・・。

 

以下でヘリンボーンツイード地によるガウンコートのディテールや雰囲気をご確認下さいませ。

 

 

このコートを着たスタイリング

ツイード地なので、下に単色のアイテムを持ってくると映えますよね。ただ、あえて花柄や幾何学柄などの柄物を持ってきてぶつけても許容してくれるのがツイードの懐の深さでもあります。持っていて絶対に損しない生地&形だと思います。

 

 

 

こちらはオフィシャルルックです。

 

 


 

3, tiit tokyo ウールアーガイル・カウチンニットブルゾン

Lettering Cardigan
価格 (税抜き): 45,000円
色: ピンク、ブルー
サイズ: 36
素材: ウール100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): tiit tokyoのページへ

tiit tokyo19AWからは、華やかでカラフルなランウェイショーを通しても特にグッと引き込まれたこちらのカウチンニットブルゾンを、ヘビーアウター枠としてセレクトいたしました。正式な商品名に「カーディガン」とありますが、つくりは本格派のカウチンニットなので、真冬のコートとしての着方がメインになると思います。

色だけではなく実はその質感についてもプレーン・起毛・ファンシー・・・と様々なウール糸が編み込まれていて、実物はかなり作り込まれた雰囲気があり、「カラフル」「かわいい」だけではない立体感&クラフト感があります。(下掲物撮り画像でぜひご確認下さいませ)。形は奇をてらわないカウチンブルゾンで、かつトラディショナルなアーガイルモチーフなので着勝手も良いです。

色はピンク(×ワイン・ベージュ・グリーン・グレー)とブルー(×ブラウン・カーキ・グリーン・ベージュ)の2色で、いずれも2サイズ展開のうち小さい方のサイズ「36」で1点ずつ入荷しています。ニットウェアなので実質的なフリーサイズとみて頂いて間違いありません。スタッフYが着てゆったりフィット、ヒップが隠れるくらいの着丈です。

ウール100%のカウチンなので持つだけだとズシリという重さを感じますが、なんといってもニットなので身体に寄り添う気持ち良さがあり、「着てみると重さなんてまったく感じないです」(スタッフY)。もともと表情豊かな糸&編み地なので生地の傷みや汚れなどもまったくといいほど目立たないと思います。ニットは「ほつれ」などの修復も簡単なので、デザイン的にも強度的にもガンガン着ながら末永くご活用頂ける1点ではないかと思います。

ちなみに後ろ身頃に入っているのはプリントではなく刺繍です。かなり太番手の糸で編まれているので、この刺繍にも相応の技術がつかわれています。映画のスクリーンのようでステキですね。

 

こちら画像4枚で、このカウチンニットの糸の表情をご確認下さいませ。やわらかい色・蛍光色、起毛糸・プレーン糸・・・と、実に豊かな表情です。つくりや縫製は結構本格派のカウチンニットです。

サイズ感はたっぷりである上、伸縮性のあるニット地なので着たときの気持ち良さも抜群です。ニットというと毛玉やら伸びやらが気になるところですが、カウチンはゴリゴリ着て育てるものなので、いろいろ気をつかわず楽しくお召しになって下さいませ。

後ろ身頃に映画のワンシーンのような刺繍のワンポイント。

 

襟を立ててみたり、袖をロールアップしたり、カーディガンのように前を開けて着たり。

 

色違いのブルー

同じパターン&構成なのですが、つかわれる色が違うとこうも雰囲気が違うという。ピンクは華やかで明るく、ブルーは落ち着いてしっとりという雰囲気でしょうか。

 

以下でブルーの色づかいや糸の雰囲気、ブルゾンのディテールについてご確認下さいませ。

 

 

このニットブルゾンを着たスタイリング(オフィシャルルック)

このルックをご覧になったお客様からのお問い合わせを多く頂きました。高身長のモデルがサンプルサイズの「38」を着ているので、入荷した商品サイズの「36」を着るとこれよりは幾分コンパクトなシルエットになると思います。

 

 


 

本日の詳報ラストは、既にこの日のブログ記事でご紹介済みのANITYAのフライトジャケットを再掲いたします。文章も画像もまったく同じなのですが、コート特集ということでぜひ改めてご一読下さいませ。本日ご紹介した3型の中で機能的に最も温かいのがこのフライトジャケットです。

 

4, ANITYA フライトジャケット

Flight Jacket
価格 (税抜き): 60,000円

色: ホワイト、ブラック
サイズ: 1、2
素材: (表地)ウール55%・アルパカ10%・ポリエステル25%・アクリル5%・ナイロン5%、(裏地)ナイロン100%、(中綿)ポリエステル100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): ANITYAのページへ

大ヒットした19SSの初代フライトジャケットはコットンギャバジン地によるライトアウターでしたが、19AWバージョンではウール&アルパカ&化学繊維による起毛感のある機能生地を表地に、そして高機能中綿「シンサレート」をライニングにつかった、正真正銘のヘビーアウターとしてリリースされています。このステキな見た目で、ダウンジャケットの代わりにできる温かさと耐久性を誇ります。

表地はウール×アルパカの天然素材がメインの温かな高級シャギー地で、見た目の美しさも特筆されます。画像でお伝えできないこととして、とても動物繊維メインのコートとは思えない軽さと、その軽さにも大きく寄与しているシンサレートならではの抜群の温かさも機能面での大きな魅力です。率直に、この素材・このつくり・このデザインで60,000円はとんでもなくリーズナブルだと感じます。

「フライトジャケット」というのは、一般的には「MA-1」や「A-2」など空軍で実際に着られていたミリタリーウェアをそのオリジンとするジャケット&コートの総称です。このANITYAの新作では、フライトジャケットならではのいくつかの機能性やディテール・・・たとえば短い着丈・遮風性・袖ポケット・ポケット&ファスナーフラップなどは踏襲しつつも、生地・色・着た感・シルエットなどは清々しいほどにガラッとアップデートされています。そこに「洗練」を感じるのが本当にスゴイです。

色はホワイト・ブラックの2色、サイズはそれぞれ「1」「2」の2サイズで入荷しています。今季19AWのANITYAではホワイト・ブラックの色展開が多いのですが、特に真冬に着るヘビーアウターで、かつミリタリーウェア由来のフライトジャケットでホワイトというのはとても珍しい・・・というかこの組み合わせはほぼ見ないと思います。

サイズ感については、もともと身幅など横の寸法は「1」も「2」もとても大きく、かつフライトジャケットらしく着丈もサイズを問わず短めのデザインで、かつもちろん完全なユニセックスアイテムなので、あまりナーバスに考えて頂く必要はないと思います。

シルエットについては下掲スタイリング画像でご確認頂きたいのですが、店長Dの身長でサイズ「2」を着たときに着丈が短くなるようデザインされているので(=これがフライトジャケットの着丈です)、スタッフYがサイズ「1」を着ると一般的なジャケットの着丈になります。要するに、サイズもシルエットもお好み次第でお選び頂くのが良いかと思います。

 

表地は10万円以上するコートでつかわれるような高級素材です。動物繊維100%の生地よりも耐久性や軽さに優れます。このホワイトは若干生成っていて、とてもやわらかく温かい色味です。女性が着られるとかわいい雰囲気も出ると思います。

中綿は、機能中綿として世界的に有名なシンサレートがつかわれています。一般的なポリエステルの中綿と比べて「温かさは数倍・軽さも数倍」と言われていて、本物のシンサレートがつかわれている場合は、こうしてアイテム自体に品質保証タグがつきます。ダウンジャケットの代わりにつかえる軽さ&温かさです。

またこのホワイトでは、前身頃や袖ポケットファスナーのテープで入るブラックの差し色がものすごく効いています。これが相当の引き締め効果とカッコ良さを演出しています。画像2枚目、フライトジャケットの裾には強いリブが入る(→遮風性)のですが、このジャケットではゆるりとデザインとしてのゴムが入っています。このさじ加減なんですよね・・・。

身頃はたっぷりです。サイズを問わずフリーサイズの着た感です。

画像2枚目、この袖ポケットのファスナーだけでなく、前身頃のファスナーでも先にレザーのテープがついています。これもしっかりとアクセントになっています。

袖が長いという方は、ロールアップして袖先でブラックを見せてもカッコ良いと思います。

裏地はブラックのナイロン地、この内側にシンサレートが中綿として配置されています。画像2枚目、内ポケットありです。このつくりとかもまさにフライトジャケットそのもので、なんといいますか、こういう「あったりorなかったり」の足し引きがものすごく心憎いんですよね。

 

前身頃を開けてガバッと羽織ってももちろんカッコ良いです。真冬以外はずっと締めていると暑いくらいだと思うので、こんな着方もありですね。

 

このジャケットを着たオフィシャルルック

オフィシャルルック(メンズ)のモデルは身長182cmで、着用サイズは「2」です。

 

このジャケットを着たスタイリング(レディース)

展示会でスタッフY(身長160cm)がサイズ「2」のサンプルを着た画像です。ご覧の通り、袖丈は長いので折り返しているのですが、それ以外のサイズ感はそれほど違和感がないのがお分かり頂けるかと思います。Yがサイズ「1」を着ると普通のジャケット丈になって、しっくり&バッチリのサイズ感です。袖も折らずに着られます。

スカートと合わせて、とってもかわいいですよね。ぜひ女性にもお試し頂きたい1点です。

 

このジャケットを着たスタイリング(メンズ)

展示会で店長D(身長179cm)がサイズ「2」のサンプルを着た画像です。私の身長だと着丈が短く感じられるかもしれませんが、これがフライトジャケットらしいサイズ感です。インナーで色や柄を差して着るのが今らしい着方でしょうか。とにかく「なんて軽いの、このジャケット・・・」とビックリした覚えがあります。

袖丈がピッタリなので、私が着るならこちらのサイズ「2」です。(身幅についてはサイズ「1」でも悠々着られます。) オフィシャルルック、そしてインタレストのスタッフが着たレディース&メンズルックをぜひご参考になさって下さいませ。

 

 

色違いのブラック

ブラックについては表地の高級感が際立つというその1点に尽きます。ウール×アルパカらしいナチュラルな光沢が上がり、このフライトジャケットでいかに上質な生地がつかわれているかがハッキリお分かりになると思います。

質感は異なるのですが、色の上がり方としてはベロアが近いとイメージ頂けると良いと思います。もちろん色はしっかりブラックなのですが、上質な起毛地で青みがかる風合いです。間違いないのない定番色として、安心して着て頂けるのも大きいですね。

 

以下でブラックのディテールや生地の質感などについてご確認下さいませ。

ブラックでは差し色は入りません。全身オールブラックで、シビれるカッコ良さです。
 


 

 

このジャケットを着たオフィシャルルック

オフィシャルルック(レディース)のモデルは身長176cmで、着用サイズは「2」です。(店長Dと身長がほとんど変わりませんので、彼女のジャストサイズは「2」です。)

上でも書きましたが、スカートとの相性が良いフライトジャケットなんですよね。「スカートと合うフライトジャケット」というセンテンス自体がANITYAならではだと思います。

 

このジャケットを着たスタイリング

展示会で店長D(身長179cm)がサイズ「2」のサンプルを着た画像です。カッコ良いですよね~。このまま丸ごと私物買いしそうになりました。笑

 

 


本日は以上です。

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。