こんにちは、インタレストです。

本日はANITYA19AWより、前季19SSに大ヒットしたフライトジャケットの秋冬向けの進化バージョンと、セーラー服のディテールをアレンジしたシンプルかつ高級感あふれるウールニットプルオーバーの2型4アイテムをご紹介いたします。

インタレストにとって2シーズン目となるANITYA、このブランドの神髄は「オリジナルモチーフの独自性にあふれるアレンジ」だとつくづく感じています。本日ご紹介する2アイテムも、言われてみれば「確かにフライトジャケット」「確かにセーラー服」なのですが、その原型の8割くらいはガラッと「ANITYA」と入れ替えられてしまっています。巷にあふれるそれらとは、完全なまでに一線を画します。

言ってしまえば今出回っている洋服のほとんどがミリタリーギアであったりトラディショナルアイテムであったり過去の傑作アーカイブのリメイクで、そのほとんどは鮮度やオリジナリティという観点から「もう一歩感」があるものなのですが、この「ANITYAのANITYAらしさ」というフレッシュさとその一貫性はスゴイものがあると思います。思い切りが良い一方で、抑えるべきは抑えるというさじ加減が絶妙なのです。

野暮ですがあえて言葉にするなら、キーワードは「洗練」「透明感」「中性的」などでしょうか。そしてこれらはすぐ下でご紹介しているブランドコンセプトそのものであるということに、改めて驚かされます。そんなような感覚と目線とを持って頂きながら、ANITYAの新作2型について以下でご覧頂けましたらと思います。

(なお、予めご案内いたしますが、ANITYAは一部レディースアイテムを除いて全点完全なユニセックスアイテムです。サイズは純粋にご自身の体型に合わせてお選び下さいませ。)

 

 

 

ANITYA

デザイナー:岸知良

「ファッション」「モード」に寄りすぎない。かといって「日常着」「汎用着」にも寄りすぎない。
「女性向け」でも「男性向け」でもない。何事にも偏らず「中正」「中庸」である。 
この抽象的なブランドコンセプトは、パターニング・素材選び・縫製までデザイナーが一貫して手がけるコレクションと、
そしてそのアイテム1点1点、そのディテール一つひとつにまで具体的に落とし込まれます。 
ミニマルかつ無垢でありながら決して「普通」ではない、どこかで見たことがあるようで決定的な何かが違っている、
透明感の塊のようでいて凜と主張する。そんな「中正」の洋服たちが、あらゆる別々の個性に心地よく寄り添います。  

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

それでは以下、全4アイテムの物撮り画像と、入荷した実物を着たスタイリングとを合わせて、ジックリご覧下さいませ。

(スタイリングのモデルは、女性が身長160cmのスタッフY、男性が身長179cmの男性店長Dです。オフィシャルルックのモデルは、男性が身長182cm、女性が身長176cmです。表記価格はすべて「税抜価格」です。)

 

 


 

1, ANITYA フライトジャケット

Flight Jacket
価格 (税抜き): 60,000円

色: ホワイト、ブラック
サイズ: 1、2
素材: (表地)ウール55%・アルパカ10%・ポリエステル25%・アクリル5%・ナイロン5%、(裏地)ナイロン100%、(中綿)ポリエステル100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): ANITYAのページへ

大ヒットした19SSの初代フライトジャケットはコットンギャバジン地によるライトアウターでしたが、19AWバージョンではウール&アルパカ&化学繊維による起毛感のある機能生地を表地に、そして高機能中綿「シンサレート」をライニングにつかった、正真正銘のヘビーアウターとしてリリースされています。このステキな見た目で、ダウンジャケットの代わりにできる温かさと耐久性を誇ります。

表地はウール×アルパカの天然素材がメインの温かな高級シャギー地で、見た目の美しさも特筆されます。画像でお伝えできないこととして、とても動物繊維メインのコートとは思えない軽さと、その軽さにも大きく寄与しているシンサレートならではの抜群の温かさも機能面での大きな魅力です。率直に、この素材・このつくり・このデザインで60,000円はとんでもなくリーズナブルだと感じます。

「フライトジャケット」というのは、一般的には「MA-1」や「A-2」など空軍で実際に着られていたミリタリーウェアをそのオリジンとするジャケット&コートの総称です。このANITYAの新作では、フライトジャケットならではのいくつかの機能性やディテール・・・たとえば短い着丈・遮風性・袖ポケット・ポケット&ファスナーフラップなどは踏襲しつつも、生地・色・着た感・シルエットなどは清々しいほどにガラッとアップデートされています。そこに「洗練」を感じるのが本当にスゴイです。

色はホワイト・ブラックの2色、サイズはそれぞれ「1」「2」の2サイズで入荷しています。今季19AWのANITYAではホワイト・ブラックの色展開が多いのですが、特に真冬に着るヘビーアウターで、かつミリタリーウェア由来のフライトジャケットでホワイトというのはとても珍しい・・・というかこの組み合わせはほぼ見ないと思います。

サイズ感については、もともと身幅など横の寸法は「1」も「2」もとても大きく、かつフライトジャケットらしく着丈もサイズを問わず短めのデザインで、かつもちろん完全なユニセックスアイテムなので、あまりナーバスに考えて頂く必要はないと思います。

シルエットについては下掲スタイリング画像でご確認頂きたいのですが、店長Dの身長でサイズ「2」を着たときに着丈が短くなるようデザインされているので(=これがフライトジャケットの着丈です)、スタッフYがサイズ「1」を着ると一般的なジャケットの着丈になります。要するに、サイズもシルエットもお好み次第でお選び頂くのが良いかと思います。

 

表地は10万円以上するコートでつかわれるような高級素材です。動物繊維100%の生地よりも耐久性や軽さに優れます。このホワイトは若干生成っていて、とてもやわらかく温かい色味です。女性が着られるとかわいい雰囲気も出ると思います。

中綿は、機能中綿として世界的に有名なシンサレートがつかわれています。一般的なポリエステルの中綿と比べて「温かさは数倍・軽さも数倍」と言われていて、本物のシンサレートがつかわれている場合は、こうしてアイテム自体に品質保証タグがつきます。ダウンジャケットの代わりにつかえる軽さ&温かさです。

またこのホワイトでは、前身頃や袖ポケットファスナーのテープで入るブラックの差し色がものすごく効いています。これが相当の引き締め効果とカッコ良さを演出しています。画像2枚目、フライトジャケットの裾には強いリブが入る(→遮風性)のですが、このジャケットではゆるりとデザインとしてのゴムが入っています。このさじ加減なんですよね・・・。

身頃はたっぷりです。サイズを問わずフリーサイズの着た感です。

画像2枚目、この袖ポケットのファスナーだけでなく、前身頃のファスナーでも先にレザーのテープがついています。これもしっかりとアクセントになっています。

袖が長いという方は、ロールアップして袖先でブラックを見せてもカッコ良いと思います。

裏地はブラックのナイロン地、この内側にシンサレートが中綿として配置されています。画像2枚目、内ポケットありです。このつくりとかもまさにフライトジャケットそのもので、なんといいますか、こういう「あったりorなかったり」の足し引きがものすごく心憎いんですよね。

 

前身頃を開けてガバッと羽織ってももちろんカッコ良いです。真冬以外はずっと締めていると暑いくらいだと思うので、こんな着方もありですね。

 

このジャケットを着たオフィシャルルック

オフィシャルルック(メンズ)のモデルは身長182cmで、着用サイズは「2」です。

 

このジャケットを着たスタイリング(レディース)

展示会でスタッフY(身長160cm)がサイズ「2」のサンプルを着た画像です。ご覧の通り、袖丈は長いので折り返しているのですが、それ以外のサイズ感はそれほど違和感がないのがお分かり頂けるかと思います。Yがサイズ「1」を着ると普通のジャケット丈になって、しっくり&バッチリのサイズ感です。袖も折らずに着られます。

スカートと合わせて、とってもかわいいですよね。ぜひ女性にもお試し頂きたい1点です。

 

このジャケットを着たスタイリング(メンズ)

展示会で店長D(身長179cm)がサイズ「2」のサンプルを着た画像です。私の身長だと着丈が短く感じられるかもしれませんが、これがフライトジャケットらしいサイズ感です。インナーで色や柄を差して着るのが今らしい着方でしょうか。とにかく「なんて軽いの、このジャケット・・・」とビックリした覚えがあります。

袖丈がピッタリなので、私が着るならこちらのサイズ「2」です。(身幅についてはサイズ「1」でも悠々着られます。) オフィシャルルック、そしてインタレストのスタッフが着たレディース&メンズルックをぜひご参考になさって下さいませ。

 

 

色違いのブラック

ブラックについては表地の高級感が際立つというその1点に尽きます。ウール×アルパカらしいナチュラルな光沢が上がり、このフライトジャケットでいかに上質な生地がつかわれているかがハッキリお分かりになると思います。

質感は異なるのですが、色の上がり方としてはベロアが近いとイメージ頂けると良いと思います。もちろん色はしっかりブラックなのですが、上質な起毛地で青みがかる風合いです。間違いないのない定番色として、安心して着て頂けるのも大きいですね。

 

以下でブラックのディテールや生地の質感などについてご確認下さいませ。

ブラックでは差し色は入りません。全身オールブラックで、シビれるカッコ良さです。
 


 

 

このジャケットを着たオフィシャルルック

オフィシャルルック(レディース)のモデルは身長176cmで、着用サイズは「2」です。(店長Dと身長がほとんど変わりませんので、彼女のジャストサイズは「2」です。)

上でも書きましたが、スカートとの相性が良いフライトジャケットなんですよね。「スカートと合うフライトジャケット」というセンテンス自体がANITYAならではだと思います。

 

このジャケットを着たスタイリング

展示会で店長D(身長179cm)がサイズ「2」のサンプルを着た画像です。カッコ良いですよね~。このまま丸ごと私物買いしそうになりました。笑

 

 

2, ANITYA セイラーニットプルオーバー

Sailor Knit Pullover
価格 (税抜き): 27,000円

色: グレー、ブラウン
サイズ: 1
素材: ウール100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): ANITYAのページへ

オリジナルのセーラー服をモチーフにした新作プルオーバーです。オフィシャルルックでも女性モデルが着ていて、実際女性にかなりオススメのデザインです・・・が、「セーラー服」というくらいですから、こちらも実はオリジナルは海軍の軍服です。ゆえにブランドの展開としてはユニセックスアイテムです。

このアイテムは生地もとても特徴的で、ぜいたくにメリノウールをつかった「二重編み」の構造で、表地はウールニットの表情、そして内側は裏毛生地(スウェット生地)のような表情になっている、やわらかく気持ちの良いジャージー生地です。「セーラー服×ジャージ生地」もANITYA節ですよね。

素肌で着ても気持ちの良い内側と、そして岸さんが「かなりハードに着ても毛玉一つできない」という表地双方が抜群に魅力的です。インナーとの合わせで無限の可能性があるデザインなので、実際のつかい勝手としてはスウェットプルオーバーくらいのフレキシブルさを誇ります。きわめて便利で日常的な冬服だと思います。

色はグレーとブラウンの2色展開で、ともにサイズ「1」のみの入荷です。スカートやワンピースとの合わせはもちろん、デニムパンツなどカジュアルなボトムスとの合わせももちろんこなしてくれます。

 

上でも書きましたが、このアイテムでは生地にご注目頂きたいです。高級ウールの代表格であるメリノウールによる二重編みで、やわらかく温かく気持ち良いです。

「言われてみるとセーラー服ですよね」という、この加減こそがANITYAです。

身幅はたっぷりです。横についてはフリーサイズと見て頂いて問題ありません。

 

このプルオーバーを着たオフィシャルルック

オフィシャルルック(レディース)のモデルは身長176cmで、着用サイズは「2」です。(店長Dと身長がほとんど変わりませんので、彼女のジャストサイズは「2」です。)

レディースのオフィシャルルックでは、個人的に一番グッときたのがこのルックです。インナーとスカートにブラックを合わせているわけですが、これを見て「ブラックのワンピースの上からガバッとかぶっても良さそう」と感じました。きっとどう着てもとてもかわいいと思います。

 

 

色違いのブラウン

展示会では「グレーブラウン」くらいに感じていたのですが、こうして外で撮影すると結構しっかりブラウンですよね。とても珍しい色味だと思います。暖色系のインナーやボトムスとの合わせがとても良さそうと感じたのと、ココチブランドの革靴たちとの競演もステキに決まりそうです。

 

以下でブラウンの生地感やディテールについてご確認下さいませ。

 

このプルオーバーを着たスタイリング

展示会でスタッフY(身長160cm)がサイズ「2」のサンプルを着た画像です。入荷しているのはワンサイズ下のサイズ「1」です。ANITYAのサンプルはすべてサイズ「2」なので、Yが着るとすべて大きくなってしまいますね。汗

インナーで着ているワッフル地のハイネックプルオーバーにもぜひご注目下さいませ。こちらも長いシーズン着られるたいへんオススメのインナーアイテムです。

 

 


本日は以上です。

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。