こんにちは、インタレストです。

本日は壺草苑19SSより、まだご紹介できていない入荷アイテム全11点を、ショップ内イベント「スタイリング強化月間」と連動して全アイテム実物を着たスタイリング画像とともに、たっぷりご紹介いたします。

もちろんその全点が、生地or形or染め柄(もしくはそのすべて)を指定して1点物として制作してもらった別注アイテムです。今季の「入荷アイテム詳報」でも最も、しかもダントツ大きな記事になりそうです。ぜひたっぷりお楽しみ下さいませ。

 

 

★入荷第1弾アイテムを着たスタイリングもご紹介

「スタイリング強化月間」開催中につき、入荷詳報の第1弾でご紹介したアイテムを着たスタイリングも、一部ですが同時にご紹介いたします。ぜひ合わせてお楽しみ下さいませ。

 

 

★5月11日~19日の会期で壺草苑販売会を開催いたします

こちらのリンク先にてお知らせしております通り、5月11日(土)~19日(日)の会期にて、今季19SSシーズンの壺草苑販売会を開催いたします。毎シーズンたいへん盛り上がる人気のイベントですので、ぜひ今からご予定下さいませ。

本日の記事をその「予習」としてもお役立て頂けましたら幸いです。

会期中は、本日ご紹介するアイテムたち以外に100点以上の壺草苑の最新作が勢揃いいたします。ぜひたくさん着比べてみて下さいませ。多くのお客様のご来店を、心よりお待ちしております。

 

 


 

壺草苑(こそうえん)

国内でも(=世界でも)屈指の実力を誇る、灰汁発酵建(あくはっこうだて)による天然藍染めの工房です。
当店では毎シーズン、1点1点「特注」でオーダーした、オリジナルの藍染めアイテムを展開しています。
ブランドの「顔」である「板締め柄」や流麗なグラデーション染めなど、他の追随を許さない匠の技術力はもちろんのこと、
原材料とその品質管理、染める生地のクオリティ、水洗い&天日干しを含めた工程・・・すべてが一流でストイック。
世代を超える普遍的な美しさと丈夫さ、扱いの容易さ、経年変化の楽しさ・・・などを存分にご堪能下さい。

  • 現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから!
  • 壺草苑によって藍染めされた生地の(物理的な)丈夫さについて >こちらから
  • 壺草苑の「淡藍染めのクオリティ」に見る、工房の真摯で誠実な仕事ぶり >こちらから

 

 

 

それでは以下、全11点+α、ものすごい画像枚数で恐縮ですが(汗)、ぜひジックリご堪能頂けましたら幸いです。

(スタイリングのモデルはすべて身長160cmの当店女性スタッフY、表記価格はすべて「税抜き価格」です。)

 

 


 

1, 壺草苑 [別注]テンセルローン・タックワンピース

価格 (税抜き): 40,000円
染め: 白残しまだらグラデーション+淡藍単色の藍返し
サイズ: フリー
素材: テンセル100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): 壺草苑のページへ

形も生地も染めも今季19SSの新作にして、そのいずれもがコレクションの目玉の一つというべき1点です。

生地はテンセル100%のローン生地。抜群に上質感のある見た目にもかかわらず、天然繊維に比べてとても安価であることから、ファッションでは欠かせない再生繊維(レーヨン・テンセル・リヨセルなど)。壺草苑は今季19SS、その「水で縮みやすい」という唯一といっていい大きな弱点を克服し、こうして製品染めアイテムのリリースを成功させています。

「どのように弱点を克服したか」については、藍染めによって縮む割合(=いわゆる「縮率」)を計算して予め大きめのパターンで縫製し、それを製品染めによって縮ませることで意図した寸法に仕上げるという、言葉にしてしまうとシンプルな方法によりますが、もちろんチャレンジに次ぐチャレンジを経ています。度重なる藍染めで完全に縮みきっているので、お求め頂いたあとは「水洗い可」です。

形はこの「テンセルローン」の製品染めの成功ありきでデザインされた新作ワンピースで、それならではのストンという落ち感としっとりとした生地感が、その大きな魅力になっています。今までの天然藍染めではなかったエレガントな雰囲気で、身頃に入ったプリーツとウエストを調整できる手作りによる藍染めのひものアクセントも実にチャーミングです。

身頃やウエストなど「横の寸法」はたっぷりながら、ひもをつかってウエストを締めるか緩めるかで、まったく印象の異なる2種類のシルエットをお楽しみ頂けます。下掲スタイリング画像でご確認下さいませ。

染めは、「上→下で薄く」の白残しまだらグラデーション染めをしたあと、淡藍染め単色で染め変えした(=染め重ねた)という、これもかなり手間のかかった染め柄です。半年前の展示会で見たときに本当に驚かされた新提案でしたが、こうして見事に染め上げて納品してくれています。

着心地も素晴らしくシルエットは新しくかつ上品、さらに扱いも簡単(←テンセル100%であるにもかかわらず)で、たいへんオススメです。ぜひこの機会にお試し下さいませ。

 

ストンという落ち感、つるっとした質感。これは再生繊維ならではのユニークな生地感で、まったく新しい藍染めアイテムであるといえると思います。ちなみに、再生繊維はその原料が木材(パルプ)であるため、天然藍染めで美しく染め上がるのです。

染めは「白残しまだらグラデーション+淡藍単色の藍返し」。上→下にいくにつれて、柄染め→単色染めの雰囲気に変化していくその見映えがとても美しいです。

画像1枚目、身頃はたっぷりで完全なフリーサイズです。

 

このウエストのひもを、緩めたり(画像1枚目)締めたり(画像2枚目)して、シルエットを変えてお楽しみ頂けます。

こちらがウエストを絞った雰囲気です。人が着た方が分かりやすいので、シルエットについては下掲スタイリング画像にてご確認下さいませ。

画像3枚目、藍染めされた糸がつかわれた手編みによるこの「ひも」は、ワンピース全体の中で大切なデザインアクセントにもなっています。

 

このワンピースを着たスタイリング(1)

ウエストを緩めて着ています。これでも十分にきれいめな雰囲気になっているのには、生地自体が持つ上質な雰囲気がきわめて大きく効いています。一方着た感は抜群にリラクシングです。

 

このワンピースを着たスタイリング(2)

Robes&Confectionsのスウェットパンツをレギンスづかいで合わせています。同じRobes&Confectionsのバギーパンツなどワイドパンツを合わせてもカッコ良いと思います。

 

このワンピースを着たスタイリング(3)

ウエストを締めて着ると、いっそうドレス感が強まります。実際は画像で見るよりはるかにステキな雰囲気です。

 

このワンピースを着たスタイリング(4)

Robes&Confectionsのスウェットパンツをレギンスづかいで合わせています。この着方の場合は、フットウェアはレギンスやタイツなどがオススメです。

 

 

 

2, 壺草苑 [別注]コットンミラクルウェーブ・四角ワンピース

価格 (税抜き): 36,000円
染め: 白残しまだら染め
サイズ: フリー
素材: コットン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): 壺草苑のページへ

こちらの形は、毎季マイナーアップデートを経てリリースされ続けている「四角ワンピース」の、今季19SSバージョンです。ただし着丈とスリット寸に調整が入ったインタレスト別注の形、まさに1点物でのつくりです。

今季の壺草苑オリジナルの「四角ワンピース」は前身頃に対して後ろ身頃の着丈がとても長く、さらにサイドスリットが「もも周り」くらいまで入る「ロングプルオーバー」のような仕様なのですが、それをワンピースとして一枚着ができるよう、(1)着丈を前後ろ同じのロング丈にして、(2)サイドスリットは20cm弱と一般的な寸法にアレンジしました。

生地はリップル加工によってイレギュラーなウェーブ状の凹凸が入った「コットンミラクルウェーブ」という新生地です。薄くて軽く、やわらかくて扱いやすい抜群の夏生地です。

染めは「白残しまだら染め」。オーダーしたときに「突き抜けるような夏の青空のようになったらな」と妄想していたのですが、それがきわめてリアルに再現されたと感動しています。着たときの雰囲気・シルエットも事前に期待していたよりはるかにステキです。ぜひ下掲スタイリング画像にてご確認下さいませ。

 

ここ数シーズン壺草苑が提案している「柄生地×柄染め」のアイデアを踏襲し、コットンミラクルウェーブ×白残しまだら染めの組み合わせにしました。これもため息がでるくらい美しいので、ぜひ実物をご覧頂きたいです。

 

形・ディテールについてはこちらの入荷詳報第1弾の素材&染め違いにてご確認下さいませ。身頃はかなり大きなフリーサイズ、そして上でも書いた通り「1枚でワンピース着ができる」というのが最も大きなポイントです。

 

このワンピースを着たスタイリング(1)

1枚で着ています。生地や染め柄の貢献も大きいと思いますが、この1枚着の雰囲気が想像以上にエレガントでビックリしました。

着心地はリラクシングウェアで、見た目は素晴らしくオシャレです。

 

このワンピースを着たスタイリング(2)

Robes&Confectionsのスウェットパンツをレギンスづかいで合わせています。もちろんこの着方も大いに「あり」です。下の素材&染め違いのスタイリング画像でご覧頂けるように、ワイドパンツを合わせるのもたいへんオススメです。

 

このワンピースを着たスタイリング(3)

ウエストをベルトで絞った着方です。既に完売していてつかえなかったのですが、このベルトのようなワイドベルトを合わせても間違いなくステキですね。

 

素材&染め違いを着たスタイリング(1)

入荷詳報第1弾でご紹介した、こちらの素材&染め違いの同型を着たルックも合わせてご覧下さいませ。

 

まずは1枚で着たルックです。いつ見ても最高の染め柄です。形にもバッチリ合っていて大満足です。本当にステキすぎて・・・。

 

生地&染め違いを着たスタイリング(2)

Robes&Confectionsのバギーパンツを合わせています。このルックがとてもうまくいったので、ぜひご参考にして頂きたいです。

この別注四角ワンピースの形は、ボトムスにワイドパンツを合わせるのもたいへんオススメです。

 

 

 

3, 壺草苑 [別注]オーガニックコットン小柄ドビー・はおりカーディガン

価格 (税抜き): 32,000円
染め: 濃まだら染め
サイズ: フリー
素材: コットン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): 壺草苑のページへ

展示会で見た瞬間にオーダーを即決した、新作のセミロングカーディガンです。これは持っていれば着まくるという、素晴らしいお役立ちアイテムだと思います。

前身頃にボタンが3つ付いているのですが、これが比翼仕立てになっていて、特にボタンを締めたときにまったく目立たないというこのデザインが秀逸です。

生地はオーガニックコットンの糸をつかってドビー織りで小さな幾何学柄が表現されたもので、その柄というより肌着にもできるくらいの気持ちの良い肌当たりがその最大の魅力です。まさに「はおり」向けにうってつけの生地で、この形をオーダーしようと決めたとき1枚は必ずこの生地をつかおうと、このアイデアも展示会で即決でした。

後ろ身頃の着丈が少し長めに取られていることで、着たときのシルエットもかなりオシャレに決まります。(いわゆる「野暮ったさ」とは一切無縁のファッショアイテムです。) 下掲スタイリング画像にてぜひご確認下さいませ。

 

「オーガニックコットン・小柄ドビー」という生地を、濃まだら染め(=むらくも)で製品染めしてもらっています。形・生地・染めすべてについて、どなたでも着られる最初の1着としてもオススメのアイテムに仕上がっていると感じます。

上でも書きましたが、この形では前身頃のボタンが比翼仕立てになっているのが、その最大の魅力だと思います。とっても上品で上質な印象に仕上がっています。

画像1枚目、身頃はたっぷりです。画像2枚目、両サイドにポケットありです。

普通に着るとフルレングスの袖は、ロールアップしたりしなかったり自由に調整できます。

カーディガンとしてのご提案なので、こんな風に前身頃を開けて着ることも多いかと思います。

 

このカーディガンを着たスタイリング(1)

tiit tokyoのニットスカートとの合わせ、このルック自体とても気に入っています。

ニットスカートの抜群にカッコ良いタイトシルエットと、カーディガンの包み込むようなふんわりシルエットの相性がとても良いように思います。

インナーは「これがないと始まらない」というRobes&Confectionsのインナーロングキャミソールです。

 

このカーディガンを着たスタイリング(2)

さらにこちらは、「スタイリング強化月間」全体を通して屈指のお気に入りルックです。

真上のルックのウエストをナローベルトで絞って着ています。カーディガンはボタンを開けて、袖をロールアップして。かなりステキに仕上がりました。

 

 

 

4, 壺草苑 [別注]コシラカット・はおりカーディガン

価格 (税抜き): 32,000円
染め: 白残しまだら染め
サイズ: フリー
素材: コットン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): 壺草苑のページへ

真上でご紹介したカーディガンとまったく同じ形の、素材&染め違いです。

こちらはスクウェアの凹凸柄をジャカード織りで表現した「コットンコシラカット」という生地を、白残しまだら染めで染めてもらった、柄生地×柄染めの1点です。

上のドビー×濃まだら染めはシンプルに、こちらは春夏シーズンらしく華やかに。どちらがお好みででしょうか。

 

生地は「コットンコシラカット」。薄手のやわらかい生地感で、夏場の日焼け対策にもピッタリです。

 

以下、形やディテールは真上のカーディガンとまったく同じです。

 

このカーディガンを着たスタイリング

真下でご紹介する同じ壺草苑のセミロング丈のトップスと、ボトムスはRobes&Confectionsのバギーパンツを合わせたルックです。上ではスカートルックをつくりましたので、こちらではパンツルックを。

そもそもこのカーディガンは合わせるボトムスを一切選びませんので、便利アイテムとして自由におつかい頂けましたらと思います。

 

 

 

5, 壺草苑 [別注]テンセルローン・タックノースリーブトップス

価格 (税抜き): 29,700円
染め: 板ぼかし
サイズ: フリー
素材: テンセル100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): 壺草苑のページへ

形はノースリーブ&セミロング丈の新作トップスです。これがまた着勝手の良い形なのです。袖がないためそもそも1枚で着て涼しいですし、腕がかさばらないため羽織り物との相性も抜群です。着丈も長いため(=ヒップが隠れます)、ボトムスも選び放題です。

生地は冒頭「1」でご紹介したタックワンピースとまったく同じテンセルローンです。着丈が長いトップスだったので、落ち感のあるこの生地が良いかなと感じて採用しました。

そして染め。工房長の村田さん謹製の「板ぼかし」、要するに板締めのグラデーション染めです。板締めならではの縞柄が、「中心→外で薄く」の放射状のグラデーションになっています。従来の板締めが藍色中心になるのと真逆で、この板ぼかしは白生地部分の面積がとても大きく、かつこのアイテムでは後ろ身頃が丸ごと真っ白なので、きわめて繊細で精緻な技術が求められます。(白生地部分に1滴でも藍の染液が落ちたら失敗です・・・汗。)

この「白生地部分の面積が大きい」という染め上がりは、たとえば真上のスタイリングのように藍染めのアイテム同士の着合わせもこなすなど、つかい勝手という意味でもとても魅力的です。何しろ前身頃の見事な染め柄がもはや芸術の域で最高にステキなので、1枚で着ても何かと合わせて着ても主役になってくれる1点です。

 

以下では、声を失うくらい見事に染め上がった板ぼかしの染め上がりをご確認下さいませ。

 

このトップスを着たスタイリング(1)

Robes&Confectionsのバギーパンツと合わせて。いや、もうどう着てもステキすぎるのですが、ここではパンツの色がネイビーであることにご注目頂きたいです。

藍染め×ネイビーの組み合わせなのにスタイリングが青々としないのが、上でお話しした「白生地部分の面積が大きい」というのがその理由なのです。

透けますのでインナーに、万能アイテムであるRobes&Confectionsのインナーロングキャミソールを。

 

このトップスを着たスタイリング(2)

さらにこうして、藍染めのカーディガンを羽織ってもまったくうるさくありません。着合わせがとてもしやすいトップスです。

 

このトップスを着たスタイリング(3)

こちらはEatable of Many Ordersの刺し子デニムパンツと合わせています。

トップスがゆったりシルエットなので、ボトムスを細身のストレートシルエットで・・・と考えたのですが、全身のシルエット自体がシュッとスッキリ仕上がっていますね。

このことの背景には、トップスの生地のストンという落ち感があります。

 

 

 

6, 壺草苑 [別注]コーマミニ裏毛・スウェットTシャツ

価格 (税抜き): (1)27,500円、(2)25,000円
染め: (1)襟板締め、(2)濃まだら染め
サイズ: フリー
素材: コットン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): 壺草苑のページへ

こちらの形は、薄手の裏毛生地(=スウェット生地)によるプルオーバーです。実はブランドからはメンズアイテムとして紹介されたのですが、私・店長D(=身長179cm)が着たところ明らかに小さかったので、メンズというよりは私より体型の小さな女性・男性に対するユニセックスアイテムとしてご提案させて頂きます。

ちなみに私には小さいですが、身長160cmのスタッフYが着ると見た目も着た感もとても気持ちの良いリラックスフィットになります。ぜひ下掲スタイリング画像でご確認下さいませ。

薄手とはいえスウェット生地なので、Tシャツ生地として一般的な天竺地などと比べるとはるかにしっかりしていて、かつ強度もきわめて高い1点です。着心地もシルエットも素晴らしく、真夏のTシャツとして言うことのない1点です。もちろん素肌で着て頂けます。

まったく同じ生地・形を2種類の染めで入荷しています。こちらは「襟板締め」で、イメージソースはもちろん、ブランドが誇る大大大定番であるこちらのプルオーバーです。ボディ部分が無地の濃濃藍で合わせやすく、ホワイトが差す襟ぐりでお顔が明るく映える、実は抜群のデザインなのです。

 

画像2枚目でご確認頂ける通り、とても目の細かい裏毛生地です。一般的な裏毛生地と比べるととても薄くやわらかいです。

 

以下の画像で、形やディテールについてご確認下さいませ。

身頃はたっぷりです。

 

このスウェットTシャツを着たスタイリング

Sancaの大定番のテーパードシルエットによるチノパンツ(サイズ「00」)との合わせです。

Yがこのプルオーバーを着ると大きめのリラックスフィットなのですが、ちっともそう見えないですね。このルックをぜひご覧頂きたかったのです。着た感はリラックス、シルエットはスッキリ。その意味でもたいへんオススメです。

 

 

染め違いの濃まだら染め

真上のプルオーバーの純粋な染め違いです。こちらはどなたでも着て頂きやすい濃まだら染め(=むらくも)です。以下の画像で、形やディテールについてご確認下さいませ。

 

このスウェットTシャツを着たスタイリング

Sancaの春夏シーズンの定番アイテムである、テーパードシルエットのホワイトデニムパンツ(サイズ「0」)と合わせています。

個人的に、壺草苑のトップス×Sancaのホワイトデニムの組み合わせを春夏シーズンにつくるのが大好きで、それはなぜならこの上ない爽快感が味わえるからです。ぜひお試し下さいませ。

 

 

 

7, 壺草苑 [別注]レーヨンリネン天竺・オーバーTシャツ

価格 (税抜き): (1)(2)24,000円
染め: (1)白残しまだらグラデーション、(2)畳み絞り
サイズ: フリー
素材: レーヨン70%・リネン30%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): 壺草苑のページへ

新作のTシャツアイテムをもう1モデル、同じく2種類の染めによって入荷しています。こちらはレーヨン×リネンの天竺地で、これまでのリネン天竺シリーズの後継シリーズとしてリリースされたものです。

リネン天竺シリーズと比べるとしっかりとした生地感で、透け感もそれと比べるとかなり控えめです。ただしどんなトップスよりも涼しいであろうという究極的な清涼感は健在です。ぜひ真夏に着まくってしまうこと間違いなしのTシャツです。

かなり大きな身幅が取られた形なのですが、ここでもやはりレーヨンによる落ち感がとても良く効いていて、シルエットはまったく膨らみません。ステキに洗練された雰囲気で着て頂けます。

染めは、「上→下で濃く」の白残しまだらグラデーション染め。こちらの四角ワンピースでもこの染め柄をオーダーしましたが、何度見てもこれは傑作だと思います。本当に素晴らしい染め上がりなので、ぜひ実物をご覧頂きたいです。

 

以下の画像で、生地感やディテール、染め柄などについてご確認下さいませ。

身頃はたっぷりです。真夏にも気持ち良く着て頂けます。

 

このTシャツを着たスタイリング

Lehのツータックカーゴスラックスと合わせて着ています。Tシャツがまったく横に膨らんでいないことや、その見事な染め柄の雰囲気をご確認下さいませ。靴をサンダルなどにすれば、もっとカジュアルにも着て頂けます。

 

 

染め違いの畳み絞り

文字通り、「畳んだ状態で絞り染めをする」という染め方で、実は私たちが想定していたのはきれいなボーダー柄で染め上がってくる姿だったので、こちらが納品されてきたときには驚いたのですが・・・。

しばらくすると、このイレギュラーに藍がにじんで広がっている偶然の染め上がりこそが、信じられないほどカッコ良いことに気づかされるのです。それは着ないと分からないのです。ただ着れば一度で理解できます。

品質管理と検品にめっぽう厳しい壺草苑がこの状態でインタレストまで送ってくるということには、もちろん理由と自負とがあったのですね。ぜひすぐ下のスタイリング画像でご確認下さいませ。

 

このTシャツを着たスタイリング

Sancaの大定番のテーパードシルエットによるチノパンツ(サイズ「0」)との合わせです。この画像でこのTシャツのカッコ良さがどこまで伝わるか・・・汗。撮影しているときは、私もスタッフYもキャーキャーいいながら撮っていました。笑

アート作品のような、絵画のような芸術的な染め上がりながら、着ると「あれ?これすごく合わせやすいね!カッコ良いね!」となるという秀逸のデザインです。

今にして思うと、普通のボーダー柄だったら残念なくらいで。かなり貴重な1点だと思いますので、気になるお客様はぜひお早めに実物をお試し下さいませ。

 

 

 

8, 壺草苑 [別注]バニランストレッチ・たるパンツ

価格 (税抜き): 35,000円
染め: 濃まだら染め
サイズ: フリー
素材: コットン97%・ポリウレタン3%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): 壺草苑のページへ

昨年2018年を通して、壺草苑のパンツでは最も&ダントツ人気のあった「たるパンツ」という形を、発色も肌ざわりも良く、何より頑丈でボトムス向きのバニランストレッチ地でオーダーしています。

「たるパンツ」というふんわりした名前ですが、とても機能的で合わせやすい万能イージーパンツという評判で、既にお持ちのお客様が2本・3本とリピートでお買い上げ下さっている実績のある形でもあります。

シンプルなのですが普通に履くだけでも華があり、あるいはロングプルオーバーなどと合わせた履き方もこなしてくれるなど、とにかく普段づかい度がきわめて高いパンツなのです。

第1弾入荷の濃濃藍単色と、こちら第2弾の濃まだら染めの2色でご紹介いたします。着たときは想像以上にカッコ良いので、ぜひ下掲スタイリング画像にてご確認下さいませ。

 

このパンツを履いたスタイリング

Eatable of Many Ordersのスムース天竺Tシャツと合わせた、「物の良さ」を思い切り主張した、でも見た目はシンプルなサマースタイルです。こちらも私たちにとっては会心のオススメルックの一つです。

トップスもボトムスもとてもシンプルなアイテムながら、見たり触れたり知ったりすると、これがとんでもなく上質な洋服であるということが分かるという意味でも、とってもオトナな着方だと思います。

 

 

染め違いを履いたスタイリング(1)

第1弾の入荷詳報で既にご紹介している濃濃藍単色染めバージョンを着たルックも、ここで合わせてご覧下さいませ。

 

こちらはRobes&Confectionsのスウェットプルオーバーと合わせています。

 

染め違いを履いたスタイリング(2)

こちらはANITYAのポンチョTと合わせています。やはりサマースタイルで履きたいパンツなのですよね。

 

 

 

9, 壺草苑 [別注]コットンコシラカット・重ねロングスカート

価格 (税抜き): 38,000円
染め: (外スカート)濃まだら染め、(内スカート)ホワイト+柄染めパイピング
サイズ: フリー
素材: コットン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): 壺草苑のページへ

それぞれ別に履くことができる濃まだら染めのスカート(表側)と白生地のスカート(内側)がセットになっている、レイヤーのデザインが楽しめつつ、それぞれ個別に活躍させることができつつ、そしてセット料金としては破格にリーズナブルでありつつと、様々に「お買い得」なスカートです。

下でご覧頂けるように、表側のスカートも内側のスカートも、それぞれ単体としてまったく問題なく履いて頂けるよう本縫製がされていてビックリさせられます。

生地×染めは表側のスカートがコットンコシラカット×濃まだら染め、内側のスカートがコットンミラクルウェーブ(染めなし)×裾に藍染め生地のパイピングと、こちらもまさかのぜいたく仕様。

形は定番のロングスカートということで、間違いのない1点です。ぜひ下掲スタイリング画像もご覧頂きつつご検討下さいませ。

 

画像1枚目&3枚目、表側のスカートがコットンコシラカット×濃まだら染めです。画像2枚目&4枚目、内側のスカートがコットンミラクルウェーブの染めなしです。

内側のスカートの着丈が少し長く設定されているため、その裾先のパイピングの柄がデザインアクセントになってくれるという工夫も実に心にくいです。また、これはデザインを考えるときに意図したことなのですが、表側のコシラカットは透け感があるスカートなので、内側の白生地によってまだら染めが立体的に浮き上がるような印象に見えます。この雰囲気がとても美しく大成功でした。

画像1枚目、両サイドにポケットありです。画像2枚目、このロングスカートはウエスト全体にゴムが入っています。

そしてこれは嬉しい一工夫。表側のスカートも内側のスカートも、こうしてゴムが簡単に変えられる仕様になっています。ぜひ長くお楽しみ下さいませ。

 

このスカートを履いたスタイリング

everlasting sproutのボタニカル影絵プリントのトップスとの合わせです。内側のスカートのおかげで、抜群の「欲しい」着丈になっています。内側の白生地も効いていますね。とてもステキなスカートに仕上がりました。

 

 

別型「タックスカート」を履いたスタイリング(1)

第1弾の入荷詳報でご紹介した、まったく別の「タックスカート」を履いたルックも、ここでご覧下さいませ。

 

ANITYAのポンチョTと合わせたルックです。トップスとスカート、この両者の相性は素晴らしいものがありますよね。互いに形が合うのだと思います。

 

別型「タックスカート」を履いたスタイリング(2)

こちらはtiit tokyoのハンドニットケープをカーディガンづかいして合わせたルックです。ここでは巻いてピンで固定しただけですが、ブローチなどをつかってステキに着て頂けましたらと思います。

このtiit tokyoのハンドニットケープも抜群にオススメのアイテムです。物撮りのときに見て以上に「つくり」が計算されていて、羽織ってもこうして着ても素晴らしくステキですし、率直にこのレベルのクオリティのアイテムがこの価格で手に入るというのは奇跡的だと思います。

 

 

★他のアイテムを着たスタイリング画像はオンラインストアで

本日ご紹介した以外のアイテムを着たスタイリング画像につきましては、すべてオンラインストアの壺草苑のページにてご覧頂けます。

過去のシーズンに制作したアイテムもすべて撮影し直しておりますので、相当ご参考にして頂けることと思います。もちろんそれぞれのアイテムの詳細な情報(生地・寸法・物撮り画像など)についても、一度にすべてご覧頂けます。ぜひ

 

・オンラインストアの壺草苑のページ >こちらから

 

 

 

 


本日は以上です。

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。