Tame Impala – Borderline – Live at Coachella 2019 Saturday April 13, 2019

 

オーストラリアが誇る、現代サイケロックの最高峰ともいわれるTame Impala。Coachellaでヘッドライナーをつとめた、その最新パフォーマンスの映像を見つけました。現在ニューアルバムを制作中で、それからの先行シングルのようです。

いつも思うのですが、サイケデリックロックというジャンル付けをするには、彼らの音楽はあまりに洗練されているという印象です。サイケデリックロックのオリジンたちで聴かれるような、文字通りの”dope”で不可思議な曲調や、重く退廃的で目が回るような雰囲気とはずいぶん異なりますよね。

この曲でいうと、こんなにも軽快でしなやかなのにやはりトランスさせられるというか、どこかに連れて行かれるような浮遊感を覚えるのはさすがです。何度か繰り返して聴いていると、いつの間にか眠ってしまいそうになりますね・・・。

この新曲を聴いていると、デビューから今にかけて、そのオリジナリティがますます強くかつ研ぎ澄まされているように思います。ニューアルバムがとても楽しみです。

 

こちらも同じCoachellaのパフォーマンス。こちらはセカンドアルバムからの1曲で、いっそうサイケサイケしているのですが、やっぱり私などはむしろ「カッコ良さ」を感じてしまいます。どこか「健全」なんですよね(笑)。もちろんそれはとても良いことで、それが彼らの一番の持ち味なのではないかと思います。

Tame Impala – Apocalypse Dreams – Live at Coachella 2019 Saturday April 13, 2019