temporary tantrum

 

先週に続き、「好きなものは好きなんだもの」シリーズです。笑

女性1人のユニットpronoun・・・この人の曲もとても好きで、実はもう何回もこの休日コラムでご紹介しているんですが、この新曲は「一皮むけた感」が相当です。

シューゲイザーのように・・・というかもはやこの曲はシューゲイザーだと思いますが、その重厚にくぐもったサウンドがそもそも最高ですし、特にフィナーレに向かって幾重にも音という音&声という声が重なっていくさまは圧巻で、かなり聴き応えがあります。「え?普通にスゴくない??」と独りごちってしまいました。

これまではなんだかんだデビュー曲が一番好きでしたが、それが更新されたかなという感触です。こちらもいよいよファーストアルバムリリース間近ということで、やはりとても楽しみです。