こんにちは、インタレストです。

本日は、今季19SSの新規取り扱いブランドである「tiit tokyo(ティート・トウキョウ)」より、既に入荷済みのワンピース・チェックシャツ・ブラウス2型を色違いで全6点ご紹介いたします。

tiit tokyoについては、先日以下のブログ記事にて、その世界観や今季19SSの入荷アイテムなどについて、デザイナーの1人である岩田翔さんへのインタビューで得たコメントなども交えて詳細にご案内しております。ぜひご一読頂けましたら幸いです。

新ブランド紹介&新入荷:今季19SSの新規取り扱いブランド「tiit tokyo」をご紹介いたします!
>こちらから

 

 

着るシチュエーションやスタイリングが具体的にイメージできる洋服たち

本日のブログでは、既に入荷しているtiit tokyo19SSの全6点の新作につきまして、いつもの「入荷アイテム詳報」をご案内いたします。

私たちスタッフ自身が初めて見るtiit tokyoの洋服たちということで、今回はいつもモデルをしている女性スタッフYに全点着てもらいました。実物を着てみて分かったことは、(1)想像よりずっと「ファンタジー」を感じてファッションのトキメキが大きかったこと、そして同時に(2)着るシチュエーションやスタイリングがかなり具体的にイメージできる「リアリティ」があること、の2点です。双方ともにハッキリと感じられて、かなり驚かされました。

私たちインタレストが重視している(2)の実用性の観点については特に嬉しくて、いずれの生地も肌あたりがとても良く、この練られたシルエットにして着心地も申し分なく、さらには素材的にどんどん着て&どんどん洗っての着方ができるアイテムばかりです。今季19SSは価格VSクオリティとしても相当リーズナブルなので、ぜひ「最初の1点」としてご検討下さいませ。

  

  

  

  

  

  

 

 

tiit tokyo

デザイナー:岩田翔、滝澤裕史

ブランドコンセプトは「日常に描く夢」。
まるで1本の映画をつくるのように、「日常」のなかに潜む「夢」をコレクションに落とし込みます。
tiit tokyoの最大の魅力は、その世界観は「夢」~ファンタジーかつドラマチックでありながら、
実際の洋服たちは「日常」~リアリティが想定された、とても実用的なデイリーウェアであることです。
デザイナーが自負する繊細な色づかいと、それを実現するテキスタイルやパターニングの独創性にも驚かされます。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

  

  

 

 

それでは以下、たくさんの画像とともにたっぷりご紹介いたします。

(スタイリングのモデルは身長160cmの女性スタッフY、表記価格はすべて「税抜き価格」です。)

 


 

★tiit tokyoのサイズ感について

tiit tokyoのサイズは「36」「38」の2サイズ展開で、今季19SSについては、インタレストではほとんどのアイテムを「36」でオーダーしています。(展示会で「38」でつくられていたサンプルを着たとき、「大きいな」と感じるとが多かったためです。)

一部バランスを見て「38」でオーダーしたアイテムもありますが、いずれも他のブランドのセレクト方針と同様、身長160cmの当店女性スタッフYが「気持ち良く着られるサイズ感(=ジャストよりは少し大きめ)」が目安となります。

 

 

 

1, tiit tokyo 切り替えラッフルワンピース

Ruffle Dress
価格 (税抜き): 24,000円

色: ピンクベージュ、ネイビー
サイズ: 38
素材: ポリエステル100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): tiit tokyoのページへ

シャリ感と光沢があり、かつとても軽やかなポリエステル地をベースに、後ろ身頃や袖先&裾先フリル部分が別生地に切り替わるワンピースです。

ゴムやフリルをつかったユニークなフレアシルエットや肩部分のレーステープ、切りっぱなしの端など、様々なディテールでしっかりとデザインが入っていて、ラックにかかっているとドラマチックなワンピースに見えるのですが、実際にはかなりカジュアルな雰囲気で、素材的にも抜群に扱いやすく、いろいろ気にせずに真夏も含めてガンガン着て頂ける実用的なアイテムです。

展示会のときにも感じたのですが、着丈の長さが絶妙で、もちろんこれ1枚でもきれいに着られますが、それより「何と合わせて着るか」を考えるととても楽しいです。

たとえば、下に長めのキャミソールワンピースを着たり、下でご覧頂けるようにブラウスを合わせてみたり。あるいはボトムスに細身のパンツや柄物のスカートを合わせてみたり。デザイナー自身もオススメの、スニーカーと合わせたカジュアルスタイルもハマりそうです。とにかく肩の力を抜いて&リラックスして気軽に着て頂けるのが、このワンピースの物撮り画像からは伝わらない魅力かと思います。

こちらのピンクベージュと、すぐ下でご覧頂けるネイビー2色での入荷です。

  

  

画像1枚目、肩部分がレーステープに切り替わります。画像2枚目、フリル部分のストライプ地の端は切りっぱなしのデザインです。画像3枚目、後ろ身頃のトップス部分はマットな生地に切り替わり、着心地も良い上に透けにくく、かつ全体の雰囲気をのっぺりさせないというデザイン的な貢献も大きいです。
  

ウエストのギャザー部分にはゴムが入っています。ウエストで締まるシルエットなのですが、このゴムによって着心地の良さは損なわれません。
  

画像2枚目、アームホールがとても大きいので、下に何でも着られます。下掲スタイリング画像ではホワイトブラウスを、ブランドのランウェイショーではチュールブラウスを合わせています。
  

  

 

このワンピースを着たスタイリング

トップスのインナーで着ているのは、本記事の一番最後にご紹介する同じtiit tokyoのレイヤーブラウスです。そのブラウスも袖部分がふわっと膨らむので、その重ね着にしてみました。

また、ワンピースの着丈がユニークなのでボトムスにスカートを合わせても良いかなと感じて、ここではLOKITHOのオパールプリントシリーズのスカート(ピンク)を履いています。こんな風に、いろいろなレイヤースタイル(重ね着)をルール無用で楽しみたいワンピースです。

着た感については、まずはとにかく「軽い」というのが大きいです。重さはまったく感じないと思います。それ以外のポイントでもストレスは皆無なのと、上でも書いた通り扱いやすい素材なので、様々に重ね着をして長いシーズンお楽しみ頂けるかと思います。

  

  

ここで一緒に着ているアイテムは、画像1枚目のtiit tokyoのレイヤーブラウス、画像2枚目のLOKITHOのオパールプリントスカートです。
  

 

ブランドのランウェイショーでのルックです。

 

 

色違いのネイビー

真上のピンクベージュは明るく朗らかな印象で、こちらのネイビーはシックでオトナらしい印象。色違いですが、雰囲気はほぼ真逆です。ただ、当然ながら軽やかな着た感は共通するので、リラックスして気持ち良く着て頂けます。ネイビーは大定番色としての安定感・安心感も大きいですね。

  

  

以下の画像でディテールをご確認下さいませ。

  

  

  

  

 

このワンピースを着たスタイリング

こちらは夏の1枚着としての着方をイメージしています。ここではレギンス風にRobes&Confectionsの新作スウェットパンツを合わせていますが、もちろん真夏に「素肌でサンダル」というスタイルでもステキに着て頂けます。

冒頭も書きましたが、ラックにかかっている姿からは想像できないくらい「着やすい」「合わせやすい」アイテムです。実物をお召しになるとよくおわかりになると思いますので、ぜひお試し下さいませ。

  

  

 

ここで合わせているのは、Robes&Confectionsのインナーキャミソール(画像1枚目)と、同じくスウェットパンツ(画像2枚目)です。

ワンピースのお話から少し外れますが、この2点、数日前にInstagramでスタイリング画像をご紹介した瞬間にサッと完売してしまい、すぐさまブランドに追加オーダーを入れて在庫を確保したのが今ご案内できているものです。レギンスのように履いても頂ける新作スウェットパンツはブランドへの引き合いも相当とのことなので、ぜひお早めにご検討下さいませ。

  

足元は、一足早くスタッフY向けにオーダーを入れていたkokochi sqirの「Rille(リル)」。予想通り&期待通り、オールブラックモデルはありとあらゆるスタイリングに合わせられる、スーパー万能靴として活躍してくれます。本日ご覧頂いているスタイリング画像の足元は、すべてこのRilleで合わせています。
  

 

 

2, tiit tokyo 刺繍ワッペン・セミロングチェックシャツ

Check Shirt
価格 (税抜き): 23,000円

色: ミント、ライム
サイズ: 36
素材: コットン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): tiit tokyoのページへ

ガーゼのようにしなやかでやわらかいチェック地による、袖丈&着丈長めのチェックシャツです。シーズンテーマに即したレトロな刺繍ワッペンはクラフト感も感じさせて、かつ絶妙なデザインアクセントにもなっています。

デニムパンツなどと合わせる王道のカジュアルスタイルをはじめ、ワンピースやスカートに軽い羽織りとして合わせてもステキだと思い・・・ましたので、早速スタイリングをつくってみました。下でご確認下さいませ。

tiit tokyoらしいビビッドなミント・ライム2色の色味が清涼感抜群で、また合わせやすいチェック地なので様々なスタイリングで大活躍すること間違いなしです。長めの着丈も大きなサイドスリットによってかなり着やすくアレンジされていて安心感があります。さらにいうと、実際に着てみて一番嬉しいのはやはりその着心地・肌あたりの良さなので、ぜひそれをご体感頂けましたらと思います。

  

  

ベースのチェック地を「色」だけだとあなどることなかれ、その肌あたりの良さ・着心地の良さこそがその本質的な魅力だと感じます。
  

tiit tokyoの過去のコレクションを見ても、ブランドロゴを打ち出す洋服というのはほとんど見られないので、この刺繍ワッペンにはかなり意図的なものを感じます。実際、「なんともいえないレトロ感」が出ていてたまらないものがあります。特に、これ1枚でシャツづかい&羽織りづかいするときに、素晴らしいデザインアクセントになってくれます。
  

画像1枚目、おそらく刺繍ワッペンとの関係でボタンは比翼の仕立てです。画像2枚目、このミントではボタンはブラック、真下のライムではボタンはホワイトと、しっかりつかい分けられています。
  

こちらの画像2枚目では、大きなサイドスリットと、とてもユニークな袖先カフスのつくりをご確認下さいませ。前者によってこのシャツは相当着やすい&合わせやすいアイテムになっていますし、後者はデザインディテールとしても秀逸な上、ロールアップもしやすいという二重の利点があります。
  

  

 

とにかく着ていて気持ちの良いシャツなので、こんな風に羽織りづかいで着るのもたいへんオススメです。
  

  

 

このシャツを着たスタイリング

エタブルのスムース天竺シリーズのレイヤーワンピースとRobes&Confectionsの新作スウェットパンツという単色アイテムの組み合わせの上から、このチェックシャツをサラッと羽織りづかいで合わせてみました。初夏のまだ気持ち涼しいシーズンをイメージしています。ミントの色味、ワッペンのアクセントが本当に良く効いているなと感心させられます。

  

  

画像1枚目がエタブルのスムース天竺シリーズのレイヤーワンピース、画像2枚目がRobes&Confectionsの新作スウェットパンツです。
  

 

ブランドのランウェイショーでのルックです。

 

 

色違いのライム

チェック好きの私・店長Dは、tiit tokyoの展示会でこのチェック生地のシリーズと、それから後日入荷予定のツイード生地のシリーズにまずは強く惹かれました。また、ともにまず見かけない独特の色だったことも大きいです。

こちらのライムでは、刺繍ワッペンの色合わせも異なります。以下の画像にてジックリご確認下さいませ。

  

  

  

  

  

  

  

 

このシャツを着たスタイリング

こちらは王道的に、Sancaのデニムパンツと合わせて着てみました。これで足元をスニーカーにすると「王道of王道」になりますが、ここではフェミニンなワンアクセントということで7cmのkokochi sqir Rilleを合わせています。また、ここでは袖をロールアップして着ています。

このシャツは着丈は長めなのですが身幅は一般的なサイズ感なので、いわゆるビッグシルエットではありません。タックインも難なくこなしてくれるので、やはり着やすさは相当だと思います。

  

  

 

ボトムスで履いているのは、Sancaの大定番であるテーパードデニムパンツですが、この19SS、待望の「00」サイズの展開が始まりました。このルックでYが履いているものとこちら画像1枚目が「00」サイズ、画像2枚目がこれまでの最小サイズである「0」サイズです。(画像では色味が違ってしまっていますが、光の加減です。いずれも同色のインディゴです。)

従来の「0」サイズでは大きすぎるというお客様が、女性・男性問わず多くいらっしゃったのですが、この「00」のリリースで解決です。こちらもブランド在庫が一瞬で欠品するほど人気とのことで、ぜひお早めにご検討下さいませ。インディゴブラックも同時に入荷しております。

 

 

ブランドのランウェイショーでのルックです。

 

 

3, tiit tokyo ルースシルエットブラウス

Loose Blouse
価格 (税抜き): 17,000円

色: ホワイト
サイズ: 36
素材: コットン100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): tiit tokyoのページへ

透け感のある薄くてやわらかい、これもまたガーゼのように気持ちの良いコットン地でつくられたシンプルなブラウスです。全体的にかなりゆったりの大きさ&シルエットで、「いま」な気分満載でリラクシングに着て頂けます。襟元のリボンはそのまま流したり結んでアクセントにしたり。

透け感があるので何らかのインナーと合わせて着て頂くことになると思いますが、その合わせを考えると無限の候補があると思います。トップスとしての王道の着方のほかに、たとえばワンピースの上からボタンを締めて着るととてもステキな雰囲気になりそうです。着丈が長いので羽織りとしてもご活用頂けます。

オーダーしたときと入荷したときとで最も印象に差があったのがこのアイテムで、実際にYに着てもらったら期待を大きく上回るステキさでビックリしました。下掲スタイリング画像のように細身のパンツを合わせるのが王道ですが、太めのバギーパンツやフレアスカートを合わせたりして、あえて全身のシルエットを膨らませて着るのもかわいいと思います。

  

  

リボンを結んだ着方です。
  

しっかり透ける生地なのでインナーが必要です。そしてそのインナーで色を入れたり柄を入れたり、あるいはワンピースなどと合わせたりして、たくさん楽しんで頂けると思います。
  

つくりは全体的に大きく、ビッグシルエットで着て頂くブラウスです。オンラインストアに掲載している採寸値はあくまでご参考程度でご覧下さいませ。
  

袖がふわっと膨らみ・・・
  

後ろ身頃の着丈が前身頃に対してかなり長くつくられているユニークな形です。
  

 

このブラウスを着たスタイリング

このルックが私たちとしては会心のできで、ブラウスと、そして合わせているRobes&Confectionsのスウェットパンツの魅力に一瞬でノックアウトされてしまいました。

スカート&レギンスを履いているように見えますが、スカートのように見えるのは着丈の長いRobes&Confectionsのインナーキャミソールをタックアウトしている部分で、実際にはブラウス&パンツのルックです。

  

  

 

画像1枚目、インナーに着ているのはRobes&Confectionsのインナーキャミソールです。画像2枚目、ボトムスで合わせているのはRobes&Confectionsの新作スウェットパンツです。

このスウェットパンツ、前季18AWの形と比べると膝下がかなりシャープになっていてまるで別物です。度詰めスウェットのかなりしっかりした生地感もあり、レギンスづかいもできるスグレモノとして生まれ変わっています。私・店長Dは18AWも19SSも2色ずつ私物買いをしてしまいました・・・笑。

  

 

ブランドのランウェイショーでのルックです。

 

 

4, tiit tokyo 切り替えレイヤーブラウス

Layered Blouse
価格 (税抜き): 20,000円

色: ホワイト
サイズ: 36
素材: ポリエステル100%
オンラインストア(詳細情報・通信販売): tiit tokyoのページへ

身頃はシンプルで袖まわりにボリュームのある、全体的に落ち感のあるしっとりとしたポリエステル地でつくられたブラウスです。袖先にはゴムが入っているので締め付けなどはなく、気持ち良く着て頂けます。

こちらは実際に着てみるとサイズ感も普通で、意外にシンプルな「白ブラウス」という印象です。このあたりの、「見た目はインパクトがあっても着ると実用的」という絶妙なニュアンスが、tiit tokyoの洋服の真骨頂なのかもしれません。

真上のルースシルエットブラウスとは生地感も雰囲気も、そしておそらく着方もだいぶ異なりますが、同じ白ブラウスとして様々なスタイリングで大活躍してくれます。こちらは特に袖や袖先にインパクトがあるので、ベストやジレ、あるいはノースリーブワンピースなどと合わせるのも楽しそうです・・・ので、こちらも実際にそういうルックをつくってみました。下でご覧下さいませ。

  

  

透け感はほぼありません。落ち感のある、かなりしっかりとした生地感です。身頃がこの無地の生地なので、袖のないトップスアイテムとの相性が抜群です。
  

身頃やアームホールはたっぷり取られていますが、ビッグシルエットではなく一般的なサイズ感です。
  

袖先切り替え部分はあえて切りっぱなしのデザインです。ここは切りそろえればきれいに着て頂くこともできます。
  

後ろ身頃の長めのリボンも、実際に着てみるとしっかりアクセントになってくれます。
  

 

このブラウスを着たスタイリング

こちらはLOKITHOのオパールプリントシリーズのスカートと合わせた、シンプルなブラウスルックです。そもそもこのルックがステキですよね・・・。このブラウス、実際のサイズ感は一般的な大きさなのですが、袖のボリュームでややふわっとしたシルエットで着られます。

下にあるブランドのランウェイショーでのルックではスカートにタックインのスタイルで着ていますが、それもまたバッチリきまっています。

  

  

LOKITHOのオパールプリントシリーズのスカート、この日のブログ記事でも書きましたが、そのデザイン性はもちろん、今季は機能性もきわめて高いという点も見逃せません。この撮影のとき、Yは改めて「やっぱりこのスカートは履きやすいです。便利です」と絶賛していました。

 

こちらは上でご覧頂いた本生地のファーストルックですが、実はこのインナーで着ているのも同じレイヤーブラウスです。胸元はシンプルなのでスタイリングの邪魔をしませんし、またワンピースもブラウスも袖にボリュームがあるということで、そこはあえて重ねて楽しんでみました。ジレや「かぶり」のベストなどとも合わせてみたいですね。
  

 

ブランドのランウェイショーでのルックです。

 

 


本日は以上です。

 

インタレストは店頭(火曜定休)オンラインストア(24時間)にて営業しております。多くのお客様のご来店とオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております。

 

<お問い合わせ>

  • 各商品の詳しいご説明や多くの画像は、インタレストのオフィシャルオンラインストアにて掲載しております。各アイテムのページの「商品についてお問い合わせ」や、もしくはこちらの「問い合わせフォーム」よりぜひお気軽にご連絡下さいませ。折り返しご回答いたします。
  • 定休日や臨時休業日以外で当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • なお、休業日以外であれば、お電話( 03-6457-5360 )でのお問い合わせが早くて確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さいませ。