James Blakeが待望の、そしてめちゃくちゃカッコ良いニューアルバムをリリースしました。ものすごく「いま」を感じさせる、「ファッション」と「(自身と技術の)進化」を感じさせるアルバムです。

結局、この人の場合比べる対象がいないから、彼自身の過去作と比べてどうかっていうことなんですよね。過去作の方がもちろんエッジは効いていてインパクトは強烈なのですが、私は今作の聴きやすい音楽の方がずっと好きです。「らしさ」を一切削ることなく、ゆがめることなく、「いま」に寄り添うことができるって凄まじいことだと思います。

トラックとしてはTravis Scottをフィーチャーしたリードトラックなどが目を惹きますが、私自身はアルバムタイトル曲にして1曲目を飾るこの曲”Assume Form”にシビれまくりですね。もうJames Blake節大爆発という感じで、相変わらず節も旋律もあったものではありませんが(笑)、けれどもこれまでと比べてもさらにメロディの展開に磨きがかかり、さらには演奏やアレンジは極楽かと思ってしまうほどに美しく、何度も何度も聞き返してしまう中毒性があります。

 

James Blake – Assume Form
Assume Form

 

 

あとはやはり先行リリースされていた“Don’t Miss It”ですね・・・。この曲は改めて名曲すぎる・・・。それに続く荘厳なラストトラック、”Lullaby For My Insomniac”も最高。まるで世界遺産の教会の大聖堂にいるかのように錯覚してしまうこの曲を、たった一人でつくりあげる偉大な才能にはただただひれ伏すのみですね・・・汗。第一感で無理矢理3曲選ぶなら、これらがMy Favoriteでしょうか。

 

James Blake – Don’t Miss It
James Blake – Don't Miss It

 

James Blake – Lullaby For My Insomniac
Lullaby For My Insomniac