U.S.A. For Africa – We Are the World

 

楽しかったタイムスリップの旅のラストを飾るのはこちら!ちょうど日本で歌謡曲が最後の輝きを放っていた1980年代半ば、欧米・・・特にアメリカではチャリティーが文化として強く根付く重要なタイミングを迎えていました。

私は歌謡曲を聴いていたまさにその時期に、親戚の方からこのUSA for Africaのメイキングが収録されたレーザーディスク(←!)を見せてもらう機会に恵まれ、その感動たるやとても言葉では言い表すことのできないものでした。ライオネル・リッチーとマイケル・ジャクソンによって書かれたこの美しい曲を、そうそうたる、それはもうそうそうたるミュージシャンたちによって録音されたこの瞬間は、まさに音楽界の奇跡そのものです。

2018年の最後にこの美しい音楽と美しい映像、そして何よりこの美しい瞬間をぜひご堪能下さいましたらと思います。