Ariana Grande – thank u, next

 

このブログの休日コラムではメジャープレーヤーは滅多に登場しませんが、それは私がそれらをまったく聴いていないからというわけではなく、ラジオを流していればかかる曲よりも、マイナーであってもご紹介したいなと感じる曲を優先しているというのが大きいです。(いや、実際にインディーズのミュージシャンの曲ばかり聴いているのももちろんありますが。笑)

Ariana Grandeといえば、個人的にはそのミュージックビデオも最高にキュートなMikaとのデュエットがずっと一番好きだったのですが、この曲は本当にステキですね・・・。郷愁と哀愁を誘うしっとりとしたダンスナンバーで、そのまっすぐで美しいメッセージとともに、聴いていると心が潤います。それから、私が最もアメリカを聴いていた90年代そのもののようなこの曲のサウンドは、本当にたまらないものがあります。

それにしても彼女まだ25歳ですか・・・。この圧倒的な歌唱力、天才以外の何物でもないですね。映画でも音楽でも、アメリカのメージャープレーヤーの作品に触れると、その凄まじいスケールの大きさに気圧されますね。マイナーを知るためにはメジャーを知っていなければいけないと、改めて痛感させられます。