アメリカ人と日本人を両親に持つ日系アメリカ人のミュージシャンによる新曲です。

過去には割とパンキッシュというかノリとしてはメタルのような曲もリリースしたりしているのですが、最新作であるこの曲が思い切りJ-POPでたまげました。(かなり洗練されたJ-POPで、マネしようとしてマネできるようなものではもちろんないですが・・・) 収録されているアルバム全体がそうというわけではないので、この曲のカッコ良さがいっそう際立ちます。

これは間違いなく「あえて」「わざと」だと思うのですが、この曲の歌詞が日本の中学英語でも読めるような易しさで、サビも”Nobody”を連呼するだけ・・・というのが結構なホラーです。救いがないというか、ズドンと落とされるというか、この話法も新鮮でかなりシビれました。

アートも感じさせる、切れ味の鋭いキレッキレの才能だと感じます。この勢いというか「圧」で、これからもグイグイきて欲しいですね。