Das Body – Boys

 

Das Body – Graceland

 

ノルウェーはオスロ出身のインディーズバンドで、この秋にデビューアルバムをリリース予定という新鋭のようです。現時点ではこれら2曲が聴けるのですが、これが両方ともかなり聴き応えがありまして。

ディスコティックでダンサブルな”Boys”はこれでいてなんともノスタルジックでクセになる味ですし、疾走感のある”Graceland”では、一通り歌い終わった~という2分過ぎくらいから真のスタートというような曲の構成がめちゃくちゃカッコイイです。まるで終盤のインストゥルメンタル部分がサビというような感じで、聴いていて「おお~!」と相当興奮しました。ここだけで何度もリピートで聴いていたいくらい。

それから、そうしたユニークな個性が光る一方で、北欧のミュージシャンらしく全編ドリーミーな香りが漂うサウンドアレンジがなされているのがまた私の好みです。デビューアルバムは必聴ですね~♪