さっき偶然見つけた動画なのですが、ChvrchesがKendrick Lamarの”LOVE”をカバーしたバージョンで、これがすっばらしいんです。

今年オリジナルのニューアルバムをリリースして日本にも来てくれていて、そんなときに前回に続いてカバー曲の紹介というのは申し訳ないのですが、これはちょっとアップせずにはいられませんね。

いつも書いている気がしますが、カバーされるくらいですから原曲は名曲であることが多いので、率直なところ「うまくいくことの方が少ない」というのが実態だと思います。

ただ、こちらの場合、完全にChvrchesのサウンドにアレンジされていることと(=前回のThe 1975のカバーはこの点がちょっと物足りない感じでした) 、だからこそというのが大きいと思いますが、ボーカルのLauren Mayberryの尖った声質がそれにピッタリはまっていることに感動を覚えます。彼女が本当に気持ちよさそうに、のびのび歌っている姿が印象的です。

Lamarの原曲は何もかもがスゴイ、本当に美しい曲なので、カバーでここまで強いインパクトを感じるというのは素晴らしいことだと思います。決して負けていませんからね。